赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第23話 レズの相手  



 ショーは1時間ほどで終わった。
すると、「皆様、お先に失礼します」2人の女医は宴会場から抜け出してきた。
「わかっていると思うけど、今夜は私が買ったんだからね」
「わかっています」桃子は腕を掴まれ引きずられるように歩いていくが「す、素っ裸だ!」すれ違う
客達が2人の全裸に歓声を上げていく。
(恥ずかしい、性器を見られるなんて!)桃子は手で隠すことができないから乳房を揺らせながら歩
いていく。
同様に民子も全裸で歩いていて「すげえ、オ○ンコ丸出しだ」「いやだー、ヘアまで剃って性器を丸
だしするなんて!」
それには(見ないでよ!)頭を項垂れ、乳房を揺らせながら歩いていると、足が動く度に淫裂が右、
左と向いていく。
「変態よ。この人露出狂よ!」すれ違う女性が2人を指さしながら叫んでいた。
(違います。変態じゃありません)項垂れていたから、すれ違う相手には見えないが涙を流していた。
桃子と民子はビルの出入り口のドアを開けて駐車場に向かって歩いた。
当然に「キャー!」「オ○ンコ丸出しだ!」すれ違う度に悲鳴と歓声が上がっている。
「この変態。恥を知りなさい!」気の強い初老の女性に2人は頬を打たれた。
(やめて下さい、好きで性器を晒している訳じゃないんです)桃子と民子は嗚咽をあげながらも歩い
ている。

 桃子と民子は駐車場に停めておいた車に乗り込んだ。
「行きましょうか」女医は同じマンションに住んでいるので乗り合いでここに来た。
民子と桃子は後ろの座席で体を屈めて乳房と淫裂を押さえている。
「あら、恥ずかしいの、心配いらないわよ、スモークガラスだから」女医の2人は笑顔で見つめ、エ
ンジンを掛かると走り出した。
暫く走ると繁華街を通り抜けて住宅街に入った。
「ここなの」正面にマンションが見えている。
車はマンションの駐車場でエンジンが切られ、4人は入り口に向かって歩いて行く。
ここのマンションには管理人がおらずに、カードでの出入りになっていた。
女医はカードを入れて入り「ほら、来なさいよ」民子と桃子も腕を引かれて入っていく。
廊下を歩いてエレベーターに乗り込み、女医の部屋に向かった。

 女医の部屋は5階で隣同士になっていて、桃子と民子は別れて指名された女医の部屋に入っていく。
「残念だわ、住民にもあなた達のヌードを見せたかったのに」幸いに住人とは会うことなく道代の部
屋に入れた。
「言っておくけど、私はあなたを一晩買ったんだからね。」桃子は入るなり言われた。
「存じてます。今夜は私がお相手します」
「わかっているならいいわ。とにかく,お風呂に入るから服を脱がせて」
「かしこまりました」桃子は召使いのように衣服を脱がせて道代を下着姿にしていく。
「これでよろしいでしょうか?」
「何言っているのよ、これでお風呂に入れというの?」道代は桃子の両乳房を掴み、爪を立てた。
「お、お許し下さい。直ぐにお脱がせします」息の詰まる思いでやっと言えた。
「わかったわね、無礼があったらこうなるからね」
(意地悪だわ、この人!)桃子は乳房から手を退けられると道代のパンティを下げていく。
すると,真っ黒な絨毛に覆われた股間が見えてきた。
「足をお上げ下さい」言われたとおりに道代は足をあげ、その瞬間に淫裂が覗いた。
「見えたでしょう、私の性器が」
「はい、見えました」
「どんな感想かしら?」もう片足もあげてパンティから足を抜くと桃子の両手に道代のパンティが残
されている。
「きれいです。形と色が!」お世辞を言う桃子だ。
「そんなに綺麗ならそこをなめてみなさい。嘘つきね。後でバツをあたえないと」その言葉に怯える
桃子だ。
「本当に綺麗です」慌てて両手で絨毛をかき分け、淫裂の突起を舌でなめだす。
(気持ちいいいわ。今夜は久しぶりに楽しめそうね)体が上気していき「わかったわ。それよりお風
呂に入らないと」
「すみません、気が付きませんでした」桃子は立ち上がり、道代のブラジャーを外しだす。

 道代はブラジャーを脱がされて乳房が露になり、小振りだが乳首がツンと上を向いている。
「あなたも一緒に入るのよ。素っ裸にならないと」
「はい、わかりました」桃子は急いで黒いストッキングを脱ぎ、身につけているのは首輪だけだ。
              首輪
「これでよろしいでしょうか?」両手を後ろにして全裸姿を見せる。
「それでいいの」2人は浴室に入るが浴槽は熱いお湯で溢れていた。
ここの浴槽は循環式だからお湯を交換する必要がなく、いつもお湯であふれている。
「ほら、体をあらうのよ。あなたの体でね」ニヤリと桃子を見つめた。
「体でですね?」桃子は石鹸を泡立てだした。
「そうよ、あなたの体で私を洗うの」桃子を見つめながら言う道代だ。

 桃子は石鹸を泡立てると乳房や股間に塗っていく。
そして、全身に塗り終えると「お洗いします」正面から道代に抱きついた。
(恥ずかしい、こんな事をするなんて!)膨らんだ乳房が道代の乳房と重なっている。
さらに、太股で道代の股間を擦っていくと「そうよ、そうして洗うの」荒い呼吸になっていく。
桃子は前面にくまなく泡を塗ると背後に回って、抱きつきと乳房が背中に当たっている。
「それだけじゃダメよ、オッパイを揉みながらするの」注文が付けられた。
「こうですね?」桃子は道代の両乳房を掴み、揉みながら体を動かしだした。
すると、桃子の股間が道代の尻に当たって「あ、あー!」喘ぎ声を上げてしまった。
「だめよ、自分一人で楽しんじゃ。ちゃんと洗って」
「はい!」桃子は道代の乳房を揉みながら肌と肌を擦っていった。
道代は全身を桃子の肌で擦られ「もういいわ、お湯で流して!」満足そうに言い、言われたままにお
湯で石鹸を流した。

 石鹸を洗い終えると2人は向かい合いながら浴槽に入ると、道代は桃子の淫裂を撫でだす。
(いや、そこは触らないで下さい)俯いたまま身を任せるしかない。
「ほら、あなたもするのよ」桃子の淫裂からはみ出ている肉襞を掴んだ。
「こうですね?」淫裂の痛みで顔を歪めながら道代の淫裂を撫でだした。
そして、指を膣の中に入れ、動かし出すと「そうよ、そうするの」潤んだ顔になっている。
(発情した猫みたい)桃子は道代の顔を眺めながら指を動かし続けた。
2人が指を動かしている間に体が温まっている。
「次はヘアの手入れよ。綺麗にしてよ」浴槽から出た道代が言う。
「ヘアを剃ってもよろしいのですね?」
「剃れとは言ってないわ。手入れをしろといったのよ」道代は桃子の背後に回りお尻に指を入れた。
「ひー!お尻はお許し下さい」指が桃子の肛門を通り抜け直腸に入っている。
「わかったわよね。手入れをするだけだから」道代は指を抜いて桃子の正面に立った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/162-d767417d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top