赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第21話 高杉の浮気  

 それから数ヶ月後、大坂にも不妊治療センターが設置され、高杉が初代の所長として赴いた。

高杉は付くと直ぐに荷物の整理を始める。

「合った、これがないとな」テレビに繋ぐと再生していく。

「バッチリだ、これなら、暫く我慢できそうだ」笑顔だが、テレビには美沙と美香の全裸が映し

出されていた。

しかも、2人は子供を抱いている。

「これを見せられたら我慢するしかないよな」コマ送りをすると、淫裂がアップで映し出された。

「これは美沙のオ○ンコだな、ちょっと黒いし」なおもコマ送りをして「美香も、オ○ンコ撮ら

せたんだ!」アップの淫裂に笑顔になっている。

そこに「高杉さん!」聞き覚えの声がしたと思うと女性が入ってきた。

「イヤだ、こんなの見て!」声の主は安藤真央だった。

「か、勘違いするなよ。妻が寂しいだろうと思って、わざわざ撮らせてくれたんだ…」高杉の額

から冷や汗が流れている。

「そんな言い訳しなくてもいいわよ。男なら当然だし。でも、ビデオより、生がいいんじゃない

かしら」

「そりゃ、そうだけど、無理だよ、こんな俺を相手にしてくれる女は大坂にいないし」

「それがいるのよ、高杉さんにあそこを見て貰いたい女が…」真央はスカートを脱いだ。

「そ、そんな!」

「高杉さんだから見せるのよ、他の人には絶対に見せない…」スカートの下は何も着けておらず、

絨毛が手入れされ淫裂が剥き出しになっている。

「どう、気に入って貰えた?」

「最高です、これなら最高です」

「だったら、オナニーなんて勿体ないからここでしなさいよ」

「いいんですか、オ○ンコしても」

「いいわよ、高杉さんなら」

「早速やらせて貰います」高杉は服を脱ぎだし、真央も、上半身を露わにしていく。

 

 そして、全裸になると抱きついた。

「オッパイ、小さいけど吸って…」

「こうですね」小ぶりな乳房を揉みながら吸うと「あ、あ、あ~!」声を上げ、肉竿を擦り出す。

当然、肉竿も膨らんでいく。

「入れて、これでされたいの」

「わかりました、入れますよ」淫裂に肉竿を押し当て、腰を突きだした。

「いいわよ、暖かくて気持ちいい…」淫裂の中は濡れているからすんなり入り込み、ピストンが

始まった。

        2-02.jpg

「あ、あ、あ~!」背中を浮かせ、声をあげていく。

「出して、出してもいいのよ…」譫言のように言う。

「本当にいいんですか?」

「ええ、あれ飲んでいますから」

「それなら安心して出します」ピストンを速め、登りきると動きを停める。

「頂戴、私に全部を…」足を絡めて離そうとせず、高杉はやむなく全てを出し切った。

「膣が暖かい、とろけそうで気持ちいい」満足そうな真央だ。

 

 2人は、暫く結合したまま抱き合ったが、服を着ていく。

「高杉さん、大坂をご存じないと思うから、わからない事があったら何でも聞いて」

「それは助かります。これからもいいんですよね」ブラジャーの中に手を入れ、乳房を掴む。

「私でよかったら、いつでもいいわよ」

「それは助かります。まだ男ですから」

「それはいい事よ、逞しくて元気もあるし」真央は手を退けさせ、服を着ていき、着終えると話

し出した。

「実はお願いがあるの」

「何でしょう?」

「あの薬だけど、飲ませたい人がいるのよ」

「構いませんが、誰にです?」

「友人何だけど、レズの毛があるのよ。だから男とセックスしたがらないのよ」

「女か。男がいないと無理だな」

「その心配はないわ、その子を好きな男もいるから」

「それだったら、弱いのを使った方がいいな」

「色々あるの?」

「勿論です、初めはセックスしたがるだけでしたが、今は不妊用もありますし」

「それじゃ、私が飲んだのは不妊用なんだ」

「そうです、できたでしょう」

「できたわよ、高杉さんの子を産もうと思ったけど、薬で流しちゃったわ」

「そうして貰えれば助かります、これ以上子供は要らないですから」

「そうよね、でも、楽しい事はしたいでしょ?」股間を撫でながら言う。

「勿論です、ここまで家内は来れませんし」真央の顔を押さえて唇を重ねた。

「楽しい事なら、私がしてあげるから」真央も唇を重ねた。

 

 こうして、真央の協力も得られるようになり、翌日、高杉は約束した通りに、真央と一緒に出

かけた。

「ここよ、ここなの」マンションの一室にはいると男女がいる。

「待たせたわね、この人がそうなの」真央は高杉を紹介する。

「それじゃ、始めましょう」高杉は副作用の事も話してカプセルを渡す。

それを飲み込むと2人は顔を見つめ合う。

「真央さん効いてきたよ」

「ええ、わかるわ、触られても平気だし」2人が見守る前で唇を重ねると服を脱いで、全裸にな

ると抱きあう。

「真央さん、平気みたいだね」

「そうみたい、男に触られるのもイヤだったのに。これならもっと使い道もあるわね」2人が話

している間にも「あ、あ、あ~!」声をあげだした。

「高杉さん、体に悪いわね。私達もやりましょうよ」真央は高杉のズボンを脱がせる。

「わかった、僕達もやるか」真央のスカートを引き下げ、下半身を露わにさせた。

そして2人は抱き合う。

「いいわ、凄くいい…。私も抱っこでして」

「わかった。やってみる」隣に倣い、真央の太股を抱え上げ、駅弁での結合が始まる。

「いいわ、深く入ってくる…」

「僕もいいよ、真央さんのオ○ンコは最高だよ」高杉は満足そうに腰を振り続けた。

やがて、2つの肉竿は絶頂を迎えて噴射した。

「何だか夢見たい。こんなにセックスが気持ちいいなんて…」女は信じられないと言った顔をし

ている。

「そうよ、女同士もいいけど、チンポが一番なの。これからも楽しみなさい」真央は暫く話すと

マンションから出た。

 

 それからも真央は高杉のアパートを訪ねてきた。

「今夜は寂しそうだから、私が付き合うわね」理屈を並べて、高杉を脱がしていく。

高杉もそれを拒まず、2人は全裸になって抱き合った。

高杉にとってはパラダイスだが、世の中にはお節介者もいて、浮気を美沙に知らせてしまった。

「懲らしめてやらないと!」

「そうよ、こっちは真面目にやっているのに!」美沙と美香は怒りが爆発寸前だった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/136-2f37f6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top