fc2ブログ

「白衣の女神と天使」第4話 ストリップ

第4話 ストリップ

  自由の効かない奈々は、ドアの方を向かされ(いや、こんなのいや!)叫んだが声にはならず、同時に「ピンポ-ン!」チャイムが鳴った。
「先生、遊びにきたよ!」淳子の声がインタ-ホンから聞こえる。
(入ってはダメよ!)奈々が叫んでも口が塞がれているから「う、うう、うー!」声にならない。

 3人の男は顔を見合わせ、頷くと相原はドアに隠れるようにして鍵を外した。
「ガチャ!」音がして、ドアが開き(だめ。入ってはダメ!)奈々がいくら願っても、3人の若い女性が入って来て「先生、隠れてもだめよ!」部屋の奥迄来た。

 そこで「先生!」乳房と淫裂を露わにした奈々を見つけ(恥ずかしい姿を、見られてしまった!)顔を背ける奈々に「先生、どうしたの?」何も知らない淳子と恵子が寄り「こういう事さ!」男が一斉に現れ(あいつらだ!)愛子は、自分の処女を奪った男達がいるから身震いしている。

 「あんた。なにするのよ!」「警察呼ぶわよ!」事情を知らない恵子と淳子が男達に向かって叫ぶと「俺達は、あんた達とオ○ンコしたいだけださ!」相原はズボンとパンツを脱いだ。
「キャー!」大きく勃起した肉竿に、悲鳴を上げ「そんなに、驚くなよ。俺のも見るんだ!」上原と高木もズボンとパンツを脱ぎ「いやー!」看護婦の3人はイスに座っている奈々に抱きつき、口のテープを剥がす。

 「怖がらないで、楽くやろうぜ!」上半身も脱いで、3人は全裸になったが、女性は(大きいわ。それに太い!)初めて見る、勃起した肉竿を隠れるように見ている。
口が自由になった奈々は「お願いだですから、この子達には何もしないで下さい。セックスしたいなら、私が相手をします…」自ら言う。

 「そうは、いかないな。全員とやると、楽しみも倍に増えるしな!」上原は淳子の手を掴み、ベッドまで引きずって行く。
相原は恵子の手を掴み、高木は愛子の手を掴んで、3人は自分が犯す相手を決めた。
「いや、いや!」ベッドに押し倒された淳子は激しく抵抗し「静かにするんだ。本気だからな!」上原はナイフを淳子の首に押し当てて脅す。

 (おとなしくしないと、殺されるわ)淳子は抵抗をやめて、おとなしくし、愛子と恵子もナイフで脅され抵抗を諦めている。
上原は「いい子だ。服を自分で脱ぐんだ!」言いながら、服の上から淳子の乳房を揉んでいる。

 「お願いだから、乱暴にはしないで!」
「言うことを聞いたら、乱暴はしないよ」高木は部屋にあるCDのスイッチを入れて、音楽を流していく。
「さてと、ストリップショ-の始まりといくか!」上原は囃し立て、相原はビデオで淳子を撮ろうとしている。

 「まずは、お前からだ!」
「ヌードになるけど、ビデオは絶対にいや!」
「イヤならこうだ!」愛子と恵子の首にナイフが押しつけられ、淳子は泣き出しそうな顔をして、立ち上がった。

 淳子は、ブラウスのボタンを外し、腕を抜くと紫のスリップを着ていた。
腕を抜いたブラウスを床に落とし、両手で腰のホックを外すと、スカートが足下に落ちていく。
(これも脱ぐんだ!)スリップの肩紐を肩から外すと、淳子はパンティとブラジャ-だけの姿になってしまった。

 「もう、いいでしょう?」淳子は恥ずかしさで、顔が真っ赤になっている。
「まだ、まだ。次はパンツだ!」
淳子は両手でゴムを掴み、パンティを押し下げていくと、パンティは太股のところで止まってしまった。
パンティからは、栗毛色の絨毛がはみ出している。

 「どうしたんだ。一気に脱ぐんだ!」上原が怒鳴りながら、ナイフを持って近寄ると「お願い、脱ぎますから乱暴はしないで!」淳子は泣きながら、両手を膝まで下げ、屈むと足をあげて、パンティから抜いていく。
そして、縮こまった布きれを放って、急いで股間を両手で隠す。
(見られてしまった…。恥ずかしいヘアを…)俯いたまま立っていると「ブラはどうした!」また、上原が怒鳴った。

 淳子は左手で股間を隠しながら、右手で背中のホックを外し、勢いよく乳房がブラジャーから飛び出すと、腕に絡まったブラジャーを脱ぎ、乳房と股間を押さえた。
「手をどけろ!」また怒鳴り声がして、震える両手を乳房と股間から退け、後ろに持っていく。
「ほう、毛深いね。オ○ンコがハッキリ見えないよ!」絨毛の批評に「もう、いいでしょう。許して!」と涙を流しながら叫ぶ。

 「もう少し、辛抱するんだ!」上原はカミソリを持出し、淳子の正面に座った。
「お嬢さん。断髪するから足を開いて」性器を見られるのはいやだが、カミソリを股間に押しつけられては、抵抗できず足を開いていく。
すると、淳子の絨毛にムースを吹き付け、絨毛を剃りだした。

 カミソリが動くに連れ、絨毛が消され、変わってピンクの淫裂が顔を出し、全ての絨毛が消されると淫裂が露わになった。
淫裂からは肉襞が飛び出し、ピンクの突起まで見えている。

 剃り終えた上原は「オ○ンコを両手で広げろ!」怒鳴ると淳子は両手の指を淫裂に入れて広げ、膣の穴が見えている。
男達は淳子の淫裂を眺めてニヤニヤし、淳子は自分の恥ずかしい部分を晒して(悔しい!)淫裂を広げたままで泣いていた。

 「次はお前だ!」今度は恵子が狙われた。
「いやー。ヌードなんて、絶対にいや!」淳子が全裸で膣を広げる姿を見て、怯えて後ずさりをしていく。
「逃げられると、困るんだよな!」高木が恵子の後ろから両腕を押さえ「お願い、放して!」叫ぶが、男が恵子の両乳房を鷲掴みにし「これは巨乳だ。でかいぞ。早く見ようぜ!」そして、恵子の上着のボタンを全て外す。

 「いや。ヌードはいや!」男達は脱がしに掛かり「やめて!」恵子は抵抗したが、両腕を押さえられどうすることもできず、上着を剥ぎ取られ紫色の下着が見えてきた。
メッシュのブラジャーは薄い紫のレースで、乳首や乳輪まで透けて見え「見ないで。お願い!」抵抗して覆い隠そうとするが、男の力が勝り「たまらん!」乳房を揉み始める。

 そして、乳首も摘まんで「痛いから止めて!」叫ぶと「ヌードの覚悟はできたか?」尋ねる。
「いや。ヌードなんて、絶対いや!」
「いやなら仕方ない。もっと痛い思いをして貰うよ」男はブラジャーを脱がせ、豊かな乳房を丸出しにすると、ゴムで縛り始める。

 「痛い~。お願い止めて~」ゴムが乳房に食い込み、激痛が襲い、見る間に乳房が変色していく。
「どうだ。決心したか?」
「なります。ヌードになりますから、オッパイのゴムをとって下さい…」
「最初からそうすれば、痛い思いはしなくてもよかったのに…」
乳房に食い込んだゴムを取り、両手も自由にしたが、乳房には赤い筋ができている。

 「早速、ヘア丸だしのヌードだ!」恵子は悔し涙を流しながら、スカートのホックを外し、少しずつスカートを下げていくと、紫のスケスケパンティを履いていた。
黒い絨毛が透けて見え(ヘアとアソコを見られてしまう!)パンティの両脇を掴んで下げ、真っ黒な絨毛が露になっていく。

 「ほう、結構多いな!」「言わないで!」叫びながらパンティから足を抜くと、両手で股間を隠し「これで、許して!」と叫ぶ。
「ダメだ。両手を後ろで組んで、足を開くんだ!」言われるまま、両手を後ろで組み、足を広げていく。

 「わかっているよな、ヘアを剃るんだ!」
「いや。恥ずかしくて、できない!」淫裂を両手で押さえたまま断ったが「イヤなら仕方ない、俺が剃ってやる!」上原はカミソリを恵子の股間に押しつけた。

 「動くなよ。動くと怪我をするからな」上原はスプレーを絨毛に吹き付け、カミソリを下に動かし、絨毛が消えて褐色の地肌が見えてきた。
上原は手は動きをやめず「ほら、オ○ンコが見えてきた!」ピンクに割れた淫裂が現れてきた。

 「お願い、もういいでしょう。もう、やめて!」
「だめだ。全部剃る!」恵子の股間からは絨毛が全て消え失せ、パックリと口を開いた淫裂の全貌が露になった。
「剃ったら、オ○ンコを広げろ!」高木に命令され、淫裂を指で広げると2枚の肉襞が割れ目から飛び出し、ピンクの突起が見える。

 「最後はお前だ!」高木が愛子を引きずりビデオの前に立たせた。
しかし、愛子は抵抗して「そうか、いやか。お前は痛い目を味わってもらうか!」上原はカミソリをムチに持ち替え「これは痛いぞ。ほらこんなにしなるんだ!」折れるくらい曲げてから愛子の腹部を叩き「ぎゃ~!」悲鳴が上がった。

 「乱暴はやめなさい。愛子ちゃん、大丈夫?」奈々が言うと「そうか、これでもいやか?」高木が両手を縛ってあった奈々を三人の前に引出した。
「お前が脱がないら、こうだ!」奈々を立たせ、チャックを下げて肉竿を引き出し「いや、いや!」叫ぶ奈々の淫裂に、背中から肉竿が入り込んで行く。

 「いや~。抜いて!」肉竿は淫裂の奥まで突き刺すと動き出した。
「いや、入れないで~!」痛みに悲鳴を上げると、結合部が三人の看護婦に見えて(先生が犯されている…)「ヌードになります。ですから、先生には何もしないで下さい!」愛子は立上がり、スカ-トのホックを外して下に降ろす。

 「最初からそうすればよかったのに…」高木は奈々の乳房を揉みながら呟き、愛子はブラウスを脱ぐと、両手でパンティを下げていく。
ゴムの部分が淫裂の先端まで下がると(見ないで!)右手で股間を押さえながら、左手だけで脱いだ。

 「お前、毛が生えてないのか?」ビデオを撮ってる相原は知ってるのにわざと言う。
愛子は顔が真赤にして、左手を背中に回し、ホックを外すとブラジャーから乳房が飛び出した。
(恥ずかしい!)乳房を揺らせながら、肩紐をずらして片腕づつ脱いでいき(ここは、見せられない!)股間は一瞬も見せずに、愛子も生まれたままの姿になった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

毛が濃い

女医と看護婦3人とも毛づくろいはしてないようですね。
毛を全部剃って手入れしないと、チクチクして気持ち悪いとか。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター