fc2ブログ

「コートの貴公子」第5話 サーブの練習

第5話 サーブの練習

 「ダメ、そこはダメ!」いつものように手が払われる。
「どうしてもダメか?」
「当然よ。結婚の約束したら、セックスするから我慢して!」ブラジャーのホックを直し、乳房を仕舞うとシャツを着た。
「つまんないの…」ふて気味に横になると「怒らないでよ。オッパイ吸ったでしょう?」優子は真一の機嫌を取りだし(気付いてないな)安心する真一だ。

 優子は「テニスの練習してたって、言ってたわね。私も行っていいかしら?」
「部活があるんじゃないか?」
「休みなのよ。顧問が会合があるから休みだって!」
「そうだよな、顧問がいない時は、やってはいけない規則だしな…」真一は雅美と2人きりになりたかったが、優子が来るのを認めた。

 翌日、真一と優子は雅美の別荘を訪ねた。
「あら、今日は彼女と一緒なのね」
「そうなんです。手伝ってくれそうです」
「それは助かるわ。今日はサーブの練習だからね。始めるわよ」雅美はコートに次々と空き缶を立てると「左から当てて!」真一にサーブさせた。

 初めての練習に戸惑ったか、ボールは空き缶にかすりもしない。
「フ~!」ため息を付く雅美だが「真一、頑張るのよ!」転がったボールを拾いながら言う優子だ。
真一が次々とサーブしていくと「カーン!」音と共に空き缶が飛んでいく。

 「そうよ、やっとできたわね。もっとやらないと!」雅美はまた空き缶を立てだした。
「雅美さん。どうしたらいいか、わかってきたよ!」真一のサーブは、確実に空き缶をとらえるようになったが、服は汗でびしょ濡れだ。

 それでも、またサーブさせると「今日はこれくらいにしようよ」練習を始めてから2時間は経っている。
「そうだね、大部自信がついてきたし…」
「そうよ、真一も上手になったね」優子も言うと「優子ありがとう、お前が手伝ってくれたからな」肩に手をやった。

 それを引き裂くかのように「真一君、濡れているからシャワーよ」腕を掴んで家の中に入り「待って、私も!」その後を優香も追った。
家の中に入ると「優香さん、真一君と一緒にシャワー浴びる?」雅美が言うと「ダメです。結婚すると誓うならいいけど…」

 「そうよね、真一君だけで浴びて貰うわ。その次に、優子さんと私よ」
「それがいいわ。雅美さんのヌードが見たいし」2人に言われて、真一は1人で浴室に入った。
「優子が来なければ…」昨日の事を思いながら、シャワーを浴びて汗を流していく。
丁寧に洗うと、体を拭き服を着てから出てきた。

 「交代ね。優子さん入ろう!」2人は一緒に浴室に入ると服を脱ぎだす。
優子はシャツを脱ぐと、真っ白なブラジャーを着けていたが、雅美は紫色のレースのブラジャーだ。
2人は背中のホックを外し、両手を下げると乳房が露わになっている。

 「恥ずかしいの。こんなに小さいし」手で乳房を覆うと「これからよ。これから大きくなるの」手を退けさせて、優子の乳房を撫でだす。
「本当に、大きくなるのかしら?」
「大丈夫よ、必ず大きくなるわよ」乳房を揉んでいく。

 「雅美さんが言うなら安心だわ」優子はパンティも脱いで、全裸になるとシャワーを浴びていく。
雅美もパンティを脱ぎ、優子の背中に体を押しつけ、肌と肌を密着させて一緒に浴びていく。
「優子さん、ここも洗わないとダメよ」後ろから雅美の手が優子の淫裂に伸びた。

 「雅美さんも、丁寧に洗わないと」振り返り、優子も雅美の淫裂を撫でていく。
「そうよね、ここは大事な部分だしね」雅美は指を淫裂に入れようとしたが「ダメ、怖いんです!」優子に手を押さえられた。

 「優子さん、セックスしてないのね」
「はい、やってません…」
「そうよね、まだ早いしね」雅美はなおも絨毛を撫でると「雅美さん、セックスって、痛くないですか?」意外な事を言う。

 「痛いわよ。でも、愛情があるセックスだと、痛くなくて気持ちいいわよ」優子は雅美の言った事が理解できないようだ。
「セックスする時に、膣を濡らせばいいの。こうやって…」雅美は屈み込んで、優子の淫裂を両手で広げると、舌でピンクの突起をなめだした。

 「あっ、あっ!」敏感な部分が刺激され声をあげ、なおも、なめ続けて指で膣穴の入り口を撫で出すと、ネバネバした液体が溢れてくる。
優子は快感に「気持ちいい…。オナニーしてるみたい…」目を閉じて両乳房を揉み出す。

 (気持ちよさそうね、私もやりたくなってきた…。今は無理だけど、夜に真一君と…)思いめぐらして、舌と指を使っていくと「あ、あ、あ~!」優子の声が大きくなっていく。
「優子さん、わかったでしょう、膣がビショビショよ」
「わかりました。痛いのは処女膜が破瓜する時だけですよね?」
「そうよ。優しくされると痛くないのよ」2人はシャワーを浴びて体を洗った。

 シャワーを浴び終え、浴室を出ると「ずいぶん長いね」真一が不満顔で言い「仕方ないわよ。女性は身だしなみが大事なんだから」優子も言い返す。
「やめなさいよ。内輪もめなら外でやって。それより、命中率がかなりよくなったね」
「そうなんです、自信が付いてきました」笑顔で話す真一を見ている雅美は、2人で全裸で抱き合う姿を思い浮かべている。

 真一と優子は昼近くに帰り、美子が作った昼食を2人で食べてくつろいでいた。
優子は雅美からされた愛撫が思い出され「真一、オッパイ吸って!」シャツを捲り、乳房を露わにしていく。
「オッパイだけじゃイヤだよ。あそこも触らせて!」
「今日だけよ。今日だけ触ってもいい」スカートの中に手をいれてパンティを下げた。

 「セックスはダメよ。約束だからね!」足首に絡まったパンティを脱ぐと、仰向けになった。
「優子、見せて!」真一はスカート捲り上げ「優子のオ○ンコだ!」声をあげると「やめて、オ○ンコなんて言わないでよ!」恥ずかしさに両手で顔を覆う。

 真一は淫裂を広げて、ピンクの突起を指先で撫でだす。
「ん、ん~!」声をあげ優子の腰が浮き「気持ちいいの…。オナニーより気持ちいい…」目が虚ろになっている。
真一はさらに淫裂を広げて覗くと、シワシワの皮膚の中に小さな穴があった。

 その穴に指先が当たると「ダメ、そこはダメ!」我に返った優子の手が押さえる。
「どうしてだ。どうして、この穴がダメなんだ?」
「そこが膣よ。オチンチンが入る所よ!」恥ずかしそうに言う。
「そうか。だったら、今やろうか?」
「ダメ。結婚したら、必ずやらせるから、それまで待って!」

 優子が言うからには「仕方ないな。1人で出すしかないか…」真一はズボンを下げて肉竿を露わにした。
優子は初めて見る勃起した肉竿に「裂けちゃう、これが入ったら膣が裂ける…」不安になった。

 「何、言ってるんだ。オ○ンコはゴムみたく、伸びるんだぞ。習わなかったのか?」
「そうだったわね、赤ちゃんだって、ここから出るし…」
「そうだよ。それより、お互いのを触りあおうよ!」
「わかった。オチンチンを擦ればいいのね」2人はシックスナインの体位になって手を使い出した。

 「気持ちいい、優子にやって貰えるなんて…」
「私もよ。真一の指が気持ちいい…」2人は性器を愛撫しあったが「出るぞ!」真一が登り切って、優子の顔に液体が飛びかかった。
「イヤよ、汚い!」慌てて、ティッシュで拭くが「精液だよ、赤ちゃんの元だぞ。汚くはないよ!」言い返す。

 「でも、顔はイヤ。ほら、拭きなさいよ!」ティッシュが投げられ、肉竿を拭いていく。
吹き終わると、乳房に飛び付くが「もういいでしょ。オ○ンコ見たし…」取り合おうとせずに、ブラジャーを押しつける。
「仕方ないな…」諦めたのか真一は服を着だした。

 「今日はここまで。射精する時は必ず言ってよ!」機嫌が悪いのか、口を尖らせて脱いだパンティを履いていく。
「わかったよ。出そうになったら、言うよ!」やけくそ気味になっている真一で、優子は3時近くまでいたが、美子が戻ると帰った。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター