fc2ブログ

「恥辱の女教師」第2話 喪失と下着

第2話 喪失と下着

 「もっと、足を開くんだ!」板垣に言われ「イヤよ。やらないわ、そんな事は…」洋子は反対に足を閉じようとする。
「仕方ないわね。痛い思いをして貰うわ」恵子は。仰向けに寝させられた洋子の乳房を掴み、揉みだした。

 「わかっているでしょう。敏感なところが急所って!」時折、指で乳首を摘み「やめて。痛いからやめて!」顔を強ばらせていう。
「だったら、オ○ンコを撮らせるのよ。それなら、痛い思いはしなくて済むわよ」

 「できない。教師が性器を晒すなんて、できない!」首を左右に振った。
「覗いていたんでしょう。それでも教師なの?」乳首を摘んだ指に力が入り「ヒー。やります!」痛さに我慢できず、仕方なく足を開くと、淫裂が開いて見えてきた。

 (性器の中を撮られてしまう!)「カチャ、カチャ!」シャッターが押されると、太股が反応して、ブルブル震えている。
「あら、震えているわ。オ○ンコを見られて、恥ずかしいの?」指が淫裂を触りだした。

 「やめて。これ以上辱めないで!」
「何言ってるんだ。これからが本番だよ」腕を押さえていた板垣が、今度は洋子に覆い被さった。
「やめて。お願いだから、入れないで!」肉竿が淫裂と触れ合っている。

 「そうは行かないよ。覗き見した罰だ!」板垣の肉竿が、淫裂をゆっくりと押し広げていく。
(オチンチンが膣に入ってくる…)焼けるような感覚に「お願い、入れないで。バージンなのよ!」たまらず、泣きながら叫んだ。

 「バージンですか。そんな嘘には騙されませんよ」板垣が更に押し込むと「ヒー!」悲鳴を上げ、体を振るわせた。
それと同時に、淫裂からは赤い鮮血が流れてくる。
「あら、ホントにバージンよ。先生の年でバージンだなんて、大笑いね」
「そうだよ。よくその年までオ○ンコしないでいられたね」屈辱な言葉に「う、う、う!」声を上げて泣き出した。

 しかし、板垣は容赦なく腰を振り続け「ピシャ、ピシャ!」股間同士がぶつかり合い、その様子を野田と安川がカメラに納めていく。
(撮られている…。犯されているのを姿を撮られている…)徐々に洋子の力が抜け、それと反対に肉竿のにピストンが早まり「ウー!」顔を歪めて、痛みに耐えている。 

 突然、板垣の動きが停まり、淫裂から白い液体が漏れてきた。
「あら、出しちゃったんだ!」
「そうだよ。恵子には悪いけど…」肉竿を抜くと鮮血と精液が流れ出てくる。
「かまわないわよ、覗き見をした罰だし。それより、汚れを拭かないと」恵子は血と精液で汚れた肉竿を、ティッシュで拭いていく。

 その間、野田と安川は相変わらずシャッターを押していたが「ねえ。あんた達も先生とオ○ンコしたいでしょう?」恵子が思わぬ事を言いだした。
「やりたいよ、俺も!」
「俺もだよ!」

 「だったら、やりなさいよ。これで拭いてから」恵子はグッタリしている洋子の淫裂に、ティッシュを放った。
「わかった。やらない手はないよな」2人はティッシュで汚れた淫裂を拭いていく。
「まずは、俺からだ!」淫裂を拭き終えると、野田がズボンを脱ぎだす。

 「やめて。もうやめて!」これ以上、辱めは受けたくないから、淫裂を手で押さえ後ずさりした。
「そうは行かないよ。俺にもオ○ンコさせろ!」
「いや~!」防音の効いた音楽室では、悲鳴など外には漏れないし、誰もいないから助けも来るはずがない。

 洋子は両手を押さえられ、乳房を揉まれながら犯されていく。
「ウー!」乱暴に膣の中を動き回る肉竿に、耐えるだけだ。
「どれ、俺が撮ってやるぞ!」板垣がカメラを構えた。

 「板垣には無理だよ」ピストンしながら野田が言い「そんな事ないよ。俺だって撮れるさ」板垣もシャッターを押していく。
やがて、野田も登りつめて、洋子の膣奥に射精した。
「今度は俺だよ」精液が流れ出る淫裂に、今度は安川の肉竿が入っていく。
こうして、洋子は3人に犯されたうえに、射精されてしまった。

 洋子を犯した3人は、グッタリしている洋子を後目にズボンを履き、恵子も服を着ていく。
「先生。どうするんだ、警察に訴えるかい?」
「訴えられないさ、覗き見をしてたんだぜ。それに『教え子に犯されました』なんて言えないよね」笑い出す4人だ。
「そうよ。覗きをしたから犯されたなんて、恥だしね」恵子まで馬鹿にした言葉で言う始末だ。

 洋子は「う、う、う!」犯された悔しさと、侮辱の言葉で更に涙が流れている。
「先生よ、いつまで素っ裸でいるんだ。もっとオ○ンコしたいのかい?」
「イヤ。もう犯さないで!」慌てて剥ぎ取られた下着を着込みだし、それを確認した4人は、音楽室から出ていき、洋子だけが残された。

 残された洋子は「う、う、う!」泣きながらブラウスを着込んでいく。
「もう、バージンじゃないんだ。それに、教え子に犯されたなんて言えないし…」涙を流しながらも、スーツを着込み、マンションへと向かった。

 マンションに戻る頃には、冷静さが戻っている。
「とにかく洗浄だわ。妊娠はしたくないし…」服を脱いで浴室に入った。
バルブをひねり、淫裂にシャワーを浴びせていく。
指で膣を広げ、中にもシャワーを浴びせると、固まっていた血がお湯に溶けて太股まで流れてきた。

 「もうバージンじゃないんだわ…」長年守っていた封印を、教え子にあっけなく破られた悔しさに、涙も流れていく。
「それより、明日は病院で診察を受けないと。万が一もあるし…」診察を受ける覚悟を決め、体の隅々まで洗ってから浴室から出た。
浴室を出ると「飲まないと眠れない…」バスタオルを全身に巻き付けたまま、ウィスキーを飲んだが「酔えない、今夜は酔えない!」酔いがなかなか回らない夜だ。

 翌朝、洋子は学年主任に電話を掛けた。
「すみません、熱がありまして…。ええ、明日は必ず出ます。申し訳ありません…」受話器を置くと、服を着て病院に向かった。

 洋子は9時過ぎに病院の受付を済ませて、婦人科の診察を待っている。
隣に座った女性が呼ばれて、洋子の顔が強ばっていく。
(きっと、次だわ。間違いない…)洋子が思った通りに「桜井さん、中へ!」看護婦が洋子の名前を呼んだ。

 「はい!」返事をして、診察室に入ると40歳代と思われる男性医師がいる。
「どうなさいましたか?」医師の質問に戸惑って声が出ない。
「もしかして、避妊に失敗でも…」医師は言いやすい用に誘導して「彼氏がお腹の中に出してしまいました。一応、膣はシャワーで洗いましたが、万が一を考えまして…」

 「やはりね、最近多いんですよ。これからはピルを飲んでからエッチして下さい。とにかく、洗浄しないと万が一がありますから」洋子は言われるままパンティを脱いで足を広げていく。
「もっと広げて!」
(出来ない、恥ずかしくて出来ない!)躊躇する洋子だが、看護婦が2人がかりで足を広げた。

 「妊娠したくないでしょう?」その言葉に逆らう気が消えていく。
両手で顔を覆い、思い切り足を開き淫裂を晒した。
「動かないで!」淫裂の中に洗浄液が送り込まれる。
(恥ずかしい。性器をこんな風にされるなんて。来るんじゃなかった…)涙を流しながらも屈辱に堪えた。

 洗浄を受けると「薬を出すから飲みなさい、万が一もあるし。それから、射精されてもいいように、薬を出すから飲んでから楽しみなさいよ」(もう、セックスはしないわ。よけいなお世話よ)黙って聞いている。

 治療が済むと、薬局で薬を買い求めた。
「これは今すぐ飲んで下さい。こちらが避妊薬ですから、3日前に飲んで下さい」店員は好意で説明するが、項垂れてそれを聞いているが(恥ずかしいからいいわよ。飲み方は知っているから…)雑誌で知っていた。

 「いくらですか?」説明を遮るように代金を払って外に出た。
「あんな事言わなくてもいいのに…」昼の町を歩いていくと下着店が目に入る。
「そうだわ。私もエッチなのを着てみようかしら?」教え子の恵子にからかわれた事を思い出して、ドアを開けて興味本位で中に入っていく。

 「いらっしゃいませ!」店員が声を掛けてきた。
「あ、あの~。エッチ系が欲しいのですが…」赤い顔になっている。
「それでしたら、こちらにございます」店員は案内していく。
(凄いわ。スケスケや、レースばかりだ!)食い入るように見ている。

 しばらく眺め「これを下さい」洋子はうっすら黒みを帯びたパンティ、ブラジャーのセットを選んだ。
「これもございますが?」ストッキングとガーターベルトを指さす。
「それも下さい。それから白いレースも」
「かしこまりました。サイズは?」洋子が応えると、店員はサイズを確認してから袋に詰め込んでいく。
「全部で1万5千円です」代金を払い、マンションへと戻ってきた。

 マンションに戻ると、真っ先に薬を飲む。
「これで、万が一にも妊娠しないわ」薬を飲むと、買い込んだ下着が気になっている。
「そうだ、着てみよう!」洋子はカーテンを閉めて服を脱ぎ、下着も脱いで全裸になった。

 「まずは、白からね」レースのパンティ、ブラジャーを着けた。
「乳首が見える。それにヘアも…」レースの隙間から乳首や絨毛が覗いている。
「これもあるんだわ」白いストッキングとガーターベルトも入っている。
椅子に座り、足を通すと、総レースで包まれた洋子は妖しい雰囲気だ。

 「いいわね、こんな姿も!」姿見に映る自分に満足している。
「スケスケはどうかしら?」下着を脱いでまた全裸になった。
今度は黒みを帯びたパンティとブラジャーを着けていく。
「丸見えだわ、乳輪や乳首も。それにヘアまでも…」姿見に映ったのは、全裸同然の姿だ。

 その後、ストッキングとガーターベルト着け「イヤらしいわ。とても教師の着るもんではないわ。でも、男ってこれを見たら燃えるわね」満足そうに見入っている。
「そうだ、明日はこれを着て行こう!」それを脱ぎ、普段着を着てくつろぐ洋子だ。

 そのころ、大東高校では写真部に4人が集まっていた。
「ほら、桜井先生のフルヌードだぞ!」
「ホントだわ。オ○ンコもハッキリ撮れている」
「俺が撮った本番写真もいいだろう?」
「ああ、板垣にしてはな。これは俺が撮ったやつだぞ!」洋子を犯した時の写真を見ていた。

 「でも、いい体してるよな。またやりたくなったよ」
「そうだよな。もっとヌードを撮りたいよ」
「三郎もやりたいの?」
「勿論だよ。恵子がやらせてくれればいいけど、卒業まではダメだろう?」

 「仕方ない、三郎も先生とオ○ンコしていいわ。でも私を愛してね」
「勿論だよ。先生のオ○ンコと恵子は別だよ」
「おい、ここでいちゃいちゃするな。それよりも、これからの事を考えないと…」
「そうよね、とりあえずは明日もオ○ンコよ。それからビデオも撮っちゃうの」
「恵子、良いアイデアだよ」笑顔になって話をしている4人だ。 

 そして翌日、洋子は何事もなかったように授業をしている。
(あいつだわ。あいつが、私のバージンを奪ったやつだわ!)板垣と顔が会ったが、知らない振りをして授業を続けた。
洋子はどうにか、無事に授業を済ませ、帰ろうとした時に「先生、お話が!」恵子が話し掛け「何のようなの?」動揺を隠せない。

 「ここじゃ、言えない事なの。別なところで話しましょう!」
(イヤ、行きたくないわ。また私をレイプする気でしょう?)
(そうよ、あなたは覗きをしたから、罰を受けるのよ!)しばらく沈黙が続く。

 「先生、行きましょう!」強引に腕を掴み教室から連れ出した。
「お願い、放して!」
「そうは行かないわ。先生には見て貰いたいのがあるのよ」
(もしかして、レイプされた時の写真では?)顔が強ばった。

 「あら、察しがいいわね。先生の写真ができあがったのよ」
「イヤ、見たくもないわ!」
「イヤでも見るのよ。来ないなら、あの写真がどうなっても知らないからね」
「やめて、他人に見せないで。行くからやめて!」素直に後を歩く洋子だ。

 洋子が静まりかえった教室に入ると「先生、待っていましたよ」板垣や野田、安川の3人がいる。
「何の用なのよ?」
「これを見て欲しくてね」袋を逆さにした。
すると、袋から写真が机にこぼれ落ちていく。

 洋子は「イヤ。こんな写真見たくもない!」顔を覆い泣き出した。
「先生、見てよ。せっかく撮ったんだから」板垣は服の上から胸を撫でだした。
「やめて、お願い触らないで!」
「だったら見るんだよ」お尻や股間が撫でられた。

 「わかったわ、見るわよ」洋子は写真を一枚一枚見ていくと(レイプされた写真を見るなんて、イヤよ!)自然に涙が落ちていく。
「あら、自分のヌード写真に感激して泣いているわ」
「そうだよ、泣くのは早いよ。これからが本番なんだから!」再び乳房を撫でられ「許して。もう許して!」叫ぶ洋子の顔からは、教師の威厳が消えていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター