赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

拉致された婦警 第5話 カモフラージュ  

 「よかったわ、こんなに良かったのはの久しぶりね」淫裂から流れ出る精液を拭こうともしない有
紀と和美だ。
それには「オ○ンコ、大丈夫か?」妊娠を心配している。
「避妊薬を飲んでいるわよ。そうだ、これからは婦警さんとオ○ンコするんだから飲ませないとね」
「気がきくな、有紀は」森脇が有紀の乳房を揉んでいくと「あら、お世辞なの。でも、うれしいな、
褒められると。で、これからどうするの?」
「俺に考えがある。こうなったら婦警にも稼いで貰わないと…」
「無理よ、顔がテレビに流されているし」
「そこが付け目だよ、相手の裏をかいて風俗で稼いで貰うんだ」
「やるかしら、婦警さん?」
「やらせるんだよ、無理にでもやらせてやる。それから、ここも警察が来るかも知れないから気を付
けろよ」
「わかった、明日にでも片づけておくわ」淳子と久美は両腕を縛られたままその夜を過ごした。 

 翌朝、テレビでは『拉致された婦警はいまだに不明です』と2人の制服を着た写真が流されている。
「ほら、あんな達よ。まさか、輪姦されてしまったなんて誰も信じないわよね」
「言わないで、そんな言い方はしないで!」淳子と久美の目からは自然に涙が流れていく。
「泣くな。それより、目覚めのオ○ンコだ」
「いや、許してください、もういやです、レイプしないで!」
「いや、いやー」再び淳子と久美が犯されていく。
それを見て「昨日はあんなに出したのに、よく立つわね」有紀と和美は、淳子と久美の着ていた服を
片づけていく。
「汚いわね、ゴミも溜まっているし」
「私が出しておくわ」和美は玄関を開けると「ちょっと、パトカーよ。こっちへ来るわよ。隠れて!」
「無理だ。とにかく、こいつらを地下に連れて行け!」淳子と久美は口を塞がれ杉田と新田によって
地下に連れて行かれた。
「いいな、声を出したら殺すぞ!」
(出せないわ、声を出したらレイプされたのがわかってしまう…)見つけて欲しいが、全裸姿を見ら
れたくない、もどかしさがある。
 
 一方「有紀と和美は、素っ裸になれ。ごまかそう!」
「いやよ。見られてしまうわよ」
「見せてごまかそう、オ○ンコしてごまかそう」
「そ、そんな!」有紀と和美は全裸になって太股を抱えられていく。
「だめ、だめ。きついわ、きついわよ!」駅弁で抱かれて「ほら、和美も急ぐんだ」
「いやよ、こんなやり方なんて」和美も太股を抱きかかえられた。
丁度よく「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「いいな、悶えるんだぞ」駅弁で結合したまま歩くと「あん、あん、あん!」動くたびに肉竿が淫裂
を突き刺していく。
「いいわ、いいわよ、オチンチンがいいわよ…」演技からではなく本心から声を出した。
「どちら様ですか?」
「警察です。お聞きしたい事がありまして」
「わかりました。今開けます」
「いや、開けないで。いやよ!」有紀が叫ぶが、森脇が体を屈めてドアを開けた。
「いや、見ないでいやよ!」警官が2人中に入ってきた。

 「も、申し訳ありませんがお聞きしたい事がありまして」警官の顔が赤くなっている。
「どんなことですか?」
「見られるわ、恥ずかしいわよ!」和美と梅宮も結合したまま現れた。
「昨夜、渋谷で強盗がありまして。それで不審な車だとか,パトカーを見かけませんでしたか?」
2人の目が有紀と和美の淫裂を見ている。
「俺は何も見なかったけど、有紀は見たか?」太股をわざと揺する。
               駅弁
「あん。み、見なかったわ、あん、あん!」悶え声をあげて乳房をわざと口に近づける。
「チュル、チュル!」乳首を吸っていく森脇だ。
「俺も見なかったよ」梅宮も和美の太股を揺すっていく。
「いいわ、いいわよ。もっとオ○ンコして!」和美も乳房を押し当てていく。
「チュル、チュル!」乳首を吸っていく。
「私も見なかったわ。それより、もっとして、オ○ンコして!」虚ろな目になって言う。
 
 2人の淫裂からは淫汁がしたたり始めている。
(お巡りさんもオ○ンコがしたそうだぞ、あんなに膨らませて)
(でも恥ずかしい、知らないお巡りさんに見られているなんて!)
「あん、あん、あん!」悶え声をあげる有紀と和美だ。
「ご協力、ありがとうございました。何かあったら警察までご連絡下さい」敬礼をしてから出ていっ
た。
「帰ったな」
「いや、最後までやって。出してよ、オ○ンコの中に!」
「わかったよ」
「そうよ、もっと激しくオチンチンを入れて!」
「私にもして!」警官が帰ったに結合したままで「グシュ、グシュ!」音が響いている。
「限界だ、だすよ」「俺も出すぞ」ほぼ同時に肉竿から噴射を始めた。
「いいわ、オ○ンコの中が暖かくてとろけそうよ」淫裂と肉竿の隙間から白い精液がポタポタと落ち
ていく。
 
 射精が終わると2人は降ろされた。
「ここも危なくなったな、探さないとだめかな」
「そうした方がいいわよ」有紀は淫裂から精液を流したまま地下に行く。
「オ○ンコしてたのか、警官の前で!」
「ええ、それでごまかせたけど、今度はそうはいかないと思うの。とにかく戻っていいわよ」
「こい、来るんだ!」淳子と久美も再び、リビングに戻ってきた。
「リーダー。ここも危なくなったな。ずらかった方がいいかも」
「わかってるよ。ここを売ろう、ほら、産廃業者の川口にだよ」
「あいつか。でも、やくざと繋がっているって話だよ」
「構わないさ,金さえもらえるならば」
「で、どこに越すんだ。行く当てあるのかい?」
「あるわよ、私の住んでいるマンションの向かいに大きな屋敷が売りに出てた」
「そうよ、そうだったわね。あそこは倒産した社長の屋敷だから広いしね。それに、一緒に毎晩エッ
チが楽しめるわ」ニヤニヤする和美だ。
「エッチもいいけど、側にいてくれると安心できるしね」有紀も言う。
 
 「そうか、早速確かめに行こう。それから、梅宮は川口と会って、いくら出しか交渉してくれ」
「わかりました」森脇と有紀、和美が一緒に出かけた。
「俺もいくか。こいつらは危ないから、地下に置いておけ」
「わかりました。オ○ンコはやり放題でいいですよね?」
「やってもいいが、中出しはしばらく我慢しろ。外に出すんだ」梅宮も出ていき4人が残された。
「こい、地下でやるからな」
「痛いの、膣が痛くてもう無理です」
「無理でもオ○ンコさせろ!」
「ヒー!」淳子と久美は新田と杉田に代わる代わる幾度も犯された。
そして、夕方になって皆がそろった。
「決まったよ。あさって越す事にした」
「そうですか、川口は1億出すそうです」
「1億か、足下を見たな。不景気だから仕方ないな」
「私も出すわよ、少しならあるし」
「有紀ばかりいい格好して。私もだすから」
「ありがとう、これからは一緒に暮らせるしな」
「で、リーダー。これからは何をしようか?」
「有紀と和美に教わって水商売だ。これからは風俗で稼ぐんだ、こいつを使ってな」淳子と久美を見
つめた。
「いや、いやよ。裸を人前に晒す何ていやです!」
「いやでもやるんだ。やらないならエロビデオで稼いで貰うぞ」淳子と久美はまた犯されていく。
「やめて。お願いですから、やめてー!」虚しく悲鳴が上がっている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/189-669858c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top