fc2ブログ

「恥辱の女教師」第22話 全裸の同僚

第22話 全裸の同僚

 翌日の視聴覚室には、特別クラスの30人と、ワンピースを着た康子がいる。
「あなた達をバカにしていた事は謝ります。ですからヌードは許して下さい…」大粒の涙を流しながら土下座している。

 「そうは行かないよ。素っ裸でやらないなら、あのビデオを大量コピーして皆に配るよ!」
「やめて。それだけはやめて!」首を横に振った。
「それなら、ここでパイパンオ○ンコを見せて下さい。そうしたら、許してあげます」
「わかりました。脱ぎますから、ビデオのコピーはしないで下さい…」顔を強ばらせ、ワンピースのボタンを外して肩から脱いだ。

 康子は下着を着けておらず、黒いストッキングとガーターベルトだけを着け、乳房と絨毛が全くない淫裂を露わにしている。
ワンピースを脱ぐと、両手を後ろで組み、足がガクガク震わせ顔を背けた。

 「先生、オッパイを触るからね!」教え子達は、康子の乳房を掴み揉んでいく。
「オ○ンコも触るよ」
「許して。性器は見るだけにして下さい…」泣きながら言うが無駄で、淫裂に指を入れられ広げられていく。

 「ここにチンポが入るんだな。入れてみるか!」1人がチャックを引き下げ、肉竿を取りだす。
「イヤ。やめて、そんな事やめて!」手で隠そうとしたが、机に腰を乗せられ仰向けにされた。
「こうすれば、丸見えだ!」更に膝を掴まれ、開かされた。
淫裂が口を開いて、ピンクの膣皮が見えている。

 「イヤ、やめて。イヤー!」悲鳴を上げても、防音されているから外には聞こえない。
「先生。入れますよ」教え子の肉竿が淫裂の中に入り込んだ。
「やめて、入れないでー!」康子の悲鳴が空しく響くが、肉竿は「ズル、ズル!」と根本まで入り込み、ピストンしていく。

 康子は「う、う、う!」嗚咽を上げながら犯されて、肉竿が絶頂を向かえると放出が行われた。
「今度は俺だ!」また肉竿が淫裂に押し込まれ、次々と膣の中に射精されていく。
幸いにも、避妊薬を飲んでいるから妊娠の恐れはないが、大勢に射精された淫裂は、精液で溢れかえっている。

 「先生、凄く楽しかった。正月特訓からはヌードでやって貰うからね」犯し終え淫裂を拭きながら言う。
(イヤ、ヌードで授業だなんて教師のする事じゃないわ。でもビデオが…)弱みがある以上は逆らえない。
淫裂を拭き終えると「もう帰ってもいいよ」グッタリしている康子に服が投げられる。
康子はゆっくり起きあがり、それを着て視聴覚室から出て行く。

 「午後は1時からだ。榊原先生とのオ○ンコだからな!」
「わかった。とにかく、飯を食ってからだ」生徒達は買い込んだ弁当を食べていく。
そして、1時に桃子が視聴覚室に入ってきたが、やはりワンピースを着ている。
桃子も康子と同じように、裸にされて教え子に犯された。
こうして、10人の教師は、正月特訓を前に、バカにしていた特別クラスの教え子に、犯されてしまった。

 それから数日後、正月も終わり、3年生の正月特訓が始まった。
普通クラスは今までと違い、男女に分かれての特訓に変わっている。
「皆さん、センター試験まで残りもわずかです。頑張ってやって下さい」初日と言う事で、校長の飯田も職員室に顔を出している。

 「校長先生。もし、私がヌードになったら、特別ボーナスをいただけますか?」強ばった顔で桃子が尋ねる。
「榊原先生はセンター試験に関係ありませんが、それを見て成績が上がるなら、父兄や理事長も出すでしょう」
「それだったら、私ヌードになります…」真っ青な顔で、着ていたワンピースを脱ぎだした。
それを見て「そ、そんな!」洋子や敦子達は声をあげた。

 桃子は泣きそうな顔をしながらワンピースを脱いだが、その下は何も着ていないから、乳房と短い絨毛に覆われた淫裂が丸見えだ。
桃子は声を震わせながら「ヌードは芸術です。恥ずかしくはありません。これで成績が上がるならいい事ですし…」太股がブルブル震えている。

 「わかりました。教室でポーズを取っていて下さい。榊原先生は伊藤先生と一緒にお願いします」飯田はなめるように桃子の淫裂と乳房を眺めている。
「わかりました…」桃子の返事で訓辞が終わり、桃子は全裸で職員室から出て行き(私はに出来ないわ。教室でならいいけど…)揺れ動く乳房を眺める洋子達だ。

 桃子は(恥ずかしい。ヌードを教え子に晒すなんて…)体を震わせ俯いて歩いているが、裸になったのは自分からではなく、後藤に脅されての事だ。
桃子もビデオをネタに脅され、散々レイプされたあげくに裸になるよう脅された。

 康子と桃子が教室に入ると「凄いや、素っ裸だ!」男子生徒が歓声を上げている。
「わ、私のヌードで頭をリラックスしてね。授業が終わったら触らせて上げるから…」声が震えている。
「わかりました。でも、伊藤先生も脱がないとおかしいよ!」

 「イヤよ。何で、人前で裸にならなければいけないのよ!」今度は康子の声が怯えて震えている。
「イヤでもやって下さい。特別クラスでは、裸になって授業しています!」
「イヤ、イヤよ。ヌードなんてイヤ!」教室から逃れようとすると「逃げるなんて卑怯だ。榊原先生を見習って下さい!」康子は出口を塞がれた。

 そして、桃子を見ると桃子は俯いたままだ。
「脱がないなら、力ずくです!」興奮した生徒達は康子の服を剥ぎ取りだす。
「やめて。イヤ、やめて!」声を出そうとするが口を塞がれ、スーツも脱がされて、下着姿にされてしまった。

 「う、う、う!」首を振るって拒むが、パンティを掴まれ、引き下げられていく。
「オ○ンコだ。これが伊藤先生のオ○ンコなんだ!」パンティが足首から抜かれて、下半身が剥き出しにされ、更にブラジャーも脱がされて全裸にされた。
康子は声も出せず(イヤ、見ないで、ヌードを見ないで!)首を振るだけだ。

 全裸にされた康子は、教壇で蹲ったままだ。
「先生。早く授業を始めて下さい。やらないなら、これは返さないよ」奪った服をちらつかせる。
「わかった。ヌードでやるわよ…」覚悟を決め、教え子に乳房と淫裂を晒して授業を始めたが、その間、桃子は足を開いて自分の性器を見せている。

 全裸で授業をしているの康子だけではなく。他の教室でも、女教師達は教え子に服を剥ぎ取られ、全裸での授業をしていた。
「先生。授業をしないと服を返しませんよ。裸で職員室に戻る事になりますからね」教え子に脅されて仕方なくやっている。
教師の皆が、大粒の涙を流しながら教鞭を取っている。

 そして、授業が終わり休憩時間になった。
「服を返して。お願いよ!」
「ダメです、楽しんでからです!」一斉に教え子に取り囲まれ、乳房や淫裂を触られていく。
「やめて、指は入れないで。痛いから抜いて!」膣にも指を入れられていく。

 「我慢して下さい。直ぐ終わりますから!」触られている間にも時間が経ち、授業が再開された。
「返して、服を返して!」
「もう時間がありませんよ。帰る時には返しますから、今日はフルヌードでいて下さい」
「そんな、そんなー!」泣いても何時までもここにいる訳には行かない。

 (同僚だけには見られたくないし…)覚悟を決めて廊下に出ると「!」声を出すところだ。
廊下には全裸になった同僚が歩いている。
(私だけがヌードじゃないんだわ…)安堵して同僚とすれ違うと、相手も康子の全裸に気づいて、安堵した顔になっている。

 こうして、女性教師達は全裸で授業を終えた。
授業を終えると、最初に授業をした教室に向かっていく。
「返して、服を!」両手で胸と股間を押さえて言うと「服はここにはありません。職員室に持っていきましたよ」返事する。

 「そんな~。お願いだから、ここまで持ってきて!」康子が泣きながら言うと「だめですよ。忙しいし」素っ気なく返事をして教室から出て、康子だけしかいない。
「行くしかないわ。裸でいる訳にはいかないし…」泣きながら乳房と股間を押さえて、職員室へと向かった。

 すると「伊藤先生もフルヌードよ。あそこを見せて貰いましょうよ!」今度は女生徒に囲まれた。
「退いて、お願いだから!」
「あそこを見せたら退くわ。お願いですから、手を退けて見せて下さい」

 「イヤ。見せ物じゃないわ、女性の大事な所よ!」
「だったら、力ずくよ。それでもいいの?」
「わかったわ、見るだけよ」股間を覆った手を退けると「伊藤先生のヒラヒラは大きい。高島先生の次くらいだわ」淫裂を食い入るように眺めている。

 「もういいでしょう。性器を見たから!」康子は取り囲んだ女生徒をかき分けて職員室に入った。
康子が職員室に入るなり「い、伊藤先生もヌードに?」職員室にいた男性教師が声を上げる。
「ええ、榊原先生だけヌードでは申し訳ないと思って…」
(言えないわ、教え子に裸にされたなんて!)俯いたまま言う。

 「初ヌードの感想はいかがでしたか?」
「恥ずかしいけど、教え子の為ですから」最もらしい理屈を並べていく。
(脅されたんだわ。きっと、レイプされてヌードにされたんだわ)洋子達5人は、哀れみの目で康子を見ている。

 康子が職員室に入って程なく、次々と同僚達も全裸で現れ「そ、そんな~!」洋子や敦子達は思わず声をあげた。
「全員じゃないですか、普通クラスの先生は…」
「だって、成績が上がるならヌードくらい我慢しないと…」泣きたい気持ちを抑えて言う。

 そこに飯田が現れ「聞きました。良い心がけです。父兄や理事長も大喜びでしょう。ボーナスの件は任せて下さい。それよりも伊藤先生。センター試験の事で、お願いがあります」
「服を着てから行きます」慌てて机の下に置かれた服を取りだすと「急ぎですから、裸のままでいいです」飯田は康子の腕を押さえ職員室から出て行った。

 「校長は康子とオ○ンコしたがっていたしな…」後藤が小さな声で洋子に言う。
「セックスですか?」
「そうだ。それより、お前達も明日からはここで脱ぐんだぞ!」

 「ここではイヤです。教室で脱がせて下さい」
「わがまま言うな。奴らは明日からここで脱ぐんだ。お前達もここで脱ぐんだ!」後藤の脅しには逆らえず「わかりました」そう返事するしかない。

 それから10分ほどして、泣きそうな顔で康子が戻ってきた。
両手で股間を押さえているが、指の間から白い液体が漏れている。
(校長にレイプされたんだわ。脅されて…)再び、哀れみの顔になっていく5人だ。

 翌日「校長先生。私達もここからヌードになります…」洋子達5人が服を脱ぎだすと「わ、私も脱ぎます…」康子も脱ぎだす。
それに倣うかのように「私もここからヌードです…」女性教師の皆が服を脱ぎだした。
「いいね、ストリップも…」飯田は目を細めて脱いでいく姿を見ているが(セックス相手を選んでいる!)経験から洋子や愛子は悟った。

 「榊原先生。授業が終わったら直ぐ来てください。裸のままでいいですから」声を掛けた。
(今日は、桃子さんが餌食になるんだわ)昨日セックスをさせられた康子は直感が働いた。
「わかりました。伺います…」服を脱ぐと、女性教師達は洋子達と同じく、黒いストッキングとガーターベルトを付けている。

 「色っぽいや。凄いね」同僚の男性が股間や乳房を触ると「ダメ、見るだけです。触らないで下さい」触る手を退け、教室へと向かう。
教室に入ると「凄いや。エッチでいいや!」歓声がどの教室からも上がった。
「大きな声を出さないで。それより、昨日のおさらいからよ」乳房を揺らせて授業を始めていく。

 だが、女生徒は不満で「先生。どうして脱がないの?」男性教師に尋ねた。
「男の裸なんか、見たくないだろう?」
「見たいです。オチンチンも触ってみたいですし…」恥ずかしそうにクラス委員長が言う。
すると「私も見たいです。それに、触りたいです」「私もです」次々と裸になるように催促した。

 「わかった。裸になるけど親には絶対に言うなよ。首はイヤだからな!」
「言わないわよ。だから早く見せてよ」男性教師は服を脱ぎだし、上半身裸になるとズボンを脱いでいく。
(あそこに、オチンチンがあるんだわ…)食い入るようにパンツを見ている。

 「でも、恥ずかしいな。人前で裸になるなんて」ゆっくりとパンツを引き下げていく。
「文句は言わないの。それよりも早く見せてよ」
「脱いだぞ、ほら!」全裸になって生徒の方を向くと「小さい。オチンチンが小さいわ…」ざわめきがあがった。

 「いいから、触って見ろ。直ぐに大きくなるんだ」女生徒が恐る恐る触りだすと、萎縮した肉竿は一気に膨らんで行く。
「カチカチだわ。これが膣に入ったら、裂けちゃう!」
「大丈夫だ。女性の膣は伸びるんだ。ゴムのようにな。それより早くしろよ」男性教師に急かされ、女生徒は次々と肉竿を触った。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター