fc2ブログ

「全裸の格闘」第12話 強敵出現

第12話 強敵出現

 控え室ではマネージャーの黒川とトレーナーの水口が待っていた。
「また、素っ裸になったのか。そんなに見せたいなら俺にも見せろ!」黒川は雪江の股間を両手で広げた。
「触らないでよ。見せてあげるから」雪江は黒川の両手を振り払うと、自分から淫裂を広げていく。

 「相変わらずピンクで綺麗なオ○ンコだな。俺と今夜オ○ンコしてみないか?」
「バカ言わないで。ここは飛鳥の許可をもらわないとだめよ」
「そうよ、雪江のそこは私の物なの。勝手に汚さないでよ、私もオ○ンコを見せてあげるから」飛鳥も淫裂を広げた。

 「オ○ンコの競演か、飛鳥とならいいだろう?」今度は飛鳥の淫裂を触るが「ダメ、これはユッキーだけの物よ。触らないで、見るだけにして!」手を振り払う。
「2人は夫婦だったよな。女同士の夫婦だけど…」ニヤニヤしながら2人の淫裂を見ている。

 「黒川さん、それよりもマッサージをしないと…」水口が黒川を牽制して言い「そうだよな。ここに寝ろ」飛鳥と雪江は小さなベッドの上に仰向けに寝た。
黒川は飛鳥の太股をマッサージし、水口は雪江の太股をマッサージを始める。

 「ここも、したほうがいいかな?」黒川は太股を揉みえると、飛鳥の小振りな乳房を両手でマッサージしだす。
すると「あ、あ、あ~!」小さな喘ぎ声があがり、雪江も乳房が水口によって揉まれて「あん、あん、あん!」狭い控え室に2人の喘ぎ声が響いていく。

 「今度は外人が相手だ。強いから気をつけろよ」
「わかってるわよ。それより、水着を買ってこないと…」
「俺が用意しておく。トレーニングを忘れるな」
「わかってるわよ」雪江と飛鳥はマッサージを受けると衣服を着込んでいく。

 「見ないでよ。恥ずかしいんだから」
「素っ裸を見せたんじゃないか、着るのくらいいいだろう?」
「素っ裸より、着ていくのを見られるのが恥ずかしいのよ。向こうむいてて!」
「わかったよ」黒川と水口は背中を向け、雪江と飛鳥は急いでパンティを広げて足を通していく。

 そして、両手を持ち上げ、その後ブラジャーを身につけ、乳房を掴みカップに仕舞い込んだ。
さらに、トレーナー、ズボンと着込み普段着姿に変身した。

 「いいわよ、向いても」
「終わったか。どうだ、相手を見ておかないか?」
「そうね、相手を知っておいた方がいいし。見させて」黒川に連れられ先ほど試合をしたリングへと歩いていく。

 リングの上では金髪の外人がタッグを組んで試合をしている。
「あら、ワザがしっかりしている!」投げや押さえの時のポイントがしっかりできていたので、飛鳥と雪江も顔が引き締まった。
試合はあっけなく金髪のチームが勝ち「帰ろう!」負けたチームが水着を脱いで行くのを尻目に、自宅に向かう飛鳥と雪江だ。

 「ユッキー、欲しいの」家に入るなり、飛鳥は雪江の唇を吸ってから、胸に頭を沈めた。
「シャワーを浴びてからしようよ、いいでしょう?」
「一緒にならいいわ」「飛鳥は甘えん坊なんだから!」2人は衣服を脱いでいく。
パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になると浴室に入った。

 浴室にお湯がたっぷりと満たされており「洗ってあげる」いつものように飛鳥が雪江の体を石鹸で丁寧に洗いだす。
「気持ちいいわ、そこがいいの」飛鳥は乳首を摘むようにして雪江の乳房を洗っている。

 「ここもいいわよね?」
「丁寧に洗って欲しいわ」乳房を洗っていた手が太股に伸び、淫裂の肉襞を石鹸の付いた指で洗うと「あ、あん、あん!」雪江はやっと立っている。
「ここもよ」肉襞を洗い終えると、ピンクの突起の包皮を捲った。
半透明な小粒の真珠が露になり「変になっちゃう、飛鳥!」雪江は飛鳥の頭を掴んでいる。
「丁寧に洗わないとね」飛鳥は雪江の敏感な真珠を丁寧に洗い終えた。

 「今度は私の番ね」今度は雪江が飛鳥の体を洗いだす。
乳房や淫裂も洗うと「あ、あ、あー!」飛鳥は倒れまいと雪江の頭を押さえている。
「ほら、こんなに感じているわ」雪江もピンクの突起を捲り、敏感な真珠を撫でていくと「欲しいの、早く欲しい!」飛鳥が雪江に抱きついてきた。

 「体を温めてからよ」抱き合ったまま2人は浴槽に使って暖めていく。
その間にも、お互いの手が乳房や淫裂を撫で合っている。
「もう、あがろうよ」2人は浴槽から上がって濡れた体を拭いてベッドに倒れた。

 「ユッキー!」飛鳥は我慢できず、雪江の乳房を揉みながら乳首を吸い「いいわよ、飛鳥!」雪江の背中が浮き上がっていく。
「ここもしてあげる」乳首を吸っていた唇が股間に移り、淫裂を広げて舌でなめだして「あん、あん、あん!」腰も浮き上がり「私にもやらせて!」飛鳥は向きを変えて69の体位になった。

 「いいわ、ユッキー!」飛鳥も淫裂が広げられ舌でなめられていた。
2人は舌でなめ終えると、指で淫裂を突き刺していく。
「いいわ、いいわ」「上手よ、飛鳥!」2人の指は溢れた淫汁で濡れていた。

 飛鳥は雪江に抱かれながら、次の朝を迎えた。
「ユッキー、今日もトレーニングね?」
「そうね、鍛えておかないと」2人はシャワー浴びると、乳房にはキスマークがいっぱい付いている。

 「あら、ごめんね、オッパイに付けちゃって」
「ううん、気にしないで」シャワーを浴び終えると家事を済ませていくが、終わったのは昼近くだ。
2人はいつものようにスポーツジムに出かけてトレーニングをしていく。
汗で着ているレオタードが濡れても「もう少し頑張ろうね」その後も汗を流してトレーニングをし、自宅に戻ったのは夕方だ。

 そして、いよいよ、試合の日が来た。
「いいな、今日の相手は手強いから気を抜くなよ」水口が声を掛け「わかってるわよ」いらだつかのように4人が控え室に入っていく。

 「今日からはこれで試合だ!」黒川は紙袋を開けた。
「これじゃ、素っ裸の方がましよ。ヌードの方がいい!」
「そうはいかないよ。着るんだ、これで試合だ!」2人は恥ずかしそうに衣服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーを脱いで全裸になった。

 「これを着るなんて…」恥ずかしそうに2人は白いブラジャーを着けた。
「オッパイが締められる」カップの部分がくり抜かれて、白い布地から乳房が飛び出している。
「ほら、もっと出すんだ!」黒川は小振りな飛鳥の乳房を掴むと引き出し「痛い!」もう片方の乳房も引き出していく。

 「ほら、大きく見える。飛鳥!」確かに飛鳥の小振りな乳房が大きく見えている。
それ以上に雪江の乳房が大きいのは仕方がない。
「恥ずかしいわ。こんな姿、ヌードの方がいいわよ」

 「我慢だ。慣れるから」黒川が飛鳥の乳房を揉むと「ダメ、試合前よ!」乳房を掴んでいる黒川の手を払う。
「黒川さん、まだ、着終えてませんから」水口も言い「そうだな、まだオ○ンコを隠してなかったよな」おとなしく引き下がった。

 雪江と飛鳥は小さな布を淫裂に押しつけ、紐で固定していく。
「いやらしいわよ、やっぱりヌードがいいわよ」雪江は自分の恥丘を見ながら言う。
小さな白い布はやっと淫裂を隠しているが、脇からは真っ黒な絨毛がはみ出し「私もいやよ、ヘアがはみ出しているし」飛鳥の恥丘からも絨毛がはみ出ている。
だが「似合うよ。これでいい」黒川は満足そうだ。

 2人の恥丘は白い布で淫裂を隠し、紐で結ばれていたが、真っ黒な絨毛が布からはみ出していた。
それと同時にベルが鳴り「ほら、出番だぞ」「仕方ないのね」恥ずかしそうに股間を押さえながらリングに向かった。

 観客も2人の水着の姿に歓声を上げた。
「ユッキー、オッパイがいいぞ!」「飛鳥、オッパイとはみ出たヘアがいいぞ!」観客の言葉に赤く顔を染めながら2人はリングに上がった。

 「ユー、クレージー!」相手は乳房を丸出しの飛鳥と雪江を指さして何やら言っている。
「なによ、こいつら!」リングの上でにらみ合いが始まり「クリンチ、クリンチ!」レフリーが間に入って分けていく。

 そして、リングアナウンサーが名前を呼び「挑戦者、ルーシー!」金髪の背の高い女性が手を挙げている。
「同じく、キャサリン!」背の低い金髪が手を振っていく。

 「チャンピオンチーム、ライオン飛鳥!」飛鳥が手を挙げると、はみ出した乳房も揺れ動き、尻に紐が食い込んでいる。
「同じく、ユッキー赤堀!」雪江も手を挙げ観客に答え、乳房を揺らし手を振っていく。
だが、外人コンビはなにやら企てているらしく、話し合っている。

 「ファイト!」ゴングが鳴らされ、最初は飛鳥とルーシーが戦った。
「このやろう!」飛鳥は腕組みからしての足に飛び込むと、それを待っていたかのようにルーシーが拳で背中を叩き「ひー!」飛鳥がリングに沈んだ。

 ルーシーは英語でなにやら話し「い、いやー!」ルーシーは飛鳥の上に乗り胸のブラジャーを外していく。
「やめろよ!」飛鳥は上半身がむき出しにされた。

 ルーシーは剥ぎ取った水着で飛鳥の両手を後ろ手にして縛っていく。
「何するのよ!」足をバタバタしていると、その弾みで淫裂を隠していた布が下がって「ユッキー!」「ルーシー!」歓声が大きくなっていく。

 「解きなさいよ!」飛鳥は両手を縛られたままだ。
それをいいことに、ルーシーは大胆にも股間の紐を解きだし「いやー、やめろよ!」飛鳥の淫裂が丸見えになり「悔しいわ。ヌードにされるなんて!」真っ黒な絨毛を晒しながら立たされた。

 それでも容赦なく、ルーシーは今まで履いていたパンティを飛鳥の頭に被せた。
「いや、いやー!」股間を覆っていた布が鼻に押し当てられ紐が縛られていく。
「スゲエ。オ○ンコを隠していたパンティを嗅いでいる!」飛鳥にとっての最大の辱めだ。

 「いや、いやー!」泣き出す飛鳥は縛られたまま転がるようにしてコーナーに逃げた。
「飛鳥!」雪江は急いで解こうとしたが無理で「うっ!」雪江はキャサリンとルーシーに中央に引き出され、2人係りで水着が剥ぎ取られる。

 「いやー!」悲鳴を上げるが観客の歓声に消され「やめなさいよ!」雪江も全裸になり、後ろ手に縛られると今まで履いていたパンティが頭に被さられ、小さな布地の臭いを嗅ぐしかない。
会場は2人の姿に歓声が最高に上がっている。 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター