fc2ブログ

拉致された婦警 第7話 拘束具

第7話 拘束具

 「当然さ。これからは毎日オ○ンコするんだから」
「そうね、こんな上玉の婦警さんのオ○ンコとオッパイを見たら当然かも。でも、避妊はしないと」

 「そうよ、できちゃうわよ、あなた達の子が。これを飲ませないと!」有紀は慣れていたのか、薬を淳子の中に押し込んでいく。
「飲まないと、赤ちゃんができるわよ。毒じゃないから飲むのよ」
(そうよ、妊娠だけは防がないと)嫌がっていたが、口を開いた。

 それを見習って、久美も飲み込んだ。
「ほら、水だ!」自由が効く淳子はコップを受け取ったが、久美は口に当てられた。
(これって、避妊に失敗したときに飲むホルモン剤だわ。聞いた事がある…)淳子は同僚から、レ○プされた女性を病院に連れて行って避妊させた話を思い出した。

 「これで安心よ。オ○ンコしたかったら、それなりの準備が必要なのよ」説教していく有紀だ。
「それから、これを毎日飲ませて。避妊薬よ、聞いた事があるでしょう?」
「ああ、知ってる。でも、直ぐには効かないそうだな」

 「3日はオ○ンコの中に出さないで。それから、これを飲んでいる間は出し放題だからね」
「何回やってもいいのか?」
「いいわよ。でも、そんなにできるの?」有紀は大胆にも梅宮の股間を撫でた。

 「ほら、元気がないわよ。今夜は無理かもよ」ニヤニヤしながら言う。
「それより、食えよ。冷めちゃうぞ」
「あら、あなたが作ったの。上手ね」8人は淳子が作った料理を食べていく。

 食事を済ませと、杉田が「これを買ってきました。これなら逃げれないでしょう」それは拘束具だ。
SMプレイで使われる拘束具で「まずは淳子からだ」「いや、こんなのいや!」抵抗するが無駄だ。

 太股が開脚されたまま、膝に器具が取り付けられていく。
「鍵を使わないと、外せないからな!」
「いやよ、絶対に逃げませんから、外してください」だが、鍵が掛けられもう外せない。
座ろうが立とうが、開脚した姿勢は同じだ。

 (性器の中を、丸出しにしたままなんて!)呆然としている淳子だ。
「久美もやろうぜ!」「いや、許してください。いやです!」叫ぶが無駄で、久美も開脚した姿勢で、拘束具が取り付けられてしまった。
「いや、見ないで。お願い、見ないで!」両手が効かず丸見えになっている。

 「しばらくは、手も我慢して貰うぜ」今度はロープから手錠に代わっていく。
「いや、いやです!」後ろ手に手錠が掛けられた。
同じように、淳子も自由になったばかりなのに、再び手錠が掛けられて、自由が効かなくなった。

 ただ、手錠の鎖が長いので前よりは自由が効き、トイレにも一人でいけるようになっている。
(きっと、仲間が助けに来てくれる…)淳子と久美はソファーに座っているが、皆が淫裂を見ている。
(また、レ○プされる。もうレ○プされるなんていやよ)項垂れたまま黙り込んでいる。

 しかし『渋谷で拉致された婦警の2人の消息が全く不明です。それに犯人の手がかりもないもようです』テレビでは事件の事を放送しているが、それを黙って聞いている。
(ここにいるのに。でも、今は来ないで、フルヌード姿なんだから来ないで!)テレビを見ている2人だった。

 「あれから、3日たったな。もう少したったら稼いで貰うからな。それまでは、俺達のおもちゃだからな!」その言葉に、淳子と久美は涙を流すしかなかった。
(もう、戻れないかも知れない…。婦警も、きっとやめさせられる…)
「ねえ。2人とも婦警をやめて、私の手伝いをしない?」
「そうよ。あんたの体はいい体だから稼げるわよ。それともヌードモデルをしようか?」

 「いや、肌を晒すなんていやよ。これでも婦警です!」
「素っ裸の婦警だろう、オ○ンコ丸出しの婦警だよな」
「それに、強盗に輪姦されている婦警だよな」
「アハハハ!」笑い声があがったが(悔しいわ、悔しい!)唇を噛む淳子と久美だ。

 「それより、オ○ンコだ。楽しもうな!」
「いや、いやですからやめて下さい!」叫ぶが容赦なく犯されていく2人だ。
「私も欲しいの。私にもオ○ンコしてよ!」
「わかってるよ。有紀に和恵!」有紀と和恵も服を脱いで全裸になった。

 「行くよ、有紀!」
「いいわよ。安心してエキスを出してね」
「そんなに、オ○ンコに出されると、いいのかい?」
「勿論よ。子宮の中が凄くいいの。とろける感じなの」

 「とろける感じね…」この夜も、淳子と久美は森脇達4人に犯されて、悲鳴を上げているが、有紀と和美は対照的に「いいわ、もっと。もっと出して!」と悶え声をあげていた。

sex_4610-010s.jpg

 淳子と久美が拉致されてから2週間が立った。
有紀と和美も、この屋敷に住み込み8人が一緒に暮らしている。
それに、テレビや雑誌なども、次第に乗せなくなって、事件は徐々に風化していた。

 当然、森脇達もそれはわかっており「今度は稼いで貰うからな。この体で!」乳房を掴みながら言う。
「いやよ、肌を晒すなんて。やらせたら、死んでやる!」
「そうはいかないよ。死んでもいいから、ビデオに撮っておかないとな」

 「リーダー、何を撮るんだ。レ○プビデオなら撮ったぜ」
「ポルノビデオさ。出演して稼いで貰わないと」
「いやよ。それに、そんな事をしたら、あんた達の事がばれてしまうわよ」
「ところが、世の中は物好きがいるんだよ。誘拐された現職婦警のポルノなら買うやつが…」

 「やらないわ。絶対に、ビデオなんかに、でないからね!」
「だったら、どちらかが死ぬ事になる。淳子がいやがれば久美が。久美がいやがれば淳子が…」
「卑怯よ。脅すなんて!」
「仕方がないさ。こっちだって金が必要なんだからな」
 
 「ねえ、リーダー。ビデオもそうだけど、ライブがいいんじゃないの?」
「ライブね。で、どんな風に?」
「監禁よ、私の店に中に鉄格子を作って、その中に婦警さんを素っ裸にして入れるの。もちろん両手を縛って!」
「おもしろい。それなら、お前の店も繁盛請け合いだな」

 その言葉に、体を震わせて「許して。ヌードを晒すなんていや。できません!」泣き声になっている。
「安心して。変装してもいいのよ。その代わり、触られても我慢して」そう言われれば嫌々、承知するしかない。
拒めばあのビデオが流さされるのは見え見えだ。

 「リーダー、得意でしょう。檻を作るのは?」
「まあ、溶接はできるから、やってみるか。塗装は新田が得意だったよな?」
「おもしろそうですね。早く作りましょうよ」

 「だったら、明日は店が休みだから、明日にお願いするわ」
「それなら、材料を用意しておかないとな」森脇は電話を掛けていく。
それには(裸を大勢に晒すなんて…)怯えて震えている2人だ。
 
 翌朝、森脇達4人は有紀が経営するバーの中に、鉄格子の檻を作るために出かけた。
屋敷には有紀と和美が残されている。
「逃げられると困るから、閉じこめておきましょうよ!」
「そのほうがいいわね」淳子と久美は、狭い寝室に連れ込まれた。

 「和美、どっちを選ぶ?」
「いいの、私が選んでも?」
「当然よ。和美が言い出したんだからね」
「悪いわね。私、年上の淳子を選ぶわ」
「じゃあ、決まりよ。私が久美ね」2人は話が決まると服を脱いでいく。

 パンティ、ブラジャーと脱いで淳子達と同じく全裸になっている。
「これを付けるのね?」「そうよ、こうするのよ!」それは、肉竿と同じ姿のペニスバンドだ。

 「いや、そんなのいやよ。いや~!」
「やめて、入れないで!」ベッドの上で開脚したまま、尻を持ち上げている。
「だって、欲しいんでしょう。ここに!」
「欲しくないです。入れないで!」

 「そうは行かないわ。せっかく、大金を出して買ったんだから」「ヒー!」淳子の淫裂に和美のペニスが入っていく。
「いや、いや~!」久美の淫裂にも、有紀のペニスが入ると「男は、こうやっているのよ」両手で腰を押さえて腰を前後に振っていく。

 「そうよね。こうすると子宮の奥まで、オチンチンが刺さって気持ちいいのよ」腰の動きを早めていく。
「だめ、だめよ!」最初は拒んでいたが、ペニスの動きに合わせて腰を振りだした。

 「あら、婦警さんも気持ちよさそうね。お尻にもしてあげる」
「いや、お尻はいやです!」
「遠慮はしなくていいのよ」指が肛門を突き刺して「ヒ~!」太股がブルブル震えている。
「ほら、こんなに欲しがって!」ペニスと指の動きを早めていく有紀と和美だ。

 それには「だめ、もうだめ。それ以上入れないで!」言葉とは裏腹に淫裂から淫汁が流れていく。
(だめ、感じていく。体が感じていく…)必死に声を出すまいと堪える淳子だ。
「あ、あ、あ~。もうだめ…。いくわ…。もうだめ…」久美も淫裂から蜜を流して悶えていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター