赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第22話 ホステス  

 八幡と黒田が話している間に、民子と桃子は体を洗い終え、濡れた体をタオルで拭き、制服の真っ
黒なロングストッキングを履いていく。
「悔しいわ、またヌードで辱められるのね」
「私、もうレイプされたくない…」泣きながら足を通して、引き上げていく。
黒いストッキングは2人の淫裂を引き立て、ピンクに割れた淫裂がよけいに卑猥に見えている。
「恥ずかしいわ、こんな姿になるなんて」鏡に写る自分の姿に嘆いていた。
「でも、やらないとひどい目にあうし」民子は諦めたのか首輪をし、「そうよね、やらないといけな
いのね」桃子も首輪をしていく。
「行こうか」2人は乳房と股間を両手で隠しながら事務所に戻った。
 2人が戻ると「すげえ、もっと見せろよ」若い組員はストッキングと首輪を付けただけの姿に興奮
している。
(恥ずかしい。こんな姿を見られるなんて!)散々犯されたのに乳房と太股が震えている。
「触るなよ。見るだけだ。ほら、オ○ンコとオッパイを見せてやれ」八幡の言葉に項垂れたまま両手
を後ろで組んだ。
「いいね、パイパンオ○ンコは」股間が膨らんで(見ないでよ)今にも泣き出しそうな民子と桃子だ。
民子と桃子が全裸姿を晒していると,そこに2人の女性が入ってきた。
「桃子さん!」乳房と淫裂を晒す桃子に驚くが「見ないで桂子さん!」全裸を見られ、涙が流れ出た。
「泣くことはないぞ。桂子も素っ裸なんだから」桂子も着ている服を脱がされると、ストッキングと
首輪をしていた。
それに、見たことのない女性も裸にされ、同じストッキングを履いている。
          ガーター
八幡は「触るな、見るだけだ!」興奮した若い衆に言い聞かせている。
「これならいいな。よし、これを上に着ろ」それはワンピースだが、スケスケだ。
(裸よりはましだし)4人はそれを着込んでいくと「車に乗れ。」黒川は4人を乗せて走り出した。
車は繁華街を走り、大きな建物の前で止まった。
「いいな。隠すなよ。かえっていやらしく見えるから堂々と見せるんだ」
「それに、ここからは制服姿で歩くんだ」それには(いや、こんな姿で歩くなんて!)震える4人だ。
 「ほら、早く脱ぐんだ。脱がないならどうなっても知らないぞ」黒川は決まり文句を言う。
その言葉に気休めのワンピースを脱ぎ、ストッキングだけの姿になったが、4人の淫裂から肉襞が飛
び出して(素っ裸を見られてしまう)乳房と太股が小刻みに振るえている。
「降りろ、ここから直ぐだ」4人はドアから降りて黒川と岸田の後ろを歩いていくと「素っ裸だ!」
建物の前にいた男が大きな声で叫んだ。

「ホントだ。オッパイとオ○ンコを丸出しで歩いている!」
(見ないで。恥ずかしいのに!)乳房と淫裂を隠すことができないので俯いたまま歩いていくと正面
に大きなドアが見え(ここで辱めを受けるんだ)顔がこわばる桃子達だ。
ドアを通り抜け、廊下を歩いて行くが「キャー。性器を丸だしにするなんて!」従業員の女性達が悲
鳴をあげている。
「変態よ。ヘアを剃って性器丸だしなんて変態よ!」陰口が聞こえている。
(違うのよ、脅されてヌードになっているの。変態なんかじゃないのよ)桃子は自然と目頭が熱くな
っている。
しばらく廊下を歩いていくと話し声が聞こえてきた。
「ここだ。いいな、クラブと同じ事をやるんだぞ。ショーと同じ事をな」
「セックスの相手もするのですか?」怯えて桂子が尋ねた。
「勿論だ。お前のオ○ンコも直っているだろう」
「許して貰えませんか、セックスだけは!」
「だめだ。わがままは許さない。オ○ンコも望まれたらやるんだぞ」落胆したのは桂子ばかりでない。
(もう、逃げられない)桃子と民子も落胆している。

 黒川と岸田はドアを開けて中に入り、その後を追って4人も入ると「おー。素っ裸のお姉ちゃんだ
ぞ!」歓声が響いていく。
「黒川さん、これはどういうつもりですか。まだ、懇談中なんですよ」司会らしい男が声を掛けた。
「まだ早かったかな。懇談会よりも楽しい事を用意したもので」照れる黒川に「懇談会はこれで終わ
りだ。黒川君、早速楽しもう。懇談会は打ち切りだ」中央に座った男が言い放った。
「わかりました。それでは懇談会を打ち切り、パーティを始めますから移動をお願いします」
司会の合図で一斉に移動が始まり、桃子達も一緒に移動すると、新しい会場は畳が敷かれ宴会の準備
ができていた。
「早速始めましょう。この子達がホステスをします」黒川の言葉で4人は酒を注いで回っていく。
「いいね、オッパイとオ○ンコが」4人は乳房を掴まれて「やさしくして下さい。乱暴にされると痛
いんです」笑い顔で答えている。
「ここもいいんだろう?」淫裂に指が入り(膣の中に入れないで!)指を入れられ太股が震えている。
宴会場は男性だけでなく数人の女医もいた。
「お酒をどうぞ!」
「あら、ありがとう。でもいいオッパイね。これ、整形でしょう、確かめさせて」女医は桃子の乳房
を掴み揉んでいく。
「シリコンじゃないのね、本物だわ。どうしてこんないい形なの?」乳房を揉みながら尋ねた。
「私にもわかりません」
「嘘よ、知っているはずよ。ここも整形したんでしょう?」淫裂も触られている。
「していません、整形でなく本物です」顔が赤くなる桃子だ。
 
 やがて、酒が回って会場も盛り上がってきた。
「そろそろ始めますか。ほら、やるんだよ」黒川と岸田が4人に指示を出した。
「わかりました」4人の女性は宴会場の中央の空間に向かうと「ほら、これも用意したぞ」それはレ
ズ用のバイブだ。
桃子と民子がそれを受け取り自分の股間に取り付け、これでレズの役割が決まった。
「いくわよ」「やるしかないわ」諦めた4人は大勢の医師が見守る中で抱き合う。
「いいもんですね。女性同士も」食い入るように見つめ、桃子を辱めた女医もしっかり見ている。
「いいわ、いいわ!」演技をしながら桃子と民子は相手の淫裂にバイブを押し込んでいくと「あ、あ
ー!」喘ぎ声を上げていく。黒いストッキングが淫裂を引き立たせていた。
(羨ましいわ、私もしてみたくなった)桃子の乳房を揉んだ女医が潤んだ目で見ている。
そんな事など知らない2組のレズは四つん這いと馬乗りでバイブを淫裂にピストンしていく。
(おもしろそうだわ、私も試してみよう)「ねえ、黒川さん。あの女を一晩借りられないかしら?」
あの女医が黒川に声を掛けた。
「高橋さん、それは構いませんが高いですよ」
「いくらかしら?」心配そうな女医に「そうですね、5万は必要でしょう。泊まりですから」
「それくらいなら安いわよ。今夜、借りるわね」女医は黒川に金を渡して桃子を見つめていた。
「あら、あの子を買ったんだ。おもしろそうね、私も買おうかな。で、いくらしたの?」連れの女医
が話しかけた。
「一晩で5万よ」「安いわね、私も買うわ」連れの女医も黒川と話し合い民子を選んだ。
「今夜は久しぶりに燃えそうだわ」「私も楽しむわよ」笑顔でショーをしている民子と桃子を眺めて
話し合っていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/161-3c1743a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top