fc2ブログ

「恥辱の女教師」第11話 仲間入り

第11話 仲間入り 

  日曜日になると、洋子は後藤に言われた通りの下着を着込んでいた。
「黒ずくめだなんて変だわ。きっと、何かをさせる気だわ…」下着を着込むと鏡を見た。
「卑猥よ、まるで娼婦だわ。教師じゃない!」黒ずくめの下着の上に、色の濃いシャツ、スカートを履いて大東高校へと向かった。

 途中で「あれ、先生もなんだ!」板垣達4人と出会い「そうなの。後藤先生から呼び出されて…。とにかく行きましょう」洋子達は学校へと向かい、校門をくぐり、校舎に入ると後藤と敦子がいる。

 「敦子さん。どうしてここに?」下を向いた敦子に尋ねると「俺が呼んだんだ。訳は後で話す。とにかく部室だ!」皆で部室に向い、部室に入ると「セットの準備をしてくれ!」指示を出す。
「わかりました」板垣達3人は、小さな衝立や床でスタジオ風に仕上げて行き、照明も灯され煌々と照らされている。
「カメラは、野田と安川に頼むぞ!」
「わかりました」2人はフィルムを詰めていく。

 「吉野先生、準備をお願いします。ご希望通りに撮って差し上げますよ」後藤の言葉に、敦子の体が震えだし(もしかして、敦子さんも脅されているのでは?)洋子は直感が働いた。
「それでは、お願いします…」喋る言葉が泣き声になっている。

 敦子はシャツの裾を引いて、持ち上げると「あっ!」思わず洋子は声を上げた。
「驚かないでね。ヌードを撮って貰うの。若い時の記念にヌードを撮って置こうと思って…」強がりの言葉だが、今にも涙がこぼれそうな顔になっている。

 それを堪えてシャツを脱ぎ、スケスケのブラジャー姿になって、乳房が丸見えになっている。
「カチャ、カチャ!」安川と野田はシャッターを押し「綺麗に撮ってね。記念だから…」スカートのホックを外しファスナーを引き下げた。

 パンティもスケスケで、ピンクの淫裂が剥き出しになっており「パイパンだ!」板垣が叫び「やだー。吉野先生ったら、ヘアを剃って膣を見せるなんて!」恵子も叫ぶ。
「誤解しないで。全てを撮って貰うためよ。ヘアがあると、全てを撮って貰えないし…」最もらしい言い訳だ。

 敦子は顔を強ばらせながら、スケスケの下着を脱いで、乳房と淫裂を後藤や教え子に晒したまま立っている。
その全裸姿を野田と安川がカメラに収めていく。
「カチャ、カチャ!」シャッター音が響く中「桜井先生も撮って欲しいと言っていましたよね。どうせなら吉野先生と一緒では?」後藤がニヤリと笑う。

 「そうよ。一緒だと、吉野先生も楽だよね」恵子は何かを企んでいる。
「桜井先生も、ヌード撮影をお望みでしたか?」乳房と淫裂を晒して敦子が言うと「そ、そうなの。私も吉野先生と同じく、記念のヌードを撮って貰いたかったの」真っ赤な嘘を並べていく。

 「それなら、吉野先生が、桜井先生の服を脱がして下さい!」板垣が指示し(もう、ヌードはイヤです!)いくら洋子が思っても無理だ。
「桜井先生…」泣き顔の敦子は、洋子のシャツのボタンを外してシャツを脱がせた。

 「色っぽいわ。黒のスケスケだなんて!」ブラジャーから乳輪、乳首が覗いている。
「ちょっと、エッチが強かったかしら?」強がりを言うが、洋子の顔は強ばっている。
「先生、似合うよ。とてもいいよ」板垣も洋子に合わせている。

 敦子はシャツを脱がすと、スカートを掴かみホックを外してファスナーを引き下げた。
(イヤ、こんな姿を見られるなんて…)目を閉じたが「オー!」歓声が上がり「凄いわ、桜井先生!」恵子も声をあげた。
やはり黒の下着で、ブラジャーと同様にスケスケでピンクの割れ目が見えている。

 「桜井先生、凄いですね。まるで風俗嬢ですよ。ちょっとエッチさせてくださいよ」後藤はスケスケの生地越しに、乳房と淫裂を撫でだす。
「そ、そうですよね。ヌードを撮って貰うんですから、お礼をしませんとね…」
「そうですよ。これくらいはさせて貰わないとね」乳首も摘みと「ん、ん、ん!」鼻から息が抜けていく。

 「後藤先生、エッチは後にして下さい。撮るのが先ですから!」
「そうだったね、撮るんだった」洋子から手を退けると、変わって「カチャ、カチャ!」金属音が響いていく。
「ブラを脱がせて!」敦子は言われるままホックを外し、その様子もカメラに収まっていくが(イヤ、こんなの撮らないで!)洋子の乳房が揺れている。

 「今度はパンツです」パンティが引き下げられ、淫裂が剥き出しになった。
「桜井先生。フルヌードよりも、それがいいですよ。エッチそうで」
「そうかしら。フルヌードがいいんだけど…」
(イヤよ、こんな娼婦みたいだなんて!)ストッキングとガーターベルトだけの姿は、よけいに卑猥に見えている。

 「とにかく、撮りましょう!」2人は並んでカメラの前に立たされ「カチャ、カチャ!」金属音がしていく。
「それだけで、はつまんないわよ」恵子は、2人を向かい合わせにして、お互いの乳房を掴ませた。
「いいね、レズも!」また金属音が響き渡り(オッパイ掴まれたのを撮られるなんて…)2人の目の下が、恥ずかしさで腫れ上がった。

 「どうせなら、キスしてよ」言われるまま2唇を重ねていく。
「今度は、オッパイを吸い合うの」言われるまま乳首を吸い合い「ん、ん、ん!」乳首を吸われ鼻から声を上げていく。
(だめ。変な感じになっちゃう!)声を出すまいと堪えている。

 「どうせなら、オ○ンコの弄りっこしたら?」
「そうね。横になって、指でオ○ンコを弄り合うのよ」
「そんな、性器に指を入れるなんて、恥ずかしいです…」俯いたままの敦子だ。

 「吉野先生は、オナニーをした事ないんですか?」
「オナニーは別よ。自分の指だから…」
「指に変わりはないでしょう。こうやるのよ」恵子は、立ったままの敦子の前に膝を付け、指で淫裂を広げていく。

 「ここを、こうするのもいいわね」ピンクの突起を探し出し、包皮を捲ると「あ、あ、あ!」堪えきれず、声を上げた。
「ダメ。そこは汚いからダメ!」腰を引くが、恵子の舌がなめていく。

 その後、指を膣に入れて掻き回すと「だめ、やめて!」声が上擦り、太股がブルブル震えている。
「わかったでしょう。交代して、こうやるのよ!」
「わかったわ」洋子と敦子は横になり「私からするわね」敦子が洋子も淫裂を広げ、なめだす。

 「あ、あ、あ!」洋子の腰が浮き上がり、動いて行くTと野田達のカメラに収められていく。
敦子は指も入れ、膣の中を動かしていくと、指は淫汁でヌルヌルに濡れていた。

 「交代よ。今度は吉野先生のオ○ンコを弄くって!」体が入れ替わって「あ、あ、あ!」敦子も反応して体が動き出す。
「吉野先生。気持ちいいでしょう?」
「いいけど、女性同士だなんていやです…」

 「だったら、後藤先生ともしてよ」
「そうだよ。ヌードを撮ったお礼もしないとね」
「そんな、セックスをしろだなんて…」
「いいじゃありませんか。性教育になるし」後藤は服を脱ぎだす。

 「でも、桜井先生の前でだなんて…」
「大丈夫よ。桜井先生も、お礼にオ○ンコさせるでしょう?」
「は、はい。お礼にして下さい…」泣き声で言う。
「桜井先生も、ああ言っていますから、やりましょうよ」後藤は敦子に覆い被さり、乳房を掴み揉みすと、カメラが狙う。

 「ダメ。写真はダメ!」
「構わないよ。撮ってくれ!」
「そ、そんな…」絶句する敦子だが、淫裂にはもう肉竿が入り込んで「ピシャ、ピシャ!」股間同士がぶつかっている。

 「僕は桜井先生とだ。これも、お礼だよ!」板垣も服を脱いで洋子に抱き付いた。
淫裂に肉竿が入っていくが、準備が出来ているから、淫裂はすんなりと迎え入れている。
「クシュ、クシュ!」と言う音と「あ、あ、あ~!」喘ぐ声が上がる中、安川と野田は肉竿を膨らませて、2組の性行為をカメラに収めている。

 一方「私、変な感じになっちゃった。三郎、していい?」恵子も股間を撫でだす。
「いいよ。俺と桜井先生のオ○ンコを見ながらしても…」
「だったら、するわよ」恵子はスカートの中に手を入れ淫裂を触っていく。
「いいわ、気持ちいい!」虚ろな顔をしていく恵子だ。

 気持ちいい顔をしているのは、洋子と敦子もそうだ。
背中を浮かせ、足を限界まで広げて、深い結合を求めている。
「気持ちいいですね。吉野先生とのオ○ンコは…」後藤は腰の振りを早めていく。

 そして、噴射を始め「うー!」動きを止めて身震いしていく。
噴射を済ますと肉竿を抜き、安川は敦子の淫裂を撮るが「ダメ、撮らないで!」さすがに、射精された淫裂を手で隠した。
「隠すな。撮らせてやれ!」渋々手を退けて、射精された淫裂をカメラに収められた。

 「後藤先生。僕もしたいですが…」安川が頼み込んだ。
「やりたいなら、やってもいいぞ。安川と交代だ!」
「ダメ。教え子とセックスだなんて、だめです!」敦子は首を振り、両手で淫裂を押さえて言う。
「お礼をしないと。桜井先生はやらせていますよ」

 「それは、そうですが…」後藤が説得する間に、安川は服を脱ぎ終えて、敦子に抱き付いた。
「いけないわ。いけないのよ!」叫ぶが、安川の肉竿は広がった淫裂に、根本まで入り込みむとストンを始めて「先生!」乳房を揉みながら唇を押しつけていく。

 「ダメ。いけないことなのよ…」目を閉じて拒もうとはしない。
むしろ、安川を抱きしめて、快感を求めようとしており「先生!」安川はピストンを早めた。
「出させて。先生のオ○ンコの中に…」
「今回限りよ。いけないことだから…」安川はゆっくりと登りつめていく。

 その隣では、板垣が登りつめて「うー!」洋子の子宮の中に暖かい液体が噴射された。
それを見て「僕もしたいよ!」野田も服を脱いで洋子に抱き付く。
こうして、2人の女教師は4人の精液を、子宮の奥で受けとめさせられた。

 お礼という辱めを受けた2人は、淫裂を丁寧に拭いてから下着を着ていく。
「先生。写真を現像しますから帰らないで下さいね」
「わかったわ。できあがるのを見たいし…」下着を着込むとスカートを履いていく。
後藤達は暗室に入ると現像を始めて、外で待つ敦子と洋子は酸の臭いを感じている。

 「先生。暇でしょうから、しましょうよ!」恵子は敦子の手を自分の胸に迎える。
「ダメ。女同士はいけないのよ!」
「男とのオ○ンコはいいの?」そう言われれば返事が出来ない。

 「わかったわ。誰にもいわないでよ」ゆっくりと乳房を撫でていく。
「桜井先生は、オ○ンコにして!」
「撫でれば、いいのよね?」2人が服の上から乳房、股間を撫でだすと「気持ちいいわ。私も早く三郎とオ○ンコしたい…」目を閉じて快感に浸っている。

 快感を楽しむ恵子を邪魔するかのように、暗室から後藤達が出てきた。
「出来ましたよ。見て下さい」渡された写真には、全裸姿の敦子が写っており、乳房はおろか、淫裂までハッキリと写っており(イヤ。こんなのを撮られたなんて…)持った写真が揺れている。

 「綺麗に撮れているでしょう?」
「ええ。綺麗に撮れているわ」声が震えている。
「桜井先生のもあるよ」
「き、綺麗ね」やはり持った写真が揺れていた。
「ヌードになりたかったら、いつでも言って。喜んで撮ってあげるから」
「そうね、またヌードになるわ」心にもないことを言う敦子だ。

 「先生達にはそれを上げるけど、これは僕が預かるからね」後藤は2人の淫裂に、肉竿が入っている写真を見せた。
(それは破って。それがあると困るのよ…)泣き顔の2人で(いいか。俺の言うことを聞かなかったら、この写真をばらまくからな)後藤の目が2人を威圧している。

 「先生。またオ○ンコさせてね」笑顔の板垣達に「ダメ、それは許して!」泣き顔になる敦子で「させてあげなさいよ。したいと言っているんだから!」恵子の態度も変わっている。
「わかりました。セックスしますから、誰にも言わないと誓って下さい…」さすがに、敦子は堪えきれず、泣いてしまった。

 「桜井先生も、いいわよね?」
「は、はい!」誓約した以上は逆らえず、それに敦子にも秘密は知られたくなかった。
「それなら安心だわ。記念にヌードのジャズダンスなんてどうかしら。ビデオで撮ってあげるわよ」
「そ、そうよね。久しぶりにやってみるか!」緊張した顔の洋子だ。

 「どうせなら、吉野先生もやってよ!」
「私は踊りが下手だし…」
「大丈夫よ。桜井先生のまねをすればいいんだから」
「で、でも…」(イヤです、ヌードで踊るなんて!)叫びたいが出来ず、2人は後藤達と一緒に体育館に向かった。

 幸いにも、体育館には誰もいない。
「脱いで。ヌードになるのよ」言われるまま2人は服を脱ぎ、シャツ、スカートも脱いで下着も脱いでいく。
「桜井先生は、ストッキングとガーターベルトを付けたままがいいわ」恵子が仕切っている。

 2人は全裸になると、流れる音楽に合わせて踊り出した。
「いいわね、こんな姿も…」揺れ動く乳房を眺めながら目を細めていく恵子で、部員達はビデオで踊る2人を撮っていく。
(いや。撮らないで!)泣きながら踊る2人だ。

 やがて、時間が経ち、踊るに連れて汗で体が濡れ、額から汗がしたたり落ちている。
そして、20分程が過ぎて音楽が止まった。
「もう、服を着てもいいわよ!」その言葉に、急いで2人は下着を着込み、服を着込み終えると、走るように体育館から出て行った。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター