fc2ブログ

「コートの貴公子」第6話 ヌード撮影

第6話 ヌード撮影

 一方、雅美は「そうだ。お礼を言わないと…」美子から貰った山菜のお礼を口実に、真一を呼び出す考えで、家事を済ませると真一の家に向かった。
玄関を開けると、美子が対応に出たからお礼を言うと「真一、江藤さんのの奥さんよ」真一を呼んだ。

 その声に「雅美さん、どうかしたの?」急いで現れた。
「お礼に来たの。昨日のお礼に…」
「ああ、そんな事できたんだ。お礼なんて、いいのに」
「それだけじゃないの。真一君と話がしたくて…」意味ありげに言うと「わかった、明日の練習だね。雅美さんの家でやろうよ」機転を効かして2人は別荘へ向かった。

 別荘に入ると「雅美さんのヌードが見たい。ヘアを出したヌードを…」甘えるように雅美のボタンを外しだす。
「私も真一君のヌードが見たいの。勃起した逞しい姿を…」雅美も真一に服を脱がしていく。
2人は互いに脱がし合い、全裸になると抱き合う。

 「真一君が欲しいの。これでして欲しいの」勃起した肉竿を掴むと擦りだし「僕も雅美さんが欲しい。ここに出したいんだ!」指が淫裂に入っていく。
「ここでして。我慢できないの…」廊下で抱き合っていたが「わかった、ここでやろう」真一は床に仰向けに寝かされ、雅美が馬乗りになった。

 「入れるわよ!」雅美はゆっくり腰を沈めていくが、淫裂はすでに濡れているから肉竿がすんなり入り込む。
「あ、あ、あ~!」根本まで吸い込むと声をあげ、体を反らせた。
「気持ちいい。雅美さんとのオ○ンコが好きだ!」乳房を揉みながら言うと「オ○ンコなんて言わないで…。セックスと言って…」喘ぎながら言い、腰を振りだす。

 「クチャ、クチャ!」濡れた淫裂はさらに濡れ、淫汁が流れ出てるのが真一にも見える。
「女性って、セックスすると性器からお汁が出るの?」乳房を揉みながら言うと「気持ちいい時だけよ。気持ちいいと、自然に出るの…」
「それじゃ、雅美さんは気持ちいいんだ!」
「そうよ、凄くいいの…」喘ぎながら腰を振り続けている。

 やがて、真一は絶頂が近づいてきた。
「ダメ。まだ出しちゃダメ!」雅美は動きを停めて真一から降りた。
「今度は、僕がやるんだね?」
「そうよ、真一君がやるの」今度は雅美が仰向けになって真一が重なった。

 「ここよ。ここに入れるの」肉竿を掴んで、膣穴に誘導すると肉竿が勢いよく入り込み、すかさず「あ、あ、あ~!」声をあげ背中が浮き上がった。
「雅美さん、気持ちいいんだね?」ゆっくり腰を振りだすと「そうなの。もっと強くして…」真一は動きを速めた。
「クチャ、クチャ!」淫裂から出る音が家の中に響き、2人は唇を重ねる。

(なんだか、夢見るようだ…)快感に酔いながら腰を振っていると「行く、行く~!」雅美が絶頂を迎えた。
「出すよ、出すからね」真一も絶頂を迎えていたから膣奥に噴射を始める。
「そうよ、それでいいの…」2人は荒い息使いで抱き合うと、淫裂から流れ出た精液が床まで垂れていく。

 長い沈黙が続いてから「綺麗にしてあげる!」雅美が肉竿を舌でなめだした。
だが、昨日と違って堅くはならない。
「ゴメン、雅美さん。優子にやって貰ったから、もうダメかも…」
「優子さんがオチンチンをなめたの?」
「手だよ。手でやってくれたんだ。だから出ちゃって!」
「それなら無理ね。3回は大人でもキツいし…」恨めしそうに立ち上がった。

 「雅美さん。明日は2回出すよ、必ずね!」真一の声を聞いて「期待してる」淫裂を押さえ、浴室に入って洗い出す。
「優子が、真一のオチンチンを触るなんて、信じられない…」丁寧に淫裂を洗っていると、優子への嫉妬が芽生えているのに気づいた。
「ダメだわ。こんな事で嫉妬するなんて!」気を取り直して洗い続け、浴室からタオルを巻き付けて出た。

 浴室から出た雅美が真一の所へ向かうと「雅美さん、お願いがあるんだけど…」言いにくそうに下を向いた。
「どうしたのよ。何をしたいの?」
「怒らないって、約束して!」
「怒らないわよ、真一君を怒った事ある?」
「そうだよね。実は雅美さんのヌード写真が欲しいんだ!」

 「えっ、私のヌード写真が欲しいなんて…」雅美も驚いたようで言葉が続かない。
「そうです。ヌード写真が欲しいんです。それで、毎晩オナニーしたいんです」ジッと雅美を見つめて言うと「ヌード写真はいいけど、よその人に見られたら大変な事になるの。わかってる?」不安な顔になっている。

 「大丈夫だよ。プリントじゃなくてパソコンに置くよ。それに、パスワードも掛けておくし…」
「そうね、プリントしなければ人目に付きにくいし」雅美も納得した顔になって「でも、私だけがヌードじゃ不公平よ、真一君もヌードにならないと」
「わかっています。そのつもりです」

 「それならヌードを撮ってもいいわ。カメラ有るの?」
「勿論です。これからは、毎晩雅美さんのヌードでオナニーできるぞ!」
「オナニーもいいけど、私とセックスはしたくないの?」

 「したいです。雅美さんとなら、いつでもしたいです」タオルを解いて乳房に吸い付いた。
「私も、真一君とセックスしたいの…」頭を抱きかかえて乳首も吸わせ、2人はまた抱き合ったが、何時までもそうしている訳にも行かず、真一は5時近くに帰った。
 
 翌日、真一はバックにカメラを入れて出かけた。
「邪魔はいないしな…」雅美のヌードを撮れるから機嫌がよかった。
静まり返った道路を歩き雅美の別荘へ着くと「練習してから撮って!」ラケットを持ってコートに向かい、真一も向かった。

 「今日は実戦よ。手は抜かないからね」雅美のサーブで練習が始まった。
「ポーン!」「ポーン!」静まり返ったコートにボールの跳ね返る音が響いていく。
2人のラリーはいつになく長く、流れる汗も多くなっていた。
練習を始めてから1時間半が過ぎると、雅美の足が重くなっているのがわかる。

 (雅美さん、疲れてきたな。だったら、左右に揺さぶらないと…)真一が左右にボールを散らすと、雅美は前後に打ち返してくる。
だが「ここまでにしようよ」雅美は疲れているようだ。

 「そうだね、ここまでにしよう」2人は家の中に入り、濡れた服と下着を脱いで、全裸になると浴室に入って、シャワーを浴びる。
「真一君、大部腕を上げたわね」体を洗いながら言うと「これも雅美さんのお陰です。お礼に手伝わせてください」石鹸を手に付け、雅美の乳房を撫でだす。

 「優しくして。敏感な場所だから…」
「わかってます」乳房を撫で終えると、太股も撫で出す。
ゆっくり撫でていくと、淫裂に手が伸びて「セックスしたいの?」雅美も膨らみきった肉竿を掴む。

 「はい。セックスしてからヌードを撮りたいです…」指が膣の中に入った。
「私はヌードを先にとって欲しいの。その後に…」
「わかりましたそうします」素直に引き下がってシャワーを浴び、体を洗い終えると、タオルで乾かし居間に入った。

 真一はカメラを構えて「雅美さん、座って!」ソファーに座らされるが「恥ずかしい、できない!」両手で乳房と股間を押さえて、下を向いたままだ。
「仕方ないな。それなら雅美さんが撮ってよ!」入れ替わって、真一が座り勃起した肉竿を晒した。

 (オチンチンが、立ってる!)渡されたカメラでスイッチを押していくと、真一はいろいろなポーズを作っていく。
(そうよ、私もヌードを撮られないと…)スイッチを押すと「交代して。私のも撮ってよ!」カメラを真一に渡し、座ってポーズを作る。
「綺麗だよ、凄くいい!」乳房と絨毛を晒した雅美がカメラの収められていく。

 「雅美さん、頭に手をやって!」真次はポーズを取らせてカメラに収めていくが「絶対に言わないでね。2人の秘密なんだから」ポーズを作りながら言う。
「当然です、雅美さんを離したくないですから」
「私もよ、真一君と別れたくないの」雅美はポーズを取りながらカメラに収まった。

 撮り始めてから1時間は過ぎようとしている。
「足を広げて!」その言葉に「恥ずかしいわ。丸見えでしょう?」
「撮りたいんだ。これで終わりだし…」
「わかった、やってみる!」雅美は足を開いてMの字になった。

 「綺麗だよ、オ○ンコが綺麗だ!」雅美の開いた足の付け根には、ピンクに割れた淫裂がある。
「手で広げて!」言われるまま、両手で淫裂を広げると膣穴や尿道が見えた。
「恥ずかしいわよ。もういいでしょう?」真一はスイッチを押し「いいよ、これで終わりにしよう」カメラを置いた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター