赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第5話 オナニー  

  階段を降りてホームに立つと見知らぬ乗客達が乳房を晒す桃子の姿に「オッパイが!」
と驚きの声を上げていく。
「いやね、いくらオッパイが綺麗だからといって見せたいなんて!」
「ほんとよ、ヘアまで公然と見せるなんて恥知らずよ!」若い女性達は軽蔑の目で見つめ
ていた。
「いいじゃないか、オッパイ丸出しなんてよ」
「ヘアも剃った方がいいよ」男達は食い入るように桃子の真い絨毛に包まれた股間を見つ
めている。
(ヘアは見られたくない…)「お願い、せめて、スカートだけでも戻して下さい…」小さ
な声で言う。
「戻してやってもいいが、電車の中でも言うことを聞くんだぞ」
「はい、聞きます」桃子が承知するとスカートが下げられ絨毛が隠されていく。
それに、手も放されて自由になると、シャツの真ん中のボタンだけ掛けた。
(恥ずかしい、オッパイが見えている…)項垂れてホームに立つ桃子だ。

 しばらくして、電車がホームに入ってきた。
4人は人混みをかき分け電車に乗り込むと、車内は空席があり、4人は座ることができた。
桃子は岸田と八幡に挟まれ座り、黒川が桃子の正面に座っている。
「プルプルプル!」出発の合図がなり,ドアが締まり電車が走りだした。
電車が走り出すなり「いや、なにをするの!」桃子の足が開かされていく。
更に、スカートが捲られ股間が露になってしまった。
「毎晩やっているオナニーをここでやるんだ!」
「見られてしまいます…。恥ずかしくて、とてもできません…」拒む桃子だが、絨毛の中
からピンクの淫裂が見えていた。
「やらないとビデオがどうなってもいいのか?」そう言われればやるしかない。
恥ずかしそうに目を閉じて指で淫裂を触りだした。
「そうだ、それでいい」シャツのボタンも外され、後ろに脱がされてに絡まっている。
そのため、上半身を隠す障害物がなくなり、乳房が露になっている。
「いいね、その姿が!」黒川がビデオでオナニーをしている桃子を撮りだす。

 暫く撮ると「これはいらないな!」桃子のスカートが剥ぎ取られた。
「これもいらないよ」腕に絡まったシャツも剥ぎ取られ、生まれたままの姿にされた。
(来ないで、誰も来ないで!)両腕で胸と股間を隠すが、乳房がはみ出ている。
「ほら、やるんだよ!」黒川の言葉で目を閉じて指を淫裂に入れて撫でだし、再びオナニ
ーを始めた。
          社内でのオナニー

「オッパイを揉まないと」黒川は乳房を揉みだした。
(悔しい…。なんでこんな事しなければならないのよ)全裸になって、指を淫裂に入れ、
乳房も揉んでいく桃子だ。
やがて、電車のスピードが落ちた。
「もうすぐ駅よ、お願いですから服を着させて!」慌てる桃子だ。
「服はいらない、そのまま続けろ!」
「いや、ヌードを見られてしまいます!」悲鳴に近い声だ。
「慣れれば平気だ。いいな、そのまま続けるんだ」
(見られるわ。電車の中でヌードになってオナニーしている姿を!)小刻みに振るえなが
らオナニーをしていく桃子だ。
 
 ブレーキ音と共に電車が止まり、ドアが開いていく。
(見られてしまう!)桃子はしっかり目を閉じた。
「あっ!」「す、すげえ!」声が上がり、それと同時に桃子の目から涙が流れていく。
(見られてしまった、恥ずかしい姿を…)項垂れながら指で淫裂を掻き回している。
「スゲエな、オ○ンコを丸出しにするなんて!」
「信じられないや、可愛い顔して素っ裸でオナニーをしているなんて!」乗客は桃子の淫
裂を食い入るように見ている。
その目の前で「オッパイを揉んで欲しいそうですよ」脇の岸田が乳房を掴んで揉み出した。
「オナニーを見てもらったお礼に、オッパイを揉ませてくれるんですよ」八幡も付け加え
て言う。
「そうですよね?」岸田が無理に言わせようとしている。
(言いたくない、そんなこと言わない!)
しかし、「オナニーを見ていただいたお礼に私のオッパイをお触っても構いません…」小
さな声で言うしかない。

 その言葉に「そうですか、それなら私も触らせてもらいます」
「はい。オッパイをどうぞ…」今度は岸田、八幡と入れ替わり、乗客が桃子を挟んで座り、
乳房を揉みだした。
(いやよ、勝手に触らないで!)顔をしかめながら、見知らぬ男に乳房を揉まれ、オナニ
ーを続けた。
それには「ここもしてあげますよ」乗客も乳房だけで満足できず、指で淫裂を触りだした。
「そこはいや、だめです!」しかし、指が淫裂深く入り込み掻き回していく。
「だ、だめ、だめー!」喘ぐ桃子だ。
そして、また電車が止まりドアが開いていく。
「す、すげえ、オ○ンコ丸出しだ!」新たに乗った乗客も驚いている
「変態よ、あっちに行きましょう、あなた!」
「見てみようよ、ちょっとの間だけでも…」乗客は全裸の桃子を取り囲んでいる。
桃子はその乗客の前で淫裂に指を入れてオナニを続けた。

 「オナニーを見ていただいたお礼にオッパイを触ってもいいそうですよ」
「本当に、いいんですか?」
「は、はい。触って構いません…」その言葉に両乳房が乗客に触られていく。
「私も見てあげたわ、いいわよね、オッパイ!」
「は、はいどうぞ…」女性の乗客が乳房を掴んで揉んでいく。
(恥ずかしい、女に辱められる何て!)顔を逸らしながら乳房を揉まれている桃子だった。

 桃子は数え切れないほど乗客に触られていた。
「そろそろ降りるぞ。ほら、着るんだ!」八幡が奪ったスカートとシャツを桃子に投げつ
けた。
「終わりです、もう終わりです…」恥ずかしそうに、急いでスカートを履き股間を隠して
いく。
さらにシャツを着て乳房を隠すがボタン一つなので膨らみが見えている。
「あら、乳首と乳輪が…」女性客がシャツの上から乳首を指で触った。
(乳首が堅くなっていく)触られた刺激で乳首が膨らみシャツを下から持ち上げていく。
「ほら、こんなに堅くなって!」乳首が指で摘まれた。
(感じる、気持ちいい)桃子の全身を衝撃が走っていく。
しかし、「降りるぞ!」スピードが落ち、黒川達が立ち上がってドアの前に立った。
桃子も立ち上がりドアの前に立ると、電車は止まり、ドアが開いて4人が降りて乗客は名
残惜しそうに桃子の後ろ姿を見ている。
(恥ずかしかった。フルヌードにされた上に、オナニーさせられる何て…)つかの間の安
らぎを味わう桃子だ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/144-c2fcf8f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top