fc2ブログ

「恥辱の女教師」第6話 誓約と屋上

第6話 誓約と屋上 
 
 両手を縛られた洋子は、怯えて震えている。
後藤は「これが何だかわかるよな。痛いが、傷の付かないムチだ!」はえ叩きのようなムチを、洋子の目の前に差し出すと「イヤ、やめて、イヤ!」顔がブルブル震えている。

 「洋子。今まで俺に散々恥を掻かせてくれたよな!」そのムチで乳房を叩いた。
「ピシー!」「ギャー!」叩く音と悲鳴が上がり、乳房が赤く染まった。
「許して下さい。今までの事を謝りますから、許して下さい!」痛みに耐えかね叫ぶ洋子だ。
「そうは行くか。ここもだ!」淫裂も叩かれ「ギャ~。やめて、謝ります、許して!」ムチの音と悲鳴が上がっている。

 それでも容赦なく「俺の辛さを、思い知れ!」なおも叩き続け「ヒ~。許して下さい…」打たれる度に、体を痙攣させる洋子の体は、赤く染まっていく。
「う、う、う!」声をあげ泣き出す姿は、教師ではなく、ただの女性だ。
だが(凄いわ。これがSMなんだ、興奮してきたわ。それに、パンティを濡らしてしまったみたい…)目を潤ます恵子だ。

 「どうだ。思い知ったか?」
「はい、もう二度とあのような事はしません。謝りますから、許して下さい…」
「ホントに、謝るのか?」
「はい。謝ります」 

 「それなら、ビデオの前で謝れ。素っ裸のままで!」
「イヤ、裸はイヤです。ヒ~!」言い終わらない内に、また叩かれた。
「ヒー、やります。裸でやります。ですから、もう打たないで!」泣きながら言う。

 「ホントに謝るんだな。やらなかったら、もっとお仕置きだぞ!」
「謝ります。ですから、打たないで下さい」
「わかった。解いてやるぞ」洋子を縛った手が解かれた。

 「先生。謝るのだったら、こうやってよ」恵子は大きな文字で書いた画用紙を見せ「そ、そんな!」読んでいく内に唇がブルブル震えだした。
「やるの、やらないの、どっちなの?」
「やります、だから…」それだけ言うと、また泣き出した。
「泣くな。直立し手を後ろにしろ!」言われた通りにして、乳房と絨毛をカメラに晒すと「始めろ!」後藤が声を掛けた。

 「私、桜井洋子は未熟な為、後藤裕也先生に辛く当たり、不快な思いをさせて反省しています。お詫びにこの体を後藤先生に差し上げ、生涯ご奉仕します。また、後藤先生が命じる事はどんな事にも従い、ヌードやセックスを命じられれば致します。取り合えず、オ○ンコのヘアを剃って、後藤先生とセックスしますから、逆らったり約束を破った時はこのビデオを証拠として下さい。それに、写真部の顧問になったからには、写真部員の為にヌードモデルやセックスも致します」

 洋子は一気に読み上げ、終わると涙が落ちていく。
そんな事などお構いなしに「先生、ヘアよ。オ○ンコのヘアを剃らないと!」と恵子が催促すし、それには「わかっています…」涙声になっていた。

 「だったら始めて。準備は出来ているから」恵子は手際よく袋を持ってきた。
「俺に剃らせろ。一回でいいから、洋子のオ○ンコをパイパンにしたかったんだ!」後藤が言う。
「いいわよ。そのかわりビデオも撮れるわよ、せっかく記念の断髪式だからね」板垣が野田に命じて、カメラを向けさせた。

 (ヘアは剃りたくない。性器を剥き出しだなんて、イヤよ)立ったままの洋子だが、足を横に開かされた。
後藤はスプレーを吹き掛けて、絨毛に掌で擦りつけていくと、堅かった絨毛も後藤の掌で、肌に密着する程柔らかくなっている。
絨毛を柔らかくすると「動くなよ!」カミソリを当てて動かしていく。

 「ジョリ、ジョリ!」と絨毛が消え、変わってピンクの膣皮が現れた。
「こんな近くで、洋子のオ○ンコが見られるなんてな」後藤は機嫌良く絨毛を剃っていくが(これからどうなるのかしら?)洋子は不安だ。

 後藤は手を止めることなく動かして「終わったぞ!」やっと手を退けると、絨毛が全て消え去り、ピンクの淫裂が口を開き、2枚の肉襞がはみ出している。
「いいね、パイパンオ○ンコも!」後藤がその肉襞を掴むと「先生。それよりも、まずは一発でしょう?」ニヤニヤしながら恵子が言う。

 「そうだな。洋子、お前が上になってやるんだぞ!」後藤は服を脱ぎ、全裸になるとマットに仰向けになった。
項垂れた洋子だが(イヤだけど、やるしかないし…)後藤の上を跨ぎ、膨らんだ肉竿を掴んで、ゆっくりと腰を降ろし淫裂に押し当てた。
「うー!」顔を歪めながら、ゆっくり肉竿を膣の中に迎え入れ(熱い、オチンチンが熱い…)堪えて根本まで迎えた。

 「早く腰を使え!」(やるしかないわ…)ゆっくりと腰を上下させると「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が鳴る。
「凄いや。オ○ンコって、こうなっているんだ!」
「ホントだ。ヘアで見えなかったけど、オ○ンコっていやらしい動きをするんだ!」板垣達は肉竿を擦っている肉襞を食い入るように見ている。

 (そんな言い方しないで。女の性器は皆同じよ。私だけじゃないわ)悔しさを堪えて、腰を振り続けた。
後藤は「気持ちいい。洋子がオ○ンコしてくれると…」乳房を揉みながら、ゆっくり頂点に登り詰め「いいか、出すぞ。受けとめろ!」洋子は腰を密着させ動かない。
(膣が暖かい。射精されたんだわ)結合部の隙間から白い液体が流れ出てきた。

 「野田。しっかり撮っただろうな?」肉竿を抜くと、液体がドット流れ出る。
「はい、撮りました」返事する野田は、淫裂から流れ出る様子を撮っている。
「洋子。今度は写真部員とオ○ンコしろ!」

 (イヤ、教え子とセックスはしたくない…)洋子は黙ったままだが「先生やろう、最初はぼくだよ」板垣は下半身を剥き出しにして洋子に抱きつく。
「待って。それは待って!」嫌がっても四つん這いにされ、後ろから肉竿を押し込まれた。
こうして「あ、あ、あ!」喘ぎ声をあげながら野田や安川にも射精された。

 4人から射精された洋子は、膣の中がヌルヌルだ。
「来い。シャワーを使わせてやるぞ!」体育部が使用するシャワー室に連れて行かれ、丁寧に淫裂を洗ってから戻ると「ない、服がない!」戻ると今まで置いてあった服がない。

 「服を返して下さい。外にでれません!」もう、パニック状態だ。
「午前中は素っ裸だ。オ○ンコがやりやすいし」
「そんなのイヤです、服を返して下さい」手で胸と股間を押さえて言うと「先生。さっき誓ったでしょう、後藤先生の言う事は何でも聞くって!」恵子が言う。
(そうだわ、これは罠だったんだ。私を辱める為の罠よ!)顔がブルブル震えている。

 「わかったろう。ほら、立て!」言われた通りに立ち上がった。
「隠すな、オ○ンコを指で広げて歩け!」
(いや、そんなのいやよ!)そう叫びたいが、命令されたからにはやるしかなく、膣に指を入れ、広げたまま後藤の後を歩いていく。

  後藤は体育館を出て、校舎の中を歩きだした。
(やめて、生徒がいるのよ。お願い、行かないで!)洋子の願いが通じる事もなく、校舎の奥に向かって歩いて行くと、奥からは楽器の音が聞こえる。
(イヤ、生徒よ。生徒がいるのよ!)体の震えが大きくなった。

 「先生。何をするかわかっているわね。私と三郎のを覗いた通りにやるのよ」
「許して下さい。謝りますから…」唇がパクパク動いている。
「ダメ、これは命令よ。オナニーをするのよ!」恵子の強い口調に、逃げられないと観念した洋子は、忍び足で音楽室に向かい歩いた。

 そして、ドアの前まで来るとそっと開けて覗く。
(ブラスバンド部だわ。日曜日でも練習しているんだ…)部員に気づかれないように、ドアから中を覗きながら乳房を揉みだす。

 「何だ、そんな事をもやってったのか!」後藤はわざと洋子に聞こえるように言う。
(悔しいわ。オナニーまでさせられるなんて…)声は出さないが涙が落ちている。
こうして、洋子は5分程オナニーをやらされた。

 「いくぞ!」また後藤が歩き出し、洋子も後を追っていく。
後藤は階段を登り、屋上に出て「いい眺めだろう」屋上からの眺めは格別で、青い空に澄んだ空気で爽快だ。
「洋子、もう1回オ○ンコしようよ」後藤は転落防止のフェンスに押しつけ腰を押さえる。

 「見られてしまいます。ここでは、見られます!」目の下には、グラウンドで野球部員が練習している。
「見られたってかまわないさ。やらせろ!」腰を押さえ、淫裂に肉竿を押し込み「あ、あ~!」喘ぎ声をあげた。
「いいアングルだな。撮らない手はないぞ!」野田はビデオを構える。

 「ダメ、ここじゃダメです。撮らないで!」そう言いながら、指でフェンスを押さえ、ピストンされていく。
(入れないで。ここではイヤです!)だが、肉竿の動きが早まって「あ、あ、あ~」声を上げ体をくねらせていく。
(出さないで、膣の中には出さないで…)だが、暖かい液体が漂いだした。
「気持ちよかったぞ。屋外は気持ちいいな」肉竿が抜かれ、淫裂から液体が垂れていく。

 「そうだわ。どうせなら、部員皆で先生のヌードを撮らない?」恵子が言いだした。
「それはいいや。桜井先生のパイパンヌードも最高にいいよ」
(イヤよ、もう、ヌードを撮られるなんていやよ)屋上で座り込んでいる洋子だ。

 「決まりだな。皆を招集させないと…」
「先生。どうせならもう一回ジャズダンスやってよ」
「ダメ、もう出来ないわ。体力の限界よ」首を振る。
「仕方ないわね。来週ならいいわよね。やらなかったら約束違反だからね」それには「う、う、う!」と泣き出す洋子だ。

 「いくら泣いてもダメだよ。これからは僕たちの言う事も聞いて貰うからね」座り込んだ洋子の肩に足を乗せた。
「やめて、お願いです」教え子の足を払いのけた。
「これなら、いいのかな?」両乳首を指で潰され「ヒー。やめて下さい、痛いです!」顔を歪め悲鳴を上げた。
「これからは、どんな事も素直に聞くんだ。やめて何て言ったら、こうだからな!」潰した乳首を上下に振り「ヒー、言いません。もう言いません…」顔が歪んだままだ。

 「それくらいで放してあげて。これからは私の時間よ」
「どこでやるんだ?」
「ここでやりたいわ。屋上で!」
「なあ、俺は見てていいだろう?」
「三郎はいいけど、他はイヤよ」

 「お願いだ。何もしないから見せてくれよ!」
「俺も、レズが見たいよ」
「仕方ないわね。私のヘアヌードを見るのは、今回限りのサービスだからね」
「感謝するよ、恵子さん」
「あら、さん付けだなんて調子がいいわね」恵子は服を脱ぎだし、制服を脱いで下着姿になった。

 「先生よりも色っぽいよ」「ホントだよ」恵子は総レースの下着を着ていた。
肌がレースの隙間から覗き、乳首や絨毛も覗いている。
「でも、オッパイはかなわないわよ」ブラジャーを外すと、小振りな乳房が露わになった。
「撮らないで。見るだけだからね」釘を刺してパンティを引き下げた。

 洋子と違い、絨毛が股間をビッシリ覆っており、パンティを膝まで下げると、体を丸めて足を上げ、パンティから抜いていく。
「オ○ンコ、見えたでしょう?」
「ああ、見えた。先生のとは違っている…」
「仕方ないわよ。まだ未完成なんだから」もう片足も向いて全裸になった。

 「先生。して、私もするから」
「恥ずかしい、見られているのよ」
「かまわないわよ。ほら、やるのよ」強引に乳房を洋子の口に押しつけた。
(イヤだけど、やるしかないし…)それを掴み、乳首を吸うと「気持ちいいわ。三郎とは違った感じだわ」上擦った声を上げていく。

 洋子は、なおも乳房を揉み続けると「オ○ンコにもして…」(そんな、性器にもだなんて…)渋々言われた通りに、恵子の淫裂を舌でなめていく。
「凄いや。俺、カチカチだよ!」
「そうだな。俺も我慢できないよ」板垣は洋子を四つん這いにさせ、恵子の淫裂をなめさせながら、肉竿を押し込んだ。

 「恵子。お前とオ○ンコしているみたいな気分だよ」ピストンしながら恵子の乳房を触る。
「私もよ。もっとなめて!」洋子は肉竿で突かれながら、淫裂をなめていく。
「恵子。凄く気持ちいいよ!」乳房を握りながら板垣は動きを早めていく。

 2人は、洋子を挟んで仮想セックスを続け「恵子。出すよ、恵子!」板垣が登り詰めた。
「いいわよ。三郎、一杯出して!」
(ダメ、出さないで~!)また洋子は淫裂の中に、噴射された。

 「今度は俺だ。恵子さん相手して!」恵子は野田と向き合う。
「イヤ。やめて、恥ずかしいわ」両手で胸を隠した。
「見せて、オッパイも。お願いだから!」

 「そのかわり、私とのオ○ンコは想像しないでよ。先生を想像して出して」
「先生とオ○ンコを想像するよ」しかし、目の前にある小さな乳房を見ながら腰を振っている限りは、恵子を想像してしまう。

 「気持ちいい。出すよ、恵子さん」上擦った声だ。
「ダメ、出さないで。三郎以外はイヤ!」洋子の頭を押さえ首を振っている。
(出されるのは私よ。あんたじゃないわよ!)舌で淫裂をなめながらも、野田の精液を受け止めた。 

 「僕もしたいよ。恵子さん!」今度は安川だ。
「ダメ。オ○ンコは、もういや!」妄想しながら首を振っている。
「イヤでも、やっちゃうから」洋子の淫裂に肉竿が入った。

 「入れた。恵子さんのオ○ンコに入れた!」
「レイプよ、レイプはイヤ!」乳房を手で押さえた。
「恵子、やらせてやれ。オ○ンコしたいそうだから」板垣は、恵子の乳房を掴み揉みだす。

 「三郎。いいのね、レイプされても?」
「いいよ、やらせてやれ」板垣に乳首を吸われる。
「あ、あ、あ。レイプされたうえに、オッパイも吸われた!」首を後ろに反らせていく。
「恵子さん、気持ちいい。もうすぐ出すよ!」腰の動きが早まった。

 (やめて。私をそんなのに使わないで。やりたかったら、2人でやってよ!)利用されながらも、洋子の膣にまた噴射された。
「恵子、レイプされたな。俺の前で…」相変わらず乳房を揉んでいる。

 「許して。無理にやられたの、三郎!」恵子は三郎に抱き付き「許すよ恵子」「ありがとう」唇を重ね、板垣の手が淫裂を触っていく。
2人が抱き合う足下には、洋子がグッタリと仰向けになっている。
淫裂からは、4人が噴射した精液が流れていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター