fc2ブログ

「恥辱の婦警」第5話 婦警の制服

第5話 婦警の制服

 治療を受けた2人は避妊薬も処方して貰い、病院から出ていくと香織と出会った。
「珍しいわね。どうかしたの?」
「いえ、ちょっと…」2人はいいにくいから言葉が出ない。
「わかった、兄さん達とオ○ンコやったのね!」
「そんな事言わないで。聞こえたら恥ずかしいわよ」顔が赤くなった。

 「まあ、それは構わないけど、こっちの頼みも聞いて欲しいな」
「どんな事なの?」
「同級生が、大人のオ○ンコが見たいというのよ。婦警さんならやってくれるよね?」
「そんなのイヤです。性器は見せ物じゃありません!」
「そうだよね。チンポで突かれる物なんだよね」意地悪く言い顔が赤くなった。

 それでも「写真があるんだよね、オ○ンコ丸出しのヌード写真が…」ニヤリと笑いながら言う。
「婦警の私を脅す気なの?」郁恵と淳子の顔が強ばった。
「脅すつもりはないわ。見せてくれないから、写真で我慢して貰うだけなの。いいわよね?」
「写真だけはやめて。あそこを見せるから…」
「良かった。これでメンツが保てるし。それから相手は女だからね。少し、レズの気があるから注意して。とにかく柔道部の女子だからね」

 「秘密は守れるの?」
「それは請け合うわ、口だけは堅いのよ。明日でいいわよね、場所は後で連絡する!」香織はそれだけ言うと病院の中に入っていく。
「やるしかないわね…」
「そうよね、レズもやるしかないんだ…」項垂れて寮へと向かった。

 そして、翌日、勤務を終えて署から出ていくと、制服を着込んだ3人の女子高生が寄ってきた。
「香織、本当に婦警さんなんだ!」
「そうよ、嘘は付かないわ。それより、大丈夫よね?」
「勿論大丈夫よ。早く行こう!」一行は女子高生の案内で街を歩き、商店街の2階に上がった。

 「ここは、今の時間帯だけは空いてるの。夜勤だから」
「夜勤って、誰がなの?」
「兄さんよ。警備員してるから、夜勤の時はここを借りてるの」説明をすると中に入り、2人も入っていくが、以外にも整理されていた。
「昨日、掃除したばかりなの。私が面倒見てるんだ」自慢げに行ってお茶を入れていく。

 「香織。それより、早く見せて欲しいわよ」
「わかったわ、郁恵さんに淳子さん。早く脱いで!」
「脱ぐけど、絶対誰にも言わないで」
「言わないわよ。約束する!」その言葉で2人は服を脱ぎだし、女生徒は2人を食い入るように見ている。

 やがて、下着も脱いで全裸になり、股間を手で押さえた。
「ダメよ、手を退けないと」言われるまま手を退けると、1ミリ程度の絨毛が股間に生えているが、淫裂は剥き出しだ。
「ヘアを剃ったんだ!」驚きながらも近寄って淫裂を見つめている。

 「触ってもいいわよ。確かめたいんでしょう?」
「香織、ありがとう。礼は必ずするからね」そう言うと、郁恵と淳子の淫裂を撫でだし、2人は「ダメ、見るだけのはずよ!」「イヤよ、触るられるはイヤよ!」女生徒の手を押さえた。
「そんな事言わないでやらせてあげなよ。何なら、2人も脱いだら?」
「そうよね、私も脱ぐわ」香織の同級生も脱ぎだした。

 それには「触ってもいいわ。だから脱がないで!」そう叫んだ。
「ダメよ。全部脱いで婦警さんと同じになるの」次々と脱いで全裸になったが、2人と違って乳房が小さく、絨毛がビッシリ生えている。

 「香織。いいわよね?」
「いいわよ。婦警さんもやりたいそうだから」香織が勝手に言うと、抱きつく。
「ダメ、そんなのダメ…」拒めず、倒されて乳房を吸われると「優しくよ。敏感だから…」諦めたのか言う。
「そんな事言われもわからないわ。婦警さんが手本を見せないと…」明らかにレズの催促をしている。

 「わかったわよ。こうやるの」2人は体を入れ替え、小さな乳房を撫でながら乳首を吸うと「いいわ、変な感じがする…」気持ちよさそうに目を閉じて言う。
「ここにもするね」淫裂を撫でてだすと「気持ちいいわ。婦警さんからされると、こんなに感じるなんて…」満足そうな顔をしている。

 暫く乳房と淫裂を愛撫していると、処女にもかかわらず、淫裂が濡れだした。
(こんな子供でも、感じていくんだ…)なおも愛撫を続け、2人が1時間ほど相手をすると、服を着だし、女生徒も着ていく。

