fc2ブログ

「恥辱の女教師」第16話 口封じ

第16話 口封じ

 「安心して下さい。レイプなんて、そんな乱暴はしませんから」生徒の2人は、洋子と敦子に抱き付き、乳房を掴んだ。
「やめて、ここは校長室よ!」2人は乳房を掴んだ手を押さえて、首を左右に振った。

 だが「構わないよ。俺もやるから」飯田も愛子に抱き付き、乳房を掴んだ。
「やめて、校長先生。教え子の前です!」愛子は泣きそうな顔で、飯田の手を押さえた。
「暫くやってないから、いいじゃないか。ほら、ズボンを脱がせるんだ!」
(ここで、セックスするしかない…)顔を強ばらせ、飯田のズボンを脱がして、パンツを引き下げて、下半身を剥き出しにしていく。

 「吉野先生もやってよ!」
「そうだよ。桜井先生もやって!」
(教え子を脱がせるなんて!)渋々、愛子がしたように、教え子の下半身を剥き出しにした。
(大きいわ。こんなに膨らませて!)もう肉竿が大きく膨らんでいる。

 洋子と敦子が、教え子の服を脱がせている間に、愛子はテーブルに両手を付けて、飯田に後ろから挿入され「あ、あ、あ!」と声を上げている。
「僕もやるよ、先生!」洋子と敦子も両手をテーブルを抑え、淫裂に肉竿を挿入された。
まだ、高校生だというのに、肉竿はリズミカルな動きをしている。

 それには「だめ。そんな、あ、あ、あ~!」動きには堪えきれず、声を上げてしまった。
その声に「先生。僕、頑張るからね」腰を振りながら乳房も揉みだす。
「約束よ。セックスをした事は言わないで…」途切れ途切れに言う洋子と敦子は、すでに淫裂から淫汁を流している。

 「誰にも言いません。先生とオ○ンコしたことは…」腰の振りを早めながら絶頂を迎え、淫裂の中で放出した。
(射精だわ。膣の中が熱い…)洋子は淫裂から精液を流していく。
それと同じく「いく、いく!」敦子も精液を流し出し、その後、愛子も流した。

 射精された3人は、息を弾ませながら淫裂をハンカチで拭き、飯田は「後は頼みましたからね」と服を着ていく。
「わかりました…」洋子達も服を着込み、生徒も着込んでいく。
服を着て元通りになると、洋子達は何事もなかったように職員室に戻った。

 そして、日曜日になると「今日は、私と吉野先生だわ」洋子は不安を抱きながら、特別クラスへと歩いていく。
ドアを開けて、視聴覚室に入ると鍵を掛け、服を脱ぎだす。
上着、ブラウスと脱いで上半身が丸出しになった。
(今日からは、性器を見せないといけないんだ…)いつもと違って、スカートに手を掛けると、生徒達が食い入るように洋子を見ている。

 (性器を見られてしまうけど、レイプされないかしら?)ホックを外し、ファスナーを引き下げた。
下半身が露わになると、ガーターベルトとストッキングだけの姿になり「あ!」と声が上がった。
だが、股間は今までと違って、短い絨毛が生えている。

 「今度からは、テストの度に成績のいい3人に、ヘアを剃らせるんだって!」
「やった~。オ○ンコを剃れるんだ。頑張るぞ!」生徒達は妙に活気づいているが(イヤよ。教え子にヘアを剃られるなんてイヤよ…)泣きそうな顔をしながら授業を始めた。

 授業を始めると、黒板に字を書く度に、太股の付け根が気になっている。
(もしかして、性器を見られているのでは?)教え子達の視線が淫裂を見ていたからだ。
だが、時間の経過と共に授業に集中している。

 こうして、洋子は授業を終えると、職員室に戻ってきた。
「吉野先生、次をお願いします」顔を下げたままで、上げられない。
(恥ずかしかったわ。性器を見せながら授業をやるなんて…)まだ興奮が収まっていない。
「わかりました。行ってきます」今度は敦子が特別クラスへと向かい、残された愛子は(桜井先生がフルヌードになったんだわ。次は私の番だけど…)授業を終えた洋子を見つめている。

 一方、特別クラスに入った敦子は、洋子と同じように、ストッキングとガーターベルトだけを身につけ、乳房と淫裂を晒しながら授業をしている。
(恥ずかしい。性器をまともに見せるなんて…)乳房を揺らせながら黒板に書いていた。
こうして、3人の全裸同然の授業により、特別クラスの成績が次第に上がり、他の教師達も興味が沸いたのか、見学の申し出が相次いだ。

 当然「それはダメです。企業秘密ですから!」拒む洋子達だ。
拒むと不審に思われ「もしかして、テストの問題を漏らしているのでは?」職員会議でも取り上げられた。
「そんな事はしていません!」3人は強く否定するが、授業内容を見ないと同僚達は納得いかない様子だ。
(絶対に、見せる訳には行かないわ。フルヌードで授業をしているんだから)俯いたまま、見学を拒んでいた。

 そんな中、テストが行われて、特別クラスの落ちこぼれた生徒達が、普通クラスと見劣りしない成績を上げた。
その結果、日曜日の特訓では「よく頑張りました。約束通り。3人にヘアを剃って貰います」洋子達は全裸で教壇に並んでいる。

 「やった!」成績のいい順に絨毛を剃る相手を決めていく。
「先生、剃りますよ!」
「いいわよ、剃っても…」(恥ずかしいわ。ヘアを剃らせるなんて…)両手を後ろで組み、顔を背けているが、太股は震えている。

 教え子達は、絨毛にスプレーを吹き付けて絨毛に擦りつけていく。
「危ないから、動かないで下さい!」一斉にカミソリが動き出し、絨毛が消え、変わってピンク色の淫裂が現れてきた。
「オ○ンコがいいです。また剃らせて下さいね!」絨毛を剃り終えると、濡れタオルで股間を丁寧に拭かれていく。
「俺も剃りたいな。今度は絶対に1番取ってやる!」皆が絨毛を剃る為に張り切っている。

 「みんなが頑張ったから、お祝いにオッパイとオ○ンコを触らせてくれるそうだ。オ○ンコは触るだけだからな!」後藤が言い出し(そんな~。オッパイならともかく、性器を触らせるなんて…)顔が強ばったままだ。
「ありがとうございます。もっとがんばります」3人は生徒の間を歩き(そんなに乱暴に触らないで。敏感なんだから…)乳房や淫裂を触られながら歩いていく。

 そんな様子を、見学を拒まれ覗き見をしていた同僚がいる。。
(素っ裸だわ。オッパイと性器を丸出しだなんて!)(ヘアまで剃らせて、その上オッパイと性器を触らせている!)教え子に乳房と淫裂を触れていく洋子達を驚きの顔で見ている。
授業を覗いていた2人は顔を見合わせ、気づかれないように職員室に戻った。

 翌日、覗き見をした2人は、校長に昨日の事を告げている。
「そうでしたか。素っ裸で授業をね…」
「その上に、オッパイとアソコを触らせていました!」
「あそこって?」
「性器です。しかもヘアまで剃らせて…」

 「オ○ンコの毛ですか。それで、落ちこぼれ達もやる気が出たんですね?」飯田は驚いた顔をしていたが(困ったな。この2人の口封じをしないと…)色々と考えを巡らしている。
「取り合えず、この事は誰にも言わないで下さい。秘密ですからね」
「当然です。教師が素っ裸になって授業していたなんて知れたら、進学に差し支えますから」
「そう言って貰えれば助かります」飯田がそう言うと、2人の同僚が校長室から出て行き、代わって後藤が呼ばれた。

 「困った事になったよ。素っ裸を見られてしまってね」
「誰ですか、そんな事をしたのは?」
「井上孝子だよ。それに斉藤早苗もね」
「2人ですか。何とかしないといけないな…」

 「いい手があるのか?」
「時間がないから、吉野のようには行きませんしね…」後藤も迷っていたが「とにかく、何とかしないとダメですから」後藤は校長室から出て行く。

 その翌日、授業を終えて学校から帰ろうとする早苗と孝子は、教え子から声を掛けられて、視聴覚室に連れ込まれた。
中には6人の生徒がいて「先生、覗き見したでしょう、特別クラスを?」質問される。
「見たわよ。よくもあんな破廉恥な事をして。素っ裸で授業なんて許せないわ!」
「そうよ、教師が教え子の前でヌードなんて許せない事よ!」

 「でも、そのお陰で僕たちはやる気が出たんです。見なかった事にして貰えませんか?」
「そうは行かないわ。ヌードの授業を見た以上、あの3人にはやめて貰わないと…」
「頼んでもだめですか。仕方ありませんね、先生も素っ裸になってオ○ンコしましょう!」6人の生徒は一斉に2人に襲い掛かった。

 「いや、やめて。う、ん、ん!」口を真っ先に塞がれた。
口の中に、SMのボールを入れられ声が出せず、その上両手を後ろ手に縛られて、孝子と早苗は自由が効かず怯えている。

 「準備はいいぞ。呼んでこい!」1人が出て行き、大勢の生徒を連れてきた。
「説得はダメだった。仕方ないから皆でオ○ンコしちゃおう!」
(イヤ、レイプはイヤ!)首を振って拒むが無理で、スーツのボタンも外され、スカートも脱がされていく。
「うまく撮れよ。これで口封じするんだから」2人を板垣達4人がカメラで撮っている。
(やめて、そんな事やめなさい!)首を振るだけしかできない。

 「腕を解いてくれ。素っ裸にするから」2人の腕を縛った紐が解かれた。
「う、う、う!」(やめて、ヌードはイヤ!)抵抗するが、スーツやシャツも脱がされて、ブラジャーとパンティだけの姿にされた。
「まずはオッパイからだ!」ブラジャーが脱がされて乳房を掴まれていく。

 「これが斉藤先生のオッパイだ!」
「こっともオッパイだ。井上先生のオッパイは小さいな!」やはり孝子も乳房を掴まれていく。
(やめて、そんな事やめて!)涙を流すが何にもならず「カシャ、カシャ!」カメラが乳房を掴まれている2人を撮っていく。

 「よし、今度はオ○ンコだ!」
(イヤ、パンティを脱がさないで!)2人の抵抗が強まった。
だが、両手でゴムを掴まれ、引き下げられて股間の黒い絨毛が見えてきた。
「カシャ、カシャ!」カメラがそんな様子を撮っていく。

 そして、下半身を隠す布も脱がされて、生まれたままの全裸にされた。
(イヤ、性器はイヤ!)足を上げて隠そうとするが、戻されて淫裂を撮られていく。
(イヤ、指で広げないで!)淫裂を指で広げられ、顔も正面を向かされた。
「カシャ、カシャ!」(撮られた。性器とオッパイを撮られた!)全裸写真を撮られ、急に力が抜けていく孝子と早苗だ。

 「もう、いいだろう。やろうぜ!」教え子達は我慢できないのか、服を脱ぐと2人を犯しだした。
(いや、いや~!)2人の淫裂に肉竿が入り込んで、その様子もカメラに撮られていく。
「やっと、おとなしくなったようだな。オ○ンコされるとおとなしくなるんだな」口からボールも外された。

 「撮ったか?」
「勿論だ。早く終わらせろよ。俺もやりたいんだから!」
「わかっているよ」腰の振りを早め、2人の淫裂の中に精液が送り込まれていく。
「交代だ。今度は俺とオ○ンコだ!」相手が入れ替わって、また淫裂を汚された。

 こうして、2人は10人近い教え子の精液を胎内に噴射されて、やっと解放された。
「う、う、う!」犯され2人は泣き続けている。
「先生。俺たちの子を産みたいかい?」
「イヤ、妊娠したくない!」股間を押さえながら言う孝子だ。

 「だったら、これを飲めばいいよ。知っているでしょう、ホルモン剤です。妊娠した卵子を排出する薬です」
「それをくれるのね?」
「差し上げます。それから、覗き見したことは無かった事にして貰えますね?」
「わかったわ、無かった事にする。その代わり、写真を返して!」

 「それは先生達の態度次第です。明日、ここのヘアを剃って持ってきてください」絨毛を撫でながら話すが「許して。ヘアを剃るなんて出来ない」泣きながら返事する。
「だったら、この写真が公になりますよ」

 「それはやめて。剃って持ってくるわ、公にはしないで!」
「わかりました。それから剃ったのを確認しますから、下着は無しですからね」黙って頷いて薬を受け取った。
2人はそれを飲み込み、服を着てから視聴覚室から出て行く。

 翌日、2人は「実は、この前の事ですが…」2人は飯田に嘘だったと告げる。
「どうして、そんな嘘を?」
「悔しかったんです。あんなに成績が伸びて…」嘘を並べて、校長室から出ていく早苗と孝子だ。
「悔しいけど、こうしないとね」
「そうよ。教え子にレイプされたなんて言えないし」2人は呟くように職員室に戻っていく。

 そして、放課後に2人はまた、生徒に呼び出された。
「剃ってきましたよね?」
「これがヘアよ」ビニール袋に詰めた絨毛を渡す。
「見せて下さい。オ○ンコを!」

 「剃ったわ。だからいいでしょう?」
「下着のチェックです。履いていませんよね?」
「履いていないわ。ほら!」裾を持ち上げて下半身を晒すと、昨日と違って真っ黒な絨毛が消え失せて、ピンクの割れ目が覗いている。

 「オ○ンコはわかりました。オッパイを見せて下さい」今度はボタンを外して胸を広げていく。
「これでいいでしょう。下着は着けてないわよ」乳房が恥ずかしそうに顔を出している。
「わかりました。これからは特別クラスを担当して貰いますからね!」
「許して。ヌードの授業だなんてイヤです!」泣き声になっている。

 「イヤでもやって貰います。写真が公になるのはイヤでしょう?」
「う、う、う!」教え子の前で泣き出す2人だ。
それから数日が経ち、日曜日には新たに加わった、早苗と孝子が全裸同然の姿になって、視聴覚室で授業をしていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター