fc2ブログ

「恥辱の女教師」第12話 校長の罠

第12話 校長の罠

 翌日、洋子と敦子は何もなかったように振る舞っている。
ミーティングが終わると授業が始まり、10時近くになると、職員室には授業がない敦子と後藤が残っているだけだ。

 「敦子と呼んでいいだろう?」後藤が近寄ってきた。
「はい、構いません…」項垂れて言うと「それなら呼ばせて貰うぞ。敦子、早速だが素っ裸になるんだ!」命令する。
「イヤ、ここではイヤです!」首を振って断った。

 「だったら、校長に知られてもいいのか。素っ裸や生徒とオ○ンコした事も?」
「やめて。それはいやです」泣き出した。
「いやなら脱げ。脱ぐんだ!」強い口調の後藤に「わかりました…」敦子は泣きながらスーツを脱いで、シャツ、スカートと脱いで下着姿になった。

 「明日から下着は着るな。着てきたら、校長に言いつけるからな」
「校長には言わないで下さい。下着は着ませんから…」パンティを引き下げ、下半身を剥き出しにし、その後ブラジャーも脱いで全裸になった。

 「これで、いいでしょう?」泣きなが乳房と股間を露わにしている。
「そうだ、それでいい。行こう!」
「イヤ、フルヌードです。外には出たくありません!」乳房を揺らせながら叫ぶ。

 「いやなら、ここでオ○ンコさせろ。どっちがいい?」
「セックスします。それで許して下さい…」
「それなら、やらせて貰うぞ!」後藤もズボンを引き下げ下半身を剥き出しにしていく。

 敦子は机の上に仰向けになり、足を垂らした。
「行くぞ!」淫裂に肉竿が入り込み(入ってきた、オチンチンが…)「う~!」呻き声を上げながら、顔を歪めたが、後藤はゆっくりピストンしながら奥を目指して進んでいく。

 「あ、あ、あ!」遂に根本まで入り込み、ピストンが始まり「いいね、敦子のオ○ンコは!」乳房を揉みながら腰を振っていく。
敦子はされるがままだが、閉じた目からは涙が流れている。
後藤はピストンを早めて「ピチャ、ピチャ!」肉同士がぶつかっていく。

 その時「き、君達!」背後から声がした。
「こ、校長先生!」敦子は体を起こそうとするが、後藤に押さえられて起きあがれない。
「校長先生、吉野先生からオ○ンコをせがまれまして…。しかたなくやっています…」肉竿のピストンを続けるが、飯田は2人の結合部を見つめている。

 「いいな…。僕もオ○ンコしたいのに…」
「でしたら、後でいかがですか。いいでしょう、吉野先生?」後藤の目が異様に輝いている。
「は、はい。校長先生ともセックスしてみたいです…」(イヤ、もうセックスはしたくないのよ!)顔が引き吊っている。

 「よかった。放課後に来て下さいね、タップリやりますから」
「はい、必ずお伺いします」
「よかったですね吉野先生!」後藤は仕上げに掛かかり「あ、あ、あ!」思わず喘ぐ敦子だ。

 「でる。でます!」遂に登り切った。
「出して下さい、お腹の中に!」心にもないことを言い、後藤は動きを止めた。
それと同時に、淫裂から精液がこぼれ出ていく。

 「中出しですか。出してもいいんですね?」
「はい。あれ飲んでいますから…」小さな声で言い「それなら、僕も安心して出せますね」飯田は乳房を掴んでいく。
「もうすぐ授業が終わりますから、服を着させてください…」

 「そうでしたね。でも、これは要らないでしょう?」
「そうですよね。放課後にまた脱ぐんですから」下着を着ずに、直に着込んでいく。
白いシャツを着たが、うっすらと乳房が透けており、スカートを履いて下半身を覆っていく。
それと同時にチャイムが鳴り、授業が終わった。

 「よかった。間に合って!」急いで上着を着込むと、乳房も隠れて見えない。
暫くして、同僚達が戻って来て「それじゃ、放課後にお願いしますよ」飯田は何事もなかったように出て行き(イヤよ。セックスをするなんて!)泣き顔になる敦子だ。

 そして、放課後になった。
「桜井先生は部活ですよね?」
「はい、部員と文化祭のことで打ち合わせしないと…」洋子は部室へと向かう。

 残った敦子は「行かないと…」約束した校長室へと歩いていくが足取りが重い。
「失礼します」校長室に入ると後藤もいる。
「よく来てくれました。早速ですが、やらせて下さい」

 「わかりました。お相手します…」敦子は服を脱ぎだし「いいですな。ストリップも」飯田は機嫌良く見ている。
(イヤ、見ないで!)服を脱ぐと、下着を着けてないから全裸になってしまった。
「僕は後ろからしたいな、ここに手を付いて!」言われるまま、敦子は机に両手を付いて、足を横に開く。

 「行きますよ!」
「あ!」淫裂に肉竿が押し込まれ、それに両乳房も掴まれ、揉まれていく。
「いいですな。吉野先生とオ○ンコが出来るなんて」機嫌良く肉竿のピストンを早めていく。
だが(イヤ、もういやです。セックスはしたくないのよ)涙が落ちて、机を濡らしている。

 そのころ、洋子も写真部室で、教え子の前で服を脱いでいた。
「これで、いいでしょう?」下着を着ていないから全裸になってしまった。
「先生、あれしてください。僕たちもしますから」

 「オナニーを見たいの?」
「はい。やって下さい」
「わかった、やるわよ」(セックスよりは、この方がましだし…)教え子の前で、淫裂の中に指を入れて行く洋子だ。

 それから数日がたったある日に、敦子は飯田から呼び出された。
「何か、ご用でも?」
「とにかく、座ってくれ」敦子は言われるまま座ると「見せて欲しいな。パイパンオ○ンコを!」「わかりました…」スカートを引き上げて、下半身を露わにしていく。

 「もっと、広げて!」
「これ以上無理です」項垂れて股間を晒している。
「いいね。このオ○ンコが…」指を淫裂に入れて動かしていく。
「動かさないで下さい。変になっちゃいます…」

 「我慢しろ。それより、3年生の日曜特訓の手当の件だが、取り下げてくれないかな?」
「無理です。組合で決まったことですから…」
「そこを何とかしてくれ。委員長のあんたが言えば、何とかなるだろう?」指の動きを早めながら説得していく。

 「あ、あ、あ。ダメ、そんな早くはダメです…。何か口実がないと、組合にもかけられません。あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げている。
「それならこうしよう。公立の進学率が上がったら、ボーナスを出すから、手当は要求しないと説得してくれ」
「それなら、なんとかなります。あ、あ、あ!」飯田の指がヌルヌルしている。

 「オ○ンコしたいのかい?」
「私、したくはありません。膣が勝手に濡れていくだけです…」
「だったら、膣にこれを入れろ!」

 飯田はズボンを引き下げ、下半身を剥き出しにすると、向かい合って膝の上に座らせて「あ、あ、あ!」肉竿が淫裂に食い込んでいく。
「オッパイも出せ。吸ってやるぞ!」
「恥ずかしいです…。自分からオッパイを出すなんて…」喘ぎながらボタンを外し胸を広げた。

 「いいね、これが。ほら、腰を動かせ!」飯田は乳房を掴み、乳首を吸いだし「あ、あ、あ!」声を上げながら敦子は腰を振り、淫裂で肉竿を擦っていく。
「凄くいいわ。オッパイを吸われながらするなんて!」体を反らせながら腰を振って「クシュ、クシュ!」腰を動かす度に淫裂から音が鳴っている。

 「限界だ。出すからな!」
「はい、膣で受け止めます」動きを止め密着させた。
(熱いわ。膣の中が…)淫裂から放出された液体が流れ出てくる。
「吉野先生。凄くよかった。またオ○ンコさせて貰うからね」敦子は黙ったまま、淫裂をハンカチで拭き、服の乱れを直してから校長室から出た。

 そして、数日後の放課後に全教員が集まり、日曜特訓のことが話された。
「校長から、手当のことで提案がありまして…」敦子は説明していく。
「そうですね。本来教師はボランティアでやるべきですよ。進学率はともかくとして…」
「私もそう思う。ボーナスを出すんだったら、手当はいらないわ。見せてやりましょうよ、心意気を!」後藤と洋子は敦子を援護している。

 洋子も飯田からそう言われていたから仕方がなかった。
そのお陰で「私もその方がいいわ。本当の実力が試されるし」同僚達が次々と賛成に回って決まった。
その決定は直ぐに飯田に知らされた。
「よかったな。進学率が上がれば、ボーナスなんて安いもんだからな」1人笑顔の飯田だった。

 飯田は、早速敦子を呼んで礼を言い「これからも頼むよ。仲良くやりたいし」スカートを捲り上げ、淫裂を触っていく。
(そうだ、あいつらにも抱かせてやるか。そうすればおとなしくなるし…)
「吉野君、頼みがあるが、聞いてくれないかな?」指を淫裂に押し込んだ。

 「な、なんでしょうか…」声が上擦っていく。
「放課後に、届けて欲しいのがるんだ!」
「わかりました。放課後に寄ります」飯田はスカートを戻し(よかった。セックスをさせられるのかと思っていたのに)ホッとして校長室から出てく。

 そして、飯田が放課後に訪れて、封筒が渡された。
「こんなのは、自分で運べばいいのに…」不満を言いながらも、部室が並ぶ建物に入っていく。
「ここだわ。でも、いるのかしら?」自由研究部と書かれた看板がある。

 「誰かいますか?」ドアを開けて中に入ると、6人程の男子生徒がいた。
「校長先生から、これを預かって届けに来ました」封筒を手渡す。
「これを届けにですか?」
「はい、そうですが…」

 「間違いじゃないですか。届けられたのは、吉野先生でしょう?」6人は敦子を取り囲んだ。
「何を言っているのよ。バカ言わないで!」敦子の声が怯えて震えている。
「吉野先生は、オ○ンコが好きなんだってね。やって上げるよ」そう言うと、一斉に敦子に襲いかかった。

 抵抗しようとしたが「ウグ、ウグ!」口も押さえられて、声が出せない。
「脱がせろ。素っ裸にしてから、やっちゃおう!」
(イヤ、やめて。レイプなんてイヤです。やめて!)首を振るが、スーツが脱がされていく。

 「あっ、オッパイが!」うっすらと乳房が透けており「もしかして?」スカートも脱がされていく。
(イヤ、見ないで。そこはいや~!)腰を振って拒むが、スカートが引き下げられた。
パンティを履いてないから、淫裂が丸見えになっている。

 「パイパンだ。パイパンオ○ンコだ!」
「ホントだ。やっぱりオ○ンコが好きなんだ。やって上げようぜ!」シャツも脱がされて、全裸にされた。
「ウグ、ウグ!」(イヤ。レイプはイヤ!)抵抗しても机に押し倒され、足を広げられる。
「俺が一番だぞ!」下半身剥き出しの教え子が、淫裂に肉竿を押し当てた。

 (いや。入れないで、いや~!)体を動かして逃れようとするが、大勢に抑えられては無理だ。
「う、う~!」呻き声を上げるしかなく、涙も流すだけだ。
(レイプされた。教え子にレイプされた…)呆然としている敦子だが、肉竿はもうピストンを始めて「ピシャ、ピシャ!」部室に音が響いている。

 「2番目は俺だぞ!」「3番目は俺か?」犯されている敦子を見ている。
「気持ちいいぞ。これがオ○ンコなんだな!」乳房を揉みながら腰を振っている。
肉竿は勢いよく淫裂を突き刺し続けて、動きを止めた。
「出た、出たよ!」(射精された…。教え子に…)淫裂から精液が流れ出ていく。

 「交代だ。次は俺だ!」相手が入れ替わって、また犯されていく。
敦子は呆然として、抵抗する気力すらなく、淫裂に肉竿をピストンして欲望を満たす、教え子のされるがままだ。
乳房も揉まれ、次々と犯されて淫裂の中は精液で、ぐっしょりと濡れていた。

 敦子は6人に、代わる代わる幾度も満足するまで犯されて、淫裂は腫れ上がってしまった。
「見ろよ。吉野先生のオ○ンコが真っ赤だぞ!」
「そうだよな。俺3回出したし…」
「何だ、3回もやったのか。俺は2回しか出してないのに」勝手なことを言いながら、グッタリしている敦子を置いて出ていく。

 1人残された敦子は、時間の経過と共に悔しさが込み上げてきた。
「う、う、う!」教え子に犯された悔しさに泣きながら、汚された淫裂を丁寧に拭いてから服を着ていく。
(どうしよう。警察に言ったら、笑い者になってしまうし…)剥ぎ取られた服を着込みながら考え巡らした。

 そして、着込み終えると校長の飯田の元へ向かい、飯田の顔を見るなり「校長先生。私、教え子にレイプされました!」泣きながら話した。
「それは本当ですか。間違いなくレイプされたんですね?」

 「はい。6人に、代わる代わる犯されました!」堰を切ったように、泣きながら犯された様子を話すが、「ここは、私に任せてください。週刊誌に騒がれるのはイヤでしょう?」と釘を刺す。
「当然です。死にたいくらい悔しいです。教え子に犯されたんですから…」涙が止まらなかった。

 「いいですか、これは絶対に黙っていてくださいよ。それから親戚が医師をしていますから、行きましょう。オ○ンコも痛いんでしょう?」それには黙って頷く。
「直ぐに行きましょう!」飯田は電話を掛けてから、敦子と一緒に病院に向かった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター