赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第19話 同僚の相手  

 「校長先生、どこで協力すればいいのですか?」
「宿直室ならどうでしょう。あそこなら生徒も入れないし」
「男性はいいでしょうが私達女性はいやです。自宅で協力させてください」
「そうよ、汗くさい部屋でなく、お風呂で洗ってからしないと」
「わかりました。女性方へは出張サービスといきましょう」
(やったー。あのオッパイなら楽しめそう)今まで押さえられていた欲望が2人に向けられようとし
ている。
(いやよ、レズなんかしたくないわよ)俯いたまま涙を流している2人だ。
「それから言っておきますが中出しは当分ダメです。今日から避妊薬を飲みますが、万が一があると
困るから1週間は中出し禁止ですからね」校長は2人に避妊薬を渡した。
「いいですか、避妊はあなた方の責任ですからね」渡し終えると、名残惜しそうに淫裂を撫でている。
「校長先生、早速ですがお願いします。我慢できません」
「僕もです。カチカチです」
「あらあら、こんなに膨らませて。だいぶ溜まっていたのね」女教師は男性の股間を撫で捲った。
「ダメ、出ちゃうよ。まだオ○ンコしてないのに」
「そうよね。たっぷり楽しんでから出さないと損だもんね」ニヤリと笑い桃子と民子の顔を見つめて
いた。
「相田先生と酒井先生、皆が協力してくれてますら、お礼をわきまえて下さい」
それはソープ嬢と同じくやれとのことで、その言葉には黙ったままだ。
「最初は一番若い安西先生と後藤先生からです」
「そうですか。申しわけありませんね」ニヤニヤしながら2人は同僚の桃子と民子を伴って職員室か
ら隣の宿直室に入った。

 「毎晩相田先生のヌードを想像しながらオナニーしてたのに本物のオ○ンコだなんてうれしいな」
はしゃぎながら服を脱いでいく。
「これは夢じゃないよな。酒井先生を抱けるなんて」2人の若い教師はパンツだけの姿になっている。
「早速やって下さいよ。得意なんでしょう?」軽蔑した顔だ。
(やるしかないのね。マスコミに発表されるよりましだし)「桃子をご指名戴きありがとうございま
す。お礼にたっぷりとサービスさせていただきます」
校長に言われたとおり正座して三つ指を付けてお辞儀をした。
同様に民子も「民子をご指名いただきましてありがとうございます。誠心誠意つくさせていただきま
す」桃子と同じく正座して額を床に付けた。
そして、相手の正面に膝を付け、パンツを下げると(これが、あの先生のオチンチンなの?太いわ。
それに長い!)
若い2人の肉竿は血管が浮き上がり、今にも爆発しそうだ。

 桃子と民子はその爆発寸前の肉竿を口に含むと「凄く気持ちいい。教師を辞めて本職にした方がい
いよ」
(バカにしないで、無理してやってるのよ)悔しさを堪え、唾液をたっぷり肉竿に付けると同僚を仰
向けに寝かせてた。
(やるしかない。もう逃げれない)馬乗りになり、勃起した肉竿を自分の淫裂に押し当てると「あ、
あ、あー!」
腰を沈めると肉竿が淫裂に吸い込まれていく。
「凄いね。オ○ンコにチンの子が吸い込まれていく」頭を起こし、乳房を摘みながら言う。
「見ないで下さい。ちゃんとやりますから」
「見せろよ。チンポコの入ったオ○ンコを!」胸を押しつけ拒もうとするが乳房を押され体が浮き上
がっていく。
「やれ、やるんだよ!」もう諦めるしかなく、淫裂に肉竿が全て収まると腰を上下に振り始めた。
(だして、早く終わって!)腰を振りながらそう願っている。
            騎乗位

 しかし、若い2人は簡単には爆発しなかった。
「今度はバックだ。四つん這いになってくれ」騎乗位では満足できないのか深い結合を望んでいる。
「わかりました。後ろからオ○ンコとお尻をご自由にお使い下さい」桃子は言われた通りに四つん這
いになったが言葉とは裏腹に涙が流れていた。
「ケツもいいのか、最後だからケツの穴に入れるぞ!」肉竿が肛門に入ると、激痛に「あ、あ、あ~!」
顔を歪め体をくねらせるだした。
「俺もバックからだ。ケツでやらせろ」
「はい。お尻をお使い下さい」民子も四つん這いになり尻を突き出した。
「入れるぞ!」民子の肛門にも肉竿が入って「ひー!」悲鳴をあげ頭を左右に振っている。
「締め付けがいいな。オ○ンコもいいけどケツもいいな」2人の淫裂が痙攣してピクピク動いている。
それにピストンもも激しくなってきて「でる。でるー!」絶頂になった。
「お尻ならご自由ですから、たっぷりお出し下さい」泣きながら言う2人で、教師の威厳など消え失
せている。
(出された、お尻の中が暖かい)肉竿が抜かれると、白い液体が肛門から流れていく。
その後も桃子と民子同僚に抱かれて、この日は3人の相手をさせらた。
3人の相手を済ますと2人はフラフラしながら職員室に戻ってきた。
「終わりましたね、着替えていいですよ。それから、今夜は女性の相手ですよ」ニヤニヤしながら言
うと(そうよ、私がたっぷり可愛がってあげるわ)女教師の目が輝いている。
「校長先生、言っておきますが好きでやるんじゃありませんよ、カンパの協力ですからね」
「わかってますよ。先生が好きだなんて思ってませんから。皆さんもそうですよね?」
「当然ですよ。私だって協力して相手をしただけですからね」勝手な言い訳をしている。
「それで安心したわ、桃子さん、いらっしゃい」桃子は同僚の数学教師の恭子と、民子は音楽教師の
良子と一緒に職員室から出た。

 4人は校門を出ると直ぐに二手に分かれていく。
桃子は同僚のアパートに向かって歩いていく。
「桃子さん。レズってあれを使うんでしょう?」恭子の言葉に(そんなの言えない)顔を赤らめて歩
いていく。
「桃子さん、買って行きましょうよ、あのおもちゃを!」指さす先にはポルノショップがある。
「恥ずかしくて入れません」
「行かないの、だったら校長先生に言いつけるからね」
「行きます、一緒に行きます!」桃子は恭子と一緒にポルノショップに入った。
「いらっしゃいませ」中年の女性が声を掛けてきた。
「この子が欲しいって聞かないんです。レズが楽しめるおもちゃが欲しいって!」
(そんなこと言った覚えはないわ。勝手に決めないでよ)俯いたままの桃子だ。
「ありますよ。女性同士が楽しむのが」店員はニヤニヤしながら樹脂製の肉竿をケースから取りだし
た。

 (これがバイブなのね。初めて見るわ)恭子は目を潤ませてバイブを見つめている。
「この使い方は写真で解説してありますから、初めての方でも安心して楽しめますよ」
「ほら、買いなさいの。人に恥ずかしい思いをさせてばかりいないで!」桃子のせいにしている。
「そのバイブを下さい」言い終わると真っ赤な顔の桃子だ。
「ありがとうございます。サービスにビデオを差し上げます。レズを楽しむ方法を解説したビデオで
す」店員は桃子からお金を受け取ると紙袋に入れて渡した。
それを受け取ると2人は走るように店から出た。
「これで、たっぷり桃子さんを行かせられるわ」(行かなくてもいいわ、よけいなお世話よ)黙って
歩く桃子だ。
「もうすぐよ、そこの右なの」角を曲がると6階建てのアパートが見えてきた。
「ここよ。家賃、高いのよ」桃子は後を追ってアパートに入った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/158-71952066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top