赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第19話 3人暮らし  

 3人での生活が始まると同時に、計画が実行された。

高杉と美沙は、依子から教わった病院を回っていく。

初めは相手にしなかったが、早苗から、自分の体験を知らされ次第に相手にするようになった。

そんな中で「今治療したい人がいるんですが…」言い出される。

「構いません、ですが、声をあげますので誰にも聞こえない場所でないと」

「それでしたら、特別室が空いてますよ」

「わかりました、そこでします」2人は医師と一緒に患者と会った。

「不妊症と、性的不能でして」医師が説明していく。

「卵管は詰まってませんよね?」

「ええ、それは平気ですが、着床しないんです」

「とにかくやってみましょう」高杉はこの薬がどんなものか話していく。

「それでもいいですか?」

「はい、やります」藁にもすがる思いだから承知した。

「わかりました、始めます」例の薬を取りだし、2人に飲ませると直ぐに効果が現れた。

「凄いですね、完全な不能だったのに…」医師も驚き顔だが、その目の前で、噴射した。

「射精までした…」また驚いた。

それに、直ぐに冷静になったのにも驚いた。

「いいですか、3日間は我慢して下さい」いつもの注意を終えると2人は病室から出た。

「凄いですよ、今までダメだったのに。後は着床するかが問題ですね」

「はい、それが問題です」2人は医師と新型ウィルスの事で話し合った。

 

 それから数日後、あの病院から呼ばれた。

「またお願いします。今度は二組でして…」

「わかりました、やってみます」このように、わずかずつではあるが効果認められるようにな

っていった。

それに、妊娠確率も95パーセントと高く、治療費も安く上がる事から、早苗は不妊治療法とし

て薬品審査会にかけた。

その結果、試行という形で認められ、各病院に通達が出された。

しかし、問題がないわけではなく、2人で全国を回るのは不可能に近い。

「行くのは無理だから、来て貰おうか」

「そうだよな、宿泊施設があればいいし」2人の提案で、不要になった年金会館を借り受け、厚

生労働省公認の不妊治療センターができた。

勿論、所長は高杉で、副所長が美沙だ。

また、患者の扱いに慣れた看護婦の美香も加わっている。

 

 センターが動き出すと、全国各地から妊娠を希望する夫婦が大勢訪れ、2人は大忙しだ。

だが、現場に立ち会う美香にとっては辛い事でもある。

(私もセックスしたいのに…)他人の性行為を見ながら股間を撫でる事しかできない。

(膣が濡れていくわ、チンポでされたい…)あの事故以来一度もやってないから尚更だ。

その夜、美香は下半身を剥き出しにして、淫裂を弄りだした。

「いいわ、もっと奥まで入れて…」妄想しながら腰も動かしている。

だが「何かしら?」呻くような声を聞いた美沙がそっと覗くと(美香がオナニーしている!)声

を出す寸前だ。
 
       看護婦のオナニー

美沙はジッと見ているが「して、後から入れて!」四つん這いになって指を入れていく。

美沙は暫く見てから高杉に打ち明けた。

「そうか、無理もないよな、あんなの見せられたら」

「でも、あなたとは、やって欲しくない」

「それだったら、美沙がやってやればいいだろう。昔、俺がやらせた奴だよ」

「恥ずかしいわ、この年でレズだなんて」

「年は関係ないよ。妹とならいいだろう、それに、俺も一緒だから」

「本当にやるの?」

「勿論だよ、これから行こう」2人は美香の元へと向かった。

 

 (本当だ、オナニーしてる!)2人は顔を見合わせ、そっと近付き「美香、寂しいの?」美沙

が言うと、慌てて股間を手で隠す。

「何も隠す事ないわよ、人間だったら当然だし。それより、私がしてあげるから」美沙は服脱ぎ

だした。

「姉さんがしてくれるの?」

「勿論よ、夫もしてくれるわよ、ただし、チンポはダメだけど」

「そう言う事、これからは3人でやるんだか」高杉も脱いでいき、3人が全裸になった。

「美香、ここは私がしてあげる」美沙は股間に顔を埋めて指と舌で愛撫していく。

「それなら俺はここだ」乳房に顔を埋めて乳首を吸いながら揉んでいく。

それには「いいわ、凄くいい…」声を上げ、腰を動かし出した。

やがて、美香の手が高杉の肉竿を掴んで擦り出す。

「俺も凄くいいよ。このまま行きそうだ…」声が上擦っている。

「姉さん、高杉さんとやらせて…」

「何言っているのよ、私の夫よ」

「でも、私の夫でもあるわよね」

「そりゃそうだけど」

「だったらやらせて、夫婦だからいいはずよ」

「仕方ないわ、あなた出しちゃダメよ。出そうになったらいってよ」美沙が承知したから高杉が

覆い被さった。

「久しぶりだわ、チンポが暖かい…」膣の中は濡れていたからすんなりと入っていく。

肉竿が入りきるとピストンが始まり「あ、あ、あ~!」喘ぐ声をあげだし、美沙も膣の中が濡れ

ていく。

「あなた、私も欲しい…」我慢できないのか四つん這いになって尻を向けている。

「わかった、美沙にもやるよ」起きあがると美沙の腰を押さえて腰を突きだした。

「いいわ、凄くいい。出してもいいわよ」

「できちゃうよ、3人目はまだ早いよ」

「でも、欲しいの、エキスが欲しい…」

「それなら口に出そうか?」

「いいわよ、お口でもいい」

「私にも下さい」2人は肉竿を交互になめだした。

それには「行く、行く~!」噴射が始まり、美沙が受け止めた。

「姉さん、私にも」口移しで精液が移される。

(凄いや、こんな事ならビデオに撮るんだった…)また思いついた。

翌日、高杉はビデオを持って美香の部屋に向かう。

「あなた来て、早く欲しいの」

「待って、その前に撮らせてくれ」

「またビデオなの、昔撮ったからいいでしょう」

「昔は昔。やらないなら、してあげないよ」

「意地悪言わないで、やるから」2人はビデオに撮られながらレズを始める。

「いいわ、本気で感じる」

「私もよ、昔を思い出すわ」2人の淫裂は濡れていた。

「来て、欲しいのよ!」我慢できないのか、美沙がヒステリックな声で言う。

「わかった、入れるよ」カメラを置くと、美沙に抱きつき、唇を重ね、高杉も吸い返した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/134-acf9e56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top