赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第28話 全裸の辱め  

 シャワー室に入るとガーターベルトを外してストッキングを脱いでいく。
「生徒達に犯された!」泣きながら全裸になった民子はシャワーを淫裂に当てた。
勢いよくシャワーが淫裂の中に入り白いドロドロした精液を流していく。
「私も散々に犯されてしまった」嗚咽をあげながら桃子も淫裂を洗った。
淫裂を洗い終えた2人は濡れた体でシャワー室から出てきた。
「先生、僕が拭いてあげる」「僕も!」生徒達はタオルを体に当てたが、拭くとは口実で触っている。
「いや、そこはいや!」手のひらが股間を撫で、さらに淫裂に指が入っていく。
「入れないで。指を膣の中に入れないで!」拒むが容赦なく次々と生徒達が触っていく。
「遠慮しないでいいよ」淫裂ばかりか乳房も掴まれている。
「だめ。乳首を掴まないで!」敏感な乳首も摘まれ、生徒達は飽きることなく2人の体を触っている。

 2人は取り囲む生徒を押し切り、体育館に戻ると「いないわ、それに服がない!」顔が一瞬にして
青ざめた。
「黒川さんはどこに行ったか知らない?」桃子と民子は胸と股間を隠しながら尋ねた。
「知ってるよ。どこにいるかも」
「お願い、教えて欲しいの」
「だったら言う事を聞かないと」
「聞くわよ、だから教えて」
「それだったら黒川さんに言われたことをするからね」体操部員は恩師の2人の腕を取り、後ろ手に
縛っていく。
「やめなさい。解きなさい!」「いやー!」2人は腕を縛られて動けない。
それに首にもベルトが巻き付けられた。
「これも付けるんだって」小さな看板を首から下げた。
看板にはなにやら書かれており、それを見た民子は「いや、これを外して。お願いよー!」声を上げ
て泣き出した。
看板には『私とオ○ンコしてみませんか?1回2万円でご奉仕します』と書かれてある。

 「看板だけは取って。何でもするから」泣きながら言う桃子だが「無理です。黒川さんから言われ
てます。ただでオ○ンコしたんですから言われた通りにしないと」
「お願い。取ってよ!」乳房を揺らせて泣きながら言うなも言う桃子に「ダメなのはだめです。それ
より黒川さんの所に行きましょう!」首輪を引かれた。
「いや、許して。見られたくない!」叫ぶが無理だで、息苦しさに自然と足が動いていく。
(ここを出たら廊下よ。それに生徒が大勢いるはず。必ずヌードを見られてしまう…)怯えながらも
体育館からでて廊下を歩いていく。

 当然「相田先生、それに酒井先生!」教え子達は2人の全裸姿を食い入るように見ている。
「オ○ンコしたかったら黒川さんに話せばいいよ」
「へえー。2万円で先生とオ○ンコできるんだ。」
「そうだよ。僕はもう、2人とオ○ンコしたんだ」
「僕もやりたいよ。相田先生と」
「オッパイとオ○ンコは触って言いそうだよ」
今まで黙って聞いていた民子だが「いや、お願いだから触らないで!」と叫ぶが「ぼくもオッパイと
オ○ンコを触りたいよ」かつての教え子が民子の乳房を掴んでいく。
両手を後ろ手に縛られた民子はどうすることもできず、乳房を弄られ、淫裂に指を入れられて広げら
れている。
「いや、許してよ!」涙を流している。

 そこに、練習を終えた野球部員が現れた。
「へえ、オ○ンコの相手をしてくれるのか…」
「2万でいいんだってよ」一斉に桃子と民子の乳房と淫裂を触っていく。
「やめて、お願いよ~」「やめなさいよ!」両手の自由が効かない2人は乳房と淫裂を触わられてい
く。
「オ○ンコの中はどうなっているんだろう?」淫裂を指で広げられ(恥ずかしい。これなら死んだ方
がましだわ)涙を流している2人だ。
散々辱めを受けた上に新たに写真部が加わった。
「いや、撮らないで!」「写真はイヤー!」叫ぶ2人だが無情にも乳房と淫裂を晒す姿をカメラに収
められていく。
(終わったわ、もう死ぬしかない!)民子と桃子は生きていく生き甲斐を無くし『絶望』という二文
字が脳裏を襲っている。

 民子と桃子は校舎の中を歩かされた。
「酒井先生と相田先生が素っ裸だ。オ○ンコが見れるぞ!」こんな情報が一瞬にして校内に流れて人
垣ができている。
(見ないでお願いだから!)
しかし、「2万でオ○ンコできるんだって」首から提げた看板に興味があるようだ。
「明日、授業をさぼって酒井先生とオ○ンコするぞ」生徒達は2人の乳房と淫裂を食い入るように見
つめている。
人垣は自然に大きくなった。
「先生がオッパイとオ○ンコを丸出しにしてるぞ」噂が校舎に広がり生徒達が取り囲んでいく。
「へえ、2万でオ○ンコできるんだ」生徒達は2人の無毛の淫裂を食い入るように見つめている。
「お願いよ。こんな姿を見ないで!」両手を後ろ手に縛られた民子と桃子は教え子に性器を眺められ
て泣き出した。
「泣かないで。オ○ンコしてあげるから」屈辱的な言葉が投げかけられてもどうすることもできない。
2人は無毛の淫裂と乳房を教え子に晒したままだった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/167-aa4e223c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top