赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第17話 思わぬ客  

 桃子が戻ると、客達は皆が笑顔だった。
「楽しかったよ。こんなショーなら毎日でもいいから見たいね」
「見たいねじゃなくて、やりたいねでしょう」笑顔で話し合っている。
それを聞いて(こっちの身になってよ)淫裂を洗い終えた桃子はテーブルを回って酒を注いでいく。
「いいね、この子は」桃子の乳房がまた揉まれ「痛いの。もう痛くて我慢できません」顔を歪める桃
子だ。
「オ○ンコも痛いだろう。やりすぎたし」淫裂を指で触られていく。
「はい。オ○ンコをやりすぎました」卑猥な言葉を言う桃子だ。
この陵辱ショーはお客にバカ受けで、裏オーナーの黒川と八幡は「受けたな。明日からは毎日やるか
らな」女性達に言い聞かせた。
「ヌードは構いませんがお尻だけは許して下さい…」桃子は泣きながら言うと「それはダメだ。ケツ
は交代でやるから我慢しろ」黒川の言葉に項垂れる桃子と民子だ。

 そして、次の日クラブに行くと新しい服が用意されていた。
それは真っ黒のストッキングだけで太股までの長さだ。
(いや、こんなのいや!)泣きながら生まれたままの姿になり履いていく。
「いいね。卑猥さが目立っていていいよ」真っ黒なストッキングはピンクの淫裂を引き立たせている。
「やりたくなったな。オ○ンコさせてくれ!」興奮した八幡が桃子に抱きついた。
「八幡さん、商品に手を付けたら商売になりませんよ。稼ぎがその分減りますから。休みの時に楽し
んで下さいよ」支配人が注意した。
「そうだな、大事な商品だからな。金儲けが優先だよな」八幡は支配人の言葉を素直に受け入れた。
(よかった、またレイプされるとこだったわ)ホッとする桃子だ。
         ガーター

 ストッキングを履き終えると「これを首に付けろ!」革のベルトを渡していく。
「いや、こんなのいや。お尻でしますから首輪はいやー!」民子は泣きながら言う。
「だめだ。付けなかったら写真を裏に流すぞ。素っ裸で電車に乗っている奴だが」
それには「それだけは許して下さい」泣き崩れていく民子だ。
「わかったな。これを付けるんだ」支配人は泣いている民子の首に犬の首輪を取り付けるが、その間
も「許して下さい」は泣きながらも言っていた。
「お前達も付けるんだ!」八幡も他の女を脅して言う。
(イヤだけどしかたない)屈辱感を感じながら両手で自分の首にベルトを取り付けていく。
「いいね。これならショーも盛り上がるぞ。今日の主役は民子と桃子だ。ケツとオ○ンコで相手だか
らな」
支配人は無情にも2人に肛門と膣への同時プレイを命じた。
(いやよ、膣なら我慢できるけどお尻はいや!)叫びたい2人だが許されるはずなどなく、涙を垂ら
して堪えるだけだった。
「準備はできたな。営業開始だ!」桃子達は店内に入っていく。

 そして、あのショーが始まった。
桃子と民子がレズをしていると、お客が襲い掛かってきた。
下半身丸だしで桃子と民子を犯していく。
「いや、いやー!」2人は悲鳴をあげながら騎乗位にされた。
「いや、お尻はいやー!」叫ぶ桃子は抱きかかえられて客の胸に乳房を押しつけた格好だ。
淫裂に肉竿が食い込んでいるのがお客に見えている。
「ケツでやれるなんて思ってなかったよ。家内だって絶対にやらせてくれなかったからな」桃子の肛
門に肉竿が入ってきた。
「いやー、抜いてー!」体をくねらせ激痛に耐えている。
顔を歪め、淫裂がピクピク痙攣をしていた。
「いいね、オ○ンコがピクピク締めている」
「ケツも締まりがいいよ。これを一回でいいからやりたかったんだ」桃子は淫裂と直腸を肉竿でピス
トンされていった。
それは桃子だけでなく民子も並んで犯されている。
「いや、いやー!」肛門に入っていく肉竿に悲鳴をあげ泣いていた。
この迫力ある陵辱ショーは評判がよく、口コミで秘密クラブに入会してきた客も増えてきた。
(どうしてこんな事になったのよ)あの時、警察に行けばよかったと後悔したがもう遅い。
(今更訴えても無駄だわ、売春までしたんだから取り合って貰えないし…)
悔やみながら、ストッキングと首輪を着けただけの姿で店内を回っていく女性達だった。

 ショーを初めてから1ヶ月後ある男達が秘密クラブに入ってきた。
「校長。あの子、どっかで見たような顔ですよね」
「そうですね、教頭。あれは英語の相田先生にそっくりだぞ」
「それに、あの子は体育の酒井先生に似てますね」2人は桃子と民子をしっかり見ている。
「校長、あれはそっくりじゃなく、もしかしたら本人では?」唖然として乳房をお客に掴まれ、笑顔
の2人を見ている。
この2人は桃子と民子が教えている高校の校長と教頭だった。
「とにかく確かめましょうよ」2人は支配人に2人を指名した。
「かしこまりました」何も知らない支配人は桃子と民子を指名したお客が待つテーブルを指示した。
そんなこととは知らない2人は笑顔で向かい「おまちどう…」後は声にならず、体が震え顔がこわば
っていく。
「よくきたね。ここは金さえ出せば何でもできるんだよね?」
「は、はい…」震えた声で返事をする桃子だ。
「よし、お前を買ってやるからオ○ンコしよう」桃子は乳房を掴まれている。
「許して下さい。これには訳がありまして…」
「訳は後で聞く。今は俺が客だぞ。オ○ンコさせろと言ってるんだ!」乳房を掴んだ手で淫裂を触っ
ていく。
「好きなのか、オ○ンコが?」淫裂はいつでも相手ができるようにワセリンが塗って合ってヌルヌル
していた。
「好きでしてるわけではありません…」言う桃子だが乳首も吸われて(終わったわ、教師生活が終わ
った…)自然と涙が流れて行く。
同様に民子も淫裂に指を入れられて乳首を吸われて、桃子と同じく涙を流していた。

 桃子と民子は奥の個室に連れ込まれた。
「許して下さい。これには訳があるんです」必死で言い訳をする桃子と民子だが聞き入れてなど貰え
るはずがない。
「俺達はお客なんだ。いつものようにやるんだ!」校長と教頭はズボンを脱ぎ、下半身を露にし、小
さなベッドに仰向けに寝た。
「やるんだ。わかっているだろう!」
(もう、どうなってもいいわ…)やけ気味の2人は、股間の肉竿を掴むと口で「ウグ、ウグ!」と擦
っていく。
「いつもそうやってるのか?」校長と教頭は体を起こして乳房を掴んで揉んでいる。
2人は口による刺激で肉竿も大きく膨らんでいく。
(やるしかないわ…)桃子と民子は客をまたいで馬乗りになり、肉竿を掴んで淫裂に導くと「あ、あ、
あー!」喘ぎ声をあげながら腰を沈めていく。
淫裂にはワセリンが塗ってあるから肉竿は吸い込まれるように根本まで入った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/156-df01531f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top