赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師 第26話 体育館   

 「ストッキングは脱がないと。黒はダメよ、白ならいいけど」
「それに、これもつけた方がいいわよ」白いガーターベルトとストッキングが手渡された。
桃子と民子は裾を捲り、ストッキングを交換していくと「手伝う!」看護婦達は白衣の裾を持ち上げ、
下半身が丸だしになってしまった。
下着を着けてないから淫裂が丸見えで「や、やめてー!」悲鳴を上げた。
「おとなしくしなさいよ」看護婦にクリトリスを摘まれ「あ、あ、あー!」息が詰まる思いだ。
「これを着けるまでおとなしくしなさい」腰にガーターベルトが巻き付けられストッキングを吊って
いく。
「いい眺めね。お似合いよ」道代達はそう言い残して診察室から出ていった。
桃子と民子は「どうせ、暇だろうから手伝え!」黒川に命じられて病院の中を掃除していく。
2人は丁寧に部屋の中や廊下を掃除し、掃除が終わると、看護婦の手伝いをさせられた。

 そして、3時になり「これからは夜までここで働いてもらおう」黒川が顔を出して言う。
「院長、エッチがしたいんでしょう。この露出女と」婦長がニヤニヤしながら言う。
「僕は浮気をしない主義だから」
「奥さんには黙ってますよ。ほら、ここでしなさいよ」婦長はそう言い残して出て行く。
「オ○ンコをしたいのは本当だが。それよりも用事が先だ。ついてこい」
「こまままの姿でですか?」
「そうだ、看護婦姿のままでいい」
「でも、透けていて恥ずかしいです」
「素っ裸よりはましだろう」黒川は歩きだし(仕方ないわ)民子と桃子も歩いていく。

 黒川は玄関から出て駐車場に向かい(どこに行くのかしら?)不安を募らせながらも民子と桃子は
後を追うように歩いていく。
「乗れ!」黒川がドアを開け、その言葉に従って乗り込んでいく。
2人が乗ると車が走り出し、繁華街を走り抜けて見覚えのある光景が目に止まった。
(もしかして?)看護婦の姿の2人は体が小刻みに振るえている。
黒川が運転する車は2人が今まで勤務していた高校の校門をくぐって、駐車場に車を止めてエンジン
を切った。
「降りろ!」
「お願いです。どんなことでも我慢しますからここでのヌードだけは許して下さい」泣きながら桃子
と民子が言う。
「甘えるな。お前達は売春婦と同じだぞ」黒川の言った言葉に顔がこわばった。
「体を売ってますが、ここでだけは許して下さい」
「だめだ。それがイヤならあのビデオと写真を雑誌に売るからな」そう言われたら拒むことができず、
白衣を着た2人は黒川の後を付いていくと黒川は体育館に向かう。
(行きたくない!)かって体育教師だった民子の体が震えている。

 それでも黒川は体育館に向かい(行くしかない!)顔をこわばらせながら民子と桃子も体育館に入
った。
中では教え子だった生徒の体操部員が練習をしていて「よっ!」黒川が生徒達に声を掛けた。
その言葉に練習が止まり沈黙が広がった。
「相田先生に酒井先生!」生徒達は看護婦姿の2人に驚いて「どうしてここに?」生徒達は怪訝な顔
になっている。
               ナース3

「それよりも大会の準備はどうだ?」黒川が尋ねると「今度の大会はいいところまでいけそうです」
部員はそう答えた。
「そうか。それなら先生に模範演技をしてもらおうか」黒川がニヤリと笑って言う。
「無理です。体操着を持ってきてませんから」民子は(まさか、ヌードで演技させるでは?)震えな
がら言う。
「だったら、それを脱いで演技をしたら。相原先生も運動した方がいいよ」
(いやよ、ヌードを教え子に見せるなんてできない!)桃子も体が震えている。

 「ほら、急いで脱げよ。生徒達を待たせるな!」黒川が怒鳴り桃子と民子は震える指でボタンを外
していく。
(恥ずかしい。教え子の前でヌードになるなんて!)2人が着ていた白衣のボタンが外され胸元が開
いていく。
(もしかして、ノーブラでは?)生徒達が白衣を脱いでいく2人を見ている中、民子は白衣から腕を
抜いた。
「オッパイが!」上半身が露になって乳房が揺れている。
(見ないで下さい)真っ赤な顔の民子はさらに白衣を下げると「オ○ンコが丸見えだ!」「ヘアがな
い!」声が上がるが、真っ赤な顔をしながら白衣を脱ぎ終えた。
ほぼ同じくして、桃子も白衣を脱ぎ終えて(恥ずかしい!)2人は真っ白なストッキングをガーター
ベルトで吊った姿で両手を後ろで組んだ。
「これが先生のフルヌードですか?」桃子と民子の乳房と淫裂を食い入るように見ている。
 
 「よし、早速やってくれ!」黒川の命令で民子はストッキング姿で準備体操を始めた。
(オ○ンコが開いている!)開脚するとパックリと淫裂が開いていく。
(性器を見られている!)生徒の視線が股間に集中しているのが民子には痛いほどわかっている。
桃子も準備体操を始め(すげえ。オッパイが揺れている!)桃子が動く度に豊満な乳房が揺れ動く。
(見られている、オッパイと性器を!)桃子の体も小刻みに振るえていた。
それでも2人は準備体操をしていくと(これが先生のオ○ンコか!)教え子達は無毛の淫裂に肉竿を
膨らませていた。
(オチンチンが膨らんでいる!)民子と桃子は自分のヌード姿に興奮しているのが気になっている。

 準備体操が終わると民子は床運動を始め、桃子はダンスをしていく。
生徒達は2人の揺れ動く乳房と、パックリと開く淫裂に興奮している。
(やりたい。2人の先生とオ○ンコをやりたい!)皆が勃起した股間を両手で押さえている。
その様子に黒川が気付いて「先生とオ○ンコをやりたいだろう?」生徒に言う。
思わぬ言葉に「はい。やりたいです!」生徒達は喜んで答えた。
だが「いや、セックスはいやです!」泣きながらうずくまる2人だ。
「今回は特別サービスの無料だが次からは2万だぞ。先生とのオ○ンコは高いからな」
「わかりました。只でできるんでしたら、やらせて下さい」生徒達は体操着を脱いで下半身を丸だし
にしていく。
「いやよ、いやー!」叫ぶ2人は教え子にマットに押さえられてしまった。
抑えられた二人は「ヒー!」「いやー!」淫裂に教え子の肉竿が押し込まれる。
「やめて、お願いだから抜いて!」しかし、肉竿が根本まで入り込んでしまった。
(犯された。しかも、教え子に!)呆然としている民子と桃子だった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/165-3451ed7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top