fc2ブログ

「恥辱の婦警」第7話 接待

第7話 接待

 ショーを終えると2人はドアから出ていくが、人前で全裸を晒した事に震えており「いつまで裸でいる気だ!」欣也の怒鳴る声に急いで服を着だす。
着終えると、車に乗って戻っていくが2人は黙ったままで、やがて、車が街に入ってきた。

 「まだ時間があるから、食事でもしよう!」珍しく、欣也がファミリーレストランで停めた。
「今日は、おごりだよ」機嫌良く2人を中に案内するが(おかしいわ。きっと何かあるはずだ…)妙に親切にされるから不安を感じている。

 その不安が的中したのか「あら、坂上さん。こんな所で会うなんて!」2組の夫婦から声を掛けられ、伸吾もいる。
「丁度いい。一緒に食べよう!」その言葉で、一緒に食事を摂っていると「欣也。いいのが欲しいんだって!」伸吾が言い出す。
「そうなの。エッチなのが欲しいのよ」妻らしい女性も言う。
「わかりました。食事がすんだら案内します」笑顔で話し、食事を摂った後は、衣料店に連れて行かれた。

 「ここでは何ですから、2階で…」一行は、言われるまま、2階に上がっていくが(イヤよ、ここはイヤ…)2人に犯された場所だから顔が強ばっている。
それでも、2階に上がると前とは違って整理され、マットが敷かれてある。

 「早速だけど、見せて欲しいの」
「その前に、この2人のを見て下さい」欣也は郁恵と淳子に下着になるよう言う。
「ここで、ですか?」
「そうだ、ここで脱ぐんだ!」弱みを握られたからには仕方がなく、服を脱ぎだし黒い下着姿になっていく。

 「いいじゃないか。最高だよ!」連れの夫達は目を輝かせ、乳房と淫裂を見つめて(見ないで。そこは見なくていいのよ…)まともに見られる恥ずかしさに、太股が震えている。
「私、これが気に入ったわ。このガーターベルトが何とも言えないし…」
「私はスケスケのパンティが気に入ったわ」2人の女性は郁恵と淳子の体を触り出す。

 (触らないでよ。そんなに気に入ったなら、あなたも着てみなさいよ!)言いたいのを堪えていると「それだったら、これと同じのを着て見ろよ」夫が代わりに言う。
「そうだよ。ここなら安心だしな」もう1人の夫も言うと「わかった。同じなのを用意して。サイズは上から…」「私は上から…」2人がサイズを言うと「わかりました、少しお待ち下さい」欣也は下に降りて行く。

 暫くたって、2つの袋を抱え「お待たせしました」妻に渡していく。
その袋を覗き込むと「着てみるわね」2人の妻は服を脱ぎだし、それをジッと見守る夫だ。
やがて、下着姿になったが「坂上さん、背中を外して貰えませんか」甘えるように言いながら、ブラジャーのホックを外させた。

 「それでしたら、私は上田さんにお願いします」同じように、伸吾もブラジャーのホックを外して、2人の乳房が露わになっている。
「奥さん、まだ若いですね」垂れぎみだが、まだ乳首もピンク色している。
「そんな事言われると恥ずかしいわ。それより、これも手伝って欲しいの」手をパンティに導く。

 「わかりました。ヌードにします」両手でパンティを掴み、引き下げていくと、黒々と生い茂った絨毛が現れる。
「こっちはどうかしら?」足をあげ、全裸になった。
「綺麗ですお、まだまだ大丈夫ですよ」
「お世辞はいいの。本当にそう思うの?」伸吾の股間を撫でていく。

 「本当です。嘘は言いませんから…」
「それなら、試してみる?」
「そんな事したら、旦那に怒られますよ」
「怒りはしないよ。その変わり、こっちも楽しませて貰うよ」2人は郁恵と淳子のブラジャーを外していく。

 「イヤ、やめて下さい!」悲鳴を上げると「こっちもやっているんだ、大人しく好きなようにやらせろ!」欣也から言われる。
「そう言う事です。ここは大人同士ですから」ブラジャーを脱がすと、パンティも脱がしてストッキングとガーターベルトだけにした。
「いいですね。このヘアを剃ったのがいいですよ」指と舌で淫裂を触りだし「ダメ、そこは…」「あ、あ、あ~!」淳子と郁恵は声をあげた。

 「奥さん。それなら、こっちもいいですよね?」
「いいわよ。その前に、ヌードにならないと」妻は服を脱がせ、欣也と伸吾も全裸にさると「これでいいわね。まずは、これでさせて…」正面に座り、肉竿を掴んで口に入れた。
「気持ちいいです、そんな事されたら、やりたくなっちゃいます」上擦った声をあげると、肉竿も膨らんでいく。

 それを聞いてか「こっちも、素っ裸にならないとな」2人の夫も服を脱ぎだした。
(脱がなくていいわよ。セックスはしたくないし…)逃げ出すわけにも行かないから、両手で淫裂を押さえて見守るだけしかない。

 やがて、全裸になった2人の夫は、郁恵と淳子を寝かせて覆い被さった。
「痛いからイヤです!」「乱暴はイヤ!」悲鳴に近い声を上げながらも、淫裂に肉竿を入れられた。
(それ以上入れないで。もう、セックスはしたくないのよ~!)2人は、拒むに拒めず、肉竿がピストンを始めると、閉じた目から涙が流れていく。
そんな2人の事など無視して、乳房を揉みながらピストンしている。

 それを見たのか「私達もしましょうよ!」欣也と伸吾も寝かされ、妻達が馬乗りになると「出したかったら、出してもいいのよ。あれ、飲んでいるから安心して」ゆっくり、肉竿を淫裂に迎え入れていく。
「気持ちいいです、こんなオ○ンコも…」乳房を掴んで言うと「それだったら、もっと気持ちよくしてあげる」腰を更に降ろして、根本まで吸い込んだ。

 「行くわよ」肩を押さえると腰を上下に動かし出し「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が出ていく。
同じように、郁恵と淳子の淫裂も音が出ていたが「後からやろう!」淳子は四つん這いにされ、後から肉竿で突かれ出した。
「ダメ、これはダメ、普通でして…」首を振りながら叫んでいる。
「それなら、俺も後から!」郁恵も四つん這いにされ「イヤ、これはイヤです!」同じように叫び、乳房を前後に揺らせていく。

 それでも、2人の夫は肉竿のピストンを止めずに行い淳子と郁恵は「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げ、淫裂の中も濡れだした。
「気持ちいい。これなら毎日やってもいいな」
「そうですよ。これからもやりましょうよ」満足そうな顔をして、絶頂を迎えた。
「イヤ、お腹はイヤ~!」2人は悲鳴を上げたが、膣の中を暖かい液体が漂っていく。
「出したぞ」放出を済ませた肉竿が抜かれると、2人は俯せに崩れて、淫裂から液体が流れ出ても、拭く気はなかった。

 同じように、欣也と伸吾も登り詰めている。
「出して、一杯出して…」腰の動きが早くなっており「限界です…」登りきって爆発した。
「良かったわよ。気持ちいいの」乳房を胸に押し付けて余韻に浸っていく。

 暫く動かなかった妻だが、降りると淫裂を拭き、相手を入れ替えた。
「若いから、大丈夫でしょう?」肉竿を口に入れて擦り出し、それには一溜まりもなく、膨らんでいく。
「後からして…」四つん這いになり、肉竿を待っていると「わかりました」欣也と、伸吾はそれぞれの腰を押さえて、肉竿を突き刺した。
「いいわ。凄くいい…」「感じる、奥までチンポが入って来る…」乳房を揺らせながら、喘いでいる。

 それに興奮したのか「やってくれよ!」俯せの郁恵を抱きかかえ、馬乗りにさせた。
(イヤよ、こんなのイヤ!)そう思いながらも、肉竿を掴んで淫裂に迎え入れる。
淳子も同じように、馬乗りになって腰を降らされている。

 「もっと、早くやってくれ!」2人は乳首を掴まれ、揺すられた。
「やります、ですから乳首は…」乳首の痛みに、顔を歪めながら腰を動かし続け、膣深く噴射され、まもなく、欣也と伸吾も登りきって噴射した。
噴射が終わると8人は動こうともせず、荒い息使いが響い行き、4人の女性は淫裂から液体を流したまま拭こうとはしない。

 暫く経って、妻の2人は起きあがり淫裂を拭いていく。
そして、袋から頼んだ下着を身につけだした。
「いいわね、オッパイが見えていいわよ」
「ヘアも見えるわ。どう、これなら毎晩でもいいでしょう?」
「いいよ、凄くいい。でも、毎晩は子供がいるし…」
「そうよね、たまにでもいいわよ」笑顔でストッキングにも足を通して、ガーターベルトを巻き付けた。
その後、着てきた服を着込み、残った下着を袋に詰め、夫も服を着込んで郁恵達も着だした。

 「坂上さん。ところで、いくらかしら?」
「セットですから、1万になりますが…」
「それなら、これでいいわよね」妻の2人が1万ずつ渡すが「これはお礼だよ」夫は郁恵と淳子にそれぞれ3万を握らせ「お世話になったね、また頼むよ」機嫌良く帰った。

 「淳子に郁恵、金が貰えて良かったな」
「こんなの要りません。売春婦じゃありませんから!」握った札を放って泣き出した。
「泣いたってダメだ。これからも、オ○ンコして貰わないとな」
「そうだよ。イヤなら、この写真で稼ぐだけだし」それには声をあげて泣き出すが「とにかく、これはお前の取り分だから、仕舞っておけ!」放った札を拾い上げて、2人のポケットに押し込む。
(そんなの要らないわ。それよりも、写真を捨ててよ…)涙を手でぬぐいながら、2階から下りた。

 2人はその後、バスを乗り継いで寮へと戻ったが、戻ると真っ先にシャワーで淫裂を洗いだした。
「2人にやられてしまった…」泣きながら、丁寧にシャワーを浴びせて丁寧に洗っていく。
「セックスなんてしたくないのに…」名残を消そうと幾度も洗った。

 それから数日後、2人が城東署で勤務していると「女子高生が集まってるそうだ。調べてくれ」課長の菊池に言われ、ミニパトカーに乗って通報のあった場所に向かった。
「あそこかしら?」女子高生らしい女性がタバコを吹かしている。
「懲らしめてやらないと!」2人はパトカーを降りて行くと「あら、郁恵さんに淳子さんじゃないのよ」声が掛けられた。

 声を掛けたのは香織で孝子もいる。
「あなた達、どうしてここにいるのよ」
「ちょっと、一服してるの」
「そんな事やめなさい。子供なんだから!」タバコを取り上げ、足で消した。

 「ちょっと位、大目に見てよ」
「そうは行かないわ。見つけた以上は見逃せないの」
「相変わらず堅いのね。それより、これから行こうよ」
「行こうってどこに?」
「行けば、わかるわよ」2人は後に乗り込んでしまい、郁恵と淳子も乗って走り出す。

 「そこ右よ」言われるまま走っていくが、孝子は携帯で連絡を取って、やがて、町はずれになり、正面には壊れ掛けた建物が見えてきた。
「あの中に入って!」言われるまま、敷地に入って建物の脇に停めた。
「降りて、ここにいるの」
「いるって、誰がいるの?」
「行けばわかるよ」背中を押され、2人が建物の中に入っていくと、タバコを吹かし、高校の制服を着た男が6人おり「香織、約束通りだな」「でも、お巡りとは」驚きだぞ」男達は2人を見つめている。

 「とにかく、約束は守ったわ。後は好きにして!」香織の言葉に郁恵と淳子が強ばった。
「何よ、あなた達。タバコはやめなさいよ…」注意するが声が震えている。
「あいにく、注意されるのが大嫌いな性分でね」男の1人が淳子の腕を掴んだが「触るんじゃないわよ!」合気道の経験があるから、腕を取って投げつけた。
「この野郎。やりやがったな!」それをきっかけに、一斉に2人に襲いかかった。

 いくら経験があっても、多勢に無勢ではあっけなく抑えられてしまった。
「やれ!」リーダーの合図で抑えられたまま、2人のスカートが脱がされていく。
「やめなさいよ。ただではすまないからね!」
「そんなの関係ないね。とにかく、生意気だから、体で反省して貰わないとな」スカートが脱がされ、パンティも引き下げられた。

 「イヤ、イヤ~!」「やめて~!」2人は悲鳴を上げても下半身が剥き出しにされ、短い絨毛が露わにされた。
「見ろよ。これがオ○ンコだ!」足も開かされ、淫裂が触られていく。
「香織、やりたいよ。やらせてくれ!」
「いいわよ。その変わり、礼はタップリ弾んで貰うからね」
「わかった、弾むよ」リーダーがズボンを脱ぎだした。

 (このままではレイプされる…)危険を感じた2人は抵抗していくが「大人しくしろ!」ナイフが顔に押し当てられた。
「怪我はイヤだろう。大人しくやらせろよ。それにオッパイも出すんだ」
「イヤ。セックスはイヤよ!」怯えて首を振るが、胸のボタンが外され、ブラジャーが上に捲り上げられた。
露わになった乳房が揺れ動き「いいね、このオッパイがいいよ!」握りしめられた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター