赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

拉致された婦警 第9話 鉄格子  

 

   翌朝、8人はいつものように朝食を取っていた。
「ねえ。口枷だけど、あれだけじゃだめよ。目と鼻を隠すのがあったはずよ」
「あったよ。でも、高かったから買わなかったんだ」
「お金は私が出すわ、あれを買ってきて。それから革製のコルセットガーターもよ」
「わかんないよ、そんな事言われても!」
「仕方ないわね、私も行くから連れてって」しびれを切らした有紀が言う。
「有紀、何か考えがあるな?」森脇のカンが働いた。
「わかったのね。でも、今は、ひ、み、つ!」
「わかった、有紀の考えがわかったわ。私も連れてってよ」
「何だ、和美はわかったのか?」
「当然よ、昨日した事でしょう?」
「そうよね。たまには、あれ、しようね」笑顔で話す2人だった。

 朝食を済ますと森脇と梅宮は淳子と久美の事を考えていた。
「どうやって、店まで送り迎えするかが問題だな…」
「そうなんですよ。店の中に入ってしまえば、いくらでもやれますがね…」
「口枷をして、車に乗せるわけにいかないしな」
「ワゴン車を改造してはどうでしょう?」
「それだ。ワゴン車を改造して、店の地下の駐車場に専用通用口を造ればいい!」
「それでしたら直ぐに掛かりましょう。とりあえずワゴン車を改造します。二重底にね」
「済まないが頼むよ」梅宮はワゴン車の座席を全て取り払い二重底に改造を始めていく。
杉田は有紀と和美と一緒に買い物に出かけ、森脇は有紀の店の改造に取り組んだ。
 
 そして、5時には皆が揃った。
「有紀、今夜から稼ごうな」
「当然よ、お金も掛けたんだから」皆が笑顔だが、淳子と久美は怯えている。
(素っ裸で人前に晒される…。助けを求めるのは簡単だけど、素っ裸を見られてしまうし…)迷って
いる淳子と久美だ。
「まずは、口枷を付けるか」淳子と久美の顔に、口枷が取り付けられていく。
「あれ、昨日のとは違うぞ!」目と鼻がくり抜かれた覆面も被らされた。
               マスク2
「当然よ、顔を隠すタイプなの。これなら誰かもわからないしね。それに色っぽいでしょう」
「ホントだな、これなら声も出せないし、誰かもわからないしな」淳子と久美は全身を皮ベルトで巻
かれていく。
「色っぽいよ。またオ○ンコしたくなった!」
「あら、まだそんな元気あるの。昨日はあんなに私を抱いたのに」
「そうよ、あなただけいい思いして。私だって男に抱かれて寝たいのよ、オ○ンコしながら…」
「わかったよ。もう、しないよ」その間に皮ベルトが巻き付けられて淳子と久美の乳房が締め上げら
れていく。

 「フグ、フグ、!」(痛いわ、オッパイが痛いから外して!)声にならず首を振っている。
「不満があるみたいだけど我慢して!」両腕を縛られたまま改造されたワゴン車に乗せられた。
床に仰向けに寝かされ、上から蓋がされるとマットが敷かれた。
そして、椅子が倒され、誰もこの下に拉致された婦警がいるとは信じられないくらいだ。
「有紀、準備はいいよな?」
「勿論、いいわよ」
「よし、行こう」森脇達6人が乗り込むとワゴン車は都心へと向かって走った。
「あ、検問よ。検問だわ!」
「慌てるな。いいな、落ち着くんだ!」森脇は冷静にするように指示した。

 検問は数人の警官が行っていた。その中の一人がゆっくり近づいてくる。
「申し訳ありませんが、免許証を拝見させて下さい」
「ちょっと待って、お尻のポケットだから」免許証を取り出す間に警官はワゴンの中を見ている。
「乗っているのは、6人ですか?」慎重にワゴンの中を見ている。
(違うわ、ここにいるのよ、私はここよ!)暴れたいが、そうはいかない。
(素っ裸を、見られるわけにはいかないし…)無理もなかった。
「ええ、6人です」運転している梅宮は免許証を渡した。
それを丁寧に見てから「ご協力ありがとうございました!」敬礼して雨宮に免許証を渡すと手を振り
行くように合図する。
ワゴン車はその合図で再び走り出した。
「よかったな、改造しておいて!」
「そうですよ。よかったですね」検問を通った車は、有紀の経営する店がある新宿に向かった。
 
 「警察も、こんな所にいるとは、信じられないだろうな」
「そうだよな。でも、2人を隠す部屋も作って置かないと危ないぞ」
「俺もそう思う。特別室を作るか」車の中で話し合っているうちに、ワゴン車は地下の駐車場に入っ
て行く。
ワゴン車は専用の鉄板で囲われた駐車場で停まった。
「これなら誰にも見えないわね」ワゴン車から皆が降り、隠しドアが開けられ、淳子と久美も降ろさ
れた。
「いよいよ、ヌードのお披露目よ、恥ずかしがらないでね」
「う、う、うー!」マスクをした顔で首を振った。
「あら、うれしいのね。ヌードを見てもらえるから」有紀と和美は縛られた腕を掴み、自分の店に向
かい歩いていく。
店は駐車場から直ぐの所だ。
「入って、ここは専用の出入り口なの」鍵を開けて中に入った。

 「あら、上手に作ったのね!」
「当たり前さ、これでもプロだからな」広い店内の中央に2メートル四方の鉄格子が置かれてある。
(あそこに閉じこめる気だ…)自然に体が震えていく。
「ほら、入ってよ」「う、うー!」首を振って拒んだ。
「あら、いやなの。仕方ないわね、鎖で縛らないと。杉田さん、縛って!」
「出番だな、これで縛るか」杉田は淳子の首に鎖を巻き付け鉄格子に鍵でとめた。
(動けない。動くと首が苦しいわ)動きが止まる淳子だ。
「そうだ、それでいい」両腕を縛った鎖が一端解かれ、鉄格子に手首の鎖が繋がれていく。
(やめて、そんなのやめて!)両腕を開いた格好で手首が鉄格子に繋がれた。
その上に、右足もあげたままで、足首も繋がれた。
「いいわよ、オ○ンコが丸見えで。お客も喜ぶわよ」
「久美、よく見ろ。お前もああなるんだぞ」いやがるが、淳子の開脚して淫裂を晒す姿を見せつけら
れている。
それには(見ないで、こんな姿いやよ、見ないで!)首を振る淳子だ。
「久美、お前も縛るからな」久美も首を鎖で繋がれ、淳子と背中合わせで同じ姿に繋がれてた。
 
 「有紀、オ○ンコが丸出しは、まずくはないか?」
「平気よ。腰巻きを付ければいいのよ、ほら」有紀は淳子と久美の腰に薄いスカーフを巻き付けてい
く。
「でも、オ○ンコが見えるぞ」
「こうしておけば、警察は平気なの、丸出しでない限りはね」
「客が捲ったらどうする?」
「それは構わないの。客が勝手にやったんだから、構わないのよ」
「客がやるのは自由か、こんな事も!」森脇はスカーフを捲り淳子の淫裂を触っている。
(いや、やめて。性器なんか触らないで!)腰を動かすが逃れる事ができない。
「そうだわ。お触り自由にすれば客も喜ぶわ」
「そうよ、婦警さんのオ○ンコで稼がないとね」有紀と和美はマジックインキで看板を作っていく。
 
 「どう、これで?」
「いいね。おもしろいよな」
「それに、罰金入れはこれよ」鉄格子の前におおきな木箱を置いた。
「いいね、性器を触ったら罰金千円、オッパイを触ったら500円払って下さいか!」
「どう、これで稼げるわよ、婦警さんのオ○ンコとオッパイでね」
「よし、今夜は4人でオ○ンコしてあげるぞ」
(いや、レイプはもういやです。もう犯さないで下さい)首を左右に振る2人だ。
「そうだわ、肝心な事を忘れてた。オシッコしたくなったら鉄格子を鎖で叩いてね」
「漏れそうになったら叩くのよ。店を汚さないでね」有紀と和美は注意して開店準備に入っていく。
「ほら、あなた達も着替えて、私も着替えるから」淳子達を残して着替えに掛かった。
(久美、素っ裸を見られてしまうのよ、私我慢できないわ)
(私だっていやよ、でも、どうする事もできないわよ)2人は項垂れて背中をくっつけたままだった。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/193-fadf87af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top