赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第25話 ナースのミーティング  

  翌朝、道代と桃子はシャワーを浴びた。
「ほら、洗うのよ」「はい」言われたとおりに石鹸を自分の肌に塗って道代に抱きつき体を動かし石
鹸を塗っていくと4個の乳房が重なって潰れている。
「そこも洗うのよ」桃子の太股が道代の股間に当たっている。
桃子は太股を上下に動かし、道代の淫裂を洗っていく。
「そうよ。その感じよ」気持ちよさそうな顔の道代だ。
桃子は丁寧に太股を動かし洗い、シャワーを浴びて石鹸を洗い落としていく。
その後、2人は濡れた体を拭いてからベッドルームに戻ってきた。
「あなたはフルヌードが似合うからそのままよ」道代はブラジャーを着けていく。
「お願いです。いらない服で結構ですからお貸し願えませんか?」真っ黒なストッキングだけを履い
た桃子は泣きそうだ。
「素っ裸が似合うのに残念ね、仕方ないわ。これを着て」薄い生地のワンピースを差し出した。
「あ、ありがとうございます」渡されたワンピースを受け取ると急いで桃子は着込んでいく。
「昨日は楽しかったわ。お礼に送ってあげる」衣服を着込むと道代と桃子は部屋から出た。

 部屋からエレベーターで降りていくと民子と連れの女医が待っていた。
「あら、これもいいわね」薄いワンピースは桃子の乳房を透かしている。
「そっちもいいわよ」民子は無地のシャツとスカート姿で乳房が密着していて乳首や乳輪までもが透
けている。
「いいわね。隠さないよ」民子と桃子は駐車場まで歩いていく。
「いいね、オッパイが!」すれ違う度に透けて見える2人の乳房に歓声が上がっている。
(恥ずかしいわ、オッパイを見られるなんて)真っ赤な顔で歩いてる。
(あの車だわ)昨日、乗った車が目に飛び込んできた。
「乗って!」道代がドアを開けると民子と桃子が乗り込み、ドアが閉められ走り出した。

 車は繁華街に向かい、10分程してから黒川の病院の前で停まった。
「降りて!」その言葉に民子と桃子が降り、4人は小さな裏口のドアを開けて中に入っていく。
病院は診察前なので診察を受ける人はいなく、看護婦が数人いるくらいだ。
看護婦達も桃子達に気づいて「見て、オッパイがスケスケよ」「ほんとだ、どうせなら丸出しになれ
ばいいのに」陰口が投げかけられた。
(好きで、こんなのを着てるんじゃないわよ)泣きたい気持ちを抑えて歩いていると黒川の部屋が見
えてきた。
「入って!」民子と桃子は黒川の部屋に入った。
中に入ると「高橋さん、いかがでしたか?」ニヤニヤしながら黒川が話しかけてきた。
「気分転換になってよかったわよ。また頼むかも知れないけど、とりあえずお返しするわね」
黒川に礼を言うと「服を脱ぎなさい。ここからは素っ裸ですごすのよ」道代は怪しい目で眺めている。
「許して下さい。必ずお返ししますから」泣きながら言う桃子と民子だ。

 「借りたのは返さないと。ほら、脱ぐんだ!」黒川の命令とあっては逆らえないから、着ている服
を脱ぎだした。
                nude.jpg
桃子がボタンを外すと乳房が露になり、胸を開いて腕を抜いていく。
(ここでも、ヌードで恥ずかしい思いをさせられるんだわ)ワンピースが足元に落ちて桃子は生まれ
たままの姿になった。
「オ○ンコが赤いな。だいぶ激しかったんだね」
「この子が『もっとして!』と聞かないのよ。淫乱よ、この子」
その言葉に(違うわよ、あなたこそ変態よ)桃子の目からは涙が流れていく。
だが、桃子だけでなく民子も全裸になると乳房に赤いあざが多数あった。
「この子もオッパイを吸ってと聞かないのよ」民子もその言葉で泣き出した。
民子と桃子は太股までのストッキングを身につけたまま立たされた。
俯いて両手を後ろで組み、乳房と淫裂を晒している。

 その時「院長先生!」婦長が入ってきて「きゃー!」民子と桃子の姿に悲鳴をあげた。
「せ、性器と乳房を丸だしにするなんて!」唖然としている。
「驚かないで。この子達は露出癖があるの。だから素っ裸になってストレスを発散してるの」道代は
婦長に説明していく。
(違うわ。無理矢理にフルヌードにさせらたのよ)唇を噛み、項垂れる桃子と民子だ。
「そうなのよ。この人は裸を見てもらうと満足するのよ」連れの女医も言い出した。
「だったら、いらっしゃい。これから看護婦のミーティングがあるから」
聞いた2人は(そ、そんなー!)体が小刻みに振るえている。
「そうだな。婦長と一緒に行くんだ。ストレス解消にはもってこいだぞ」黒川もニヤニヤしながら眺
めていた。

 民子と桃子は腕を捕まえられて看護婦が並ぶ前に引き出された。
「いやらしい、素っ裸なんて」「ホントよ。裸を人前に晒すなんて恥知らずよ」看護婦達は2人の前
で言い合っている。
「この2人は露出癖があるの。ヌードを見てもらうことで満足するの。だから、体の隅々まで見てあ
げて」婦長はミーティングで言う。
「どうせなら膣の中も見せてよ」
「そうよ。ほら、この上に寝て足を広げて」看護婦達は患者を運ぶストレッチャーを持ち出した。
「いや、いやよ!」嫌がる2人だがその上に寝かされて足を開かされていく。
(性器の中まで見られてしまう)顔を横に向け目を閉じている。
「あら、ヒラヒラがピンクよ。まだ男とあんまりセックスしてないわね」
「そうね。クリもピンクでいいわね」看護婦は敏感な桃子の突起の包皮を捲った。
「だ、だめー!」叫び声を上げ腰を浮かせるる桃子だ。
「あら、ここが感じるの、クリが敏感なのね。でも、垢が溜まってるわよ。掃除してあげるね」
クリトリスの包皮を捲った看護婦は綿棒で半透明の突起の回りに付いた垢を取っていく。
それには「あ、あ、あー!」自然と腰が動いていく。
「腰を使うのはチンポが入ったときだけにしなさいよ」爆笑が上がった。
(悔しいわ。こんな事をされるなんて)桃子は辱めが終わるまで腰を動かし続けた。
「今度はあなたよ。」桃子に変わって今度は民子のクリトリスが掃除をされていく。
民子も「あ、あー!」喘ぎ声を上げて腰を動かしていった。

 ミーティングが済むと民子と桃子は解放されたが、相変わらずストッキングを履いただけの全裸だ。
それに、もうすぐ診察が始まろうとしている。
「お願いです。服を着させて下さい」泣きながら言う桃子と民子に「服はないが、これならあるぞ」
それは看護婦が着る白衣だ。
桃子と民子は奪うようにして受け取り、着込んでいくが、直接肌の上に着ているのでうっすらと乳房
が透け、黒いストッキングとガーターベルトも透けて見えていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/164-f5b6e27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top