赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第4話 レズ体験  

  「あらあら、だいぶ溜まっていたのね。こんなに出して!」
「現役の婦警だ。出さないと損だからな」汚れた肉竿を晒したままだ。
「それより、洗ってきなさいよ。もっとやりたいんでしょう?」
「当然さ。新田、こいつを頼むぞ」森脇と新田はぐったりしている淳子と久美を引き連れ浴室に連れ
込むと有紀と和美も付いてきた。
「ほら、こうして洗うのよ」有紀は淳子の足を開いて行く。
「やめて、もうやめて!」
「汚れたままでいいの。このままの方がいいなら、そうするけど」
「洗ってください。性器を綺麗に…」小さな声で言う。
「そうでしょう、恥ずかしいわよね。レイプされた証拠の血を付けたままなんて」その言葉に黙った
ままだ。
「だったら、任せて。洗ってあげるから」有紀と和美は犯された2人の淫裂を広げてシャワーを浴び
せて綺麗に洗い落とした。
 
 「ほら、綺麗になったわよ」
「でも、こっちはパイパンで、そっちが生えていたら変だよね」
「そうよね、2人ともヘアが無いのが自然よね」
それには「いや、ヘアは剃らないで、いやです!」危険を感じた久美が逃げようとする。
「ふふふ、逃げないのよ。私が綺麗にカットしてあげるわ、赤ちゃんのようなオ○ンコに!」有紀は
T型のカミソリを手に持ち久美の目の前に示した。
「いや、ヘアは剃らないで。いやですから、剃らないで!」だが、絨毛に石鹸の泡が塗られていく。
「安心して、ケガがないようにしてあげるから」絨毛が肌に密着している。
(ヘアを剃られてしまう…。恥ずかしい…)カミソリが押し当てられて、絨毛が剃られていく。
「もうすぐ、ツルツルオ○ンコよ!」有紀の手が休みなく動いて「終わったわ。見まさいよ」鏡を見
させれた。
「いや、こんなの見たくもない!」無理に久美は自分の性器を見せられ(ない、ヘアがない!)呆然
としたままの久美だ。
 
 「終わったな。今度は梅宮と杉田とのオ○ンコだ。行こう」
「許して、もうレイプしないで下さい!」いやがるが、浴室からリビングに連れて行かれた。
「俺はこいつとだ!」梅宮は淳子の乳房を揉みながら乳首を吸う。
「やめて、お願いやめて!」泣き叫ぶ淳子と同じように久美も乳房を揉まれ乳首を軽く噛まれている。
「痛い、噛まないで。お願い、噛まないで!」
「オッパイがいやか。だったらオ○ンコだ!」
「いや、レイプなんてもういやー!」淳子と久美はテーブルに仰向けにされ犯されていく。
(犯された、また強盗に犯された!)枯れたかのように見えた涙がまた流れ出て行く。
それで、許されるわけがなく「いや、お腹の中に出さないでー!」叫ぶが2人の子宮には精液が噴射
されてしまった。
「交代だ。今度は淳子とオ○ンコだ」
「俺は久美とオ○ンコするぞ」こうして、淳子と久美は森脇達4人に代わる代わる犯され淫裂に精液
を噴射されていく。
             緊縛8
「やめて、もう許して!」両腕を縛られて抵抗できない淳子と久美は泣くだけで、もう婦警の威厳が
全て消え、ただの女性だ。
 
 淳子と久美はさんざん犯されてぐったりしている。
その傍らで『強盗犯の手がかりが全くありません、拉致された宮下巡査と後藤巡査の安否が心配され
てます。』テレビに制服を着た2人の写真が写っている。
テレビを見ている者は知らないが、2人は輪姦され、全裸のままでぐったりと仰向けになっていた。
 
 時計はもう6時を回って外は薄暗くなっている。
「ねえ、婦警さんのオ○ンコに一杯出したでしょう、妊娠心配ないの?」
「私もそう思う。私、避妊に失敗したときの薬を持ってるんだけど…」
「有紀は用意がいいわね」
「当然よ、心配だからね」有紀はバックから紙袋を取り出した。
「淳子さんだったわね、妊娠したい?」
「いや、妊娠なんていやです」泣きながら言うと「これ、お腹の中に射精された時の薬なの。欲しい?」
「お願い、その薬を下さい」
「いいわよ、その代わり私と愛し合うのよ」
それには(私にとレズをしろというんだ。私には久美がいるのよ…)黙ったままだ。
「淳子、久美とはいい仲だったわよね。でも、久美も和美と楽しむのよ」
それを聞いて「待って、有紀。私レズなんていやよ。男とならするけど…」あわてる和美だ。
「あら、さっき賭をしたわよね。淳子がバージンか、体験済みかって!」
「それがこれなんだ。わかったわよ。嫌いだけど久美とレズをすればいいのね」
「そう、今度は私たちが楽しむのよ。森脇さん、レズも見たいでしょう?」
「やってくれるか。でも、腕は解くなよ。逃げると困るからな」
「心配しないで。このままでいいから」有紀は服を脱ぐと、それに倣って和美も脱ぎだした。
 
 有紀はシャツ、スカートと脱いでいくとうっすら黒みを帯びたスケスケ下着だ。
「ずるいわ、そんなのを着るなんて!」和美は黒だがスケスケではない。
「ずるくは無いわよ、男はオッパイとオ○ンコしか見てないから」パンティを脱いで下半身を晒して
いく。
「私もパンティからよ」2人は下半身を男達に晒すと絨毛は手入れされておらず、びっしりと生えて
いる。
「有紀、そのヘアを剃らせてくれよ」「俺にも剃らせてくれよ。和美!」
「そんなに剃りたいの、私のオ○ンコ・ヘアを?」
「ああ、剃らせてくれ」
「わかったわ、私の右側が森脇さん、左が新田さんよ」
「俺はだめか?」
「心配しないで、和美の左が梅宮さんで右が杉田さんよ」
「ちょっと、ヘアはいやよ。婦警さんみたいな性器なんていやよ。ヘアが無いと変だし…」
「賭に負けたでしょう?」
「そうだよ、和美。負けたんだから剃らせてくれよ」
「わかったわよ、やるなら綺麗に剃ってよ」有紀と和美は足を開いて立った。
 「よし、俺はここだ」真っ先に森脇が有紀が用意した石鹸を泡立て絨毛に塗っていく。
「俺は和美とだ!」梅宮も和美の絨毛に石鹸の泡を塗っていく。
「いくよ」森脇の持ったカミソリが有紀の右半分を消して左側の絨毛はそのままだ。
「卑猥だわ、こんな性器なんて」性器の半分が見え、パックリと開いた割れ目から襞がはみでていた。
「見ないで、こんなの恥ずかしいわよ」慌てて手で隠す和美と有紀だ。
「隠すなよ、記念に撮らせろ、半出しオ○ンコを!」
「いやよ。全部終わったらいいけど、今はいや」手で隠したままだ。
「だったら、婦警とやらせないぞ」
「わかったわよ、その代わり顔は絶対にだめだからね」有紀と和美は顔を両手で隠して淫裂を晒して
いる。
「動くな、そのままだぞ」ビデオが2人の半分絨毛が消えた股間を撮っていく。
「いいね、オ○ンコがまたしたくなったよ」裸のままの森脇の肉竿がまた膨らんでしまった。
「もういいよ、撮ったから。今度は俺が仕上げだ」有紀の股間のヘアが消え、和美も杉田によって仕
上げに入っている。
「ほら、これで丸見えだ」2人とも婦警の2人と同じく淫裂を隠す障害物が取り払われた。
 
 「有紀、いいぞ、やっても!」
「オ○ンコはいいけど、ビデオは無しだからね。レズは撮らないでよ」釘をさして有紀は淳子の上に
覆い被さった。
「いや、やめて、いやー!」淳子の大きな乳房が掴まれた。
「いいでしょう。私、初めてだから」唇を重ねていく有紀だ。
「うっ!」顔を背けようとするが手で押さえられて逃れない。
「おもしろそうね、私もレズにトライする。でも、絶対に撮らないでよ」和美も久美の上に覆い被さ
り乳房を掴んでいく。
「いや、オッパイを掴まないで、いやよー!」
「あら、毎晩楽しんでいるくせに、私が相手じゃいやなの?」和美は意地悪く乳首を摘んだ。
「だめ、そこはだめ。触らないで、お願いですから!」敏感な乳首を摘まれ荒い息使いに変わってし
まった。
「指じゃいやなんだ。だったら口でしてあげる!」久美は馬乗りになって乳首を吸いだす。
「だめ、やめて。いやー!」久美の叫び声が響いている。
「私も口でしてあげる」淳子も乳首を有紀に吸われて「いや、いやー!」悲鳴が虚しく響いている。
有紀と和美は馬乗りになっているので、後ろから淫裂が丸見えだ。
剃ったばかりの淫裂から2枚の肉襞が垂れ下がり膣の入り口が覗いている。
「欲しい、和美。やらせてくれ!」我慢できなくなったのか、杉田が背後から肉竿を突き刺していく
が、和美によって「あん、あん、あん!」久美は腰をよじり悶え声をあげている。
「俺もやるぞ、有紀!」有紀の淫裂にも梅宮の肉竿が突き刺していくと「出すのよ、お腹に出して。
エキスを!」気持ちよさそうな顔で淳子の乳房を揉み続けている。
その言葉で、梅宮は動きを早め、膣奥に噴射し、杉田も和美の膣の中に噴射した。
「俺もやらせてくれ」「俺もだ」こうして4 人とも有紀と和美の胎内に噴射を行った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/188-332f5fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top