fc2ブログ

「恥辱の婦警」第14話 謝罪の剃毛

第14話 謝罪の剃毛

 早苗は皆の見ている前で下着姿になった。
「早苗さん、その後は僕がやるよ」伸吾はブラジャーに手を掛けて脱がすと、カップから乳房が飛び出し揺れていく。
「良いよね、これも!」揺れ動く乳房を掴むと「触るのはダメ。それよりヌードが先でしょう?」注意される。

 「そうだよね、早く脱がないとね」ブラジャーを放ると、パンティを掴んで拭き下げていく。
「早苗さん、大部伸びているね」
「わかっている。お詫びとして、お巡りさんに剃って貰おうかと思って…」早苗の言葉に、郁恵と淳子は顔を見合わせたが「聞いただろう、剃ってあげなよ」と欣也が催促する。

 「わかりました…」そんな事などしたくはないが、言われればやるしかい。
「それなら、準備しないとね」伸吾は浴室から洗面器を持ってきた。
「まずは、短くしないと」郁恵にハサミが手渡され、短く切っていくと淫裂が覗いてくる。
(イヤだわ。性器が見えるなんて…)顔をしかめながらも、絨毛の全てを短く切った。

 「仕上げは淳子だぞ」言われるまま、淳子は石鹸を泡立てて、短くなった絨毛に塗るとカミソリで剃りだす。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動くと地肌が見え、淫裂も露わになってきた。
早苗の淫裂は年のせいか、やや黒ずんでいるが、形は崩れてない。
「早苗さんのオ○ンコも綺麗だね。やりたくなった」堪えきれなくなったのか、伸吾が背中か抱きついて、乳房を揉み出した。

 「やめて。今はダメ。危ないから後にして!」
早苗は両乳房を手で覆い、触られまいとするが、その手を退けて揉んでいく。
執拗に乳房を触られては「わかったわよ。その変わり乱暴にはしないで」諦めて、されるがままにさせた。
それを良い事に、乳首を掴んで転がしていくと「あっ、あっ!」呻き声を上げ、口をパクパク動かしだす。

 その間も、淳子はカミソリを動かし続けて、早苗の淫裂が剥き出しにされた。
「こんなオ○ンコも良いよな…」今度は欣也が淫裂を触り出す。
「ダメよ、あなた達はダメ。郁恵と淳子にお詫びするんだから!」
「そうよ、あなた達でしてあげないと…」

 しかし、当の2人は「わからないの。どうやって良いのか…」戸惑っている。
「そうだよ。2人に頼んでも無駄さ。代わりに僕達がやるからね」欣也と伸吾は勝手にロープを早苗の体に巻き付けていく。
「ダメよ、やるのはあなた達じゃないわよ~!」拒んでも2人は乳房を縛り上げていく。
「痛いわよ。もっと優しく縛ってよ」顔を歪めて頼むが、聞き入れられず次々と巻き付けられ、鴨居に万歳する格好で両手も縛られた。

 「これで良いよね。次は2人も脱がないと」
「どうして、私がヌードにならないといけないの?」
「女王様になるんだ。ほら準備して!」欣也に言われれば逆らえないから郁恵と淳子は脱いでいく。
それを見て「姉さん、カメラ借りるね」多恵が使っているカメラを持ち出す。
「構わないけど、私も撮りたいな…」

 「それは無理だよ。姉さんも縛られるんだから」
「まさか、私も早苗さんのようになれとでも?」
「そうだよ。ほら急いでよ!」
「そうね、たまには縛られるのも良いかも」多恵も脱ぎだし、全裸になると早苗と同じように、乳房をロープで縛られ、両手も鴨居に縛られた。

 「姉さん、感想はどうかな?」伸吾は多恵の変形している乳房を撫でていく。
「恥ずかしいやら、痛いやらで変な感じがする…」
「それなら、もっといいよね?」大胆にも乳首を吸い出し「ダメ。変になっちゃうからダメ~!」拒みたいが、手が効かないから何もできない。

 同じように、欣也も早苗の乳房と淫裂を触っている。
「やめて。欲しくなったらどうする気よ!」
「その時はしてあげるよ。勿論、オ○ンコの中に出すけど…」
「出されるのはイヤよ。外に出すなら我慢するけど…」快感に口をパクパクさせながら答えた。

 欣也と伸吾は、暫く2人を触ると「わかっているだろう。今回はお前達がやるんだからな」全裸になった郁恵と淳子にムチを持たせる。
「できない…。人を打つなんてできない!」
「できなくてもやるんだ。やらないなら、素っ裸で町中を歩かせるぞ!」それには嫌々ながらムチを振り「ヒ~!」「イヤ~!」悲鳴が上がった。

 「もっとやるんだ!」欣也に言われ、仕方なくムチを振り続けると、2人の体に赤い筋ができていく。
「姉さん、凄く良いよ。これは画になるよ!」カメラのスイッチを押し「ダメ。撮らなくていいの。私のヌードは撮らなくていいの!」叫ぶ多恵だが、ムチで打たれる姿が撮られている。

 「痛い思いはこの辺で良いかな。今度は気持ちよくしてやれ!」
「まさか、レズをしろとでも?」
「そうだ。縛ったままでやれ!」郁恵は言われるまま、ムチを置くと多恵の正面に腰を降ろして、淫裂を撫で出す。
「ダメ。そこにされたら声が出ちゃう…」体を反らせ、太股を震わせて言う。

 「遠慮なく出してもいいよ。なんなら、僕のチンポでしてあげるよ」
「バカ言わないで。姉弟ではやらないからね!」首を振る多恵だが、郁恵の舌と指は、膣だけでなく乳首にも迫った。
「やめて…。そこはダメ…」喘ぎながら言うが淫汁が流れている。
同じように、早苗も淳子によって、淫裂と乳房が責められているが、多恵と違って「良いわ、凄くいい。奥までして…」指と舌を求めている。

 「早苗さん、何ならチンポでしようか?」見ていた欣也も、空いた乳房を揉み出した。
「そんなに、私とセックスしたいの?」
「したいよ。もうビンビンだし…」
「わかった。それなら後からしてもいいわよ」その言葉で、欣也はズボンを脱ぎ、背中から抱きついて「いくよ」声を掛けると肉竿を押し込んだ。

 「良いわ…。凄くいい…」肉竿が淫裂を突き刺すなり、声を上げ背中を反らせていく。
(こんな太いのが入っても、膣は平気なんだ…)淳子が目の前で行われている行為を、驚きの目で眺めていると「オッパイよ、オッパイにも…」催促され(イヤだけど、やらないといけないし…)乳房を吸いだす。

 一方、多恵は淫汁を流しながらも堪えていた。
「姉さん。出さないからいいだろう?」伸吾も郁恵と一緒に乳房を責めていく。
「わかったわよ。絶対に出さないで。それに、これは仕方なくやるんだからね!」承知するしかない。
「わかっている。絶対にオ○ンコの中には出さない!」伸吾もズボンを脱いで、背中から抱きついた。

 多恵も、すでに淫裂は準備が出来ていたから、すんなりと入り込み「ヌチャ、ヌチャ!」湿った音がでていく。
2人は暫くピストンしていたが「交代しようよ!」欣也の提案で相手を変えてピストンしだした。
暫くピストンてから「多恵さん。僕なら出してもいいよね?」「イヤ、お腹に出されるのはイヤなの」首を振って拒む。

 「でも、出ちゃった…」その言葉通りに、多恵は膣の中を暖かい液体で満たされ「そんな~!」悲鳴に近い声をあげ、白い液体を漏らしていく。
「早苗さん、僕も出ちゃった!」
「嘘でしょう。危ない日なのよ!」慌てても、早苗も膣の中に暖かいのを感じ「解いて、急がないとダメなのよ!」叫ぶ。

 「あれ、使えばいいじゃないか。本職だし…」
「それとこれは別よ。ほら急いで!」急かされ、縛った手を解くと2人は浴室に飛び込んだ。
それを見届けてから「坂上、急ごう!」「わかってる。仕返しはイヤだし…」ズボンを履くと、マンションから出た。
それから暫くして「あいつらはどうしたの?」濡れた体を拭こうともせずに浴室から出てきた。
「帰りましたが…」
「逃げ足が早いわね。懲らしめようと思ったのに…」

 「ホントね。その変わり、邪魔は消えた事になるわよ」
「そう言う事になるわ。それでは早速、楽しまないと…」郁恵と淳子に抱きついていく。
(やめてよ。そんな事されたくないわよ…)口に出すわけにもいかず、されるがままにされ、夜まで付き合わされた。

 翌日、郁恵と淳子は例によってパトカーで街に出ると携帯が鳴った。
「あの人からよ」顔をしかめながらも電話に出て、パトカーを走らせると欣也の車が見え、気づいたのか、先導するかのように走り出した。
「どうしよう。行くしかないけど…」
「仕方ないわよ、行きましょう」覚悟を決めてその後を走らせると欣也の車は郊外へと向かう。

 それには「きっと、セックスする気よ」不安な顔をしながらも後を走らせていくと急に停まって、こちらに向かって来た。
「多恵さんと早苗さん、怒っていなかったか?」顔を合わせるなり尋ねた。
「怒っていたわ。懲らしめる前に逃げたし…」

 「そうか、やっぱりな。それよりここでオッパイを出せ!」
「そんなのイヤよ。どうして出さないといけないのよ!」
「撮るんだよ、制服姿のままで乳を出したのを」
「もう撮らないで。写真はイヤですから」

 「そうは行かない。やらないなら、今までの事を署長に見せるだけだ!」そう言われればやるしかなく「外ではイヤです。せめて、車の中でさせて下さい」と頼み込んだ。
「車の中か。それなら、オ○ンコもだぞ!」
「性器もですか?」
「そうだ。スカートも下げて丸出しだ!」その言葉に暫く考え「わかりました。車の中なら構いません…」力無く返事する。

 「それなら、まずは淳子からだ。こっちに来い!」淳子は言われるまま、欣也の車に乗り込んだ。
車に乗り込むと、制服、ワイシャツとボタンを外し、前を広げ、白いブラジャーを露わにする。
「また白か。スケスケの黒を着ろと言ったはずだぞ!」不満そうにカメラを撮り出す。
「仕事中は無理です。勤務外なら着ますから許して下さい」ブラジャーを持ち上げて、乳房を露わにした。

 「仕方ない。それより、オ○ンコも出せ!」言われるまま、狭い車の中でスカートパンティを引き下げ、婦警の制服を着たまま、乳房と生えかけの絨毛に覆われた淫裂を露わにしている。
それを「いいね。これはいいよ」満足そうにカメラに収めていく。
欣也は暫く撮ると「交代だ。郁恵を呼べ!」撮るのをやめた。

 その言葉に、急いでブラジャーの中に乳房を仕舞い込み、パンティ、スカートと引き上げて車から出て行き、代わって郁恵が乗り込んできた。
「わかっているだろう。急いでやれ!」郁恵も淳子がしたように、ボタンを外して乳房を露わにしてから、下半身を露わにし「良いね、この生え具合は最高だよ」笑顔でカメラに収めていく。

 暫く撮ると「やらせてくれ。抑えが効かなくなった!」背中から抱きついてズボンを引き下げた。
「イヤです、見られたら困ります!」逃れようとしても、淫裂には肉竿が押し当てられ、入り込んでくる。
「痛いから、入れないで下さい…」途切れ途切れに言うが、肉竿はなおも入り込んで、ピストンを始めた。
「ダメ、動かさないで下さい…」痛みにシートを掴んで堪えていると、乳房も鷲掴みされ、揉まれていく。

 「乱暴はイヤです。せめて優しく…」
「我慢しろ。直ぐ終わるから!」欣也はやめようとはせず、腰を振り続けて胎内に噴射した。
「戻っても良いぞ」放出を済ませると欣也は満足そうにズボンを直し、郁恵もパンティを膝まで下げたまま、スカートを持ち上げて戻った。

 パトカーに戻ると、淳子は郁恵の様子から察しが付いて「あれ、飲んでいたわよね?」尋ねる。
「飲んでいるわ。こんな所でしなくてもいいのにね…」淫裂を拭いてからパンティを持ち上げ、スカートも戻して何もなかったかのようにパトカーを走らせた。

 そして、5時になり勤務が終わると、2人はスポーツジムに行かなければならならず、私服に着替えて向かった。
スポーツジムに入り、更衣室でレオタードに着替えていくと「また、そんなのを着て!」嫌みで言われる。
(好きできてるんじゃないわよ)泣きたいのを堪えて、例の役目のしないレオタードに着替えた。
着替えが済むと、由加が待つトレーニングルームに入ったが、いつもと様子が違って強ばった顔をしている。

 やがて、他の会員も入ってくると「今日は、いつもと違って特別な事をします…」由加はそう言うと、レオタードを脱ぎだした。
「こ、コーチもヌードですか?」会員から驚きの声が上がり「そうです。私もヌードを見て欲しいと思ってましたから…」目を真っ赤にし、顔を強ばらせながらレオタードを脱いだ。
勿論、下着は着けてないから、乳房と剃り上げられた淫裂が剥き出しになっていく。

 当然、無毛の淫裂に「ヘアを剃ってる!」声が上がった。
「驚かないで。こんなのも良いかと思って…」泣き出しそうな顔をしながらも、無毛の淫裂を指で広げた。
「まだ綺麗でしょう。あまりやってないの。オナニーはしてますが…」暫く淫裂を晒して、いつものように、体を動かし出した。

 全裸で体を動かすと、乳房が「プルン、プルン!」と揺れ、淫裂も口を開いていく。
そんな由加の姿を見ながら(私だって、やられたんだからね。思い知りなさいよ!)冷ややかな目で見つめる郁恵と淳子だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター