fc2ブログ

「失われた絆」第21話 レズの相手

第21話 レズの相手

  恵がいつものように仕事をしていると、同僚から声を掛けられた。
「あなた、レズの相手をするんだってね。今夜は私としてみない。勿論お金は払うわよ」そっと耳打ちする。
「誰からそんな事を…」
「それは秘密。今夜にでもいいでしょう?」
「わかりました。今夜ですね」
「嬉しいわ、今日は恵にして貰えて。いつもは1人だから寂しいのよ」恵が承知すると笑顔で戻って行くが(一体、誰から知ったのかしら?)仕事が手に着かない。

 やがて、5時になり「恵さん、一緒に帰ろう」恵を買った美香が誘い、恵は一緒に城北署を出た。
美香の住むアパートは、歩いて15分程で「ここよ、入って」中には2部屋ある。
「モデルもやるんでしょう。どうせだから、撮らせてね」
「ヌードは困ります…」
「払うわよ、モデル代も。ほら、脱いで!」美香はデジカメを構えて(またヌードを撮られてしまう…)困った顔をしながら脱いでいく。

 「いいわね、その下着も」相変わらず黒いスケスケで、その下着も脱いで全裸になると、ポーズを取らされた。
「いいわよ、性器ピアスが…」キラキラ輝くピアスも撮られ「これでやって。知っているでしょう?」突然、バイブを見せる。
「これでですか…」
「そう、オナニーするの。気持ちよくやってね」バイブが渡され(こんな事までさせるなんて)不満に思いながらも、淫裂に押し当てた。

 すかさず「あっ!」振動が心地よく淫裂を刺激していく。
「そうよ、その顔よ」美香は撮りまくり「あ、あ、あ!」恵は次第に本気になってきた。
「クチャ、クチャ!」淫汁も流れだすと「気持ちいいでしょう。私にもして」美香も服を脱ぎ始める。
「手伝って、恵さん!」イヤだが、美香のパンティを引き下げると「どう、私も剃ったのよ。あなたの性器の話を聞いて…」美香も股間の絨毛が綺麗に手入れしてあり、やや黒ずんだ淫裂が剥き出しになっている。

 「して。あなたの口で!」恵は淫裂に口を押しつけ、舌でクリトリスを撫でながら、指で膣の中を動かしていくと「そうよ、そうなの。もっと早くして!」恵の頭をしっかり押さえている。
(こんな事したくないけど…)指の動きを早めると「あ、あ、あ!」喘ぎながら恵に抱き付いてきた。
「あれを膣に入れて…。それにオッパイにも…」

 「わかったわ。これでやる」ベッドに仰向けに寝た美香の乳房を吸いながら、淫裂にバイブを押し込むと「いいわ、凄くいい。オナニーなんて目じゃない!」背中を反らせながら悶えていく。
(美香に、こんな趣味があったなんて信じられない!)乳首も吸いながらバイブの動きを早めた。
やがて「行く、行く~!」美香の動きが止まり、バイブを持った美香の指がヌルヌルに濡れている。
「恵さん、約束のお金よ」息を弾ませながら渡し、それを受け取ると急いで服を着込み、アパートに戻った。

 戻ると「どこに行っていたんだ?」目黒から怒鳴られた。
恵は封筒を渡して事情を話すが「そうか。でも勝手にやったのはお仕置きだ!」許されない。
「これからは俺に断ってからやれ。とにかく素っ裸になれ!」言いだしたら聞かないのは知っている。
言われた通りに、服を脱いで生まれたままの姿になった。

 「頭を手にやるんだ、オッパイと尻にやる!」
「お尻はイヤ。オッパイだけにして」やはり、ケロイド状になった焼き印が気になっている。
「ダメだ、まずは尻からだ」目黒はムチで尻をたたき出すと「ヒー!」顔を歪めて痛みに耐えた。
数回打たれると、乳房も叩かれ、乳房に赤い筋が走る。

 「許して下さい。仕方なかったんです」泣きながら詫びた。
「そこまで言うなら許してやる。その変わり、今夜は四つん這いだ」
「私が上になりますから、四つん這いは許して下さい」
「ダメだ、早くなれ!」(見られてしまうけど、逆らえないし…)覚悟して四つん這いになると「やけども大部よくなったじゃないか!」焼き印の後を撫でた。

 (知っていたんだ。だったら、気兼ねするんじゃなかった!)目黒に言葉に安心感が広がるが「行くぞ!」「あ、あ、あ!」喘ぎ声が響いていく。
「愛子は自分でオ○ンコを弄るんだ!」
「わかりました。オナニーします…」恵の正面で腰を降ろし、足を開いて恵に見せている。
「恵さん、見て。私もオナニーする」指が淫裂に入ると「ん、ん、ん!」呻き声を上げ指を動かしだし「あ、あ、あ!」恵も肉竿のピストンに悶え声を上げていた。

 それから数日後、同僚が声を掛けてきた。
「あなた。今夜、私と抱き合わない?」
「それは困ります。目黒さんの許可を貰ってからにして下さい…」
「刑事課の目黒さんね。どうしてなの?」
「婚約者です、今はお金がないからこうしています。とにかく目黒さんの許可を貰わないと…」
「わかったわ。話してみる」その場は収まった。

 暫くして、仕事中の恵に目黒が声を掛けてきた。
「今夜、仕事だ。愛子も一緒だぞ!」
「2人一緒ですか?」それは愛子とのレズを意味している。
「そうだ、交通の今野と松坂が客だ!」
「わかりました、今夜は遅くなります」と返事をして仕事を続けた。

 5時になると「行きましょう。今夜はタップリ可愛がってあげるからね」2人は同僚と一緒に城北署を出て、全裸写真を撮られていく。
それに、レズの相手もさせられ、写真にも撮られた。

 そんな事が続いたある日、愛子は偶然にも自分達の全裸写真が、同僚の間で交換されている現場を目撃してしまった。
「いいわね、これ。これと交換して!」
「これは高いわよ、2千円ね」
「仕方ないわね。今度私もこれと同じくらい綺麗に撮るわ」言われた通りに、写真とお金を渡していく。
(そんな、私のヌード写真が交換されているなんて…)奥歯がガチガチ鳴っている。
それでも、気づかないふりをして仕事を続けた。

 仕事を終えて、アパートに帰ると早速、恵と目黒に打ち明けた。
「酷いわ。ヌード写真は誰にも見せない約束よ」恵は泣きだすが「コレクションだからいいじゃないか。脅迫されたというなら話は別だが…」目黒は平然としている。

 「写真を撮られた身にもなってよ。性器まで撮られているのよ、恥ずかしい思いをさせられたのよ」涙を流しながら訴えた。
「わかった。これからは写真は別料金とする。とにかく、レズとオ○ンコで頑張ってくれ」目黒は取り合おうとはせず(これ以上言っても無駄だわ…)恵は黙り込んでしまった。

 翌日いつものように仕事をしていると、目黒が顔を出した。
「今夜は残業だぞ」
「わかりました」黙って頷いた。

 そして、5時を過ぎると同僚も帰り静かになっていく。
「やっと帰ったか。こい!」目黒に連れられて会議室に入ると「待っていたわ。制服姿から撮らせて」今までレズの相手をした同僚がデジカメを持っている。
「そんな~。こんな大勢の前で脱ぐなんて…」顔が強ばっている。

 「いいからやるんだよ。金は貰ったし。それに誰にも見せないと誓ったから安心しろ」目黒が言うからには脱ぐしかない。
ゆっくり、制服のボタンを外していくと、一斉にスイッチが押される。
「いいわよ、その次スカートよ」言われるままスカートを脱いでいくと、スケスケのパンティがシャツの裾から覗いている。

 「いいわね。ボタンを外して胸を広げるの」色々注文された。
(悔しいわ。私はあなたと同じ警官よ。ヌードモデルじゃないのよ!)叫びたいが無駄で、容赦なくスイッチが押されていく。
「下着はゆっくり脱いでね」パンティをゆっくり引き下げ「いいわよ、その性器!」無毛の淫裂が撮られていく。
その後ブラジャーも脱いで、生まれたままの姿も撮られた。

 「目黒さん、これから先は男は邪魔なの。意味わかるでしょう?」
「わかったよ、1時間以内だからな」目黒は会議室から出ていくが「やめて、大勢なんていや!」怯えて乳房と淫裂を手で押さえた。
「怖がらなくてもいいわよ。可愛がってあげるから」恵はテーブルに仰向けに乗せられ、足を開かされる。

 「イヤ、そこは撮らないで!」足下から撮られた。
「いいじゃないのよ、許可は取ってあるんだから。あなただって、お金が欲しいんでしょう?」香織はシャツを捲り乳房を取りだした。
「吸って、オッパイを吸うのよ」口に押し当てられ、言われた通りに乳首を吸うと「そうよ。いいわ、凄くいい!」上擦った声を上げた。
愛子も乳房を揉まれ、淫裂を指で掻き回されて(ダメ、そんな事されたら感じてしまう…)すでに淫汁が流れている。

 「香織、交代して。私もオッパイを吸われたいの」美香が裾を捲り、乳房を露わにしていく。
「わかったわ、だったら、私が恵のオッパイを吸うからね」香織は乳房を吸い出し「あ、あ、あ!」声を上げた。
「美香、早く済ませて。次は私がオッパイを吸って貰うから」
「私が先よ。桂子は私の次よ」やはり、しきたりの世界だから、先輩優先で決まっていく。
「いいわ、もっと吸って。オナニーより感じる…」乳首を吸われ声を上げている。
それを「全くスケベな奴らだな」目黒は外でタバコを吸いながら聞いていた。

 それからしばらくの間、レズの依頼はなく、八重からの呼び出しも暫くなかった。
「セックスしなくていいけど…」それは返って不安が高まっている。
そんな週末の夜に、目黒が突然「舞台だ。ショーを頼むよ。この前のキャバレーだよ」と言いだす。
「また、ヌードですか?」恵と愛子はうんざりと言った顔だ。
「そうだ。パイパンオ○ンコをタップリ見せてやれ。俺も手伝うから」
「手伝うのですか?」意味がわかっていない。
「とにかく、これから行こう。ショーが済んだらおごる」渋々アパートを出て繁華街へと向かう。

 街は週末なので、夜にもかかわらず人出が多く、人を掻き分けながら歩くとキャバレーが見える。
「相変わらず派手だな」目黒に連れられて中に入ると「お待ちしておりました。早速お願いします」愛子と恵は奥の更衣室に入り、婦警のコスチュームを着させられた。
「これを着ると、身が締まるわね」
「そうね。偽とわかっていてもね」服を着込むと外に出た。

 「俺も出るからな。それからこの人もだ!」
「初めまして。ここの呼び込みに雇われた者です」挨拶して、4人が舞台に上がると「長らくお待たせしました。本日は特別ショートしまして、婦警さんのレイプショーを行います」店内に響いた。

 それを聞いて愛子は「イヤ。レイプショーだなんてイヤ!」体を震わせるが「イヤでもやるんだよ!」2人は両手を後ろ手にされ手錠を掛けられた。
「イヤです、レイプなんてイヤ!」2人は必死に抵抗するが、不自由な腕ではどうする事も出来ず、次々と制服が脱がされていく。

 そして、下着も脱がされ、無毛の淫裂が露わになると「パイパンだ。パイパンオ○ンコだ!」店内に歓声が響いた。
「このパイパンで、お客が喜んでいるよ」淫裂を指で広げ「やめて、お願いです!」泣き叫ぶが、手は退けられない。
「そろそろ行くか」目黒と呼び込みはズボンを引き下げていく。
「やめて。人前よ、ここではイヤです!」
「人前でやるから、レイプショーなんだ!」勝手な事を言いながら、淫裂に肉竿を押し当てる。
「いや、いや!」悲鳴を上げるが、背中から肉竿が押し込まれて「凄いや、本番じゃないか!」驚きの声が上がった。

 肉竿を押し込むと2人は腰を振っていく。
「あ、あ、あ!」乳房を揺らせながら呻き声を上げ、そして、子宮の中に噴射された。
射精が終わると「う、う、う!」嗚咽を上げている。
「泣くな。それより、素っ裸になって、お客の接待をしてこい!」手錠が外され、腕に絡まったブラジャーや制服が脱がされた。

 「支配人。素人だから頼んだよ」目黒はズボンを履いていく。
「わかりました。お二人さん、そのままこちらです」全裸のまま客の前に連れて行かれる。
「凄いや。オ○ンコからザーメンを出しているよ」
「中出しやったんだ」驚きながら淫裂を見ている。

 2人が支配人の指示した通りに、客席を回っていくと「お似合いね、オ○ンコされて気持ちよかった?」女性の声に2人は驚きの顔になる。
「や、八重さん!」客は八重で、その隣には忠明が座っている。
「いい事教えてあげるね。私、この人と結婚するの。勿論、エッチは済ませたわ」得意げに忠明の股間を撫でていく。

 「恵も目黒と同棲しているんだってな。愛子も一緒にオ○ンコ楽しんでいるんだろう?」
「そんな事していません!」
「嘘付くな。見栄張らなくていいから、オ○ンコしたくなったら、俺がやってやるぞ」
「ダメよ、恵とは絶対ダメ。私がやって上げるから浮気はダメ」恵に見せつけるかのように、唇を重ね合う。
(一体、何の為に体まで汚しているのよ)涙が自然に流れた。

 その夜、「う、う、う!」(一体、誰の為の囮だったのよ)恵は悔しさで泣き続けた。
それは目黒や愛子にも聞こえており(可愛そうに。忠明さんも酷いわ)(かなり効いたな。これからが面白くなるぞ)考えは全く違っている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター