赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第21話 二度目の組事務所  


 2週間後、代用教員が決ると2人は退職を迫られ、やむなくそれに従った。
「今日でお別れです、これからも頑張って下さい」校長の言葉を最後に校舎から出ていく2人の後ろ
姿が寂しい。
「これで終わりね」「そうよね」2人は桃子のアパートで昼間だというのにやけ酒を飲んでいる。
その時にドアをノックする音がした。
「だあれ?」酔った桃子は鍵を開けると「どうした、しばらく顔を見せなくて」八幡が訪れた。
「だって、仕方なかったのよ」桃子と民子は八幡に今までのことを全て打ち明けた。
「もうばれたのか。ずいぶん早かったな。その分、店の評判が良いって事かな」勝手なことを言う
八幡だ。
「もう、教師には戻れません」身勝手な言葉に泣きながら言う2人に「そうか、その覚悟なら大丈夫
だ。これから行こう」八幡には考えがありそうだ。

 2人は八幡の運転する車に乗って走り、2人が集団でレイプされた組事務所に着いた。
「いや、ここはいや!」泣き叫ぶ2人だ。
「降りろ、降りるんだ!」「いやー!」車から出そうもない2人を八幡は無理矢理に引きずり落とし
ていく。
その様子に組事務所にいた組員が気付いて組事務所から出てきた。
「この前の女じゃないか!」と声を上げると「2人とオ○ンコしたかったら、やってもいいぞ。その
代わりオ○ンコの中での噴射はだめだからな」
その言葉に民子と桃子の顔が真っ青になってしまった。
「来るんだよ」組員は嫌がる民子と桃子のお尻や乳房を撫でながら嫌がる2人を事務所に連れ込んだ。
事務所の中には若い男達がたむろしていて「ほら、オ○ンコ相手が現れたぞ」民子と桃子は床に投げ
られた。
「オ○ンコできるのか。だったらやるか!」若い男達は一斉に襲いかかり、「いやー!」「やめてー!」
悲鳴をあげるが、衣服が剥がされていく。
民子は上半身ブラジャーだけで、桃子はスカートが剥ぎ取られてパンティ姿にされた。

 「いや、いやー!」泣き叫ぶが容赦なく組員が飢えた獣のように襲いかかっていく。
「ほら、オッパイが出てきた!」民子はブラジャーの紐が引き裂かれ乳房が飛び出した。
「許してー!」泣き叫ぶ民子だがスカートも剥ぎ取られていく。
桃子はパンティを裂かれて股間が丸だしにされた。
「ツルツルのオ○ンコだ!」桃子の無毛の淫裂に嘲笑が上がっている。
「パイパンにしているのか、好き者なんだな」淫裂の割れ目に沿って指で撫でられていく。
「やめて、お願いです!」悲鳴をあげても2人は生まれたままの姿にされてしまった。
そして、「いや、いやー!」叫ぶ2人は乳房を掴まれ淫裂に肉竿を入れられた。
(ヤクザに犯されてしまった!)呆然としている2人だ。
           sex_4610-010s.jpg
飢えた若い男達は腰を激しく振っていく。
「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が響いて、民子と桃子は幾度も犯されてしまった。
「もう許して…」2人の腹には精液がべっとりと付着している。
それでも容赦なく、犯され続け解放されたのは組事務所の全員に犯された後だった。

 「こいつら、高校の教師だったんだぞ」得意げに八幡が言う。
「へエー、先生とオ○ンコしたのか。それは光栄です」仰向けになりグッタリしている2人の乳房を
足で踏んだ。
「ギャ~!」乳房の痛みに悲鳴をあげる桃子と民子だ。
「おい、おい。大事な商品だ、乱暴に扱うな、大事にしろ」
「わかりました。ケツの穴も掃除します」仰向けから四つん這いにされた。
「いや、お尻はいやー!」悲鳴をあげるが肛門に肉竿が押し当てられた。
「入れないで!」首を振って叫んだが容赦なく、肉竿が入り込んでいく。
「ヒー!」顔を歪め激痛に耐えている。
「抜いて…。お願い、抜いて…」息が詰まる思いに耐え、途切れ途切れにやっと言えた。
「そうはいくか。ケツなら出しても構わないぞ」八幡の言葉に肉竿の動きが速まっていく。
「動かさないで!」垂れ下がった乳房も前後に揺れ動いている。
「気持ちいい。たまにはケツでのオ○ンコも最高だ」肉竿を密着させ、動きを止めた。
「い、いやー!」民子と桃子の直腸に精液が送り込まれた。
「交代しろよ、俺もケツでのオ○ンコがしたいんだ」再び、民子と桃子は肛門を犯されていった。
もう、痛みに耐えているだけで悲鳴をあげる元気もなく、男達にされるがままだ。

 そこに、黒川と岸田が現れた。
「なんだ、首になったと聞いて、わざわざ仕事を持ってきたら昼間からオ○ンコをしているのか」
「2人とも、オ○ンコが好きなんだな」見下して言うと「違います。好きでしている訳じゃありませ
ん。レイプです、これはレイプです!」
「何、レイプだって。違うだろう、オ○ンコをしたかったんだろう」垂れ下がった乳房に指が食い込
んで「ギャー!」また悲鳴が上がった。
「正直に言うんだ、オ○ンコがしたかったって!」
それには「オ○ンコがやりたくて、お願いしてやってもらっています…」泣きながら言う2人だ。
「そうか、オ○ンコしたかったのか、それならオ○ンコが楽しめる仕事がいいな」ニヤニヤしながら
黒川と岸田が顔を見合わせている。
「黒川さん、考えがありますね?」八幡もニヤニヤしている。
「早速だが、体を洗ってこい。それからクラブの制服を着るんだ」黒川が言うと(ヌードで辱める気
だわ)怯えている民子と桃子だ。
「急ぐんだ。制服はここに入っている」岸田がバックを投げつけた。
「行くんだよ。右側にシャワーがある」八幡は民子の淫裂を足で踏み「ギャー!」悲鳴をあげた。
民子は「洗ってきます…」泣きながら起きあがり、桃子と一緒に汚れた体を洗いに出て行った。

 「黒田さん、何をさせる気ですか、まだ昼間だというのに」八幡が尋ねると「3時から医師の懇談
会があるんだ。懇談会といってもスケベなパーティと言った方がいいかな」岸田もニヤニヤしている。
「なるほど、それでホステスをさせる気ですか」
「そうだ。2人では足りないからあと2人ほど都合をして欲しいんだが、できるか?」
「黒川さんの頼みじゃ断れませんよ。早速手配します」八幡は電話を掛けていく。
そして、「桂子と、新人の真理の都合がつきました」
「そうか、すまないな」
「早速若い衆に迎えに行かせます」
「制服も着させておけよ」
「心得ています」八幡は事務所の組員に指示すると、若い組員は車を走らせた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/160-b350ded3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top