赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第18話 学園での全裸  

 「慣れた手つきだ、とても教師とは思えないな」
「そうですね。ソープ嬢と同じですよ」校長と教頭の2人は揺れ動く両乳房を掴み顔を見ていた。
(顔は見ないで下さい。せめてものお願いです)泣きながら腰を上下に振っていくと「クシュ、クシ
ュ!」淫裂から音が出始めた。
「気持ちいいな。相田君、中出しもOKなんだってな」
「そうですが、せめてものお情けで許して下さい…」涙が筋となって流れている。
「俺はお客だ。売女のくせに文句を言ううな!」
(売女…。違うわ、売春婦じゃないわよ)校長が言った『売女』と言う言葉にすすり泣き出す2人だ。
しかし、そんなことで許されるはずがない。
「い、いやー!」太股をを両手で堅く押さえられて股間同士が密着したままだ。
(出された、子宮の中が暖かい!)淫裂から白い液が流れていく。
「すっきりしたな。今日はこれで終わりだ。話は明日しよう」
「必ず登校してくれよ」校長と教頭は精液で汚れた肉竿を桃子と民子の舌でなめさせていく。
(もう、終わりだ。生きて行きたくない!)2人の脳裏に『絶望!』という言葉が波打っている。

 翌朝、桃子と民子はイヤイヤながら登校した。
「来ましたね、相田先生に酒井先生」校長と教頭はギラリと目を輝かせている。
そして「本日は臨時の職員会議を開きますから帰らず残って下さい。重大な事がありますから」それ
を聞いて(みんなに言うのね、あのことを!)体が震えている桃子と民子だ。
訓辞が終わると早速授業が始まったが2人は落ち着きがない。
(どう、言い訳をしようかしら?)そのことばかりが気になっている。
そして、放課後になった。
「相田先生と酒井先生、ちょっと、お出で下さい」呼び出しに、怯えながら校長室に入っていく。
「わかってますよね。皆に事情を説明しますから、昨日の服装になって下さい」校長は素っ裸になる
よう命令した。
「そ、そんな、ヌードになるなんて!」後は声にならない。
(同僚の前でフルヌードになるなんて!)唇と頬がブルブル震えている。
「昨日の服装にならないなら教育委員会に提訴します。そうしたらマスコミが押し寄せますよ」ニヤ
リと笑い、2人に紙袋を渡した。
「わかりました」真っ青な顔になった2人は着ているスーツを脱ぎ始めた。
 
 上着、スカートと脱いでもう下着だけの姿になっている。
「おや、白ですか、風俗嬢は黒ですよ。明日からは黒にした方がお似合いですよ」軽蔑した言葉が掛
けられていく。
それでも黙ってパンティを脱いでいく2人だ。
「綺麗なオ○ンコですね。やはり、毛のないオ○ンコが最高にいいですね」
淫裂から飛び出している肉襞を指で撫でられていく2人だ。
(やめて下さい、そんなこと!)声を上げて拒みたいが今はそんな立場にないから、涙を流しながら
ブラジャーも脱いで、全裸になった。
「いいね、大きいオッパイに小さいオッパイが」笑顔で桃子の大きな乳房と小さな民子の乳房を同時
に掴み、味わいながら揉んでいる。
それには「う、ぅぅー!」辱めに堪えきれず嗚咽が出始めた。

 「泣くのは後ですよ。それよりそれを着けて下さい」乳房から手を退け紙袋を渡した。
それを黙って開けると(黒のストッキングと首輪だわ。こんな姿まで見せなければいけないなんて…)
逃げたい出したいが、それもできない。
2人は目から涙を流しながら太股までのストッキングに足を通し、首に犬用の首輪を付けた。

                 ストッキング1

(もう、終わりだ。これで終わりだ…)体がブルブルと震えていた。
「終わりましたね。それでは行きましょう」
校長に言われ、桃子と民子は乳房と淫裂を晒したまま、校長室から職員室に向かって行く。
職員室は校長室の隣で、ドアを開けて校長が入っると、その後に2人が続いて入った。
入るなり「キャー!」「す、素っ裸だ!」桃子と民子の乳房と淫裂を晒す姿に職員室は歓声と悲鳴が
響いていく。

 「お静かに。お静かに!」教頭が声をあげて叫ぶと、その声にやがて静かさが戻ってきた。
「残念ですが我が校から不祥事が出てしまいました。このお二人がアルバイトをしていました」
「校長、アルバイトってその姿でですか。素っ裸で!」
「そうです。素っ裸になって、お客にこうされているんです」校長と教頭は2人の乳房を背後から掴
み揉んでいく。
さらに、無毛の淫裂を指で広げ淫裂の中を職員に見せていく。
(やめて下さい。せめてここでだけは!)2人の目からは、前にも増して涙が流れ出ていく。
「そんなことまでさせていたんですか!」驚く同僚の教師だが「これだけじゃないんです。売春をし
ていました」
「えー!」大きなどよめきが上がっていく。
 
 「恥を知りなさい、それでも教師なの?」同僚の罵声に堪えきれず「う、う、うー!」声を上げて
泣き出した。
「なによ、裸で稼いでいたくせに泣くなんて。良心があるなら辞めなさいよ、この恥知らず!」同僚
は軽蔑して暴言を吐いていく。
「まあ、まあ。ここは私にお任せ下さい。教師は後任が決まり次第に辞めてもらいますから」
「校長、それだけですか?」怪訝な顔の教師達だ。
「はい。でも、外でのアルバイトは禁止しますが、先生方を相手にしてもらいます。お金も払ってね」
その言葉に奥歯がガチガチ鳴っていく桃子と民子だ。
(いや、いやよ。同僚に体を売るなんて!)
「女性の先生方もいいですよ。この2人は上手ですからオナニーより感じますよ」
「そ、そんな!}顔を赤らめる女性教師達だが(そうね、レズを試してみようかしら)(あの2人と
オ○ンコできるなら5万払っても惜しくはないな)そんな思いを込めて、ストッキングと首輪をして
いる桃子と民子の乳房と淫裂を食い入るように見つめていた。

 桃子と民子は職員室で素っ裸のまま、同僚の前で手を後ろに組んで立たされた。
(いや、見ないで。せめてものお情けを!)俯いて泣いている。
「いいですか。後任が決まるまでは私達が相田先生と酒井先生の監視をしましからね」そう言うと校
長は桃子の乳房を両手で掴み揉んでいる。
「皆さんも2人を買ってあげて下さい。お金が欲しいのでしょうから」
教頭の言葉に「わかりました。お金でのお手伝いならできますよ」男性教師は目を輝かせている。
「女性方も協力をお願いします。半分の1万でいいですから」
「わかりました。協力します。でも誤解しないでください、淫乱でなく善意からですからね」
「それは充分承知してます。協力を感謝します」こうして、2人への辱めが決まってしまった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/157-5a01f6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top