fc2ブログ

「危険な関係」第8話 寛子の秘密

第8話 寛子の秘密

 自由が戻った久美は「政志、こんな事していいと思っているの?」パンティを履きながら怒鳴ると「いいと思ってる。だから、オ○ンコしたんだ!」揺れ動く乳房に顔を押し付け、乳首を吸い出す。

 「やめて。もう終わりよ!」頭を抑えると「これでも、母さんに、言いつける気あるの?」
「それは…」久美の言葉が途切れた。
「姉さん、弟とオ○ンコしたなんて言えないよね?」パンティを引き下げ淫裂を撫で出す。

 「もうやめて。誰にも言わないから…」
「その方がいいよ。これからも楽しめるし」
「ダメ、もうセックスはダメ。出来たら、どうする気よ!」
「真一さんの子と言って、育てればいいじゃないか!」

 「バカ言わないで。いずれは、わかってしまうのよ」政志の手を退けてパンティを戻していく。
「でも、やめないよ。姉さんとはもっとオ○ンコするからね」政志も服を着出すが(本気だわ。本気になってる!)これからの事に、久美は不安を覚えた。

 その後、2人は服を着込むと話し出すが「姉さん、今夜からは、僕と一緒に寝るんだからね」言い出す。
「イヤ。一緒に寝たら、またセックスする気でしょう。それなら帰る!」
「そうは行かないよ。真一さんが迎えに来るまでは、姉さんは僕の妻だからね」

 「バカ言わないで。言っている事がわかってるの?」
「わかってるよ。だから、勝手に帰ったら、この写真が真一さんに渡るからね」先ほどのカメラを見せた。
「そんな事やめて。嫌われてしまう…」

 「だったら、僕の言う通りにして」久美に抱き付くと、唇を押し付けた。
「う!」(その通りだわ。避妊してやるしかない…)覚悟を決めて、久美も唇を押し付ける。
「姉さん、好きだよ!」なおも抱き付いていく。

 その夜、「母さん、イビキがうるさいから部屋変えるね」久美は断りを入れて、布団を持ち出す。
「政志と一緒なんて心配だわ」自分もレイプ同然にセックスさせられたから、心配そうに言う。

 「何言っているのよ、姉弟よ。そんな心配しなくていいわよ」笑いながら言うと「そうだよね、姉弟だよね…」自分に言い聞かせている。
「そうよ、今夜からは、母さんのイビキを聞かなくて済むわ」作り笑いをするが(政志とセックスするなんて…)背徳行為に罪悪を感じている。

 そのころ、寛子は真一と話し合っていた。
「兄さん、久美さんに頭を下げて、謝ったらどう?」
「イヤだ。俺は悪くない。あいつが、勝手に出て行ったんだ!」
「でも、寂しいでしょう?」
「寂しくはないよ、寛子が居るから」
「そんな事言ってないで、謝って。そうしたら…」寛子はそこで言葉を止めた。

 「寛子、謝ったらいい事あるのか?」真一の目が輝いている。
「そう、謝るって約束するなら…」寛子は服を脱ぎだした。
「裸を見せてくれるのか?」
「そうよ、兄さんに、全てを見せる…」次々と脱いで下着だけになると「兄さん、手伝って…」わざと真一に脱がさせようとする。

 「勿論、手伝うよ!」息を荒立てながらパンティを両手で掴み、引き下げだした。
「寛子、これがお前のオ○ンコか…」露わになった淫裂をジッと眺めていると「オッパイも…」催促される。
「そうだった。オ○ンコばかり気になってな」パンティを脱がすと、背中のホックを外して、乳房も露わにしていく。

 「大きく膨らんだな、もう何年経ったんだ?」
「高校以来だから、6年は経っている…」寛子は恥ずかしいのか、太股が震え、下を向いたままだ。

 「思い出すな、こうやって、寛子を犯したんだよな…」思い出したように寛子に抱き付き、乳房を撫で出す。
「そうよ、それで、女にされたのよ」
「寛子、やらせてくれ、昔のように…」

 「久美さんに、謝るって約束できるの?」
「謝る、だからやらせて。勿論、ゴムは着けるよ」
「それならいい。今夜だけは兄さんに抱かれる…」
「ありがとう」真一も服を脱ぎ全裸になると、寛子と一緒に布団に寝た。

 真一が、肉竿を掴んで淫裂に押し込んむと「う~!」痛みに顔を歪め、抱き締めた。
「寛子、行くからね…」肉竿が動き出すと「あ、あ、あ~」喘ぎ声をあげだす。
真一は乳房を吸いながら肉竿を動かし続けて登り切った。

 「寛子、凄く良かったよ」満足そうに起きあがると、コンドームの先端には白い精液が、溜まっている。
「兄さん、約束よ。セックスまでしたんだから」寛子は脱いだ下着を着込みながら言う。

 「約束する。明日合ってくるよ。それより、もう一回やらせて!」履きかけたパンティを脱がし出す。
「わかったわ、今回限りよ。久美さんが来たらやらないからね」
「わかってる。久美と抱き合うんだろう?」
「知っていたんだ…」

 「俺の性かと思って、気にしてたんだ」
「兄さんの性だけじゃないわ。確かに、兄さんには犯されたけど、久美さんの指でされると、凄く、気持ちいの」
「そうか、それなら、気にしないでやってもいいよ。俺も、罪な事したしな」
「そうよ。妹を犯すなんて異常よ。それに、縛ったりするのも…」

 「何だ、知っていたんだ。あれでやると、凄く興奮して…」
「久美さんは、あれがイヤだって言ってた。私と久美さんでレズやるから、見てからはどうなの?」

 「わからないな。実際にやって貰わないと…。それより、今度は、寛子がやってくれないか?」
「いいわよ。その前に、堅くしないと」寛子は肉竿を唇で擦りだし、堅くなるとコンドームを着けた。

 「兄さん、行くわね」仰向けに寝た真一に跨り、そそり立った肉竿を淫裂に吸い込んでいく。
「いいよ、凄くいい!」
「私もよ。そんなに痛くないし…」根本まで吸い込むと、寛子は腰を動かし出す。
時々「あ、あ、あ~」声をあげ、体を反らせながら腰を振っていくと「出た、出た!」二度目の放出を行った。

 同じように、久美も真一に馬乗りになって、腰を振っていた。
「姉さん、凄く、気持ちいよ。オッパイも良い」
「ダメ、乳首はダメ。声が出ちゃうし…」声を出すまいと堪えながら腰を振っていくと、政志が登り切った。

 「姉さん、凄く良かった。今度は四つん這いだからね」
「もう許して。母さんに気付かれないかと、心配なのよ」
「その時は、その時だよ。ほら、口でして!」
「仕方ないわね」諦めて、夫にもした事のないフェラをしていくが(真一のバカ。早く謝りに来てよ。そうしたら、こんな事しなくていいのに!)そう願いながら口を動かし続けた。

 久美が、肉竿をフェラして行くと、膨らんで堅くなった。
「姉さん。後からだよ」四つん這いにされ「これはイヤ。声が出ちゃうから、イヤ!」嫌がっても、腰を押さえられ肉竿が膣穴に入った。
「う~!」(キツいわ。声が出ちゃう!)顔を布団で覆い、声を出すのを堪えている。

 そんな、久美の気持ちを知るよしもなく政志は肉竿を動かして「ヌチャ、ヌチャ!」静まり返った部屋の中に響いていく。
(終わって…。このままでは行ってしまう…)淫汁も流れだし、太股を濡らしている。
(早く行って。お願い…)堪えているが真一はまだ、肉竿を動かしている。

 (だめ、もうだめ!)「あ、あ、あ~」堪えきれず、喘ぎ声をあげると「行く~!」真一が射精を始めた。
(良かった、見られずに済んで…)夫ならともかく、弟との性行為で絶頂を見られたくはなかったから、一安心だ。

 「もういいでしょう。終わったし…」淫裂を拭いて服を着出す。
「そうだね、2回もやったしね」満足そうに、コンドームを外し、服を着だした。
「政志、母さん、大丈夫かしら。知られたら大事よ」

 「そうだね、見てくるよ」政志が美沙の部屋を覗くと(ぐっすり寝てる…)安心して戻ってきた。
「大丈夫だよ、寝ていたから」
「それなら、安心だわ」久美も安心して、眠りに付いた。

 翌朝、電話が鳴って、久美が出ると「わかったわ、待ってる!」笑顔で話し出し、それを見て(もう、姉さんとはオ○ンコできないんだな…)政志は落胆の顔になっている。
その予想通りに、真一が夕方、訪ねてきた。

 真一は美沙と政志に礼を言いくと一緒に帰った。
「良かった。元の鞘に収まって!」笑顔の美沙だが「これからは、母さんだけでやるしかないな」政志は元気がない。

 久美が居なくなると、寂しさを感じる政志だが「仕方ない、今夜は母さんとオ○ンコだな。その前に風呂でも入るか!」部屋から出て、浴室に向かうと水音がする。
「母さんが入っているんだ。それなら…」そっと、入ると、服を脱ぎ全裸になると、肉竿が膨らみきっている。
 

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター