fc2ブログ

「恥辱の女教師」第5話 ジャズダンス

第5話 ジャズダンス

 服を脱ぎ終えた後藤は、洋子を抱きかかえて椅子に座った。
「ん、ん、ん!」膝を跨いで乗らされたので、淫裂に肉竿が入り込んでいく。
「ダメ。動かさないで…」後藤は無視して洋子の腰を押さえ、動かしだすと「ズル、ズル!」肉竿が根本まで入り込み、痛みに「ヒー!」全身が震える洋子だ。

 「やれ、やるんだ。腰をこうするんだ!」後藤は腰を動かし(やるしかないし…)渋々、洋子も自ら腰を動かしだすと(痛い。まだ膣の準備が出来てないのに…)顔を歪めて、それでも腰を動かしていく。

 後藤は「いいよ。凄く気持ちいい!」両乳房を揉みながら乳首を吸って「あ、あ、あ!」たまらず洋子は声を上げた。
(イヤ、乳首はイヤ。声が出ちゃうし…)声を出すまいと堪えながら、腰を振っていく。

 やがて、痛かった膣も次第に馴染んで痛みは感じず、反対にヌルヌル湿っている。
(ダメ。噛まないで!)乳首が噛まれ、洋子は両手で後藤の頭にしがみついていく。
それが、更に後藤を刺激して「あ、あ、あ!」また乳首が噛まれた。
「噛まないで。痛いから噛まないで…」腰を振りながら叫んだ。

 だが、気持ちは裏腹で(痛いけど、乳首を噛まれると気持ちいい…)それに刺激されたのか、淫裂の中が更にヌルヌルになっている。
それは後藤も気づいて、洋子に合わせて腰を動かしていく。
「ダメよ、そんな事したら声が出ちゃう!」
「いいよ、出しても。どうせ誰もいないし…」後藤は動じる様子もない。

 やがて、洋子の子宮の中に暖かい液体が漂いだした。
「出したぞ。オ○ンコの中に…」放出を終えると洋子を膝から降ろし、淫裂から白い液体が流れ出ていく。
「行こう、オ○ンコを洗いに!」全裸の洋子を連れだそうとした。

 「イヤ、裸です。いや!」全裸を晒す訳には行かない。
「出来るぞ。子供が!」
「あ、安心日です、今日から安心日です桐箪笥のある風景」とっさに(避妊薬を飲んでいるとは言えないし…)嘘を言う。
「そうか、安心日か。それならいい」安心したのか服を着ていく。

 洋子も淫裂を拭いてから服を着ていく。
「どうだ。俺にオ○ンコして貰った感想は?」
「気持ちいいです…」(射精されて、言い訳ないでしょう!)項垂れて言うしかない。
「そうか、気持ちよかったか。オ○ンコまたやってやるからな!」得意げに顔になった。
(好きじゃないわ。無理に言わせたじゃないのよ)叫びたい気持ちを堪えて、服の乱れを直した。

 「さてと、今度の日曜日だけど…」後藤は切り出した。
「日曜日に、何をするんですか?」
「洋子は、ジャズダンスが得意だったよな?」
(なれなれしいわよ。洋子だなんて!)「ええ、そうですが?」

 「だったら、ジャズダンスをやるんだ。俺がビデオで撮るからな」
「ジャズダンスはやれますが、レオタードがなくて出来ません…」
「ないのか。それは好都合だ、素っ裸でやって貰うつもりだったからな!」

 「えっ。素っ裸で?」思わず叫んだ。
「そうだ、素っ裸でだ。お前のジャズダンスを、ビデオで撮るんだ!」ニヤリと笑いながら言う。
それには「イヤ。ヌードで踊るなんて、イヤです!」首を振って拒む。
「なんだ、イヤか。だったら仕方ないな、写真がどうなってもいいのか?」

 それには「う、う、う!」声を上げて泣いている。
「とにかく、一晩考えろ。明日返事を聞く。それから、2人だけの時は洋子と呼ぶからな!」後藤は部室から出た。
残された洋子は「ヌードで踊るなんて、絶対に出来ない…」相変わらず泣いていた。

 だが、時間が経って教室に戻らなければならない。
涙を拭いて職員室に戻ると、後藤がニヤリと笑って迎えた。
(やらないわ。ヌードのジャズダンスだなんて、やらないからね!)顔を強ばらせて授業の準備を始めていく。

 授業が始まり、教壇に洋子は立ったが、後藤に言われた事が気に掛かり、授業はミスの連続だ。
それでも、どうにか授業を終え、やっと放課後になり、洋子は明日の準備を始めると、今度は恵子が迎えに来た。
「先生、一緒に帰りましょう。いいのを見せたいから!」

 (ビデオだわ。レイプした時のビデオを見せる気だわ!)顔を強ばらせ「そ、そうね。一緒に帰りましょうか」同僚に知られたくないから、急いで机の上を片付け、校舎から出た。
校門を出て、マンションに向かって歩いて行くと、板垣や野田も現れた。

 「先生。ほら、いいのがあるんだ!」ビデオテープをちらつかせる。
「ここでは何だから、中でお話ししましょう」項垂れたまま言い「そうよ。その方が先生のためだしね」4人は洋子のマンションに入って行く。

 野田は、マンションに入るなりビデオの再生を始めて「ほら、先生のストリップだよ」画面には洋子が映っている。
「消して。お願いだから消して!」
「だめだよ。最後まで見ようよ」スイッチを消そうとする洋子を押さえる板垣と野田だ。

 (見たくもないわよ)洋子は俯いたままだが、画面にはスケスケの下着を着た洋子が映っている。
「イヤらしいわね。ガーターベルトだなんて…」
「僕は好きだな、エロチックで”」その画面を教え子が批評している。

 やがて、全裸になった洋子が映し出された。
「先生。今度はヘアを剃ろうよ、オ○ンコが丸出しの方がいいよ」
「そうよ、先生のヘアはないほうがいいわ」それを項垂れて聞いていたが(イヤよ。ヘアを剃るなんて…)涙が流れている。

 突然、画面から『オ○ンコを見て下さい』洋子の声がして「う、う、う!」遂に声を上げて泣き出した。
「消して。お願いだから、消してよ」
「消してもいいわよ。でも、オ○ンコしているのが見られないわよ」
「見なくてもいいです、あんな事は…」洋子はスイッチを押し「これから、いいとこだったのに…」不満を言う恵子だ。

 「先生。これが学校に知れたら、面白いだろうな?」
「ダメ。約束したでしょう、誰にも見せないって!」顔がブルブル震えている。
「見せないわよ。その変わり、頼みがあるから聞いて欲しいの」
「何なのよ、頼みって…」

 「言いにくい事だけど、素っ裸のジャズダンスを撮りたくてね」
「す、素っ裸のジャズダンスを…」もう声にならない。
「それに、体育の後藤先生も、桜井先生の踊るのを撮りたいんだって!」

 「あなた達、グルだったのね。後藤先生と!」
「そう言う事なの。お願い、やって貰えるわよね?」
「馬鹿にしないで。素っ裸で踊るなんて、出来ないわよ!」
「あら、そんな事言っていいのかしら。ビデオを売ってもいいのよ」

 「やめて。それだけは、やめて!」
「だったら、やるわよね?」
「う、う、う!」泣きながら首を縦に振った。
「そうよ、それでいいのよ。先生、今度は私が慰めてあげる。ほら、帰って!」
「わかったよ、後は任せるから」板垣と野田は帰り、恵子が残った。

 「先生。今度は私が相手してあげるわ。女性同士でするのよ」洋子の服を脱がしていく。
「イヤ。そんのイヤ~!」
「あら。ビデオがどうなってもいいんだ!」
「わかった。相手をする…」
「そうこなくちゃ」洋子の服を次々と脱がして全裸にした。

 「今度は、先生が脱がすのよ」
「わかったわよ」洋子は恵子の制服を脱がして行く。
(何で、女同士なのよ…)下着も脱がせて、全裸にしていく。

 「先生。して、私もするから!」恵子は洋子の乳房を吸いながら、淫裂を触わりだす。
「ダメ。そんな事したら、変になっちゃう…」指が敏感な突起を撫でて「あ、あ、あ!」堪えきれずに声を上げ、それに淫裂から淫汁を出してしまった。
「先生。私にもして」洋子も言われるまま、恵子の小さな乳房を吸いながら淫裂を撫でていく。
「いいわ、先生…」こうして2人は、7時近くまで声を上げた。

 翌日、職員室で後藤から声を掛けられた。
「やって貰えますよね?」それには黙ったまま首を縦に動かす。
「よかった。時間は8時からですよ、遅れないようにお願いします。それから…」後藤が説明していくが、洋子はそれを黙って聞いているだけだ。

 (あのビデオも知ってるんだわ。それに、バージンを破られた時の写真も…)悔しさだけが込み上げてくる。
説明を済ますと後藤は体育館に向かい(もう、やるしかないし…)天井を見上げて溜息を付く洋子だ。

 そして、日曜日になり「行きたくないけど…」渋々、大東高校へと向かっている。
普段は生徒で行き交う校舎も、日曜の早朝という事で生徒は見あたらない。
校門をくぐり、校舎に向かうと後藤が待っていた。

 「洋子。待っていたよ、行こう!」顔が強ばらせ、後藤の後を追い体育館に入った。
「鍵は掛けてあるから安心しろ。その方がいいだろう?」
「はい、助かります…」洋子が中に入ると、板垣や野田達もいる。

 「2人切りのはずでは?」4人いるのに驚く洋子だ。
「素人だから、失敗すると困ると思って応援を頼んだ。それより準備をしてくれ!」
(イヤ、教え子の前ではイヤです!)顔がブルブル震えている。

 「先生。僕とオ○ンコした仲じゃないか。今更何言っているんだよ、早く脱いで!」なれなれしく、催促する板垣に「わかったわよ…」渋々、服を脱ぎだすと、下着が見えてきた。
「今度はいいじゃないか。それが好みだよ!」洋子はうっすら黒みを帯びたスケスケの下着で、乳房と絨毛が丸見えだ。
それにストッキングとガーターベルトも着けている。

 (恥ずかしいわ。フルヌードになるなんて!)体を震わせながら、ブラジャーを外すと自慢の乳房が揺れている。
その後、ガーターベルトも外して、パンティも脱いでいく。
「いいね。オ○ンコが見えて!」後藤は機嫌良く撮り、野田もカメラを構えている。
(性器まで撮られる…。でも、もう戻れない…)ストッキングも脱いで全裸になった。
「靴を履かせてください」
「いいよ。履いても」体を屈めて靴を履いていく。

 「そろそろいいだろう。やってくれ!」板垣がラジカセのスイッチを入れると、テンポのいい音楽が流れてくる。
洋子はその音楽に合わせて、手足を動かすと乳房が円を描いて揺れている。
それに、足を上げる度に絨毛の中からピンク色の淫裂も覗いている。

 「たまんない。恵子!」興奮したのか、板垣は恵子のシャツの中に手を入れて乳房を揉みだした。
「出さないでね。私が後で出させてあげるから」
「ダメだ、出るかも知れないよ。桜井先生の揺れるオッパイとオ○ンコを見たら、でちゃうよ…」

 「オッパイが揺れると気持ちいいの?」
「気持ちいいと言うより、ゾクゾクするんだ。恵子のも見たいな…」
「後でやって上げる、だから…」そっと耳打ちし「わかった。手伝うよ」恵子の乳房を揉みながら、洋子を見ている。

 そんな事に、お構いなしに踊る恵子の額や背中、太股が汗でキラキラ光っている。
洋子は音楽に合わせて、足を上げ円を描いた。
「おー!」歓声が上がり(性器を見られた…。もう、どうなってもいい…)焼け気味になって、開脚、前転をして惜しげもなく乳房と淫裂を晒し、野田と後藤のビデオが捉えている。

 踊り出してから20分経ち、汗が筋となって流れている。
(もうすぐだわ。もうすぐ終わる!)全身が赤く染まっており、音楽が鳴りやんだ。
「よし、休憩!」後藤の声にドット床に崩れていく。

 「はい、疲れたでしょう?」恵子は気を効かせてドリンクを差し出す。
「ありがとう」それを飲んで、横になったが、もう乳房と淫裂を隠す余裕などない。
それに、胸が大きく弾んで「ハア、ハア!」荒い息づかいが体育館に響いている。

 「先生、もう一曲だ!」また音楽が鳴りだし、渋々立ち上がり、踊っていくが、疲れが出ているのか、動きに精彩がない。
「真面目にやれ!」後藤が怒鳴っても、体は正直で言う事を聞かない。

 「真面目にやっていますが、体が疲れて動かないだけです…」
「言い訳は言うな。真面目にやらないなら考えがあるぞ!」
「やります。真面目に…」乳房を揺らせて、足を上げて踊るが、やはり疲れているのか、手足の伸びがなく曲がったまま動いていく。

 「安川、手を貸せ!」後藤の言葉で、板垣と安川は踊っている側で鉄棒をセットしていく。
(いよいよ始まるんだ。ビデオでは見たけど、本物が見たいし…)恵子は目を輝かせてそれを見ている。

一方、洋子は次第に動きが遅くなり、もうへとへと状態になって「ダメ、もうダメです…」ヘナヘナと床に崩れた。
「洋子、お仕置きだな。覚悟しろよ」洋子は後藤に髪の毛を掴まれて引きずられていく。
「許して。もう限界です!」叫ぶが後藤は容赦なく鉄棒の下まで引きずった。

 「先生、お仕置きだから悪く思わないで!」「やめて。いや!」暴れるが3人掛かりの男にかなう訳がなく、両手首を鉄棒に縛られて、手が効かない。
「やめて。お願いですから、やめて!」これから起こる事に恐れを感じ、泣き出した。


スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター