赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第20話 辱め  

 桃子はドアの前まで来ると「上がって!」恭子の後ろから入っていく。
(恭子さんに辱められるなんて…)黙って中に入った。
「まずはお風呂からよね」浴室に入りバルブを回し、水音が部屋に響いている。
「桃子さん。今夜はここに泊まるのよ」
「そんな~。着替えがないから帰して下さい」
「だめよ。下着は校長があとで用意しておくって。それに、アルバイトに行かないように監視しろっ
て、きつく言われてるの」そう言われれば従うしかない。
「それよりも一緒にお風呂に入ろうよ。2人でも入れる風呂なの」意味ありげに薄笑いをしている。
(仕方ない。ここに泊まるしかない)言われるまま桃子は服を脱ぎだした。

 「桃子さんはヘアを手入れしてるのね。私にもさせて!」露になっている桃子の淫裂はごま塩のよ
うに絨毛が生えている。
「自分でしますから」桃子は手で淫裂を隠した。
「隠さなくてもいいのよ。それよりも洗いっこしましょうよ」
「わかりました」2人は浴室で石鹸を塗り互いに相手の体を洗っていく。
「まずはヘアの手入れよね」恭子がカミソリを桃子の恥丘に押しつけると(いや、剃らなくてもいい
のよ)太股がブルブル震えている。
「動かないで」恭子はカミソリを動かしだした。
すると、桃子の生えかけた絨毛はあっけなく消えてしまい、地肌が露わになった。
「綺麗ね、私もここを剃って欲しいな」恭子は淫裂が見えるようにしたかった。
「わかりました」桃子は恭子からカミソリを受け取り、絨毛にカミソリを当てた。
そして、下に引いていくと絨毛が消えて淫裂の地肌が見えてきた。
(ヒラヒラが黒ずんでる)淫裂からはみ出ている肉襞は桃子のピンクと違い、黒ずんでいる。
それは膣から流れ出た淫液のせいで、恭子はオナニーが好きだったからだ。
桃子はなおもカミソリを動かし、恭子の絨毛の全てを消しての淫裂を露にした。
「これで同じね。一緒に暖まろう」抱き合って浴槽に浸かっていく。
すると、恭子の手が桃子の淫裂を恭子の手が撫でだし「今夜はたっぷり楽しませて!」いきなり唇に
吸い付いた。
(いや、私はレズはいやなのよ)拒むことが許されない桃子は恭子にされるがままだ。

 浴室で散々触ると浴室から上がり濡れた体をタオルで拭いていく。
「ビデオを見ましょうよ、あの使い方も知りたいし」生まれたままの姿でビデオを再生していく。
『あ、あー!』テレビから喘ぎ声が流れていく。
「あら、膣に入れて使うんだ!」ビデオの2人の膣にはV型のバイブが入っている。
「試しましょうよ。まずはこうして」恭子は桃子が買い込んだバイブを自分の淫裂に押し込み、そし
て、紐を腰に巻き付けた。
             ペニスバンド

「いやらしいわね。オチンチンみたいで!」顔を赤らめて桃子に抱きついた。
「入れないで。膣には入れないで!」桃子の淫裂にバイブが入り込んでいく。
「オッパイ、揉みながらやるんだ」乳房を掴み、バイブのピストンを始めた。
「いや、いやー!」(こんなのいや。レズはやりたくないのよ)逃げたいがどうすることもできない。
恭子は腰を前後に振りながら「お客の前で、いつもやってるんでしょう?」軽蔑の言葉に桃子の目か
らは涙が流れていく。

 最初は堅かった淫裂もいつしか淫汁が流れて「クシュ、クシュ!」と卑猥な音が出ている。
(桃子、気持ちよさそうね。私も試したい)恭子は「交代よ。私にやるの。後ろからして」腰の紐を
解いて桃子に渡していく。
その紐を桃子が腰に巻き付け、恭子は淫裂にバイブをくわえ込んだまま向きを変えると「あ、あ、あ
~!」喘ぎ声を上げながら四つん這いになった。
「入れて。レズを体験したいの、早く入れて!」乳房を垂らしながら叫ぶと(ホントは好きなくせに!)
桃子は恭子の背中に自分の乳房を押しつけて腰を振っていく。
「いいわ、いいわ。膣が疼いていく!」体を震わせながら叫び、淫裂からは淫汁が流れいる。
(あなたは淫乱よ!)桃子はバイブのピストンを始めたがそれで満足する恭子ではなかった。
仰向けになった桃子に馬乗りになり、自らバイブめがけて腰を振っている。
「いいわ、いいわ!」桃子も揺れ動く乳房を掴んで揉んでいる。
淫裂の回りの絨毛を剃ってあるから桃子に様子が見えており、恭子も桃子の乳房を掴んでいる。
やがて「いく、いくー!」動きが止まり、胸と胸を合わせて倒れ「ハア、ハア!」荒い呼吸だ。
こうして2人は夜遅くまで抱き合った。

 翌日、桃子と恭子は一緒に登校していく。
しかし、桃子は下着を着けておらず、スーツを脱げば乳房と淫裂が露になってしまう。
(見られないかしら?)心配しながら職員室に入っていくと「おはよう。皆さん待ってますよ」校長
がニヤニヤしながら話しかけてきた。
桃子が部屋を見渡すと同僚の目がギラギラ輝き、民子は俯いたままだ。
「2人は下着がないそうですからこれを着てもらいましょう。ここで着替えて下さい」校長は桃子と
民子に裸になるのを命じた。
「ここでなく、更衣室で着替えさせて下さい」なき声で言うと「2人はヌードを見られるのが好きで
しょう。だったらここでヌードよ」恭子も言い放つ。
「わかりました。」民子と桃子は泣きながらスーツのボタンを外していく。
(悔しいわ、ヌードになるなんて)泣きながら上着、スカートと脱いで生まれたままの姿になった。
「いいですね。そのヌードが!」男性教師は2人の乳房、淫裂、尻と触っていくが2人は泣きながら
立ったままだ。

 「まずはこれを着けて下さい。ショーと同じ服装です」黒いストッキングが渡された。
(いや。ここでは許して!)それでもストッキングを受け取ると腰をかがめて足を通していく。
「オ○ンコの手入れは上手だな。さすがプロだ」軽蔑の言葉が掛けられていく。
(言わないで、そんな事は!)悔しさを堪え、乳房を揺らせながら太股まで引き上げた。
「次はこれだ」それはガーターベルトで、黙って受け取り腰に巻き付け、ストッキングを吊っていく。
「あら、立派な娼婦さんね。お似合いだわ」
「そうだよな。このオ○ンコが何とも言えないよな」股間の淫裂を触られるが耐えている2人だ。
「いいですか。今日から下着はそれだけです。その上にスーツです」
「でも、授業の時に着替えないと」民子は体操着に着替えなければならない。
「その上に体操着を着たらいいでしょう。膣が擦られて気持ちいいわよ。娼婦さん!」侮辱の言葉に
唇を噛む2人だ。
仕方なく、2人はスーツを着込んだ。

 そして、放課後には宿直室で全裸になり、同僚が入ってくるのを待っている。
ドアが開くと「お待ちしていました。私達をお買いあげ戴きありがとうございます。お礼にたっぷり
オ○ンコをお楽しみ下さい」三つ指を付けてお辞儀をさせられる。
「いい心がけだ。たっぷり可愛がってやるからな」民子と桃子は乳房を揉まれ、淫裂を肉竿で突かれ
ていく。
また、下校しても女性教師による辱めが繰り返され、それは代用教員が決まるまで行われていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/159-a3ce0713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top