 「どう、満足した?」
「最高よ。またやりたいな」
「それは無理よ、仕事が忙しいから…」
「残念だわね」名残惜しそうに言いながらも、香織達と一緒に外に出ていく。
その後、2人は街を歩いてから寮に向かった。

 それから数日が過ぎ、土曜日が来た。
「郁恵、制服って言われたけど、困るわよね」
「そうよね、緊急用のがあるから、これを持ってくしかないわね…」
「そうしよう。見つからないように…」袋に詰め、寮から出ていくと多恵の車が停まっている。

 「乗って。話は後でするから」言われるまま、2人が乗り込むと走り出す。
「実は、弟も仲間に入れろと聞かないのよ」
「伸吾さんも一緒ですか?」
「そうなの。でも、セックスはさせないから安心して」多恵がそう言っても(何かされる…。ただですむわけないし…)不安を抱えているが、車はマンションに停まった。

 3人は車から降りて多恵の住まいへと向かうが「お待ちしていました」欣也もいた。
「あなたも来たんだ…」
「この際ですから、お手伝いもしますよ」笑顔で話している。
「仕方ないわね。とにかく準備してよ」郁恵と淳子は仕切られた隅で着替えるが、不安を払拭できないまま制服を着て婦警姿になった。

 制服を着込むと多恵達の前に出て「いいわね。これならいいわよ」早苗は淳子が気に入ったのか、しきりに撫でていく。
「早苗、そろそろ始めよう!」多恵が言うと、2人はカメラを構えて制服姿を撮りだし「姉さん、始めるよ」伸吾は郁恵の両手を縛りだした。
「これはイヤ。撮るなら普通でして!」
「今回はちょっと違ったのを撮るの。我慢して!」多恵の言葉で淳子も欣也に縛られていく。

 両手を縛られると、制服のボタンが外されていく。
「イヤよ。ヌードなら自分で脱がせて!」
「それじゃ、つまんないのよ、嫌々脱がされるのを撮りたいの」多恵は聞き入れず、スイッチを押していく。
その間にも、2人のボタンが全て外され、白いブラジャーが現れた。

 「また、白か。今回は制服だから我慢するか!」そう言いながらも前を広げ、ブラジャーを捲り上げて乳房を露わにした。
「いいわね。制服から飛び出たオッパイが溜まらないわ!」乳房を揺らす2人をカメラに収めていく。
「ここも、縛った方がいいかも…」胸を広げたまま、服と一緒に乳房も縛った。
「レイプ風でいいわね」
「ホントよ。膣が疼いちゃう!」笑顔でスイッチを押していく。

 「姉さん、いよいよだよ」2人のスカートが脱がされ、パンティが現れ「こっちも白かよ。まあ、いいか」脱がそうと手を掛けた。
「待って、切り裂いた方がいいわよ!」
「それだったら、これでやるか」ナイフを腰に差し入れ、引いた。
当然、ゴムか切れて、一瞬にして絨毛が露わになり、片方の足に絡みついていく。

 「イヤ。こんなのイヤ!」叫んでも絡まった布が太股にまとわりついたままだ。
「こっちもだぞ!」2人の淫裂が露わになっている。
「どうせなら、全部脱がせて!」
「そうは行かないのよ。これだとレイプ風でいい感じだし…」満足げにスイッチを押していく。
「ところで、ヘアが伸びてきたわね。手入れしようか?」

 それには「イヤよ。恥ずかしいから、このままにさせて!」手入れを拒んだ。
「仕方ないわね、お仕置きして!」それを待っていたかのように、2人の尻が叩かれ出し「ヒ~!」「イヤ~!」悲鳴と共に尻が赤くなっていく。
それでも、2人が叩き続け、カメラに収められていく。

 「もういいわ、寝かせて」2人は縛られたまま、仰向けにされたが、乳房と淫裂が露わになったままだ。
「わかっているわよね、相手するのよ」多恵と早苗はカメラを置き、股間にペニスバンドを取り付けていく。
「やめて、痛いからイヤです!」
「そんな事ないわ。もう直っているはずよ。それに、これも塗るわよ」ペニス部分にゼリーを塗っていく。

 「これなら、痛くないわよ」ゆっくりと淫裂に押し付け「姉さん、撮ってやるよ」「僕も撮るよ」2人がカメラを構えた。
「撮らないで。恥ずかしいから撮らないで!」膣に入れられたのを撮られるのは屈辱と思って叫ぶが「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげた。
「痛くないでしょう、もっと入れるね」なおも押し込み、根本まで入った。

 「抜いて。お願いだから、抜いて下さい…」首を振りながら言うが「そうは行かないわ、今日は約束したはずだし」縛られた乳房を揉みなながら腰を振り出した。
多恵と早苗が腰を振っていくと、伸吾と欣也がカメラで撮っていく。
時折閃光が瞬き、スイッチを押したのを知らせている。
(女に犯されているのを撮られるなんて…)屈辱に涙が流れていく。

 多恵と早苗が腰の動きを速めていくと「後からやったらどうかな?」声が掛けられた。
「いいわね、後からもいいかも…」今度は俯せにされ、制服が肩から下げられ、露出部分が多くなった。
それに、腰を持ち上げられ、膝で立たされる。
「それもいいよ、苦しそうな顔してるし」横からは乳房も見え、顔も見える。

 「イヤ。これはイヤ。普通でして下さい…」
「ダメよ、これにするわ」淫裂に樹脂のペニスが押し込まれ、ピストンが始まった。
後からの挿入は膣の奥まで突き刺して「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげていく。
それに、いつの間にか淫汁も流れ出し(レイプされているのに、膣が気持ちいい…)ゼリーが塗ってあるから滑りも良く、快感を感じている。

 多恵と早苗は暫く腰を振っていたが「もういいわ、交代して」早苗が言う。
「どうせなら、縛ってからしょうよ。おもしろそうだし…」多恵が言うと「面白いわね。婦警にレイプされるのもいいかもね」早苗も乗り気になった。
「それなら準備するよ」郁恵と淳子を縛った両手と乳房が解かれ、制服も直していく。

 「スカートの上からは無理だからオ○ンコの上に付けて」言われるまま、股間にペニスバンドを取り付けていくと、早苗と多恵は両手を縛られ俯せになっていく。
「準備はいいわ。始めて」多恵が言うと、郁恵が多恵の腰を持ち上げ、スカートを引き下げた。
(こんな、変態な事までするなんて…)口にこそ出さないが、パンティも膝まで引き下げ、尻を露わにすると、淫裂が見える。

 (濡れている、もう濡れている…)無毛の淫裂だが、濡れて光っている。
同じように早苗も淳子にスカートとパンティを引き下げられて淫裂が露わになると、やはり濡れていた。
「入れて、早く入れて!」催促する2人に、ゆっくりと樹脂のペニスを押し込んでいく。
「いいわ、凄くいい…」「感じる、最高に感じるわ…」声を上げ、淫汁を漏らしだした。

 (あんた達は淫乱よ。こんなに濡らすなんて、恥ずかしく思わないの?)そう思いながらも腰を振っていくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげだした。
それでも、腰を動かし続けると「行く、行く~!」2人は叫び、息を弾ませ大量の淫汁を流し出した。
「行ったみたいです…」淫裂から抜いて、ペニスバンドを外していく。

 「姉さん、我慢できないよ、やらせてくれよ!」
「僕も我慢できないよ」縛られた2人に、欣也と伸吾が抱きついた
「ダメ、入れちゃダメ。やりたいなら婦警さんとして!」
「そうよ、婦警さんとならしてもいいわよ!」

 「わかったよ。それなら遠慮なくやらせて貰います!」
「イヤよ。セックスはイヤ!」下半身丸出しの2人は抱き合い、蹲ったが「やってもいいと言っているから、やるよ!」腕を掴んで引きずっていく。
「イヤ~!」悲鳴を上げても容赦はなく、寝かされ覆い被さられた。

 「入れないで~。オチンチンはイヤ~!」
「嫌うなよ。チンポだっていいんだぞ」制服のボタンを外しながら、腰を押し付けていくと「ヒ~!」悲鳴を上げた。
「入れたぞ。もっと入れるからな!」なおも押し込み、ピストンを始めていく。
膣はすでに、濡れているからすんなりとピストンされ、ヌルヌルになっている。

 「気持ちいい。制服着たままのオ○ンコは最高にいいよ」飛びだした乳房を握りしめ、ピストンを速めていく。
「本当だよ。もう行きそうだし…」伸吾と欣也は動きを速めて登りきり「イヤ、お腹はイヤ~!」「出さないで~!」叫んでも、暖かい液体が膣の中を漂いだした。
「そんな…。お腹に射精するなんて…」2人の淫裂からは白い液体が流れ出し、目からも涙が流れている。

 「何も泣く事はないさ。ここには女医がいるんだから」肉竿を抜くと、更に流れ出た。
「そうだよ、姉さんがやってくれるから」伸吾は早苗と多恵の腕を解きながら言うと「そうよ、後は任せて」多恵も言う。
(そんな簡単に言わないで。射精された身にもなってよ…)涙が流れ続けた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター