赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第11話 初めての売春  

 

 
 民子を犯している岸田は絶頂を迎えていた。
「うー!」声をあげ、股間同士を密着させると淫裂からは白い液体が流れ始めたが、グッタリして無
表情の民子だ。
「よかったよ。交代しましょう」岸田は起きあがと、鮮血で汚れた肉竿を桃子に差し出した。
「綺麗に拭くんだ!」桃子は震えながら濡れたタオルで岸田の萎縮した肉竿を拭いていく。
「どうだ、犯されるのを見た感想は?」勝ち誇ったように岸田が桃子に聞く。
「あんなの、見たくありません。もう許してあげて下さい」同僚が犯されたのを見るのは耐えられず
泣きながら言う。
「そうはいかない。いくら泣きつかれてもな」岸田は揺れ動く桃子の乳房を撫でながら言う。
(いや、もう犯されるのは、いや!)泣きながら民子を犯した肉竿を綺麗にしていく。

 一方、黒川は汚れた民子の淫裂を綺麗に拭いてから四つん這いにしていく。
「ほれ、立つんだよ」無表情の民子は腰を両手で持ち上げられ、肉竿で突かれていく。
「ヒー!」激痛に悲鳴をあげ(痛い、膣が裂けそう…)顔を歪めている。
「いいね、オ○ンコの締まりは最高だよ」満足しながら黒川は腰をゆっくり動かしていく。
だが、四つん這いにされた民子は「抜いて、痛いから抜いて!」乳房を前後に揺らしている。
そんな様子も八幡はビデオで撮り続けている。
「ほら、桃子も見るんだ!」
「いや、いやです!」桃子は岸田に無理に引き連れられ、民子の犯される様子を見されている。
民子も「助けて。桃子さん!」助けを求めるが桃子はどうすることもできなず、(許して、民子さん!)
乳房を揺らせながら泣いている。
その間にも黒川は見られながら登りつめて、放出を始めた。
「いや、いやー!」再び民子の淫裂からは白い液体が流れ出た。
民子はその後、八幡にも犯され3人の精液を膣の中に噴射されてしまった。

 仰向けになりグッタリしている民子を「民子さんシャワーを浴びないと」桃子が起こした。
民子は桃子に抱かれて浴室に入っていく。
中に入ると桃子は「ご免なさい、民子さん…」詫びながらシャワーを当てて犯された民子の膣の中を
洗っていくと、鮮血と精液が一緒に流れ出てきた。
しかし、桃子に洗われている間も民子は無表情で言葉が出てこない。
「ご免なさい」繰り返す詫びの桃子の言葉が浴室の中に響いていく。
それでも桃子は丁寧に洗い「これで安心よ」桃子と民子は浴室から出てきたが、黒川達は服を着込ん
でいた。
「桃子はアルバイトだ。お前は来るんだ!」民子の腕を八幡が引いて、外に出ようとしている。
「裸はいやです。せめて服を着させて下さい」
「だったら直ぐに着るんだ。下着はいらないぞ」その言葉に民子は急いでシャツとスカートを着込ん
でいく。
「終わったな。いくぞ!」民子は3人に連れられて出て行き桃子が1人残されてしまった。
「どうしよう?」全裸姿で悩む桃子だがいい考えなど浮かぶはずはない。
                ヌード
 その間ににも時が過ぎ、八幡に言われた時間が迫ってきた。
「仕方ない、着替えないと」生まれたままの上に直接シャツを着込んでいくと「乳首が痛い!」シャ
ツで乳首が擦られ痛みを感じるが、スカートを履いていく。
「見られないかしら?」不安な顔でドアを開けると「あら、桂子さん!」
桂子もこれからクラブに向かうところだった。
「これからですね?」
「ええ、行かないと後が大変だから」桃子と桂子は一緒に秘密のクラブへと向かった。
電車を乗り継ぎ、駅から急いで歩き秘密クラブのあるビルの中に入った。
「よかった、間に合った」時計を見ると7時前だ。
2人はエレベーターに乗り、クラブの着替え室に入っていく。
そこで2人は生まれたままの姿になって、股間のヘアの手入れをしていく。
「桃子さんの性器はピンクで綺麗ね」桂子は桃子の淫裂が気になっている。
「そんなことないわよ」恥ずかしそうにカミソリを動かす桃子だ。
淫裂の手入れを終えると2人はスケスケのエプロンを着てクラブに向かった。
歩くと揺れる乳房が脇からはみ出し、淫裂も丸見えになっている。
「今日もセックスをさせられるのね…」呟くように言う桂子だ。
「そうよね、私もセックスをさせられるんだ…」怯えながらドアを開けて店に入っていくと店内はま
だ、時間が早いのか客がまばらだ。

 「お待たせしました」桃子と桂子が客席を回っていくと「いいね、これが最高だよ!」もう酔った
客が乳房と淫裂を撫でていく。
そして「マスター、この子といいかな?」客が桃子を指名した。
(イヤよ。売春なんてイヤ!)怯える桃子に「桃子さんですね。振り替えておきますからお楽しみ下
さい」マスターが勝手に決めた。
「そうか、いいのか…」客は桃子の腕を掴んで奥の個室に連れていく。
初めて売春をする桃子は体が震えて(レイプなら仕方ないけど、売春なんてしたくない)拒みたいが
拒めない。
桃子と客は個室のドアを開けて中に入った。
入ると「ほら、脱がないと」催促される。
「恐いんです、許して貰えませんか?」震える声でやっと言えた。

 「そうはいかないよ。もう、金を取られたんだから」服を脱ぎながら言う。
(こいつ、初めて客を取るな。よし、可愛がってやるぞ)客が気付いたのか、急いで衣服を脱ぐと股
間が大きく勃起している。
「ほら、脱ぐんだ!」客は桃子の制服のエプロンを首から脱がせた。
「いいね、これが最高だよ」全裸にされた桃子は乳房を揉まれ、乳首を吸われていく。
勿論、そればかりでは済まず、淫裂も舌でなめられていく。
それがすむと「お前がやるんだ、わかっているだろう」客は小さなベッドに仰向けになった。
「はい、やります」震える桃子はお客に馬乗りになり、肉竿を掴んで淫裂に導いていと(今から、売
春をするんだ…)体の震えが更に増していく。
膣の入り口に肉竿を押し当てると腰を沈めていくが「あ、あー!」まだ準備ができてない淫裂は痛み
が走っていく。
(裂ける、膣が裂ける!)それでも、顔を歪めながら腰を沈めていく。
「オッパイが大きいね」客は桃子の乳房を掴み撫でていく。
(だめ、オッパイは触らないで!)桃子はやっと肉竿の根本まで淫裂に吸い込んだ。
(もう、やるしかない…)肉竿の全てを膣内に入れると腰を浮かせて放出し、再び吸い込むとそれを
繰り返している。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/150-a371baee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top