赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第13話 中絶   

 「今日はこれで結構です」桃子と民子は店長の計らいで帰宅が許された。
店内から更衣室に入り、スケスケエプロンを脱いでいくと「私、何回もレイプされたの」全裸になっ
た民子が泣きながら言う。
「私は、売春をさせられたわ、訴えたいけどヌードになってオナニーした写真があるからできないの」
桃子も泣きながら着替えている。
「いずれ、私も客を取らされるのね」民子も泣きながら着替えていた。
そこに「車で送ってやるから急ぐんだ」黒川が顔を出した。
「お願いします」(これ以上、オッパイと性器を見られたくない)透けて乳房が見えるシャツを着た
民子が言うが、無理もなく、それは賢明だった。
「私もお願いします」桃子も送ってもらうことにした。
「だったら、行こう」その言葉に黒川の後ろを歩いて駐車場に向かった。

 広い駐車場は誰もいない。
「乗れ!」黒川の開けたドアから2人が乗り込むと、アクセルを踏み、車が走り出した。
「明日は5時に俺の病院に来れるか?」黒川の言葉に桃子は不安を感じた。
「なぜですか?」
「一緒に酒が飲みたくてな。岸田も一緒だ」
「無理かも知れません。授業次第ですから」怯えた声で言う桃子だ。
「そんなのなんとかしろ。必ずくるんだぞ、いいな」黒川にそう言われては逆らえない。
(また恥ずかしい思いをさせる気ね)項垂れる桃子と民子だ。
やがて、黒川の車は民子のアパートの前に着いた。
「いいな。警察に訴えたら素っ裸でオナニーしているビデオを証拠としてだすからな」
「訴えません。ですから、あれは誰にも見せないで下さい」
「その気なら悪いようにしないよ」民子を降ろすと車は再び走り出した。

 車の中は桃子と黒川だけになっている。
「お願いです、何でもしますから売春だけは許して下さい」
「嫌いか、売春は?」
「はい。レイプされるよりもいやです」泣き声で言う。
「考えておく。しばらくは我慢しろ。ほら、着いたぞ」民子とそんなに離れてないから直ぐに桃子の
アパートの前だ。
「いいな、遅れるなよ」桃子が降りると黒川は車を走らせた。
桃子は自分の部屋に向かうが「桂子さんはまだ帰ってないわ」向かいの桂子の部屋は明かりが付いて
いない。
ドアを開け中に入り照明を付け「もう11時か、体を洗わないと」見知らぬ男に抱かれた跡を消そう
と浴室で丁寧に体を洗っていく。
幾度も、幾度も淫裂を洗うが、体を売った事実を消すことはできない。
浴室を出ると、普段あまり飲まないウィスキーをグラスに注ぎ一気に飲み込んだ。

          飲酒

「売春なんかしたくない!」酔ったのか泣き出し、そのまま眠りに入ってしまった。

 翌日、授業を終えた桃子と民子は黒川整形外科へと向かっている。
「また、レイプされるのかしら?」
「もっとひどい目に遭うかもよ」不安な顔つきで歩いていく2人だ。
そんな2人の目に「黒田整形外科」と書かれた看板が目に入る。
「行くしかないわ、もう戻れないし」
「そうよね、行くしかないわね」2人は患者がいない病院へと歩いていく。
「車が多いわね」診療時間を過ぎたにも関わらず、車の多さに不安を感じながらドアを押して中に入
ると「遅いな、待っていたぞ」八幡が入り口に立っていた。
「とにかくこっちへ来い」2人は八幡の後を追って歩いていく。
「どこへ行くんですか?」不安を感じながら狭い廊下を歩いていく。
「何かしら?」正面に金属製のドアがあり、八幡は慣れた手つきで重い金属のドアを開けた。

 「助けて、桃子さん!」扉が開いた瞬間、聞き覚えがある声がした。
「桂子さん。どうして?」全裸にされた桂子が大の字に両手、両足を縛られている。
「桃子に民子か。待っていたぞ」手術服を着た黒川が現れた。
「いったい、何をする気ですか?」震えながら桃子が尋ねると「妊娠したんだ。誰かわからない男の
子をな」岸田もやはり手術服で現れた。
「中絶…。でも婦人科の資格は持ってないはずよ」桃子の声は震えてどうにか聞き取れるほどだ。
「資格?そんなの関係ない。こいつは好きな男ができたからバツを与えないとな」
「いや、産みたいのよ。いやー!」叫ぶ桂子に麻酔が掛けられ、直ぐに意識がなくなった。
「八幡、公開手術をやるから見学者を呼ぶんだ」
「わかりました、黒川さん」八幡は金属製のドアから外に出て行った。

 やがて、八幡は秘密クラブで働いていた女性達を連れて戻ってきた。
「いいか、勝手にオ○ンコするとこうなるからな」脅しを掛けると、女性達は皆が震えている。
「オペ開始!」黒川と岸田は桂子の淫裂を開き、膣の中を熊手のような器具で掻き回していく。
「ほら、これが桂子のガキだ!」ネズミくらいの子供がでてきた。
「可哀想に、生きて生まれたかったろうに!」泣きながら見ている女性達だ。
その後も黒川は桂子の膣の中を掻き回していく。
「ほら、これが胎盤だ!」血の固まりがでてきた。
(ひどいわ。何も中絶などしなくてもいいのに)桃子と民子は涙を流しながら見ていた。

 中絶手術は1時間ほどで終えた。
「病室に運ぶんだ!」桂子を縛ってある紐が解かれていく。
「桂子さん、辛かったろうね」女性達は桂子の体に脱がされた服を着せていく。
そして、手術台からストレッチャーで誰もいない病室に運ばれ、ベッドに寝かしていく。
桂子は宿った子供が殺されたとも知らず眠ったままだ。
「いいか。好きな男ができても、ただでオ○ンコさせたらこうなるからな」八幡の脅しに皆が黙っ
たままだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/152-64f9864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top