fc2ブログ

「危険な関係」第10話 2人の剃毛

第10話 2人の剃毛

 政志と久美が中古住宅を見つけてから10日経った頃、役所から売買契約の説明があった。
「政志、あそこを押さえないとダメよ!」
「そうだね。これから一緒に行こう」2人は連れ添って出かけた。

 対応に当たった不動産屋も丁寧に応じ、契約金として300万円を事前に払う事で、契約が成立した。
「これで、安心だ!」2人は笑顔で家に戻るが「姉さん、行こう!」政志は久美の腕を掴んで建物の方に向かうが、そこはラブホテルだ。

 「イヤ。もう、セックスはしたくないわ!」拒む久美に「約束したよね。ゴム着きならオ○ンコするって!」政志が脅しを掛けた。
そう言われれば「わかったわ。軽くよ、変態の真似はやらないからね!」承知するしかく、2人は、建物の中に入った。

 政志はフロントで鍵を受け取ると、久美の腕を掴んで部屋へと向かう。
「優しくしてよ。どうせなら、気持ちよくやりたいし…」
「わかっている。乱暴にはしないよ」2人は話しながら、部屋に入った。
「姉さん、脱がせてあげる!」入るなり、政志は久美の服を脱がし出すが、拒もうとせず、されるがままだ。

 そして、次々と脱がされ、久美は全裸にされた。
「姉さん、ここは剃った方がいいよ」政志は絨毛を撫でながら言う。
「イヤよ。剃ったら丸見えだし…」
「それがいいんだ。真一さんに、剃って貰ってよ!」
「バカ言わないで。真一さんはそんな趣味無いわよ」

 「それはどうかな。姉さんから頼まれれば、剃るはずだよ。頼んでみたら?」
「その内にね」
「帰ったら、剃って貰って。明日確かめるからね」
「確かめるって、またセックスする気なの?」
「その気があったらだけど。とにかく、パイパンオ○ンコだからね」政志は言いながら、次々と脱いで全裸になった。

 脱ぎ終えた政志は、真っ先に久美の口を吸い「優しくよ。痛いのはイヤ…」久美も拒まず、上擦った声になっている。
「わかっているよ」政志は体を下げて、今度は乳房を吸いだした。
「いいわ。優しくされると、気持ちいい…」優しく乳房を撫でながら乳首を吸うと「あ、あ、あ~!」体を反らせ、喘ぐようになった。

 久美が喘ぎ声をあげると、乳房から股間へと口を動かす。
「ダメ、そこはダメ!」政志の頭を抑えるが、拒もうとはしない。
それを確かめると、舌でピンク色の突起をなめだし「ダメ、変になっちゃう!」久美の腰が動き出した。
それでも、やめず、指を膣穴に入れ「あ、あ、あ~!」また、喘ぐ声が上がった。

 政志がなおも、続けると「入れて、早く入れて!」久美が催促する。
「その前に、姉さんもやらないと…」政志は立ち上がって、そそり立つ肉竿を見せると「わかったわよ」久美は素直に肉竿を掴んで、唇で擦りだした。
「ウグ、ウグ!」唇で擦っていくと、肉竿も唾で濡れていく。
「もういいよ。やろう!」
「待って。これを付けないと…」久美は避妊を忘れておらず、コンドームを肉竿に着けていく。

 それが済むと、2人はベッドに倒れ、政志が覆い被さった。
「いくよ!」肉竿が、狭い膣穴を広げながら入り込むと「いいわ、気持ちいい…」妊娠の心配がないから安心して、声をあげだす。

 政志は、肉竿を根元まで押し込むと、乳房を撫でながらゆっくりピストンを始め「気持ちいい…」久美は快楽の世界に入り、背中を浮かせ淫汁を流し出した。
政志は、暫くピストンしていたが、体を入れ替え、久美を上にしての騎乗位に変えた。
「姉さん、わかっているよね。やるんだ!」

 「これっきりよ。これは、真一さんとしかしたくないの…」そう言いながらも、政志の肩を手で押さえ、腰を上下に振りだすと「クシュ、クシュ!」淫裂を肉竿が突き刺す度に音が出ていく。
久美が腰を振ると、体が揺れて乳房も揺れていく。

 「姉さん、凄く気持ちいい…」揺れる乳房を掴み、乳首を撫でだすと、久美は「あ、あ、あ~!」また声をあげ、淫汁が政志の股間を濡らしていく。
やがて「行くわ。もうダメ…」腰の動きを停めて、政志に抱き付き、政志も「出すよ、出すからね!」限界を超えて、肉竿から噴射した。

 「姉さん。凄く良かった…」頭を抑えて唇を重ねた。
「これは、もうやらないからね」久美はそう言いながらも、拒もうとはせずに、息を弾ませている。

 2人は暫く休むと、ホテルを出て美沙の元へと向かった。
「母さん、うまく行ったよ」契約の事を話すと美沙も安心と言った顔だ。
「でも、寛子さんが心配だわ」真一夫婦は問題だいないが、独身の寛子を美沙は気遣っている。

 「そうよね。この際だから、政志と一緒にさせましょうよ!」何気なく久美が言うと「そうよね、それはいいわね」美沙も政志とセックスしなくてもいいから都合がいい。
久美も(政志とセックスはやらなくて済みそうだし)都合が良かった。

 その夜、久美は真一と寛子に契約の話をした。
「そうか、後3ヶ月か。家の片付けをしないとな」真一はその気だが「久美さん、政志さんと私は、うまく行くかしら?」寛子は心配顔だ。
「大丈夫よ、うまく行くから心配無用よ」
「それならいいけど…」レズの毛がある寛子は心配している。

 「それより、今夜もいいだろう?」真一は久美の服に手を掛けた。
「構わないけど。その前にして欲しい事があるのよ」
「何をして欲しいんだ?」
「ヘアよ。ヘアを剃ってパイパンにして欲しいの」顔を赤らめる久美に「剃るよ。前からやりたかったんだ!」笑顔で承知した。

 「真一さん、男って、ヘアを剃りたいの?」
「当然さ。パイパンオ○ンコだと、凄く燃えるんだ。早速、剃ろうよ!」真一は準備を始めた。
「久美さん、ヘアを剃るなんて、どうしたの?」怪訝な顔の寛子に「だって、寛子さんにされる時、邪魔でしょう?」うまく答えられた。

 「そうよね。レズは剃っているわよね。私も剃ろうかな。久美さん、やってね!」
「いいわよ、剃ってあげる!」久美は承知したが(良かった。うまく誤魔化せたし…)政志の指示とは言えないからホッとしている。

 2人が話している間に「準備して!」真一が道具を持ってきた。
「わかった。直ぐに脱ぐわ」久美は服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になると、足を開いて立った。
「動かないで!」真一はハサミを持ち、股間の絨毛を短くしていく。

 時折、指先が敏感なクリトリスを触り「うっ!」久美の腰が揺れたが、短く切り終えると、ファームを吹き掛け、カミソリで剃りだした。
短くされた絨毛はあっけなく、消え失せて少女のような股間に変身していく。

 「久美、いいよ。凄くいい!」興奮しながらカミソリを動かす真一だが(恥ずかしいけど、我慢しないと。でも、オチンチンが凄い…)今までになく膨らんだ真一の股間が気になっている。
それは、寛子にもわかり(兄さんのオチンチンが凄いわ。あれでされたら裂けちゃうかも…)見つめている。
そんな事など気にも留めず、真一はカミソリを動かし続けて、絨毛の全てを取り払った。

 「終わったよ!」カミソリを置くと、タオルで拭き、無毛の淫裂を撫でだすが「待って。その前に、真一さんも脱がないと」手を押さえた。
「そうだよね。僕も脱がないと、話にならないよね」真一も脱いで全裸になったが、股間の肉竿が膨らみきっている。

 「真一さん、今夜は、私にさせてね」久美は真一の前で正座し、肉竿を口に迎えた。
「フグ、フグ!」唇で擦っていくと、更に堅くなり「早くやろうよ!」押し倒され、淫裂に押し込まれた。
「まって、私がするの!」体を入れ替え、久美が馬乗りになって、肉竿を淫裂に迎え入れていく。

 「ア~!」喘ぐ声をあげながら、腰を下げて全てを吸い込むと、動かし出した。
すると「クチャ、クチャ!」淫裂から音と共に、淫汁が流れてくる。
「いいよ、凄くいい!」真一は上擦った声をあげ、揺れる乳房を揉み出す。

 (凄いわ。あんな太いのが入っていくなんて…)見ている寛子も興奮したのか、スカートの中に手を入れて、股間を撫でだした。
それは真一にも見えて「寛子もやろうよ。オ○ンコはダメだけど…」誘う。
「そうさせて。私もヘアを剃って貰うし…」言われるまま、寛子も脱ぎだし、全裸になると、久美の背中から抱き付く。

 やがて、真一も絶頂を超えて「う~!」肉竿から噴射された。
「真一さん、凄く良かったわ」息を弾ませ、立ち上がると、淫裂から精液が筋となって漏れ出ていく。

 「久美さん、約束したとおり、お願いね」寛子も立ち上がって、足を広げた。
「わかってるわ。してあげる!」今度は久美がハサミを持ち、寛子の絨毛を短くし、カミソリで剃って、寛子も少女のような淫裂に変身した。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター