fc2ブログ

「恥辱の婦警」第1話 婦警への恨み

登場人物(主な登場人物)
  桜田郁恵:城東署、生活課     坂上香織:高校生
  大場淳子: 〃 、 〃      井上孝子: 〃 、香織の友人
  菊池利夫: 〃 、 〃 課長   坂上欣也:衣料店主、香織の兄
  斉藤美智: 〃 、交通課     上田伸吾:無職、欣也の友人
  鈴木彩香: 〃 、 〃      上田多恵:女医、伸吾の姉
                   高田早苗:女医、多恵の友達
                   白石由加:スポーツジムコーチ
第1話 婦警への恨み

 「香織。やばいよ、お巡りだ!」2人の婦警の姿を見ると、慌ててタバコを足下に捨てて消した。
その2人に「誤魔化そうったってダメよ、見てたんだから。名前を教えて!」婦警は女性の顔を見つめる。
「坂上香織です…」
「高校はどこよ」
「城東です…」
「住所は?」婦警は次々と質問してメモを取り「あなたはどうして停めなかったのよ。あなたも同犯よ」男性にも質問が飛んだ。

 「申し訳ありません…」平謝りしているが「名前は?」執拗に聞かれる。
「坂上欣也です…」
「もしかして、兄妹なの?」
「はいそうです」
「余計悪質だわ。妹が未成年だってのは知っているわよね?」
「申し訳ありません」欣也は返す言葉が無く、謝るだけだ。

 「とにかく、学校と両親には連絡して置くからね」
「それだけは、勘弁してください!」
「規則だからダメです」婦警はそれだけ言って去って行き「香織、参ったな。また怒られちゃうよ」「本当だわ、これで、推薦がパーになっちゃった」ガッカリ顔の2人だ。

 それから数日して、2人は両親から大目玉を食らい、香織は学校で推薦取り消しが告げられた。
「兄さん。あいつらに仕返ししないと、収まらないわね」
「そうだよな。大目玉を食らったしな」2人はあの婦警を恨んでしまった。

 そんなある日、香織の学校に2人の婦警が啓蒙活動で訪れた。
2人は居並ぶ生徒の前で、覚醒剤の恐ろしさを説明している。
(あいつらだわ、あの2人のおかげで推薦が帳消しになったんだ…)香織は忘れる事のできない顔に、復讐を誓った。

 同じように(あなたのおかげで、親戚から白いめで見られているのよ )恨む女生徒がいた。
女生徒の名は井上孝子と言って、万引きでこの婦警に補導されている。
そんな恨みがあるとは知らず、2人は笑顔で説明していく。

 そして、説明が終わると「城東署の桜田郁恵さんと、大場淳子さんにお礼をしましょう」教師の声で拍手されていく。
(そうか、桜田郁恵か。それに大場淳子ね)香織と孝子は名前をしっかりと覚えた。
婦警の2人が会場から去ると解散となり、教室に戻っていくが「孝子、あの2人覚えてる?」香織が尋ねる。
「勿論よ。あの2人のおかげで、酷い目にあったんだからね」

 「そうか、それなら私と同じ境遇だね」
「何だ、香織もやられたんだ!」
「そうなの。だから何とかしようと思って…」
「それだったら、私も手伝うわよ。何せ、腹の虫が治まらないし」
「わかった、兄さんと相談する」2人の意見がまとまったようだ。

 それから数日が過ぎた頃、城東署の生活課に電話が入った。
「わかりました。直ぐ行かせます」受け取ったのは、生活課課長の菊池利夫だ。
「桜田君に大場君、万引きだそうだ。場所はここ。それから、女子高生だから気を遣ってくれ」メモを渡す。
「わかりました」命を受けた2人は言われた通りに、パトカーではなく、公用車で向かう。
生憎、パトカーは出払い、公用車しか残ってないから、それに乗っている。

 「全く、今時の子はどうなってるのかしらね」淳子が言うと「本当よ、昔はこんな事なかったのにね」郁恵もうんざりと言った顔で話していると、連絡のあった場所に着き、車から降りていく。
「城東署の者ですが…」
「お待ちしてました、こちらです」欣也が制服を着た2人を2階に案内し、それと同時に、店はシャッターが下ろされた。

 2階には香織と孝子がいて、それを男性が見張っている。
「この2人ね、何を取ったのよ?」
「うるさいわね、この婆!」香織が怒鳴った。
「何ですって。もう一度言ってごらんよ!」婆と言われた淳子は頭に来たのか、香織の襟元を掴んだ。

 「淳子、抑えて。それより仕事よ。何万引きしたのよ」それには黙ったままだが「これですよ、全く今時の子は…」欣也が下着を差し出す。
「まさか、これをあなたが着ける気なの?」
「当然よ。まあ、婆には似合わないけどね」
「また言ったわね!」淳子が切れて、香織の髪の毛を掴んだ。

 「やる気なんだ。面白い、やって貰おうか。その前に後ろを見なさいよ!」言われるまま振り返ると、欣也が猟銃を構えている。
「何のまねよ。危ないから仕舞って!」
「生憎、そうは行かなくて。こっちの恨みを晴らすまではね」

 「恨みって、何の事よ!」
「覚えていないんだ。それなら教えてやる。あんたが学校にチクッタから、推薦取り消しになったのよ」
「私は、白いめで見られているのよ」
「こっちは大目玉だよ。タバコぐらいで大騒ぎするなってんだ!」
「それで、どうしようというのよ」

 「決まっているでしょう。反省して貰うの。ただし、素っ裸になって!」その言葉に、淳子と郁恵の顔が強ばった。
「バカ言わないで、どうして裸よ。ふざけるなら帰るわ!」
「そうは行かないな。死にたいというなら別だが…」もう1人の男も猟銃を構えた。
その男は上田伸吾と言って、欣也の友人で交通違反で免停を食らっている。

 「そんな事したら、刑務所送りよ」
「わかっている。だが、その前にあんた達は冥土行きだよ」
「どっちを選ぶのよ、5秒時間をやるわ」香織はカウントダウンを始めた。
「4,3,2,1…」

 「待って。脱ぐわ、脱ぐから撃たないで!」2丁の猟銃にはそう言うしかない。
「わかったら、急いで脱ぐのよ」怒鳴る香織に、2人は制服のボタンを外しだす。
それを見ていた孝子は、ビデオで撮り出すが、気が付いたのか「いや、ビデオはいやです!」脱ぐのをやめた。
「やらないなら、あんたから死んで貰うぞ!」銃の照準を淳子の顔に当てた。

 「やめて、脱ぐわ。脱ぐから退けて!」顔を震わせながら、またボタンを外しだした。
「そうよ、それでいいの。あなたもよ」郁恵も仕方何しにボタンを外しだす。
そして、上着、ネクタイ、ワイシャツと脱いで上半身はブラジャーだけになっている。
「可愛いじゃないのよ。婦警さんがピンクとはね」
「本当よ。ガキじゃあるまいしね」香織と孝子の言葉に、郁恵と淳子は唇をかみしめている。

 「それよりも下だ。早く脱げ!」催促にホックを外し、ファスナーを下げると、ブラジャーとお揃いのパンティが露わになっていく。
「イヤだわ、子供みたい!」笑う2人に、婦警の2人は涙をこぼしていく。
「泣いたって許さないわよ、ほら脱ぐのよ」

 「お願い。もう許して、今ままでの事は謝るから…」
「今更遅いわよ、推薦だって戻らないわよ!」
「そうよ。白いめで見られたままよ」
「そう言う事だ。どっちから脱ぐんだ?」また銃口が向けられた。

 「う、上から脱ぐわ。だから銃を仕舞って…」銃を向けられると、婦警といえどもそうするしかなく、両手を背中に回してホックを外す。
すると、乳房を押さえていたカップが緩んで、膨らみが見えている。
「お願い、これで許して…」両手で乳房を押さえ、泣きながら言う。
「ダメだといったはずだ、早く脱げ!」その言葉に、二人は嗚咽を上げながら、肩から紐を外して両手を下げた。

 すると、白い乳房が飛びだし、揺れている。
「いいじゃないか。お巡りにしては、いい乳だぞ!」それを聞いて、慌てて乳房を押さえる。
「隠す事無いわ、自信持って見せなさいよ。それより、下よ。パンツも脱ぐの!」
「これで許して、オッパイだけで…」
「ダメ、素っ裸といったはずよ。全部脱ぎなさい!」香織は得意顔になっている。

 婦警の2人は、涙を流しながら腰のゴムを掴むと、引き下げ背中を丸めていく。
その後、片足ずつあげて両手には温もりのある、縮こまった布が残された。
「隠すなよ、ヘアも出せよ!」また銃口が向けられ「やめて、やるから仕舞って!」慌てて、股間から手を退けて絨毛を晒した。

 2人の絨毛をよく見ると、郁恵は丸く生えており、淳子は逆三角形に生えていた。
「お巡りさんのヘアヌードもいいもんだな…」
「そうだよな、チンポがビンビンだよ」銃を持ったまま見入っていると「ビデオはバッチリ撮ったわよ」孝子が合図する。

 「次だ、両手を後ろで組め!」言われるまま、手を後にやると紐で縛られる。
「やめて、ヌードになったはずよ!」
「いいから、おとなしくするんだよ」欣也は確かめながら縛った。
「良し、これでいい。後はお楽しみだな」そう言うと、服を脱ぎだす。
「やめて、レイプはしないで!」
「そう言われたって、素っ裸の婦警さんを見たら、抑えが効かないよ」ズボンを脱ぎ終えると、肉竿がそそり立っている。

 「兄さん、どっちを選ぶの?」
「こっちの、オッパイの大きい方がいいな」郁恵を選んだ。
「だったら、俺はこっちだな」伸吾は淳子を選ぶ。
「わかったわ、まずは兄さんからして!」
「わかってるさ」服を脱ぎ終えると、郁恵を寝かせて覆い被さる。

 「やめて、レイプはいや!」郁恵が抵抗すると「やりたいと言ってるんだ。おとなしくやらせろよ」銃口が顔に向けられる。
「仕舞って、銃は仕舞って!」
「だったら、やらせるよな?」それには黙って頷く。
「黙ってたんじゃわかんないわよ、オ○ンコしたいんでしょう、ハッキリ言いなさいよ!」

 「お、オ○ンコして下さい…」郁恵は言い終わらない内に、大粒の涙を流しだした。
「そんなにオ○ンコやりたいなら、やってやるよ!」乳房を握りしめ、淫裂に肉竿を押し込むと「ヒ~!」悲鳴を上げ、顔を歪める。

 「どうしたんだよ?」
「痛いです、そんな乱暴に入れたら…」
「これくらい我慢しろ!」肉竿が膣穴に届くと封印を破り「ヒ~!」悲鳴と同時に、赤い鮮血が流れて体を震わせている。
「あら、バージンよ。この年でバージンとは驚きだわ」笑う香織だが「う、う、う!」レイプされ、処女を失った郁恵は泣いている。

 それでも、欣也は手を抜かず、ピストンを続けて登りきると膣奥で噴射した。
「スッキリしたよ、でも大丈夫かな?」
「兄さん知らないんだ。処女喪失時の妊娠は断然低いんだって!」
「良く知ってるな…」
「学校で習ったのよ、避妊方法もね」
「それなら安心だ」汚れた肉竿を拭き、孝子はグッタリした郁恵を撮っていく。

 「これだけ撮ればいいわ。次ぎやって!」それには淳子が「いやよ、レイプなんていや!」うずくまってしまった。
「イヤでもやるんだ。あんただけオ○ンコしないと不公平だよ」伸吾はイヤがる淳子に覆い被さり、淫裂に肉竿を押し当てる。
「入れないで~!」抵抗していると「おとなしくしろ。あんただって、オ○ンコしたいだろう?」銃口が向けられ「したいです。私もオ○ンコしたいです…」泣きながら言う。

 「それなら、安心してやるよ」伸吾は膣へ肉竿を送り込み「ギャ~!」悲鳴と共に鮮血を流させた。
「やだ~。こっちもバージンよ」
「ホントにいやね。彼氏はいないのかしら?」勝手な事を言いながらビデオに撮っていく。
こうして、郁恵と淳子は処女を失い、レイプビデオを撮られてしまった。

 犯された2人は手が解かれ、自由になっても泣いている。
「いつまで裸でいるのよ。お巡りさんに捕まっちゃうよ」
「そうよ、猥褻物陳列罪でね」その言葉に更に涙が流れて、嗚咽をあげるだけだ。
「服を着ろと言っているのよ。わかんないの?」香織は郁恵の乳房を踏み「ギャ~!」悲鳴を上げ、体を震わせた。
「あなたも、いつまで泣いているのよ」淳子も孝子に乳房を踏まれ「ギャ~!」悲鳴を上げた。

 「わかったか、急ぐんだ。急がないとオ○ンコ蹴っちゃうぞ!」それには、起きあがって服を着だした。
「ほら、オ○ンコも拭かないと」タオルを渡し、淫裂も拭かせる。
その後、下着を着ていくが「オ○ンコやったお礼もしないとな…」欣也は店に向かい、下着を持ってきた。

 「これは2人へのプレゼントだ。サイズは合うと思う」袋を2つ渡す。
「いいわね、好きなオ○ンコして貰った上に、プレゼントも貰えて」「そうよ、これも役得よね」その言葉にまた泣き声をあげた。
「イヤだわね、それでも大人なの。バージンぐらいで泣く何て」「本当よ、とても婦警さんとは思えないわ」孝子と香織の侮辱に耐えながらも、ワイシャツを着ると、ネクタイをし、スカートも履き、制服姿になった。

 「お巡りさんよ。『私、レイプされました』なんて言えるかい?」侮辱の言葉に涙が停まらない。
「言ってもいいけど、これが表沙汰になるよ。それに、同僚にだって知られるからね」
「そう言う事。知られたくなかったら、大人しくしているのよ」その言葉を聞きながら2人は店を出て城東署に戻った。

 署に戻ると「万引きしたこの親が、そこの得意さんでして…」言い訳していく。
「そうか、仕方ないな。お得意じゃ、被害届は出せないか。ご苦労だった!」労をねぎらう菊池だが(言えない、レイプされたなんて言えない…)2人は真実を報告できなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター