赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第6話 組事務所  

  電車を降りた4人は駅の階段を昇って地上へと向かうと「いやだわ、お尻が見える!」
階段の下から声がした。
(見ないでよ、恥ずかしいのに)桃子の太股から淫裂が覗いている。
「最近の子は、性器を丸出しでも平気なんだなんて!」ため息混じりに中年の女性が叫ぶ。
(仕方ないのよ、脅されてやっているだけなのよ)心から叫びたい思いの桃子だ。
階段を昇りきり、駅から地上にでると人通りが多くなり、当然に桃子の姿が人目を浴びて
いる。
「透けている、オッパイが!」「ほんとだわ!」行き交う人が桃子の乳房を見ながら話し
合っている。
しかし、恥ずかしそうに俯いたまま歩いていく桃子だ。

 4人が大きなビルに差し掛かると、横風が吹き、桃子の短いスカートが舞い上がり、股
間が丸出しになった。
「お、オ○ンコが!」「ノーパンよ、ヘア丸出しの!」丸見えの股間に通行人が集中して
いる。
「わかってるだろう、そのまま歩くんだ」
「許して、ヘアだけは隠させて下さい…」
「ダメだ、オ○ンコ丸出しにしろ」桃子のスカートが時折捲れ上るが、そのまま歩かされ
ている。
「いやらしい!性器を晒すなんて」アベックが罵声を浴びせた。
「いいじゃないか、綺麗なオ○ンコだぞ。やりたくなったな」
「あれは変態よ、セックスならさせてあげるから、あんなの見ないでよ」そう言いながら
桃子の側を通り過ぎていく。
その言葉に「うっ、うっ!」嗚咽をあげて歩いていく桃子だ。
4人がビルを過ぎると風も吹かずスカートが元通りに戻り(よかったわ)一安心の桃子だ。

 ビルを通り過ぎ、少し歩くと小さな建物があり入って行くが、そこは八幡の組事務所で、
入るなり人相の悪い男達が桃子を取り囲んでしまった。
「姉ちゃん、そこまでするならオッパイを丸だしにしなよ」
「そうだよ、オ○ンコも見せてくれよ」スカートの裾を捲り上げた。
「いやー!」慌てて股間を手で覆うが絨毛が男達の目に止まった。
「ノーパンだ、履いてないぞ!」ニヤニヤしながら股間を見つめている。
「やめて!」泣き声で桃子が言うと「お前の素っ裸を見たいそうだ。見せてやれ!」八幡
が言う。
「いや、そんなのいや!」
「イヤなら仕方がない、力づくでも素っ裸にするんだ!」八幡の言葉で男達が桃子に襲い
掛かった。
ボタンが外され、シャツが脱がされて露わになった乳房が揺れ動いている。
「いやー。やめてー!」叫ぶが最後のスカートも脱がされ全裸にされてしまった。
                  06.jpg

 桃子は両手を押さえられ、乳房と絨毛に覆われた淫裂を男達に晒したままだ。
「オ○ンコやりたいな」ニヤニヤしながら見ている男達に「イヤ、そんなのやらない!」
当然拒むが「オ○ンコやりたいと言っているぞ」八幡も言う。
「無理です。膣が痛くてできません…」
「だったら、口でやるか?」
「はい、口でしますから許して下さい」
「よし、口でやれ。オ○ンコも見せるんだぞ」桃子はテーブルの上で四つん這いにされ、
足を開かされた。
その後(性器の中まで見られている!)男達はパックリと開いた淫裂を更に指で広げて中
を覗き全裸になったやくざが肉竿を桃子の口の中に押し込んだ。
「うっ!」桃子の咽深く肉竿が突き刺していく。
(いや、こんなのいやよ!)桃子が肉竿をくわえている姿を黒川がビデオに撮りだす。

 桃子の口でピストンしている肉竿は登りつめて「でる、でるー!」体を硬直させている。
(いや、精液はいや!)拒もうとするが頭を押さえられて、逃げれることができない。
(出された、臭い味がする)咽の奥深く精液が噴射されてしまった。
「スッキリした。交代だ」放出を終えた男は桃子を押さえた手を退け、肉竿も抜いた。
「おえー!」白い液体が桃子の口から涎のように垂れている。
「今度は俺の番だ」新たな男が肉竿を桃子の口の中に押し込んでいく。
(こんなこと、したくないのに!)こうして、桃子の口の中に次々と精液が送り込まれた。
桃子は疲れてテーブルの上に俯せのままグッタリしている。
「この姿もいいね」今までビデオを撮っていた黒川がズボンを下げだす。
ズボンを脱ぎ終えるとパンツも脱いで下半身を丸出しにして、上も脱いで全裸になった。

黒川は何も知らない桃子の上に馬乗りになると「いや、痛いから許して!」桃子も拒んだ。
「我慢しろ。オ○ンコしているところを見せるんだ」
「いや、いや。見られるのはいや~!」
暴れる桃子だが淫裂深く黒川の肉竿が入り込んでしまった。
「抜いて~。痛いから抜いて~!」叫ぶ桃子だが「はいったか、皆にも見てもらう」
嫌がる桃子だが、肉竿を入れたまま騎乗位にされた。
「オ○ンコにしっかり入っていますぜ」組員達は結合している部分をニヤニヤしながら見
ている。
だが「見ないで、こんなの見ないで!」馬乗りにさせられた桃子は「やるんだ、やり方は
知ってるはずだ!」乳房を鷲掴みにされた。
「痛い!」桃子は膣の痛みを堪えながら腰を沈めたり、浮かしたりを繰り返していく。
(痛い、まだ痛い!)顔を歪めながら肉竿を体内に迎えていった。

 「気持ちよさそうですね、黒川さん」
「最高だ、見られながらのオ○ンコはいいぞ」黒川は徐々に登りつめていく。
それは桃子にもわかり「お願い、せめて外に出して……妊娠はいや…」
「わかっている。俺だってガキは欲しくない」黒川の全ての動きが止まった。
「いやー、出さないで!」桃子は急いで腰を浮かせて、黒川の肉竿を掴んだ。
それと同時に肉竿が爆発して桃子の手からは精液がこぼれていく。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/145-ab9261df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top