赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第7話 秘密クラブ  

  黒川に犯された桃子はテーブルから降りてソファーに座ったが(痛い、膣が痛い…)ま
だ淫裂の痛みが取れてない。
「黒川さん。そろそろ行きましょうか」
「そうだな、そろそろ時間か。八幡、あの用意はしてあるか?」
「勿論です。さっそく持ってきます」八幡は事務所のロッカーを開けて紙袋を取りだした。
「このように、用意しておきましたよ」それを確認した黒川は「桃子、いくぞ」言い出す。
「待って下さい。今すぐに着ますから」全裸の桃子は急いでシャツに手を通し、スカート
を履いた。
だが、上は相変わらず、ボタンが一個だから乳房の膨らみ見えている。
4人は車に乗り、町中を走って行く。
夕方に近い時間だから混雑していたが、30分ほどでビルの地下に入った。
「ここはどこですか?」不安な桃子に「殺しはしないから安心しな」車を降りると八幡を
先頭に歩きだした。

 地下からはエレベーターでビルの中に入り、5階で降りると4人はまた歩いく。
(どこかしら、ここは?)不安な桃子は怯えている。
「ここで準備します」八幡がドアを開けると着替え室らしくロッカーが用意されてある。
「桃子、ここで脱ぐんだ。素っ裸だぞ」
「いや、もうヌードは許して下さい」
「ヌードじゃない。着替えも用意してあるぞ」黒川は紙袋を見せた。
「わかりました」桃子は着替えが用意されていると信じてシャツとスカートを脱いでロッ
カーの中に入れ、すると岸田が鍵を掛けた。
それを見て「これを着るんだ」黒川は袋を逆さにした。
袋から布地が飛び出すが、見た桃子は「いや、こんなのいや!」泣きだしてしまった。
「イヤなら素っ裸で行くけど、それでもいいんだな?」
「それだけは許して下さい…」
「だったら、これを着るんだ!」泣きながら桃子は床に落ちている衣服らしいのを拾い(恥
ずかしい、これじゃ、フルヌードと同じよ)服に首を通していく。

          裸エプロン

 着た衣服はただのエプロンだ。
首に紐を掛けると布地が垂れ下がるが脇は何もない。
後ろも同様に尻が丸見えで、脇からは乳房の膨らみ、股間の絨毛が見えている。
しかも、薄い布地だからスケスケで全裸と変わりはない。
鏡で確認した桃子も(フルヌードよ。オッパイとヘアが丸見えになっている…)泣き顔に
なっている。
「着たなら行こう」黒川が腕を掴んだ。
「いや、こんな姿いやです!」拒んで部屋から出ようとしない。
「ビデオがどうなってもいいのか、知らないぞ」そう言われると逆らえず「わかりました」
泣きながら承知するしかない。
「安心しろ、素っ裸じゃないし、女は皆がお前と同じ格好だから」黒川の言葉に(私だけ
じゃないんだ…)安心して歩きだした。

 廊下を歩いていくとドアがあり、ノックをして中に入り、桃子も中に入ると、回りを見
るなり「いやー!」声を上げた。
4人が入ったのは秘密のクラブで大勢の客がいる。
(ヌードだ、私と同じようにヌードだ!)中にいる女性は皆が三角形のスケスケで脇から
乳房の膨らみが見えているし、ヘアが生えてない。
(ヘアが生えてない。性器がまるだしだわ)怯えて体が震えだす桃子だ。
「いらっしゃいませ!」すれ違う女性が声を掛けた。
その女性を見るなり「け、桂子さん!」桃子は声を掛けた。
すると「も、桃子さん!」相手も驚くが、同じアパートに住む金沢桂子だった。
「恥ずかしいから見ないで下さい…」
「私も見ないで下さい…」2人は全裸同然の姿を見られて震えている。
それには「なんだ、知り合いか、桂子!」八幡が尋ねた。
「はい。同じアパートなんです…」
「それは奇遇だな。仲良くしてくれよ」
「はい…」桂子は項垂れて客席に向かうが「桂子さん、ヘアが生えてない…」呟くように
言うと「ヘアを剃るのがここのしきたりだ。桃子も剃らないとな」八幡が説明する。
「いやよ、私は剃らないわ」(剃ったら性器が丸だしになってしまう…)

 桃子は拒むが、それは無理だった。
「皆様、新人が応募してきました。これより儀式を始めます」会場に声が響いていく。
「桃子、来るんだ!」
「いや、いや!」
怯えて動こうとしない桃子に「ビデオを売ってもいいのか?」決まり文句がでた。
そう言われれば「わかりました…」渋々、八幡の後を歩いていく。
「ほー、今度の新人は美人でスタイルも良さそうだな」歩く桃子を酔った客が見ている。
(恥ずかしいから見ないで!)乳房を揺らせながら歩いている桃子だ。
桃子が司会の所まで行くと「早速、儀式を始めます」スケスケのエプロンの裾を捲って
桃子の肩に乗せた。
当然、股間と乳房が露わになって「いやー!」恥ずかしさに両手で股間を隠すと、その仕
草に笑いが起こっている。

 「手を退けないと儀式ができませんよ」
そう言われて「わかりました」桃子は両手を退けて足を広げる。
すると(冷たい!)真っ黒な絨毛にスプレーが吹きかけられて真っ白な泡が覆われていく。
それを司会が手で絨毛に塗り込んでいく。
(だ、ダメ、触らないでよ!)絨毛が肌に密着すると「動かないで下さい」股間にカミソ
リが当てられた。
(ヘアを剃られてしまう!)太股が小刻みに振るえている。
それでも、司会の持ったカミソリが動くと絨毛が消えて、地肌が見えてきた。
(ほー、綺麗なピンクのオ○ンコだぞ)桃子の淫裂が見えだし客も見つめている。
カミソリはなおも動き続けて絨毛の大半が消えていた。
(恥ずかしい。性器が丸見えになってしまう!)桃子は顔を両手で隠している。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/146-481b3f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top