赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第16話 公開陵辱  

 樹脂の肉竿がピストンする度に「クシュ、クシュ!」卑猥な音が店内に響いている。
「気持ちよさそうにオ○ンコしてるね。俺もやりたいよ」支配人に客が言う。
「それでしたら、男役の尻に入れてみますか?」
「それでもいいよ。やらせてくれ」お客が新たに加わり、レズの男役をしている女性の肛門に肉竿が
押し込まれていく。
「抜いて、お願いですから抜いて下さい!」肛門の痛みに泣きながら言う。
レズ相手の体が小刻みに振るえ、その動きが樹脂棒を通じて桃子にも伝わって「あ、あー!」(だめ、
こんなのだめよ!)自然と体が反っていく。
客は肉竿のピストンを始め「いやー!」悲鳴が店内に響いている。
そのあおりで、桃子も淫裂深く突き刺す樹脂製の肉竿に「あ、あ、あ~!」悶え声をあげている。
3人の行為に店内のボルテージが最高潮に達していた。
演技を終え、テーブルに付いた民子達も再び、奥の個室に連れ込まれていく。
「許して下さい、膣が痛いんです…」
「そんなの我慢しろ」支配人の非情な言葉で再び、相手をさせられた。

 それと同時に、ステージでも桃子とレズの相手がお客と本番を求められていた。
「ここでは許して下さい。奥でなら相手をしますから」全裸の2人が言っても聞き入れるはずがない。
「イヤー!」桃子はお客が見守る中で、四つん這いにされ後から肉竿で突かれていくと「あー!」髪
の毛と乳房を揺らせ悲鳴をあげている。
桃子のレズ相手も樹脂棒が外され、仰向けになって相手を淫裂を突かれていく。
「そうだ、これを入れてみるか」今まで桃子の淫裂を突き刺していた樹脂棒が今度は桃子の肛門を突
き刺し始めた。
「いやー。お尻はいやー!」
「動くな。動くと痛いぞ」容赦なく樹脂棒が肛門から直腸に入って行く。
「抜いてー。お願い、抜いてー!」頭を振り悲鳴をあげている。
あまりの激痛に淫裂もピクピクと痙攣し始めた。
「いいぞ、オ○ンコがピクピク締めていく!」興奮して肉竿と樹脂棒のピストンが始まった。
「いやー、いやー!」体を震わせて耐える桃子だ。
この行為に店内のお客も興奮が最高に達した。
「やらせろ。ここでだ!」
「ここはいや。せめて奥の個室でお願いします」全裸の女性達はお客次々に犯されていく。
「ひー!」「いやー!」泣き声が店内に響いている。

 桃子の肛門は樹脂棒の動きに耐えきれず遂に出血が始まった。
「血が出たぞ」肛門から流れ出た血が肉竿を染めていくが「仕上げだ!」肉竿の動きが速まった。
「ヒー!」悲鳴をあげ、逃れようとするが腰を押さえられ逃れることはできない。
淫裂が壊れるかと思うほどにピストンをしている。
「ひ~、お願いだから、やめて~」泣き叫ぶが容赦なく桃子の胎内深く放出を始めた。
「いや、いやです!」桃子は胎内に精液が噴射され泣き出した。
客は「ああ、すっきりしたよ」放出を終えると満足して肉竿を抜いた。
それと同時に淫裂から精液が堰を切ったように流れ出て行く。
「お客さん、シャワーをお使いになりますか?」鮮血で汚れた肉竿を見た支配人が尋ねた。
「勿論さ、こいつと一緒に使わせてもらうよ」
客の男はグッタリしている桃子を無理に起こして、奥のシャワー室に入った。
 
 桃子はフラフラしながらもやっと立っている。

           シャワー

「しみるー!」シャワーの水が裂けた肛門に触れ悲鳴をあげる桃子だ。
「これくらいで泣くな!」怒鳴りながら容赦なく肛門の鮮血を洗っていく。
「これでよし。次はオ○ンコだ、こっちを向け!」
(いや、恥ずかしくていや!)膣から精液が流れ出る様子は見られたくなかった。
「そんなに、ガキが欲しいのか。だったらそれでいい」
「子供なんか、欲しくはありません」泣きながら言うと「だったら、こっちを向け。洗ってやる」
(仕方ないわ。恥ずかしいけど)桃子は振り向いて淫裂を押さえていた手を退けた。
「ほう、オ○ンコから流れる俺のエキスもいいもんだな」笑いながら指で淫裂を広げ、眺めている。
「お願いですから、洗って下さい」屈辱と知りながら頼む桃子だ。
「よし、オ○ンコの中を洗ってやる」シャワーのノズルを淫裂に押し当てた。
すると、勢いよく水が開いた淫裂に飛び込み、白い精液を流していく。
(悔しいわ。膣を犯された上に洗われるなんて!)悔しくて桃子は涙を流している。

 「これでいいかな。もう出てこないし」桃子の膣の中は綺麗に洗浄されている。
「洗ってやったのに、礼も言わないのか」お客は黙ったままの桃子に不満を持った。
「オ○ンコを洗っていただきありがとうございました」やっと言えた。
(オ○ンコなんて卑猥な事を言わなければならないなんて!)また悲しさがこみ上げてくる。
「そうだ。人の善意には礼をするのが常識だからな」
お客は桃子に卑猥な言葉を言わせたので満足し、自分の汚れた肉竿を洗っていく。
「よし、綺麗になったし、戻るか」
桃子とお客がシャワー室から出ると、代わって、民子が入ろうとしている。
民子は泣きながら両手で淫裂を押さえているが、指の隙間から白い液体がポタポタ落ちている。
「民子さん!」桃子はそれしか言えなかった。
(膣の中に射精されたんだ。私と同じように…)俯いたまま桃子は店内に戻った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/155-b5f952d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top