fc2ブログ

「失われた絆」第9話 呼び出し

第9話 呼び出し

 「もう、いいでしょう?」いつ人が入ってくるか知らない会議室で、これ以上裸同然の姿ではいられない。
「まだ時間がありますよ。10分もたっていませんから」目黒は恵の背中から乳房を掴んだ。
「何をするの。声を上げるわよ!」
「騒ぎたいなら構いません。でも、売春や素っ裸の事を旦那が知ったら、何て言いますかね」
それには「う、う、う」また泣きだした。

 「ここは、おとなしくオ○ンコしましょうよ。久しぶりだから、したいでしょう?」肉竿がゆっくりと淫裂に入り込み「ん、ん、ん!」呻き声を上げた。
目黒はなおも押し込み、ゆっくりピストンしていく。
(ダメ、動かさないで。そんな事されたら、変になっちゃう!)淫裂はすでに反応している。

 「奥さん。久しぶりだから気持ちいいんでしょう。もう濡れていますよ」
「良くない。気持ちなんか良くない!」首を振って否定しても、体は正直に反応しており、それを知ってか目黒は乳房を揉み、動きを止めた。
(やめないで。もっとしてよ!)腰を後に下げて肉竿を求めた。

 「欲しいでしょう、奥さん。正直に言って下さいよ」
「ほ、欲しい。一杯して下さい…」
「正直でいいです。それじゃぁ、行きますよ」再び動き出し「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が出ていく。

 「奥さん、出しますよ。薬を飲んでいますよね?」
「イヤ。出さないで、お腹はイヤ!」拒んでも腰を押さえられて逃れらず、恵の子宮がまた目黒に汚された。
「気持ちいいですね、奥さんとやると。これも撮りましょう!」
「イヤ、こんなのはイヤ!」カメラを淫裂に向けられ、手で押さえた。

 「知りませんよ、旦那に知られても!」そう言われれば手を退けるしかなく、白い液体が淫裂から流れている。
「いいですね。こんなのも」数枚撮った。
「お願いです。私にかまわないで下さい、私には夫がいるんですよ!」淫裂を拭きながら言う。
「そうは行きません。これからも、奥さんとは仲良くしたいんです。ぼくは独身ですから処理先がなくてね」
(また、私の体を求める気だ…)黙って生理用ナプキンを淫裂に押し当て、パンティを引き上げていく。
その後スカートも履いてボタンも掛けた。

 「もう一回聞きますが、どうしてあんな事を?」
「お願いです、なかった事にしてください。私を抱いたから、忘れてください」愛子と約束したから言えなかった。
もし言えば、恵だけでなく愛子の辱めも公になってしまから、言えるはずなどない。
「わかりました。忘れましょう」目黒は素直に引き下がった。
しかし、これで済むはずなどない。

 恵が自宅に戻ってから、初めての休みの日に電話が鳴った。
「もしもし、小池ですが…」
「うまく騙してくれたわね。前川百合さん!」その声には聞き覚えがある。
「ま、まさか、八重さんでは?」声が震えている。

 「そうよ、その八重よ。話がしたいから来るのよ」
「そんな、急に来いと言われても、場所もわからないし…」
「迎えにやったわよ。来なかったら全部ぶちまけるからね」
「やめて。お願いですから、それだけはやめて下さい」

 「だったら、来るわよね?」
「はい、伺います」受話器を置くと真っ青な顔になていく。
「どうしよう、何されるかわからないわ」ウロウロするばかりだ。

 暫くして「ピン、ポーン!」チャイムが鳴った。
「どちら様ですか?」
「八重様からのお迎えです」
「わかりました。今行きます」ドアを開けて外に出ると、黒塗りの高級車が迎えに来ている。
ドアが開けられ、乗り込むと愛子も乗っていた。
(愛子もいるわ。もしかして?)不安が更に高まった。

 車は恵を乗せると走りだし、繁華街を走ってから住宅街に入った。
(違うわ。この前とは違う!)前の家並みとは違っているが、広い敷地に厳重な囲いがあるのは同じで、門を抜け玄関に横付けされた。

 「着きました」2人は降りて、玄関のドアを開けると「お待ちしていました。こちらで準備願いします」(準備ですって?)顔が強ばった。
メイドの案内で部屋に入ると「待っていたわよ、お二人さん!」八重がおり、顔を見た2人は体が震えている。

 「恵だったわね。よくも騙してくれたわね。お仕置きしてやるから脱ぎなさい!」
「イヤ。もう痛い思いは、イヤです!」
「イヤでもお仕置きよ。脱がないなら打つからね!」服の上からムチで叩きだし「ピシ、ピシ!」音が止まない。

 それには「打たないで。脱ぎます、ヌードになります!」泣き声で言うしかない。
「最初からそう言えばいいのよ。愛子、あんたも脱ぐのよ」ムチの先端で胸を突き刺した。
「い、痛いです。脱ぎますから退けて下さい…」ムチが退けられた。

 2人は服を脱ぐと下着も脱いでいく。
「久美、エッチなのを着せるから買って置いて」
「お嬢様、ご用意してあります。帰るときにはプレゼント致します」
「さすが久美ね。準備がいいわよ」2人が話している間に、恵と愛子は生まれたままの姿になって、両手を後にして乳房と淫裂を晒している。

 「愛子。剃っていないわね、ボウボウよ。恵も剃っていないわね。これで、2人ともお仕置きが重くなったわ」
「お許し下さい。剃りますから、お仕置きはお許し下さい!」
「そうは行かないわ。愛子、恵のヘアを剃りなさい。恵は愛子を剃るのよ!」八重は2人にヘアを剃り合うように命じた。

 「ごめんね、剃るわよ」愛子は、うっすら生えた絨毛を剃っていき、それを八重と久美がビデオとカメラで撮っている。
「全部剃るのよ、罰だから残さないで!」恥丘の上に残したわずかな絨毛も剃られ、文字通りに剥き出しの淫裂だ。
その後、恵が愛子の絨毛を剃った。

 「終わったわね、2人で並ぶのよ」一糸まとわぬ姿で並ぶ2人が撮られ「お嬢様、これをお付けします」恵と愛子の首にまた首輪が付けられた。
「わかっているわよね。猫よ、猫になるの」怯えた2人は言うがまま、四つん這いになる。

 「愛子には教えていなかったわね。ここに座って!」言われるまま腰を降ろすと、久美はいきなり足を広げた。
それには「イヤ、イヤです!」悲鳴を上げ淫裂を押さえた。
「手を退けるのよ!」八重は容赦なく乳房をムチで叩き「ヒー!」悲鳴を上げて手を退けた。
「そう、それでいいのよ。これが芸だからね」Mの字開脚をしている。

 「よくできたわ。お嬢様、初芸の記念の写真を撮らないと…」
「そうね、記念だしね」愛子は泣きそうな顔をしてカメラに撮られていく。
「恵、お前も芸をしなさい」恵も愛子の隣に座ってMの字開脚をさせられ、八重は2人並んだ姿を撮った。

 写真を撮られると、革紐を引かれ、四つん這いになって歩いていく。
「お嬢様、お茶のご用意が整いました」
「ありがとう、猫の分も用意してね」
「心得ております」リビングに入ると、テーブルにはコーヒーが用意されてあり、床には大きな皿が置かれ、コーヒーが入っている。
「せっかくだから、飲んで!」恵は舌を伸ばして、なめるようにしていき、愛子もそれに倣って舌を使っていく。
「あら上手ね」頭を撫でられ、2人はペット扱いだ。

 暫くそこで休んで部屋を出て、階段を下って地下へと入ると鉄格子はないが、色々な器具が置かれている。
「治郎兵衛。シーソーを準備して!」覆面を被った男がシーソーを運んできた。
座る部分が三角形をし、普通に座れば淫裂が裂かれてしまう。

 「縛って!」愛子は立たされ、両手首を鎖で繋がれ、同じように恵も鎖で繋がれた。
その後、三角形を跨いで乗せられ「い、痛い~!」「ヒー!」淫裂に三角形が食い込んでいく。
「痛いのね。だったら、繋いであげて!」手首にまた鎖が張られた。

 「言っておくけど、楽になりたかったら鎖を引っ張り、体を持ち上げるの。その分、シーソーが下がるわよ」楽になりたい一心で恵が引くと「ギャー!」愛子が悲鳴を上げた。
恵が下がった分、愛子のシーソーが上がり更に食い込んでいる。
「ギャー!」今度は恵が悲鳴を上げた。
愛子が引いたから恵の淫裂に更に食い込んでいる。

 「もっと派手にやって。つまんないわよ」八重は愛子の乳房を打ち「イヤ、イヤ~!」乳房に赤い筋ができ、シーソーが上がる。
「恵も負けないでね。負けたらお仕置きよ」恵も打たれ「ヒー!」乳房に赤い赤い筋ができている。

 「お嬢様、もっと重しを付けましょうよ」
「そうね、治郎兵衛。5キロ付けて!」2人の両足首に5キロの重しが付けられ、合わせて10キロだ。
「いや、いやです!」「引かないで、痛いから引かないで!」2人は目を白黒させている。

 「や、八重さん。嘘を付いたのは謝ります。ですから、お許し下さい…」恵は途切れ途切れに、やっと言えた。
「口では何とでも言えるのよ」恵の乳首を掴んだ。
「うっ。本当です。八重さんのおっしゃる事なら、仕事に差し支えない限り何でもします…」乳首を潰され、顔を歪めて言う。
「わかった。そこまで言うなら信用する」
「八重さん、私も、仕事に支障がない限り何でもします。ですから、お助け下さい…」愛子も言った。

 「本当に、何でもするわよね?」愛子も乳首が潰された。
「はい、差し支えない限り、何でもします…」
「いいわ、お仕置きはこれで許してあげる」やっと鎖が解かれ、シーソーから降ろされたが、2人の淫裂には赤い筋が残っている。
二人はまだ痛いのか、その赤い筋を撫でている。

 「早速だけど、私ね、ポルノビデオが欲しいの。そこで、どうしても、2人が主演したのが欲しいのよ。やって貰えるわよね?」
「ぽ、ポルノですか。裏に流すのでしょう?」顔色が変わった。

 「そんな事はしないわ。私のコレクションとして、コピーは作らないわ。約束する!」
「でも、ポルノは抵抗あります。セックスもするんでしょう?」
「当然よ。それを見ながら、私1人で慰めるの。相手がいないから…」
(八重さんのオナニー用ビデオだなんていやよ)二人は下を向いたまま黙り込んだ。

 「返事はどうしたの?」八重のムチが2人を襲う。
「やります、ですから打たないでください…」
「やってくれるなら打たないわ。久美、連絡取って」久美は携帯で連絡を取り「これからでもいいそうです」そう告げる。
「だったら行きましょう。車も頼むわよ」急に忙しくなり、愛子と恵は服を着せられ、車に乗せられた。
勿論、八重と久美も一緒だ。

 車はビル群を走り、スタジオに入ったが(ポルノビデオだなんて…)項垂れたまま一言も話さない。
「行くわよ」八重と久美は軽い足取りで歩き「お嬢さん、お待ちしていました。準備は出いています」人相の悪い男が出迎えた。

 「主役はこの2人よ。うまく撮ってね。それに、勝手にコピーしたら、ただじゃ置かないからね」
「心得ております。お嬢さんと、親父さんの怖さは皆知っていますから…」
「それならいいわ。ストリーはこうしたいの」八重は男に話していく。

 「いいですね。それでしたら、テロップも入れましょうよ。本物に見えますから」
「そうね、任せるわ」2人は10分ほど話し合ったが、その間、黙って聞いている愛子と恵だ。
(いくら裏に流さないからと言っても、セックスを撮られるのはいや…)脅迫の種をこれ以上は作りたくない。
「お二人さん。準備しますから、来て下さい」話が済むと、2人は男に連れられ部屋に入った。

 「着替えて。まずはこれがいいかな…」下着を選んいる。
「ここで着替えるんですか?」
「そうだ、俺の前でやるんだ」
「恥ずかしいです。脱ぐのを見られるなんて」
「撮影はもっといるんだ。リハーサルと思ってやれ!」それには反論ができない。

 怯えた顔をしながら服を脱ぎだし、シャツ、スカート脱いで下着姿だ。
(見ないで、恥ずかしいから)恵はパンティを掴んで引き下げて、愛子はブラジャーから脱いでいく。
「いいね、あんたのオ○ンコは。俳優も興奮しちゃうよ」無毛の淫裂に笑顔だ。

 恵は黙ったまま、なおも引き下げ足を上げて、愛子もブラジャーを手首から抜いた。
「あんた、いい乳してるよ。内の専属にならないか?」愛子の乳房を触っていく。
(バカにしないで。落ちぶれたってポルノ女優にはならないわよ!)乳房を掴んだ男の手を退け、パンティを引き下げていく。
「何だ、あんたもパイパンか!」2人の無毛の淫裂に驚いて「面白イヤ、これはいいぞ!」笑顔になっている。

 男の目の前には、生まれたままの姿で立っている恵と愛子がいる。
顔を強ばらせ、全身が小刻みに震えて、2人は項垂れたまま、顔を上げようとはしない。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター