fc2ブログ

「恥辱の婦警」第16話 同僚の全裸写真

第16話 同僚の全裸写真

 「裸にして!」香織の合図で美智と彩香の制服が脱がされだした。
「やめなさいよ~!」「いや~!」悲鳴が上がっても、女子高生達は上着を脱がし、ワイシャツのボタンも外していく。
「ネクタイはそのままで良いわよ。その方が面白いし…」
「わかっている。素っ裸にネクタイだけも面白いしね」襟を立ててネクタイをずらすと、ワイシャツを広げて脱がせていく。

 「イヤねえ、この年でピンクよ。もっと色気のあるのを着ないとね」
「こっちもよ。こっちも色気がないわよ」2人はピンクのブラジャー姿にされた。
「下はどうかしら。もしかして、ピンクだったりして」
「そうだったら、笑っちゃうわよ」笑いながら、背中のホックを外しブラジャーを脱がした。

 「あら、顔に似合わずいい形してるわね」露わになった乳房を掴んで揉んでいく。
「やめて。もうやめて…」泣き声で頼み込む美智だが「今更遅いわよ。素っ裸になって貰わないと…」そう言うと、香織は美智のスカートを脱がしに掛かかった。
「やめて。そこはイヤ~!」悲鳴を上げてもホックが外され、ファスナーも引き下げられる。

 「見て、ピンクよ。ガキみたいね」笑いながら美智はパンティ姿にされた。
「こっちはどうかしら?」孝子は彩香のスカートを脱がした。
「こっちもピンクよ。このお巡りさん、色気を知らないのね」なおも引き下げ、足首から脱がして下半身はパンティだけにした。

 「これで、素っ裸ね」スカートが脱がされると、最後のパンティも脱がされていく。
「イヤ、イヤ~!」前にもまして悲鳴と抵抗が大きくなったが、多勢に無勢であっけなく足から脱がされ、下半身も剥き出しにされた。
「ヘアがボウボウね。これじゃ、彼氏ができないはずよ」
「そうよ、もっと手入れをしないとね。それに、オ○ンコも綺麗にしないと」2人の恥丘を撫でながら口で辱めていく。

 暫く、乳房と淫裂を撫でると、2人の全裸をカメラに収めだした。
「イヤ、撮らないで~!」顔を背けると、抑えられカメラに向かされる。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら、ネクタイだけ身につけ、乳房と淫裂を露わにした姿が撮られていく。
「オ○ンコも撮るから広げて!」
「やめて。お願いだから、性器だけは撮らないで~!」悲鳴を上げても足を開かされ、指で淫裂が広げられた。

 「まだピンクよ。あまり使ってないのね」
「当然よ。彼氏だって、いないはずだし」
「そうよね。こんな色気のない着てるしね」女子高生達は笑いながらも、2人の淫裂も撮り続け「もう撮らないで。写真はイヤです!」遂に泣きながら頼み込んだ。

 「わかった。写真はこれくらいにしてあげるから、謝って!」
「謝るって、どのように?」
「鈍いわね。正座して頭を下げるのよ」それには顔を引きつらせた。
「やらないなら、それでも良いわよ。この服は返さないからね」脱がせた制服を集めだす。

 「やります。ですから、服は返して!」
「それならやるのよ。ほら急いで!」いわれるまま、2人は正座して頭を付けた。
「良いわね。それもいいわよ」またカメラで撮られていくが、悔しさに涙が停まらない。
「泣いてどうするのよ。これくらいで泣かないの!」頭を下げたまま、背中に足を乗せられた。
「香織、これも撮って!」屈辱な姿も撮られる。

 「わかった。ほら、顔を上げて!」泣きながらも、カメラを見つめ「こっちも撮ってよ」「わかっているわよ」2人並んで、背中を踏まれたまま撮られが、美智と彩香は涙が停まらない。
「いつまで泣いているのよ。服を着ていいわよ」その言葉で、泣きながらも、脱がされたパンティ、ブラジャーと身につけ、制服も着込んで婦警の姿に戻った。

 「これで終わりじゃないからね。明日までにヘアを剃ってパイパンになるのよ」
「ヘアを剃れって、性器のヘアを?」
「そうよ。やらなかったら、この素っ裸写真を、男のお巡りさんに見せちゃうからね」
「剃ります。ですから、他には見せないと約束して!」
「わかっているわよ。明日、ここで確認するから来てよ。来なかったら、約束は守らないからね」
「必ず来ます、ですから…」

 「それなら良いわ。それから、これも着て」袋を2人に渡した。
「これを着ろと言うの?」
「そうよ、色っぽいのを着た方が良いしね。とにかく明日も来るのよ」それだけ言うと2人を帰した。

 「さてと、明日は男も呼ばないとね」
「あれ、やらせる気なの?」
「当然よ。それに、本物も見たいし」笑い声を上げる香織達だ。

 翌日、香織達は同じ場所に集まっていた。
「香織、本当に来るのか?」
「来るわよ。来なかったら、こっちから行くだけよ」わいわい話していると、外にパトカーが停まって、美智と彩香が降りてくる。

 「ほら来たわよ、あんた達は隠れていなさい」
「やれるなら我慢するよ」言われるまま体を隠すと、2人が入ってきた。
「約束は守ったようね。着ているかを見せて貰うわ。ついでに、ヘアの処理も!」
「剃ってあるわ。それに着ているわよ」
「見ないと解らないわよ。脱ぎなさいよ!」
「信じて。言われた通りにしてきたから…」

 「見ないと解らないと言ったでしょう。やらないなら、約束は守らないからね!」
「待って、直ぐ脱ぐ!」強い口調に圧倒されたか、2人は婦警の制服を脱ぎだした。
上着、ワイシャツと脱ぐと、黒いスケスケのブラジャーを着けている。
更に、スカートも脱ぐと、同じようなパンティを履いており、太股までの黒いストッキングも履いていた。

 「下着は着けたようね。ヘアはどうなっているの?」
「見えるでしょう。スケスケだから…」確かに、股間には絨毛がなく、縦の割れ目が露わになっている。
「脱ぐのよ。見ないと解らないでしょう!」その言葉に、泣き顔をしながらパンティを引き下げて、足首から脱いだ。

 パンティを脱ぎ終えると、両手を後ろで組み、無毛になった恥丘を晒している。
「あら、可愛いオ○ンコね」割れ目からは肉襞がはみだしていた。
「ホントに可愛いわね。ここを使ってみなさいよ」淫裂を広げて、膣に指を入れると「やめてよ。そこは玩具じゃないわよ!」触った女子高生を突き飛ばした。

 「立場がわかってないようね。思い知らせてあげる。手を縛って!」
「やめなさい。何するのよ~!」叫ぶが、数人掛かりで抑えられ、両手を後ろ手にされた。
「これで、何もできないわよ」香織はブラジャーを脱がすと、乳房を揉んでいく。
「やめなさいよ。その気はないからね!」

 「わかっているわよ。今から呼ぶの。来て~!」合図すると、先程の男子生徒が4人現れ「いいね。パイパンオ○ンコだなんて!」無毛になった淫裂を覗き込む。
「見ないで。お願いだから見ないで~!」見られまいとしても、手を縛られているから隠す事もできない。
男子生徒は「そんな嫌わないで。これからいい事するんだから!」淫裂を撫でだす。

 「やめて。やめなさい!」足を上げ蹴ろうとする。
「そんな事したって無駄だよ。今からタップリ教えてやるからよ!」男子生徒はズボンを脱ぎだした。
それには「やめて、レイプはイヤ。見るならいいから、入れないで~!」叫ぶが「見るだけじゃ面白くないよ。オ○ンコは楽しまないと」背中から抱きつき、肉竿を掴んで淫裂に押し込む。

 「いや、いや~!」悲鳴を上げ、逃れようとするが、肉竿はなおも入り込み、根本まで入った。
「見て。出血しないわよ、このお巡りさん、男を知っているわよ!」香織はカメラで撮っていくが「う、う、う!」嗚咽を上げるだけの2人だ。

 「そんなに泣かなくていいよ。気持ちよくしてあげるから」肉竿がピストンを始めて「ピシャ、ピシャ!」尻と股間のぶつかる音が響いていく。
「オッパイにも、してあげるね」手の空いた者が乳房を揉みながら乳首も吸い出す。
香織は「うれしいでしょう。2人にされて!」カメラに収めながら話していく。

 やがて、肉竿のピストンも速まり「出る~!」呻き声と一緒に、淫裂から白い液体が漏れ出た。
「あら、やっちゃったんだ。仕方ないわね」
「抑えが効かなくて。それに、この方が気持ちいいし…」肉竿を抜くとドット流れ出る。
「次は俺だぞ!」相手が代わり、また肉竿が押し込まれ「許して。もう許して…」呟くように言うが、許されるわけなどなく、4人の男子生徒は2人の淫裂に噴射した。

 「どう、すっきりした?」
「勿論さ。2人とオ○ンコできたし…」
「それなら、わかっているわよね?」
「わかっているよ、ほら!」男子生徒は、それぞれ2万を香織に手渡す。

 「お巡りさん。服を着てもいいわよ。それから、仕事が終わったら、病院行かないとダメだよ」
「それくらい知っているはずよ。男を知っているし」笑い声が上がる中、2人は淫裂から精液を流したままだが「病院だったら、知っているから教えてあげる!」腕を解きながら教わる。

 「わかったでしょう。服を着てもいいわよ」腕が解かれると、淫裂を拭いてから服を着ていく。
「それから、これはオ○ンコ代よ。ありがたく受け取って!」
「そんなの要らない。レイプしておきながら、何言うのよ!」
「違うわよ、レイプじゃないわよ。お金であなた達を買ったのよ」「そうよ。そんな事言うなら、この写真を見せるからね」

 「わかったわよ。受け取ればいいのね…」
「そう言う事。確かにオ○ンコ代、渡したからね」香織が4万ずつ渡すと、それを受け取った。
「病院には連絡して置くから、必ず行くのよ」
「わかってるわよ」美智と彩香は制服を着終えると出て行き、香織達も街へと向かった。
そして、5時半近くになると、多恵の所に2人が現れ、膣の中を洗浄され避妊薬を処方された。

 それから数日が過ぎて、大晦日になった。
郁恵と淳子が相変わらず繁華街をパトロールしていると「いいとこであったわ。ちょっと来て」香織と出会った。
「今は仕事中なの、後にして!」
「そんな堅い事言わないで!」腕を掴むと人気のない場所に連れ込む。

 「一体、どうしたというのよ?」
「これよ、この人知ってるわよね」写真を見せると「そんな。美智と彩香のセックス写真だなんて!」声をあげた。
「驚いたでしょう。くだらない事を言うから懲らしめてやったのよ」得意気に香織がいうと「犯罪よ、レイプしたんでしょう?」郁恵は困った顔で聞く。

 「大丈夫よ、郁恵さん達と違って男を知っていたわよ。それに、気持ちよさそうだったし…」
「そんな事わからないわ。この写真をどうする気なの?」
「2人にあげる。あの2人に、虐められているんでしょう?」
「虐められてはいないけど、かなり頭に来てるのは確かよ」

 「だったら、謝らせるのよ。補導した子がこれを持っていたって!」香織はそれだけ言うと去った。
2人は顔を見合わせ「淳子、やってみる価値はあるわね」「そうね、謝らせるだけだからね」その気になった。

 パトロールを終え、城東署に戻ると交通課に出向いたが、美智と彩香は書類を整理している。
「ちょっといいかしら?」
「忙しいのよ。あんた達みたく暇ではないの!」相変わらず冷たい態度だ。
「そんな事言っていいのかしら。補導した子がこんなの持っていたのよ」香織から貰った写真を見せると、2人の顔色も変わり、声が震えている。

 「これをどうする気なの?」
「どうもしないわ。署長に見せようかと思って!」
「それだけはやめて。この通りよ」2人は今までと違い、下手に出ている。
「そこまで言われたら、考え直してもいいけど、この前の態度は許せないの。意味わかっているわよね?」
「わかってます。どんな事をすればいいんですか?」

 「そうね、2人のオナニーが見たいわ。それに抱きあうのも…」それには2人の顔色が変わった。
「いやなら、やらなくていいのよ」
「やります。今夜、寮でやります」泣き声で承知した。
「わかったわ、今夜ね。私の部屋に来てやって!」そう言い残すと2人は戻った。
「郁恵、スッキリしたわね」
「これで、もう口出しはしないと思うわ」2人は笑顔になっている。

 その夜、寮では美智と彩香が全裸になって抱きあい、乳房と淫裂をなめ合い、それを見ながら、郁恵と淳子はビールを飲んでいた。
「もっと気分だしてやらないと」
「そうよ、指も入れなさいよ」言われるまま、膣に指も入れて声もあげていく。

 「そんなやり方ではダメ。こうやるの!」2人は乳房を乱暴に揉みだし「やめて、痛いの…」顔を歪めて言う。
「あら、痛かった。ごめんね」乳首も掴んで潰すと「ヒ~!」悲鳴も上げた。
(思い知ったわね。もう口出ししないでよ)2人は今までの憂さを晴らした。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター