赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ち行く女教師 第31話 新たな犠牲者    

 マンションに引っ越してから数日たった日に「4人とも病院を手伝ってくれ!」突然黒川に呼び出
された。
(今日は休診日のはずだけど?)「行くしかないわ。どんなことをされるか知らないけど」不思議な
顔をしながら黒川の待つ病院に向かった。
病院では黒川から「着替えろ、白衣姿だ。下着は付けるな」そう言われ不審に思いながらも桃子達は
生まれたままの姿になると、直に白衣を着込んでく。
4人は看護婦姿になると病院の診察室に入った。
「待ってたぞ。お前はここで受付をしろ。それからこの女が来たら俺に直ぐに連絡しろ」岸田は民子に
受付をさせた。
(どうしてなの、診察は終わったはずなのに…)納得のいかない民子だが、暫く過ぎると岸田が言っ
ていた女性が現れた。
「ちょっと、お待ち下さい」民子は言われるまま、岸田に連絡をしていく。
「来たか。ここに連れてこい」言われるままに民子は「こちらへどうぞ」と診察室に案内し、それと
同時に桃子達4人も診察室に集められた。

 「手術前に、どんな形なのか、確かめさせて下さい」黒川は真面目な顔で聞いた。
「わかりました」まだ22才ほどの女性はボタンを外しだし、上半身はブラジャーだけの姿になった。
「恥ずかしです、小さくて」赤い顔で背中に両手を回し、ホックを外すと両手を下げてブラジャーを
脱いでいく。
女性の上半身を隠すのは何も無くなり「恥ずかしいんです。こんなに小さくて」恥ずかしそうに乳房
を隠した両手を退けていく。
乳房は少女と同じで、膨らみが小さく、乳首だけが大きい。
「平気ですよ。ここを膨らませればいいですよ」膨らみきらない乳房を撫でていく。
           乳揉み

「恥ずかしいわ。見られてます」真っ赤な顔になる女性だ。
「で、どのような形がお望みですか?」
「形が良く、大きいオッパイです」俯いたまま話した。
「それじゃあ困りますよ。そうだ、君たち、白衣を脱いでモデルになってくれ」
その言葉で(それが目的っだたのね)4人は意味が飲み込めた。
「ほら、この子だってオッパイを出してるんだ。君たちもオッパイを出さないと」顔は笑顔だが目が
威圧している。

 (やるしかない!)恥ずかしそうに4人は白衣のボタンを外して腕を抜いた。
「ノーブラなんですか?」4人は白衣が腰のベルトで止まり上半身が露になっている。
「私のはそんなに形も大きさも良くありませんが…」俯いたままで乳房を晒している桃子達4人だ。
「このオッパイがいいわ。こんなオッパイが欲しい!」手術希望の女性は上半身を晒したままで桃子
の乳房を掴み揉んでいく。
「こんな、の大きくも、形も良くありませんよ」乳房を触られている桃子は俯いたままだ。
「大きいわよ。それに柔らかいし、いい形よ。私のを触ってみて」桃子は言われたまま房を掴んでい
く。
(貧乳だわ、でも乳首は敏感みたい)桃子は乳首を撫でながら乳首を摘んだ。
「あ、あっ、あー!」すると女性の悶え声が上がった。

 「この形ですね。早速手術しましょう」黒川は上半身丸出しの女性を手術台に寝かせる。
「麻酔を掛けます。はい、吸って!」岸田も加わり指示を出す。
次第に乳房を晒した女性の意識が薄れていき「吐いて、吸って!」繰り返して行くと女性の意識はな
い。
「麻酔が効いたな」
「そのようです。今日は2人同時で行きましょうか?」
「それも楽しいな。ビデオを真理に取らせるか」
「真理だけだと心配だから桂子にも撮らせましょう」
それを聞いて「いや、そんなのいやです!」しかし、許されるはずがなく、嫌がる2人はビデオを持
たされた。
「いいか、うまく撮らないと、どうなるかわかってるよな?」念を押した岸田の手が患者のスカート
を下げだした。
スカートを脱がすと、露になったパンティに手を掛け下げていく。
(この子をレイプする気だ!)4人は悟ったが何もできるはずがない。

 黒川は4人が見ている前でパンティを脱がせてしまい、真っ黒な絨毛に覆われた股間が露になって
いる。
「まずはオ○ンコの味見だ」ズボンを脱いで下半身を露にしていく。
「いいか、しっかり撮れよ」
(いや、撮りたくない!)上半身が露の真理と桂子はビデオを向けた。
「それ!」黒川の肉竿が無意識の淫裂に入っていくと、一瞬だが顔が歪んだ。
「体験済みだ。でも締まりはいいぞ」肉竿を根本まで押し込みピストンを始めていく。
それには無意識のだが顔をしかめ「ピシャ、ピシャ!」股間のぶつかる音が響いている。
やがて「出そうだ。中に出してやるか!」黒川の動きが止まった。
(射精したわ、可哀想に…)哀れみで桃子と民子は淫裂から流れ出た精液を見つめ、放出を終えた黒
川は肉竿を抜いた。
「今度は僕ですよ」女性の淫裂から流れ出る精液を脱脂綿で拭き取り、岸田も肉竿を挿入していく。
この女性も2人に犯されて、様子を真理と桂子がビデオに撮っていた。

 やがて、麻酔が切れて女性の意識が戻ると「いや、いやー!」犯されたのを知って叫び声をあげた。
「訴えてやる。許さない!」泣きながら言うと「訴えてもいいけど、オ○ンコを洗わないとガキがで
きるぞ」
その言葉に「シャワーを貸して下さい。妊娠はイヤです」泣きながら言う。
「その代わりこっちの言うことを聞いてもらわないとな」
「何をさせる気ですか?」女性は怯えている。
そこに八幡が現れた。
「こいつか、顔はいいがオッパイがだめだな」女性の乳房を撫で出す。
「いや、触らないで!」淫裂を両手で押さえ精液の漏れるのを防いでいるから乳房は無防備だ。
「触られるのはイヤか、それなら来るんだ!」
「いや。いやー」嫌がる女性だが、全裸のまま、横付けされた車に押し込まれて連れ去られてた。
(私と同じ事をされるんだ…)4人はそれを黙って見つめている。
女性が居なくなると「もう、帰ってもいい。」満足したのか岸田と黒川は4人に手を出さず素直にマ
ンションに帰した。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/170-02e6cd4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top