fc2ブログ

「危険な関係」第12話 策略

第12話 策略

 (折角、ここまで生えたのに…)美紗が名残惜しそうに剃っていくと、政志が撮り出す。
「こんなの、撮らなくていいわよ!」カミソリを動かしながら言うが、政志はスイッチを押していく。

 美沙は俯きながらカミソリを動かし、淫裂が剥き出しになると「これでいいでしょう。全部はイヤなの…」恥丘には絨毛が残っている。
「仕方ないな。ちょっとだけ残していいよ」美沙はまたカミソリを動かして狭い帯状に絨毛を残した。

 「それでいいよ。撮るからね」政志は注文を付けてポーズを取らせるが「これはイヤ。中まで撮る気でしょう?」淫裂を手で隠す。
「そうだよ、オ○ンコのヒラヒラと、穴まで撮るんだ!」
「そんなの撮るなら、もう撮らせない!」

 「あれ、姉さんとオ○ンコしてもいいんだね?」
「わかったわよ。撮ってもいいから、誰にも見せないでよ」仕方なしに手を退けて、肉襞や膣穴までも政志に晒してカメラに収まった。

 政志は撮るのに満足したのか、浴室から出ていくが「本当に、久美には手を出さないのかしら?」信じられない。
それでも、射精された淫裂を丁寧に洗うと浴室から出た。
美沙はタオルを巻き付け、政志の元に向かうと「母さん、一人での整理は無理だよ、手伝って貰わないと…」愚痴を言いだす。

 「そうね、確かに無理よね。休みの日に私も手伝う。それなら、いいでしょう?」
「姉さんにも手伝って貰おうよ。母さんがいるから、いいはずだよ」
「そうね、頼んでみる。でも、久美がいる時はヌードにはならないからね」
「それでもいいよ。手伝ってくれるなら」政志は承知した。

 そして、日曜日になって久美が手伝いとして訪れた。
「姉さんは、ここを片づけしてよ」
「わかったわ、任せて!」久美も加わり、家具や家財が次々と整理されていく。

 そして昼食を3人で食べていると、美沙に電話があった。
電話を済ませた美沙は「大事な用事があるからこれから、会社に来いだって!」2人に告げる。

 「大事な用事って、何だろう。もしかして、首では?」
「縁起でもない事言わないで。とにかく行ってくる!」美沙は着替えを済ますと家から出て行き、政志と久美だけが残された。

 (そうだ。この際だから姉さんのヌードも撮らないと…)よからぬ考えを思い付き、準備を始めた。
「政志、何やっているのよ。真面目にやりなさい!」何も知らない久美は怒鳴るが「真面目だよ。今から、姉さんのヌードを撮るんだから」言い返す。

 それには「イヤよ。ヌードは撮らせない!」顔を震わせ拒むが「撮らせないなら、力ずくだ!」乱暴に、久美の服を剥ぎ取りだす。
「やめて、写真はイヤ。セックスするから、撮るのはイヤ!」
「そんなのダメだよ。ほら、これも脱がすよ」パンティを両手で掴むと引き下げ、足首から抜いて、無毛の淫裂を露わにした。

 「パイパンは、守っているんだね。綺麗でいいよ」
「イヤ。見ないで。そんなの、見なくていい!」手で隠そうとするが押さえられ、淫裂が露わのまま、政志はブラジャーも剥ぎ取り、久美は全裸にされた。

 「撮らないで。セックスするから撮らないで!」あくまでも写真を嫌がると「イヤでも撮ると言ったでしょう!」両手を後ろ手にして縛った。
「これで、隠せないよ」カメラを構えて久美を撮り出すと「う、う、う!」悔しさに泣き出した。

 それでも政志はスイッチを押し続け、足を開かせて淫裂も撮った。
「性器はイヤ。お願いだから消して!」叫んでも、足を閉じられないようにして撮っていき、20分程久美のヌードを撮ると、政志は服を脱ぎだした。

 政志は次々と脱いで、下半身を剥き出しにすると抱き付き「今回はゴム無しだよ」淫裂に肉竿を押し当てる。
「ダメ。着けてからして。何でもするから、着けてからして!」セックスは逃れないと悟り叫ぶと「本当だね、約束破ったら姉さんでも容赦しないよ」念を押す。

 「約束する。だから、着けてから入れて!」その言葉に政志は肉竿にコンドームを装着して再び淫裂に押し当てた。
「う~!」前戯無しの挿入に、淫裂が痛いのか呻き声を上げるが、肉竿は容赦なく根元まで入り込み、動き出した。

 「ピシャ、ピシャ!」股間同士がぶつかる音が響いていくが「う、う、う!」久美は嗚咽をあげている。
やがて「でる~!」肉竿の動きを停めて久美を抱き締めた。
「姉さん、出したよ」肉竿を抜くと、コンドームの先端には濁った液体が溜まっている。

 政志はコンドームを外すと、久美の手足を解いていく。
「政志。こんな事して、いいと思っているの?」悔しさがまだ消えてない。
「仕方ないよ。姉さんが素直に撮らせてくれないんだから。それより、姉さんのレズが見たいんだ」服を着ながら言うと「あれは、見せ物じゃないわ。楽しみにやっているのよ!」久美も服を着ながら言う。

 「そんな事、どうでもいいよ。とにかく、やって貰うからね」どうしても、久美にレズをやらせる気だ。
「相手がいないわよ。一人じゃ無理だし…」
「そんな事無いよ。ほら、あの子を呼んでやってよ」

 「寛子さんか…。まさか、セックスするきなの?」
「相手が、望むならやるけど、今はその気になれないな。とにかくやってよ」
「自信ないな。なんて頼めばいいのよ」
「整理を手伝わせるんだよ。そして、姉さんから誘うんだ!」政志の話に(そんなにうまく行かないわよ…)不安を隠せない。  

 2人は服を着込むと、家財の整理を始めたが、夕方近くに美沙が帰ってきた。
「母さん、どんな用事だったの?」
「会社が危ないんだって。だから、私物を今の内に持っていくようにだって!」

 「そうなんだ。これから大変になるわね。政志、わかっているわよね?」久美の言葉に「わかっているよ。もうすぐ、就職だから任せてよ」
「期待してるわよ。頼むからね」美沙にやっと笑顔が戻った。

 翌日、美沙は会社に赴き、政志が一人で整理をしていると「手伝いに来たわよ」久美と寛子が訪ねてきた。
「助かるよ。まだ終わってないんだ!」2人を家の中に入れ、久美を見つめてウィンクすると、久美も返す。

 (うまく行きそうだぞ。今回はビデオがいいな)部屋の中を捜してカメラを準備し、その間に、久美と寛子は別な部屋に入って片付けを始めた。
そして、1時間程過ぎてから政志が久美達を覗くと抱き合っている。
(始まったぞ。これを逃す手はないしな…)小さな引き戸を開けて撮り出した。

 そんな事とは知らない寛子は「久美さん、私にやらせて」久美の服を脱がし「それなら、私もやるわよ」久美も寛子の服を脱がし、2人は下着だけになった。
その後も2人は脱がせ合い、乳房と股間が剥き出しになった。

 (オ○ンコに生えてない!)2人も、股間の絨毛を剃っているから、ピンクの淫裂が露わになっている。
「寛子、可愛いわよ!」久美は口付けをすると、股間に顔を埋め、舌と指を使って淫裂を愛撫していく。

 すると(姉さんのオ○ンコが丸見えだ!)後から撮っている政志には、淫裂が正面に見えている。
それは久美にもわかるが(性器を見られるけど、今更見られたって…)動じる事はなく、愛撫を続けた。

 その愛撫に「いいわ、凄くいい!」寛子も声をあげ「オッパイにも…」乳房への愛撫も催促している。
「わかっているわよ。やるわね!」顔を淫裂から乳房へと移して、手で撫でながら乳首を吸い出す。

 (寛子さんのオ○ンコが見える!)姿勢を変えたから、今度は寛子の淫裂が正面になっている。
(綺麗だな。まだヒラヒラも発達してないし…)カメラ越しに見ていると、肉竿も膨らんでいく。

 それでも堪え、撮り続けると寛子が久美に覆い被さる。
(大胆だな。あんなに開いて…)寛子は足を開いて淫裂の中まで晒しているが、気にはしない。
久美は淫裂を舌と指で愛撫されて「そうよ、それでいいの…」喘ぎ声をあげだし、指に変わって、ディルドーで淫裂を突き出した。

 それには「あ、あ、あ~!」声をあげ、体を反らせていく。
寛子はなおも、ディルドーを動かし続け「いく、いく~!」久美は全ての動きを停めた。
暫く静まり返っているが「私にもして…」寛子が催促する。

 「わかった。してあげる…」体を入れ替えて寛子が仰向けになり、久美が乳房を愛撫していく。
それが済むと、淫裂を愛撫してからディルドーで突くと「あ、あ、あ~!」声をあげだし(凄いや。これがレズなんだ…)隠し撮りしている政志の肉竿が、更に膨らんだ。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター