赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第10話 民子の喪失  

  「桃子さん、だったら私もヌードになろうかしら。私のヌードも見て欲しいし」
「ダメよ、それはだめ!」慌てて拒む桃子だが「どうしてなの。変よ、桃子さん」民子は拒む桃子を
尻目に着ているシャツを脱いだ。
(ダメよ、男が隠れているの。レイプされるから帰って、民子さん!)
桃子の願いなど民子には通じず、ブラジャーも脱いで上半身を桃子に晒している。
「どう、私のオッパイは?」民子は笑顔で自分の乳房に桃子の手を押し当てた。
「柔らかいのね…」(だめ、民子さん危ないから帰って、お願い!)
 
 しかし、民子は得意げに桃子の乳房を撫でていく。
「ねえ、こういうのレズって言うのでしょう?」
「そうよ、いけない事よ」
「でも、ちょっと楽しんでみたいな、桃子さんと」
「ダメよ。許されないわよ、そんなことできない」
「それなら、私のヌードは見て欲しいな」レズは諦めたのか民子はスカートを脱ぐとレースのパンテ
ィは絨毛を透かしている。
それを(私のせいじゃないわよ、民子さんのせいだからね)顔を曇らせパンティを脱いでいく民子を
見つめている。
「これで、おあいこね」民子はパンティを脱いで生まれたままの姿になった。
体育の教師だけに腰のくびれは桃子よりもいい形だが、乳房は小振りで桃子にはかなわない。
「どう、私のヘアヌードを見た感想は?」得意げにポーズを作る民子は八幡が隠れているとは夢にも
思ってない。
              新型ウィルス02
 民子が全裸になると「素っ裸は最高にいいよ。どうせならオ○ンコも見せて欲しいな」八幡が奥か
ら現れた。
「きゃ~。見ないで!」民子は悲鳴をあげ、両手で胸と股間を隠してうずくまった。
「やめて、民子さんは関係ないわ。私で充分満足したでしょうし」桃子は八幡の前に立ちはだかかり、
乳房と淫裂を晒した。
「いいね、友情というのも。でも、そんなの通用しないからな」八幡は平手で桃子の頬をぶった。
「痛い~!」弾みで桃子が倒れ「桃子さん、大丈夫?」民子が駆け寄る。
「大丈夫よ。民子さん!」2人は生まれたままの姿で部屋の隅で抱き合っている。
「どれ、黒川さんにも連絡しないとな」八幡は携帯電話で黒川に連絡を取っていく。
「あ、八幡です。おいしいウサギちゃんが待ってますから早くお願いしますよ、あれも忘れずにお願
いしますよ」八幡は桃子のアパートのある場所を説明していく。
(黒川がビデオとカメラを持ってくる…)桃子は体が震えていた。
その震えが民子にも伝わって(犯されてしまう。必ず輪姦されてしまう…)民子も震えていた。

 八幡も全裸のままで2人を見張っている。
「動くな。そのままの素っ裸でいるんだ」民子の背中から乳房を揉み出した。
「いや、いや!」泣きながら乳房を揉まれていくと「お願い、民子さんを助けて下さい、私が相手を
しますから」言う桃子だ。
「言ったろう。この子とオ○ンコするって!」八幡の手は乳房から淫裂に移って撫で始めた。
「いや、いや!」八幡の手を押さえるが男の力にかなうわけがなく、淫裂の中に指が入っていく。
「いや、指は入れないで!」
その言葉に「今まで何回オ○ンコをした?」八幡が聞いた。
「まだセックスはしてません…」
「バージンなんだ!」興奮している八幡に「セックスはしてませんが、処女膜はわかりません…」
激しい運動をする女性は、セックスをしなくても衝撃で処女膜が破れる事がある。
「そうか、未体験だが破れているかも知れないのか」ニヤニヤしながら民子の淫裂を指で広げて膣の
中を覗き、それに耐える民子だ。

 民子と桃子が八幡に監視されながら30分過ぎ「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「でろ、お前が出るんだ!」八幡が桃子に指示した。
(イヤよ、裸を晒すなんて)叫びたいが逆らえないから、仕方なしにドアに向かっていく。
「どなた様ですか?」インターフォン越しに話すと「俺だ黒川だ、桃子か?」
「はい、そうです」桃子は怯えながらドアを開けた。
「ほう、もうヌードか。元気がいいね」「ホントにいい体つきだな」岸田も入ってきた。
2人が入ると桃子は急いでドアを閉めた。
「この子は体が締まっているな、運動選手みたいな体をしてるぞ」黒川と岸田は怯える民子の乳房、
尻、淫裂と撫でていく。
「やめて下さい。お願いですから!」民子はヌードになったのを後悔している。
「そう、嫌うなよ。これからいい事しようぜ」岸田は服を脱ぎ始めた。
「この子は君が先でいいよ、約束は守る」黒川も服を脱ぎだした。
「撮影は僕がしますから、楽しんでください」八幡はビデオを受け取り民子に向けた。

 危険を感じ「いや、レイプはいやー!」後ずさりしていく民子の体が、小刻みに振るえている。
「怖がらなくてもいいよ。楽しもうぜ」生まれたままの姿になった岸田は民子に抱きついた。
「いや、いやー!」叫ぶ民子の口にハンカチが押し当てられた。
「うるさい子だ。素人はこれがいいんだよな」ハンカチを押し当てた黒川も興奮している。
仰向けに押し倒された民子は岸田に乳房を掴まれ「う、うー!」首を振って拒んでいる。
「どれ、味見といくか!」乳房を掴んだ手で勃起した肉竿を掴み、民子の淫裂に押し当てると顔を歪
める民子だ。
「きついな、チンポコが締められていく!」岸田の肉竿が入り込んでいく。
(いや、いやー!)民子は体を動かし抵抗するが無理だった。
力負けした民子は膣穴の封印を肉竿で破られ(ヒー!)声にならない悲鳴をあげ腰を浮かした。
それと同時に、淫裂から鮮血がポタポタと流れ出ている。
(処女を奪われた…。もうバージンじゃない…)目から涙が流れている。
「いいね、その顔が最高にいいよ」岸田は血で汚れ肉竿を激しく動かし続けている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/149-430b1f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top