赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第4話 露出  

 桃子が連れ込まれた部屋には大きなモニター用のテレビがあった。
「来たか、待っていたぞ」黒川は桃子のお尻を触りながら言う。
「それにいいオッパイだな」岸田も乳房を撫でていく。
「いや、もう許して!」叫ぶがどうすることもできない。
「黒川さん、試写が先ですよ」八幡がビデオを再生すると、桃子は「いや、いやー!」叫
んでモニターを塞ぐが、全裸だから乳房と真っ黒な絨毛の股間が皆にも見えている。
「オ○ンコが丸出しだぞ、それに、オッパイも!」
「いやー!」慌てて乳房と股間を押さえ、蹲った。
桃子が蹲るとモニターが見え、そこには桃子の犯されていくシーンが映し出されていた。
「見ないで、こんなの見ないで!」泣きながら蹲る桃子だった。

 「もし、これが売られたらどうする?」黒川が桃子に尋ねた。
「何でもしますから売らないで下さい」泣きながらそう答えるしか道はない。
「そうだ、それでいい。八幡、あれをやらせようよ」
「そうですね、やらせますか」黒川と八幡がニヤニヤしながら話し合っている。
(何をさせる気なんだろう…)怯える桃子は胸と股間をしっかり手で隠していた。
そんな桃子に向かい「これを着るんだ!」岸田が服を投げつけた。
それを拾うと着ていくが「いや、こんなのいや!」スカートを履いたがテニス用のスカー
トだ。
しかも、パンティがなく、丈の短いスカートが揺れれば、尻、黒い絨毛に包まれた股間が
丸見えになってしまう。
上半身は薄い生地の半袖シャツで、うっすらと乳房が透けて見える。
「ボタンは1個だけだ。それ以外は付いてないからな!」
「イヤよ、これじゃ、オッパイと、アソコが見えちゃう…」恥ずかしさに乳房を押さえて
叫んだ。
              04.jpg

 「イヤならビデオを売るが、それでもいいんだな?」八幡も脅しを掛けてきた。
「いや、それは許して下さい…」
「だったら、手を退けろ!」
(やるしかない…)桃子が両手をどけると、シャツは胸元が開き、乳房の膨らみがはみ出
している。
さらに、薄い生地なので乳輪と乳首も透けて見えている。
「いいね、そんな姿も」
「ほんとだ。素っ裸よりもいいよ」黒川は開いた胸元から手を入れ乳房を掴み、揉んでい
く。
岸田はスカートを捲って絨毛の生い茂った股間を撫で、八幡は尻を撫でていく。
(やめて下さい!)泣きながらも桃子は体を震わせ耐えていた。

 「よし、行こう」黒川と岸田がでていくと「いや、いやー!」叫ぶ桃子も八幡に引きず
られるようにスタジオから連れ出された。
「何をさせる気ですか?」体を震わせ、両腕を合わせながらスカートを押さえて歩く桃子
だ。
「電車に乗るだけだ」
「いやです、こんな姿じゃいや!」桃子がそう叫んだ瞬間「ピシャ!」と音がして「痛い!」
悲鳴が上がった。
「服を着るのがイヤなら、素っ裸になるか?」八幡が桃子の頬をぶって言う。
(逃げれない、もう、逃げれない!)頬の痛みを堪え、桃子は無人の改札機を通って地下
鉄のホームに向かってく。
すると「す、すげえ!」「オッパイが透けてる!」すれ違ったアベックが桃子の胸に驚い
ている。
「ほら、もっと見せろよ!」八幡は真っ白なスカートの裾を持ち上げた。
「いやー!」慌ててスカートを押さえようとしたが岸田と黒川が桃子の腕を押さえて隠せ
ない。
「変態よ、ノーパンでヘアを丸だしだなんて!」
「でも、いいよな、腰のくびれが」
「ダメ、見ちゃダメ!」絨毛を晒している桃子を避けて、走るようにアベックが去ってい
く。
(仕方ないのよ、変態じゃないわ…)桃子は叫びたかったが、それはできない。

 4人は地下への階段を降りていくと下の方から若い声がする。
「これも外せ!」「いや、許して下さい!」両手を押さえられた桃子はシャツのボタンが
外され乳房が飛び出している。
「これもいいな」飛び出した乳房が撫でられた。
「許して、もう許して下さい!」頼んでも聞き入れられず、シャツからはみ出た乳房を揺
らせながら階段を降りていく。
降りて行くに連れて、客の話し声が大きくなり「あー。オッパイだ!」歓声が上がった。
歓声をあげたのはまだ若い高校生だ。
(見られてしまった…)顔を下げ、乳房を晒している桃子だ。
高校生の歓声に気をよくしたのか「よし、これもだ!」スカートも巻き上げられた。
「イヤ~!」「お、オ○ンコだ!」悲鳴と歓声が同時に上がった
「すげえ、これがオ○ンコか!」初めて見る女性の股間を食い入るように見ている。
(性器は見ないで。オッパイだけにして…)両腕を押さえられた桃子はどうすることもで
きない。
すすり泣きながら乳房と絨毛を晒して階段を降り、ホームへと向かった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/143-8a451950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top