赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師  第8話 客の接待  

 
 それでもカミソリは動き続けて絨毛を消し去った。
「終わりました」綺麗に剃られた股間はタオルで拭かれてクリームが塗られていく。
だが、絨毛を剃られた桃子は「いやー!」股間を慌てて手で隠している。
「隠さないで下さい。お客様に剃られた性器をお見せするんですから」
「でも、恥ずかしい。できない!」
「それをやるのが、ここのしきたりです」そう言われて「わかりました」桃子は手を退けてた。
ピンクの淫裂からは2枚肉襞が飛び出しており「ほう、オ○ンコが綺麗ですね」「そうですよね」皆
が剃り上げられた淫裂を食い入るように見ている。
「それでは、お客さんの接待をお願いします」司会に言われて席に戻ると桂子とすれ違った。
「桂子さん!」だが、桂子は返事をせずに,お客に肩を抱かれて奥に向かう。

 席に戻ると「桂子さんが奥にお客と入って行ったけど」黒川に告げた。
「気になるのか、だったら覗いてみるか」八幡に連れられて桃子も奥に向かう。
「いいな、絶対に声をあげるなよ」ドアを開けて中に入ると小さな窓があり、桃子は覗いた。
「!」(セックスしている、桂子さんが!)桂子は全裸で男に馬乗りになり、淫裂に肉竿を迎え入れ
ていて、桃子は声を上げるところだった。
桂子は桃子に覗かれているとは知らず「いいわ、凄くいい!」腰を浮かしたり沈めたりしていく。
「そうか、俺とのオ○ンコが楽しいか?」客は桂子の乳房を掴んで揉んでいる。
「はい、桂子はオ○ンコが大好きですから」虚ろな顔になっている。
(凄いわ、桂子さんがあんな事するなんて!)食い入るように見ていると八幡に後から乳房を掴まれ
揉まれていく。

          裸エプロン3

(いや、いやです!)八幡の手を掴み拒んだ。
(仕方ないか)八幡はすんなり諦め2人は席に戻ってきた。

 戻るなり「桃子もこれからはお客とオ○ンコで稼ぐんだぞ」八幡が脅す。
「いやです、売春なんかしたくありません」泣きながらいうと「イヤならビデオを売るぞ」そう言わ
れては拒むことはできず、黙って頷くしかなかった。
「そうだ、それでいい!」八幡は脇から手を入れ乳房を掴んでいる。
「いいか、お客にこんな事をされても拒むなよ」八幡は乳首も転がすように摘んでいく。
「おや、乳首が固くなっていくぞ、オ○ンコが欲しいのか?」
「いや、痛いから許して下さい」
「そうだな、今日はオ○ンコをやりすぎたしな」八幡はすんなりと許したが、淫裂を撫でるのはやめ
なかった。

 そこに「すみません、あちらのお客のお相手をお願いします…」支配人が申し訳なさそうに声を
掛けてきた。
「かまわないよ、でも、今日はオ○ンコをやりすぎたからオ○ンコは勘弁してくれ」
「わかりました。こちらへ!」桃子は支配人に連れられて見知らぬ客の席に座らされた。
「何せ、新人ですから失礼はお許しください」支配人は言い残すと桃子を1人残して去っていく。
すると「ほう、いいオッパイだね」桃子は酔った客に両乳房を掴まれた。
「痛いんです、優しくして下さい…」
「痛いのか。これならいいのかな?」すると、客は乳首を摘む。
「それも、お許しを!」痛みで桃子の顔が歪んでいる。
「だったら、ここを触らせろ」乳房を触っていた手が淫裂を撫でだした。
(どうしてこんな事になったのよ)桃子は客に淫裂を触られながら泣いていたが、その後も客の間
を回されて閉店になった。

 閉店までクラブで働かされた桃子は八幡に桂子と一緒に八幡にアパートまで送られた。
アパートに戻った桃子は体を石鹸で丁寧に洗うが「痛い、膣が痛い!」何回も犯された淫裂は赤くな
っていた。
赤い淫裂をやさしく洗い犯された傷跡を消そうとするが無駄で「どうすればいいの?」自然と涙が流
れていく。
「これから、ずっと恥ずかしいことをさせられるかも…」絨毛の剃られた淫裂を洗っていく。
その後、体も洗って、バスタオルを巻き付けて部屋でくつろいでいると、チャイムが鳴った。
「どちら様ですか?」
「私よ、向かいの桂子よ」
「ちょっと待って!」バスタオルを巻き付けたままドアを開け桂子を中に入れた。
「なんかあったの?」桃子が桂子に尋ねると「お願いがあるの。今日見たことは誰にも言わないで欲
しいの。勿論,私も言わないから」項垂れて言う。

 「言わないわよ。でもどうし売春してるかてなの教えてくれない?」桃子の言葉に泣き出す桂子だ。
「ご、ごめんなさい。私もきっと、させられると思って」
「その通りよ。悔しいけどセックスを強要される」
「どうにかならないかしら?」桃子は落胆して言う。
「無理よ,警察に歌えても。ヌード写真を撮られたでしょう、性器丸出しの写真を」
「ええ、撮られたわ。自分の手でアソコを広げる姿も撮られた」顔が赤らむ桃子だ。
「だから無理なの。レイプを訴えたら自分からヌードになった言ってその写真を証拠にだすはずよ」
悔しそうに桂子は言う。
「そ、そんな!」(その通りだわ、自分で性器を晒した写真じゃレイプが成立しない…)黙ってしま
う2人だ。

 長い沈黙が続いて「とにかく、お願いよ。誰にも言わないでね」
「言わないわよ、安心して桂子さん」その言葉に安心したのか桂子は戻って、部屋の中は桃子だけし
かいない。
「酒でも飲まないと寝れないわ」グラスにウイスキーを注いで一気に飲み込んだ。
桃子はあまり強くないから直ぐにアルコールが回って睡魔が襲いかかった。
「眠い!」ベッドに倒れて、いびきをかいている。
バスタオルの結び目が解け乳房と股間が丸出しになってしまい、股間は絨毛が消されて淫裂が丸見え
で、そこから2枚の肉襞が飛び出していた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/147-da66b27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top