fc2ブログ

「危険な関係」第13話 寛子の頼み

第13話 寛子の頼み

 久美と寛子は、政志が隠し撮りしているとは知らずに、ディルドーからV型の双頭に変えて抱き合いながら腰を動かしていく。
(凄いや。オ○ンコにあんなのを入れて…)政志は肉竿を膨らませて隠し撮りをしているが、限界に近くなっていた。

 (もうダメだ。オ○ンコしたい!)カメラを置くと服を脱ぎだし、下着も脱いで全裸になると「我慢できないよ!」襖を開けて飛び込んだ。
当然「イヤ~!」悲鳴を上げるが、2人は双頭ディルドーで繋がったままだ。

 「凄いや。オ○ンコにそんなの入れるなんて!」食い入るように見つめると「見ないで。これだけは見ないで!」慌てて手で隠すが、隠しきれない。
「2人とも、そんなにオ○ンコしたいなら、僕としようよ」背中を見せる久美に抱き付き、乳房を揉み出す。

 「触らないで。姉弟だから、出来る訳ないわよ!」
「そうかな。これを着ければいいはずだよ」肉竿にコンドームを着けていくが「それでもイヤ。セックスはしたくない!」あくまでも拒む。
「だったら、言いつけちゃうよ。2人が変な事してたって!」カメラも見せた。

 それには「お願いだから、そんな意地悪しないでよ!」泣き声で久美が言うと「だったら、やらせて。まずは姉さんからだ!」政志は着け終わると、久美に抱き付いた。
「優しくして。乱暴にされると痛いだけだから… 」仰向けに寝かされながら言うと「わかっているよ。こうだね?」淫裂に肉竿が入り込む。

 「そう。ゆっくり入れるの…」目を閉じて政志を迎え入れると「姉弟でセックスするなんて!」寛子は驚いている。
「仕方ないの。わかって、寛子さん!」背徳行為に泣き顔の久美だが(それなら、私も兄さんとやってもいいはずよね?)寛子は思案して「わかった。これは仕方ない事だから、無かった事にする!」そう言うと、久美の乳房に顔を埋めて吸い出す。

 「いいわ、寛子さんにされると気持ちい…」声をあげ、淫裂の中が濡れだした。
「姉さん、オ○ンコの中がビッショリだよ。もっとやるからね!」政志が肉竿の動きを速めると 「あ、あ、あ~!」背中を浮かせて、声をあげだした。
(凄いわ。姉弟で感じるなんて。女同士よりもいいのかしら?)寛子は乳房を吸いながら思案している。

 やがて「いく、いく~!!」久美は声をあげ、浮いていた背中を沈め「ハア、ハア!」荒い息使いだ。
「姉さん。まだ出してないよ!」
「許して。もうだめなの…」

 「仕方ないな、寛子さんとやるしかないや」肉竿を抜くと寛子に抱き付く。
「待って、まだ濡れてないから痛いし…」そう言っても、久美の上で四つん這いにされ、腰を押さえられた。
「これならいいよね。姉さんの手も使えるしる…」政志は肉竿をゆっくり押し込んだ。

 久美もピンクの突起を指で撫でだすから「あ~!」寛子も声をあげ、淫裂の中も濡れていく。
それは、政志にもわかり「行くよ!」肉竿が動き出し「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。

 「もう、平気よ。普通でして!」寛子は自ら催促し、淫裂を突かせる。
「わかった、やるからね!」政志が肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」声をあげ体をくねらせていく。
「寛子さん、きついの?」「変な感じなの…。膣奥が突かれて、気持ちいいの…」淫汁が漏れ出て流れている。

 政志は肉竿を動かし続けたが「ダメ、もうダメ!」噴射が間近に迫り、寛子も「気持ちいいわ。凄くいい!」限界になっている。
「出た、出た!」遂に政志が噴射したが「安心して。着けて出したから…」久美が寛子に言う。
「そうね、着けていたしね」淫裂から肉竿を抜かれると、淫汁で濡れている。

 「久美さん。セックスって、変な感じがする…」淫裂を淫汁で濡らしたまま久美に抱き付くと「いずれ分かるわよ。その内に、女同士は嫌いになるから」拒まず、寛子の乳房を吸い出す。

 「でも、女同士はやめたくない!」喘ぎながらも、久美の淫裂を撫でると「それだったら、私だけにして。他の女とやってはダメだからね」諭すように言う。
「わかった、久美さんとだけにする」寛子は承知した。
3人は、その後服を着ると家の中を整理し、3時近くに久美と寛子は自宅に戻った。

 戻った久美は政志との背徳行為に「寛子さん、あの事は誰にも言わないでね。仕方なかったんだから…」口止めを頼んだ。
「わかっているわ。誰にも言わないから、手伝って欲しいの」
「手伝うって、何をすればいいの?」

 「セックスよ。私も兄さんとやってみたいの…」
「兄妹でセックスだなんて!」声をあげ驚くが「久美さんだってやったでしょう。私も試したいの…」神妙な顔つきだ。

 (ここは、手伝った方がいいわ。政志との事もあるし…)「わかった。手伝うわ」寛子の頼みを聞く事にした。
「ありがとう、早速だけど…」寛子は計画を久美に打ち明けると「大胆ね。そんな事をするなんて!」驚いたようだ。

 そして、夕方になると「久美さん、お願いするわね」寛子は服を脱ぎ出す。
「本当にいいのね。責任持たないわよ」それを見ているが、平然と脱ぎ続けて下着だけになった。
「だって、試したいの。兄さんとセックスしたいし…」パンティを脱いで下半身を露わにすると、短い絨毛が淫裂を囲んでいる。

 (やらせるしかない…。その方が、都合いいかも…)久美が思案している間に、ブラジャーも脱ぎ寛子は全裸になった。
「脱いだわよ。お願いするわ」寛子は背中を向けて両手を組み「わかった。始めるわね」寛子が準備した紐で両手を縛り出す。

 「きつくして。これだと抜けちゃう!」言われるまま、きつく縛ると乳房も縛り出す。
(なんだか、SMの世界みたい…)縛りながら、ラブホテルで政志にされた事を思い出し(寛子さんは、レズだけでなく、マゾもあるのかしら?)思案しながら縛り終えると「久美さんも準備しないと…」催促され、久美も脱ぎだす。

 次々と脱いで下着だけになったが「恥ずかしいわ。まともに見せるなんて…」パンティを脱ぐのに躊躇している。
「手伝う約束よ。最後まで手伝って!」
「そうだったわね。恥ずかしいなんて、言ってられないし…」パンティを足首から抜き、股間を露わにした。

 その後、ブラジャーも脱ぎ全裸になると、黒いストッキングを履いていく。
「イヤらしいわね。娼婦みたいで…」そう言いながらも、ガーターベルトを着けるが満更でもなさそうだ。
「これで、いいのね?」久美は乳房と淫裂を剥き出しにしている。
「それでいいの。後は、待つだけよ」2人は真一の帰りを待った。

 準備を終えてから10分ほどしてチャイムが鳴った。
「来たみたいね」久美は玄関のドアから相手を確かめ「あなた一人ですか?」尋ねた。
「一人に決まっている。早く入れろよ!」その言葉で鍵を外し、ドアを開けると「凄いや!」乳房と淫裂剥き出しの久美に、驚きの声をあげた。

 「驚かなくてもいいわよ、ほら、早く入って!」中に入り、鍵を掛けて奥へと行くと「寛子!」乳房と淫裂剥き出しの寛子に驚きの声をあげる。
「驚かなくてもいいわよ。あなた、寛子とオ○ンコしたいでしょう?」久美は真一のズボンを脱がしていく。

 「やりたい。オ○ンコしたいけど兄妹だし…」
「それなら、ゴム着ければいいわよ。私も認めるから」パンツも脱がせて肉竿を掴んだ。
「本当にいいんだな。前からやりたかったんだ!」興奮気味に、上を脱ぎだすと「これを着けてからよ!」コンドームに肉竿を着けていく。

 真一は全てを脱ぎ終えると「寛子、やらせてくれ!」仰向けに寝かせて、乳房を吸い出す。
「ダメ、兄妹よ、行けないわ…」上擦った声で足を開いた。
「あなた、オッパイよりも、オ○ンコにしないと。ほら、綺麗なオ○ンコよ」
「そうだった。痛くないようにやるからな」口を乳房から淫裂に移し舌でなめていく。

 それには「あ、あ、あ~!」声をあげ、腰が動き出す。
「寛子さん、どう、兄さんに犯される気分は?」
「よくない…。こんなのよくない…」そう言いながらも拒もうとはせず、されるがままにしている。

 真一は淫裂を暫くなめると、抱き付いて肉竿を押し込んだ。
すかさず「あ、あ、あ~!」声をあげ、背中を浮かす。
「寛子、気持ちいよ。もっとやらせてくれ!」乳房を吸いながら、肉竿の動きを速めていく。

 久美はそれを見ながら(これで、政志の事は言えなくなったわ)口封じができて笑顔になり、真一は更に動きを速めて「出すよ。出すからね!」登り切り、コンドーム越しに噴射した。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター