fc2ブログ

「恥辱の女教師」第7話 ヌードモデル

第7話 ヌードモデル 

 「先生、帰ろうぜ。明日の事もあるし…」
「服がないのよ。お願い、返して!」
「あるわよ。ただし、体育館にだけど」
「それじゃ、このままヌードで戻れとでも?」

 「それしか、方法がないよ」ニヤニヤ笑っている。
(イヤよ。ヌードを見られたら、どうするのよ…)唇を噛んで立ち上がり「よし、戻ろう」後藤の後ろを追い、体育館に戻ると、洋子はシャワーで淫裂を洗い、渡された服を着込んで元通りになった。

 「先生。午後は暇だろう、一緒に帰ろうよ!」恵子が腕を掴む。
「そうだ、恵子。あれを一緒に買って来いよ。モデルの時に来て貰うから」
「そうね、そうするわ。だったら、一緒に帰らないと」恵子はどうしても、洋子と一緒に帰るつもりだ。

 (イヤよ。1人で帰るわ…)拒むが、恵子に腕を掴まれて逃れる事は出来ない。
渋々、恵子と一緒に町の中を歩いていくと「先生。あれいいわね」指さすショーウィンドーには、リボンが飾られていた。

 「あれを、どうするの?」
「フルヌードよりは、あれを付けた方がいいでしょう。要するにアクセサリーよ!」腕を掴んで中に入った。
店に入ると「これ、下さい!」恵子は勝手に買い込み、洋子に渡して(こんなの要らないわ。どうせ、ヌードが目当てなくせに…)黙ってそれを受け取る。

 「モデルの日に忘れないでつけてね」恵子は元気よく店から出たが、洋子は憂鬱で、マンションに帰っても元気がない。
「4人に、また犯されてしまった…」丁寧に淫裂を洗い体を休めていく。
「何とかならないかしら…」ビデオに撮られたのが気になっている。

 翌日、洋子は大東の校門をくぐり、職員室に入った。
「おや、桜井先生、早いですね」後藤がなれなれしく声を掛けると「後藤先生、おはようございます」洋子も挨拶する。
それには「あれ、桜井先生が後藤先生に…」同僚達は驚きの声を上げた。

 それは、今まで一度も、後藤に声を掛けた事などなかったからで(変に思われているわ。でも、やらないと…)「おはようございます」後藤もニヤニヤしながら挨拶をする。
当然、同僚は不思議を感じ「あの2人、何かあったのかしら?」ヒソヒソと話されていく。
それを制するかのように「お静かに。これからミーティングですよ」校長の飯田が話しだし、それを黙って聞いている洋子達だ。

 飯田の話が済むと、授業の準備を始める。
「桜井先生は。5時間目は空いてますよね?」
「はい、空いていますが?」
「そうですか。それならお願いできますよね。部活の事ですが…」メモを渡し、それを見るなり顔色が青ざめていく。

 「やって貰えますよね?」周りを見回しながら言い「は、はい。やります」俯いたまま返事をした。
「それじゃ、お願いしますね」後藤は職員室から出て行き、洋子も同僚と一緒に職員室から教室へと向かった。

 授業も進み、恐れていた5時間目が始まった。
「やらない訳には行かないし…」メモに書かれた通りに、写真部室へと向かう。
「誰もいないと思うけど…」部室に入るとスーツ、ブラウスと脱いで下着姿になった。

 「これも脱ぐなんて!」ブラジャーとパンティも脱ぎ、一糸まとわぬ全裸になると、白い乳房と無毛の淫裂が露わになり、淫裂からは肉襞がはみ出していた。
全裸になると「どうか、誰にも見られませんように…」祈るように部室から授業をしている教室へと向かう。

 すると(後藤先生が撮っている!)廊下では、カメラを持った後藤が待ちかまえていた。
「洋子、分かっているだろうな。オ○ンコを隠すなよ」
「は、はい…」項垂れて返事をし「よし、行こう!」乳房を揺らせ、無毛の淫裂を晒して廊下を歩く洋子を、ビデオで撮っていく。

 (授業中なのに…)足音を出さないように、廊下を素足で歩いていく。
「ここで、オ○ンコを弄れ!」そこは英語の授業だった。
背中を壁に押しつけ、言われた通りに淫裂を指で触り、その様子をビデオが撮っている。
(イヤ、こんな姿は撮らないで!)嫌々ながら淫裂を触っていく。

 その後も廊下を歩かされ(校長室の前だわ!)顔がさらに強ばった。
「立て、ここでオ○ンコだ!」
(イヤ、やめて下さい!)両手で壁を押さえ、足を横に広げて立たされると「行くぞ!」背後から肉竿を押し込まれ「ん、ん、ん!」声を出す訳にはいかず、堪えている。

 「気持ちいいな。授業中にオ○ンコが出来るんだからな!」校長のことなど全然考えていない。
(お願い、セックスは我慢するからから黙ってして…)校長に見られる訳には行かない。
後藤は、お構いなしに肉竿の動きを早めて放出し「今度は体育館だ!」淫裂から精液を垂らしながら歩かされた。
(撮らないで。射精された性器は撮らないで…)涙が流れる寸前だ。

 こうして、洋子の全裸を誰にも見られずに体育館に入った。
「まずは、素っ裸で走るんだ!」洋子は体育館の中を走り出す。
乳房が上下左右に揺れ動き、淫裂もパクパク口を広げて、流れ出る精液も多くなって太股まで垂れている。
「いいぞ、洋子のオ○ンコがバッチリだ!」洋子の目からは屈辱に涙が流れている。

 走り始めて数分経ち、体は汗で光っている。
「どれ、戻るぞ!」やっと後藤が言い、2人は今来た通りに戻っていくが、幸いな事に誰にも見られずに部室まで戻れた。

 戻るなり「お願いです。もう、こんな辱めは許して下さい」泣きながら哀願した。
「約束したろう、言われた事は何でもすると…」
「何でもします。ですが、授業中ですし。それに教え子の目が…」
「分かった、考えておく。それよりもうすぐ授業だ。早く着ろ!」洋子は急いで服を着て職員室に戻ったが(パンティが濡れている。まだ精液が残っていたんだ)股間の濡れが気になっている。 

 そんな事が数回繰り返され、いよいよ、洋子が部員にヌードを晒す日が来た。
ヌード撮影は洋子の希望で、町から離れた貸別荘で行う事にしてあるから電車に乗った。
電車に乗ると(こんなに大勢いただなんて…)総勢30人を越える部員に強ばった顔になる。

 「先生。今日は楽しみだわ、私かお手伝いするわよ」唯一女性部員の恵子がはしゃいでおり「あれ、持ってきたでしょうね?」
「持ってきたわよ…」
「それなら安心だわ。私も他の物を捜して持ってきたの」話しをする2人を、男子部員が信じられないと言った顔で見ており「ホントに、ヌードになるのかな?」「嘘だろう。せめて、オッパイの膨らみまでだよ」ヒソヒソと話している。

 電車は、1時間程で目的地に着き、駅からは歩きだが、海が見える。
「泊まり込みにすればよかったな…」
「そうだよな。またこの次もあるし」板垣や野田は残念そうな顔をしている。

 駅を出て、15分も歩くと別荘が見えてきた。
「ほら、あそこだ!」こぢんまりとした建物で「鍵は郵便受けの中だって」安川が郵便受けを覗く。
「あった。でも、郵便受けなんて必要かな?」不思議な顔をしながら鍵でドアを開け、中に入ると整理されてはいるが、汚れが目立っている。
「安かったから我慢して。それより準備だ!」部員達は一斉にカメラの準備を始める。

 「ほら、先生もよ」洋子も恵子と一緒に小さな部屋に入った。
入るなり「脱いで、素っ裸よ!」恵子に言われ「わかっているわ」両手でシャツを引き出し、捲り上げていく。
その後、首から脱いで上半身はレースのブラジャーになった。

 「いいわよ。それって!」ブラジャーの上から乳房を撫でる。
「やめて。終わるまでは触らないで!」
「そうね、素っ裸が先だもんね」素直に引き下がった。

 洋子がブラジャーを脱ぐと、Cカップの乳房が揺れ動く。
「相変わらず大きいわね」その乳房を撫でて(勝手に触らないでよ)手を振り払い、パンティを引き下げた。
股間の割れ目から、ピンクの淫裂が覗いている。

 「いいわね。パイパンオ○ンコって!」
「お願い。パイパンオ○ンコなんて、言わないで。卑猥よ!」
「だったら、何て言うの?」それには返す言葉がなく、黙ってパンティを脱ぎ全裸になった。

 「先生、あれつけてね」
「分かっているわよ」洋子は恵子が買ったリボンを頭に付ける。
「ここにはこれよ」太股に黒いガーターをつけさせた。
「ストッキングを履かないから、必要ないわよ」
「着けた方が卑猥でいいの。エッチが引き立つのよ」黙って唇を噛み、もう片足にも着けた。

 「終わったようね。いよいよ先生のパイパンオ○ンコの公開ね」
(そうだわ、性器を見られてしまうんだ!)自然と体が震えだす。
恵子は洋子の腕を掴まえて、部員の元へと向かうが「山本さん。どうしてもフルヌードじゃないとダメなの?」声が震えている。

 「今更、何言っているのよ。それより、ヌードになった理由を考えて!」
(そうだわ。脅されてヌードになったなんて言えないし…)
「考え付かないでしょう。これを読んで!」

 「こんな事を、言わせる気なの?」
「他にパイパンヌードになった理由があるの?」開き直っている。
(そうよ、この通りでないと説明が付かないし…)恵子の書いたメモを読んで、自分なりに考えた。

 「ほら、もうすぐよ」ドアが見え(この先には大勢の教え子がいるんだ!)足がブルブル震えてなかなか中に入れない。
「先生、入って!」
「許して。やっぱり出来ない!」
「今更に言っているのよ」強引に中に連れ込まれた。

 入るなり「ホントだ。桜井先生が素っ裸だ!」全裸の洋子に声が上がり「オ○ンコが丸見えだ。それにオッパイも大きいや!」歓声も上がっていく。
(見ないで。ヌードモデルなんて、やりたくないのよ…)両手を後ろで組み、項垂れた洋子の全身が小刻みに震えている。

 「先生。挨拶をお願いします」恵子が催促する。
「そうでした。この度、写真部の顧問になったからには精一杯部員のために頑張ります。手始めに、ヌードになりましたから、私の全てを見て下さい。それに、ヘアも剃りましたから性器の中まで見て下さい」顔が真っ青で上擦った声になっている。

 「僕たちの為に、素っ裸になったんだね?」部員が聞き返し「そうです、見たかったでしょう、私のフルヌードを…」太股も震えている。
「先生、オ○ンコの中も見せる為ヘアを剃ったんだ?」
「そうよ。女性の性器を見た事ないと思って…」目を真っ赤にし、今にも泣きそうな顔だ。

 「さすがは顧問だな。早速撮りましから、両手をこうして…」注文が付けられ、洋子は部員から言われた通りのポーズを作っていく。
(イヤよ、性器を撮るのが目的じゃないわよ!)足を開かされ、仰向けに寝かされた。

 その姿を、部員達がカメラに収めていく。
「カシャ、カシャ!」部員の皆が股間を膨らませたまま、シャッターを押し続ける。
(どうして、こんな事になったのよ…)作り笑いをしているが心の中では泣いていた。

 撮影は、別荘の中で2時間程撮り休憩が入った。
(恥ずかしかった…)両手で乳房と股間を押さえて休んでいると、20分程して「先生、今度は外で撮ろうよ」声が掛かった。

 「ダメ。外に出たら、ヌードを見られてしまう!」顔色が一瞬にして変わった。
「三郎、面白いわね。行こうよ」恵子は笑い顔になったが「イヤ、行きたくない!」「ダメ、行くのよ」恵子に腕を掴まれ強引に外に連れ出された。

 (見られてしまう。きっと誰かに見られる…)別荘から歩いて直ぐが海岸になっている。
「両手を後ろにやって!」
(やるしかないわ。もう逃げられないし…)渋々後ろに手を組んでポーズを取り、部員達は取り囲んで一斉にシャッターを押し続ける。

 そんな様子に気づいたのか、数人が近づいて来た。
「素っ裸じゃないか。それにオ○ンコ丸出しだ!」
「ホントだ、ヘアがないぞ!」声を上げた。
(ヌードを見られてしまった!)洋子顔が強ばり、手で自然に乳房と淫裂を隠す。

 「静かにして下さい。オ○ンコが見たかったら黙ってて!」恵子が怒鳴ると「分かったよ、黙っているからもっと見せてくれよ」「約束よ、騒いだら追い出すからね」恵子に圧倒され黙り込んでいる。
(イヤよ、オチンチンを擦っている!)洋子の目に肉竿を触っているのが見える。 

 「四つん這いになって、お尻を向けて!」
(そんな事をしたら、性器が丸見えになってしまうわよ!)渋々、お尻を向け(性器を見られている!)視線が気になている。
洋子のパックリ割れた淫裂は丸見えで、ピンクの膣皮まで見えている。

 「オ○ンコが、ピンクでいいですね」淫裂をカメラが捉えている。
(撮らないで、お願いだから性器の中は撮らないで!)顔を背けると「こっとを向いて!」どうしてもカメラを見なければならない。
(お願いだから、性器は撮らないで!)カメラを見つめる洋子の目が、濡れて輝いている。 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター