赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第7話 拘束具  

 

「当然さ。これからは毎日オ○ンコするんだから」
「そうね、こんな上玉の婦警さんのオ○ンコとオッパイを見たら当然かも。でも、避妊はしないと」
「そうよ、できちゃうわよ、あなた達の子が。これを飲ませないと!」有紀は慣れていたのか、薬を
淳子の中に押し込んでいく。
「飲まないと赤ちゃんができるわよ、毒じゃないから飲むのよ」
(そうよ、妊娠だけは防がないと)嫌がっていたが口を開いた。
それを見習って久美も飲み込んだ。
「ほら、水だ!」自由が効く淳子はコップを受け取ったが、久美は口に当てられた。
(これって、避妊に失敗したときに飲むホルモン剤だわ、聞いた事がある)淳子は同僚達からレイプ
された女性を病院に連れて行って避妊させた話を思い出した。
「これで安心よ。オ○ンコしたかったら、それなりの準備が必要なのよ」説教していく有紀だ。
「それから、これを毎日飲ませて。ピルよ、聞いた事があるでしょう?」
「ああ、知ってる。でも、直ぐには効かないそうだな」
「3日はオ○ンコの中に出さないで。それから、これを飲んでいる間は出し放題だからね」
「何回やってもいいのか?」
「いいわよ。でも、そんなにできるの?」有紀は大胆にも梅宮の股間を撫でた。
「ほら、元気がないわよ。今夜は無理かもよ」ニヤニヤしながら言う。
「それより、食えよ。冷めちゃうぞ」
「あら、あなたが作ったの。上手ね」8人は淳子が作った料理を食べていく。
食事を済ませと、杉田が「これを買ってきました。これなら逃げれないでしょう」それは拘束具だ。
SMプレイで使われる拘束具で「まずは淳子からだ」「いや、こんなのいや!」抵抗するが無駄だ。
太股が開脚されたまま膝に器具が取り付けられていく。
「鍵を使わないと外せないからな」
「いやよ、絶対に逃げませんから、外してください」だが、鍵が掛けられもう外せない。
座ろうが立とうが開脚した姿勢は同じだ。

 (性器の中を丸出しにしたままなんて!)呆然としている淳子だ。
「久美もやろうぜ」「いや、許してください、いやです!」叫ぶが無駄だった。
久美も開脚した姿勢で拘束具が取り付けられてしまった。
「いや、見ないで。お願い、見ないで!」両手が効かず丸見えになっている。
「しばらくは、手も我慢して貰うぜ」今度はロープから手錠に代わっていく。
「いや、いやです!」後ろ手に手錠が掛けられた。
同じように、淳子も自由になったばかりなのに、再び手錠が掛けられて、自由が効かなくなった。
ただ、手錠の鎖が長いので前よりは自由が効き、トイレにも一人でいけるようになっている。
(きっと、仲間が助けに来てくれる…)淳子と久美はソファーに座っているが、皆が淫裂を見ている。
(また、レイプされる。もうレイプされるなんていやよ)項垂れたまま黙り込んでいる。

 しかし、『渋谷で拉致された婦警の2人の消息が全く不明です。それに犯人の手がかりもないもよ
うです』テレビでは事件の事を放送しているが、それを黙って聞いている。
(ここにいるのに。でも、今は来ないで、フルヌード姿なんだから来ないで!)テレビを見ている2
人だった。
「あれから、3日たったな。もう少したったら稼いで貰うからな。それまでは俺たちのおもちゃだか
らな」その言葉に、淳子と久美は涙を流すしかなかった。
(もう、戻れないかも知れない…。婦警も、きっとやめさせられる…)
「ねえ。2人とも婦警をやめて、私の手伝いをしない?」
「そうよ。あんたの体はいい体だから稼げるわよ。それともヌードモデルをしようか?」
「いや、肌を晒すなんていやよ。これでも婦警です!」
「素っ裸の婦警だろう、オ○ンコ丸出しの婦警だよな」
「それに、強盗に輪姦されている婦警だよな」
「アハハハ!」笑い声があがったが(悔しいわ、悔しい!)唇を噛む淳子と久美だ。
「それよりオ○ンコだ。楽しもうな」
「いや、いやですからやめて下さい!」叫ぶが容赦なく犯されていく2人だ。
「私も欲しいの、私にもしてよ!」
「わかってるよ、有紀に和恵」有紀と和恵も服を脱いで全裸になった。
「行くよ、有紀!」
「ええ、安心してエキスを出してね」
「そんなに、オ○ンコに出されると、いいのかい?」
「ええ、子宮の中が凄くいいの。とろける感じなのよ」
「へえ、とろける感じね!」この夜も淳子と久美は森脇達4人に犯されて悲鳴を上げている。
だが、有紀と和美は対照的に「いいわ、もっと。もっと出して!」と悶え声をあげていた。
            sex_4610-010s.jpg
 淳子と久美が拉致されてから2週間が立った。
有紀と和美もこの屋敷に住み込み8人が一緒に暮らしている。
それに、テレビや雑誌なども次第に乗せなくなって事件は徐々に風化していた。
当然、森脇達もそれはわかっており「今度は稼いで貰うからな。この体で!」乳房を掴みながら言う。
「いやよ、肌を晒すなんて。やらせたら、死んでやる!」
「そうはいかないよ。死んでもいいからビデオに撮っておかないとな」
「リーダー、何を撮るんだ。レイプビデオなら撮ったぜ」
「ポルノビデオさ。出演して稼いで貰わないと」
「いやよ。それに、そんな事をしたら、あんた達の事がばれてしまうわよ」
「ところが世の中は物好きがいるんだよ、誘拐された現職婦警のポルノなら買うやつが…」
「やらないわ、絶対にビデオなんかにでないからね!」
「だったら、どちらかが死ぬ事になる。淳子がいやがれば久美が。久美がいやがれば淳子が」
「卑怯よ。脅すなんて!」
「仕方がないさ。こっちだって金が必要なんだからな」
 
 「ねえ、リーダー。ビデオもそうだけどライブがいいんじゃないの?」
「ライブね。で、どんな風に?」
「監禁よ、私の店に中に鉄格子を作ってその中に婦警さんを素っ裸にして入れるの。もちろん両手を
縛って」
「おもしろい。それならお前の店も繁盛請け合いだな」
その言葉に体を震わせて「ゆるして、ヌードを晒すなんていや。できません!」泣き声になっている。
「安心して、変装してもいいから。その代わり、触られても我慢してよ」そう言われれば嫌々承知す
るしかない。
拒めばあのビデオが流さされるのは見え見えだ。
「リーダー、得意でしょう。檻を作るのは?」
「まあ、溶接はできるからやってみるか。塗装は新田が得意だったよな」
「おもしろそうですね。早く作りましょうよ」
「だったら、明日は店が休みだから、明日にお願いするわ」
「それなら、材料を用意しておかないとな」森脇は電話を掛けていく。
それには(裸を大勢に晒すなんて…)怯えて震えている2人だ。
 
 翌朝、森脇達4人は有紀が経営するバーの中に鉄格子の檻を作るために出かけた。
屋敷には有紀と和美が残されている。
「逃げられると困るから閉じこめておきましょうよ」
「そのほうがいいわね」淳子と久美は狭い寝室に連れ込まれた。
「和美、どっちを選ぶ?」
「いいの、私が選んでも?」
「当然よ。和美が言い出したんだからね」
「悪いわね。私、年上の淳子を選ぶわ」
「じゃあ、決まりよ。私が久美ね」2人は話が決まると服を脱いでいく。
パンティ、ブラジャーと脱いで淳子達と同じく全裸になっている。
「これを付けるのね」「そうよ、こうするのよ」それは肉竿と同じ姿のペニスバンドだ。
「いや、そんなのいやよ。いや~!」
「やめて、入れないで!」ベッドの上で開脚したまま尻を持ち上げている。
「だって、欲しいんでしょう。ここに!」
「欲しくないです。入れないで!」
「そうはいかないわよ、せっかく大金を出して買ったんだから」「ヒー!」淳子の淫裂に和美のペニ
スが入っていく。
「いや、いや~!」久美の淫裂にも有紀のペニスが入った。
 
 「男はこうやっているのよ」両手で腰を押さえて腰を前後に振っていく。
「そうよね、こうすると子宮の奥までオチンチンが刺さって気持ちいいのよ」腰の動きを早めていく。
「だめ、だめよ!」最初は拒んでいたが、ペニスの動きに合わせて腰を振りだした。
「あら、婦警さんも気持ちよさそうね。お尻にもしてあげる」
「いや、お尻はいやです!」
「遠慮はしなくていいのよ」指が肛門を突き刺して「ヒ~!」太股がブルブル震えている。
「ほら、こんなに欲しがって!」ペニスと指の動きを早めていく有紀と和美だ。
それには「だめ、もうだめ。それ以上入れないで!」言葉とは裏腹に淫裂から淫汁が流れていく。
(だめ、感じていく。体が感じていく!)必死に声を出すまいと堪える淳子だ。
「あ、あ、あ~。もうだめ…。いくわ…。もうだめ…」久美も淫裂から蜜を流して悶えていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/191-45dcb4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top