赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第10話 全裸の磔  

  やがて、店が開店して客が入ってきた。
「いやー、すげえな。丸出しだぞ。それに3千円で2人のオッパイとオ○ンコが触れるんだ!」いき
なり財布から3千円を取りだし木箱に入れた。
(いやよ、お願いやめて下さい!)真っ先に淳子の淫裂が触られていく。
「いいね、剃ったオ○ンコが。それに経験が少ないな、膣の締まりいいぞ」指が膣の中に入っていく。
(いや、やめて、指を抜いて!)腰を振るしかできない。
淫裂の後は乳房が掴まれた。
「柔らかいね、このオッパイは!」両乳房が揉まれた。
そこに、新たに客が加わり「え、3千円でオ○ンコとオッパイを触っていいのか?」看板を見た客は
木箱に金を入れた。
「いいですね、こんな楽しい事ができるなんて」淳子を触っていた客は今度は久美の淫裂を触ってい
く。
「私もやりますよ」新たに加わった客はスカーフを捲り上げて淫裂を丸出しにして触っていく。
「大胆ですな、それじゃあ、私も!」
(いや、捲らないで、お願い捲らないで!)淳子の無毛の淫裂が露わになっている。
「この子もあまり体験していないですよ」久美の膣の中にも指が入れられていく。
「締まりがいいですね、こんな子とオ○ンコしてみたいですよ」客に淳子と久美の乳房と淫裂を触ら
れていった。

  開店してから2時間たち、もう、9時を回っている。
広い店内は客で込んでおり「どう、あんたも裸にならない?」酔った客がバイトのホステスに絡んで
いく。
「いやですよ、私はあんな事絶対にしませんよ。性器を見せるなんて女性の敵ですよ」笑顔で応対し
ている。
だが、 淳子と久美は相変わらず客に淫裂と乳房を触られている。
(オシッコがしたい…。もう我慢できない!)淳子は鎖で鉄格子を叩いていく。
「あら、おしっこなの?」わざと大きな声で有紀が言う。
(いや、そんな大きな声を出さないで!)首を振る淳子だ。
「どれ、俺がやるか!」スーツを着た新田が、透明なペットボトルを持って淳子に近寄った。
「ション便がしたいのか?」首を縦に振る。
「こぼすなよ、うまく出せ!」淫裂を広げて尿道にペットボトルを押し当てた。
(いや、こんなのいや、トイレでさせて!)首を振る淳子だ。
「いやなのか、だったら漏らしても知らないぞ」ペットボトルが退けられた。
(やるわ、ここでやるから急いで!)鎖で鉄格子を叩く淳子だ。 
 
 「素直にやれよ、こっちだって大変なんだから」再び尿道にペットボトルが押し当てられた。
「うー!」淳子はお腹に力を入れ「バリ、バリ、バリ!」勢いよく小水が飛び出している。
「すげえ、オシッコだ。こんなのが、ただで見れるのかよ!」お客達の目が淳子の股間に集中してい
る。
(いや、見ないで、こんな姿は見ないでよ!)淳子は客の目が股間に集中しているのがわかった。
(止まらない、オシッコが止まらない!)一端、噴き出した小水は止まらない。
2リットルのペットボトルの半分がたまった。
「もっとでるか?」黙ったままだが、勢いがなくなっている。
(終わったわ、でも、オシッコする姿を見られた…)顔が隠れていて、見えないが、目から涙が流れ
ていた。 
「ほら、こんなに出したんだぞ」放出を終えた淳子の顔に新田はペットボトルを押しつけていく。
(やめて、そんなのやめてよ!)首を振っている。
「しかたないな。お客様に汚れたオ○ンコを触らせるわけにはいかなからな」ペットボトルを置いて、
淳子の淫裂を開いている。
(見られている…。性器の中を見られている!)パックリと開いた淫裂がお客の目を集めている。
「ほー、あそこがいいね。可愛いクリちゃんだぞ」
「そうだよ、オ○ンコしたいよ」
(いや、言わないで。私は婦警なのよ、拉致された淳子よ!)叫びたい気持ちを堪えている。
そんな淳子の気持ちなど無視して、新田はティッシュで丁寧に尿道を拭いている。
「うっ!」いきなり尿道が指で掴まれた。
(痛い、痛いから放して!)太股がブルブル震えている。
「我慢しろ。綺麗にしてやるからな」淫裂を丁寧に拭いていく新田だった。
「よし、終わったぞ。お客さん、終わりましたよ」捲られたスカーフをを戻していく。
「俺だ、俺の番だぞ!」木箱に金を入れて、戻ったばかりのスカーフを再び捲って淫裂を触っていく。
(いや、もういやよ。やめて下さい!)抵抗できずに堪えるだけの淳子だった。
 
 一方の久美も限界だった。
(オシッコが出ちゃう!)鎖で鉄格子を叩いている。
「あら、オシッコなのね、お客さんの中に奇特な方はいませんか?」
「やる、俺がやるぞ!」名乗りが上がった。
「よろしくお願いしますよ」
「ああ、任せろ」久美も淫裂を広げられてペットボトルが押し当てられ「バリ、バリバリ!」勢いよ
く小水が噴射していく。
(死にたい、こんな恥ずかしい姿を見られているなんて!)久美も泣いていたが、誰一人として気が
ついてない。
 
 いくら泣いても淳子と久美は逃げれず、看板まで恥ずかしい姿を晒している。
店の掃除も終わって、やっと鉄格子の檻から出された。
「よくやったよ。ほら、こんなに稼いでくれて」梅宮は木箱に入れられた札束を数えて「リーダー、
凄いよ。30万もあるよ!」興奮して叫んだ。
「えっ、そんなに稼いだの?」
「信じられないわ。元手もなくそんなに稼ぐなんて!」有紀と和美は信じられないと言った顔をして
いる。
「有紀、評判よかったよ、明日はもっと入るから、バイトも用意した方がいいかもな」
「わかったわ、友達に頼んでおく。それに、こんな事する子がいればいいのにね。もう一つ鉄格子が
あればもっと稼げるのに」
「それなら、広告を出せばいいよ。チラシは金がかかるから看板にすればいいよ」
「そうね、集まるかどうかはわからないけど、とにかく出してみるわ」話をしながら後片付けをして
いるが、どうにか2時近くに店を閉める事ができた。
店を出ると、8人は専用の出入り口から車に乗ってアジトへと向かっていく。
 
 「今夜は祝いとして淳子と久美の中にたっぷり出すぞ」
「私にはしてくれないの?」
「昨日一緒で怒られたからな」
「いやなら仕方がないわ。杉田さん、お願い、今夜は私を思いきり抱いて欲しいの」
「いいんですか、有紀さん?」
「まじよ、オ○ンコの中が疼くの。もうすぐ生理に入るから疼くのよ」
「それって、安心日なんでね?」
「それに、薬飲んでいるから、出しても平気なのよ」
「わかりました。有紀さん。今夜は寝かせませんよ」
「ずるい、私も誰か相手して。私も飲んでいるから一杯出して欲しいのよ」
「和美、今夜は俺と寝ような」
「お願いするわ、梅宮さん。お口でもしてあげるからね」
「ああ、聞いてられないや」車は深夜のアジトに着いた。
6人が降りると淳子と久美も降ろされ屋敷の中に入った。
その夜、淳子と久美は4人に犯されてから狭い隠し部屋に閉じこめられた。
だが、「いいわ、いいわ!」「もっと、もっとだして!」有紀と和恵は一晩中悶え声をあげていた。
             sex_4610-010s.jpg
 翌日、8人は昨日と同じように開店の準備を始めた。
「凄いぜ、もう客が並んでいる」
「そうか。有紀、手伝いはまだか?」
「直ぐよ、7時といって置いたから」
「間に合わないかも知れないが、開店するぞ」
「そうして、こんなに客が来るなんて信じられないわ」店が開店すると客がどっと入ってきた。
「ホントだ。3千円で2人のオ○ンコとオッパイを触れるなんて信じられない!」木箱に金を入れる
と真っ先に淳子のスカーフを捲り上げて淫裂を触っていく。
「たまんない、この子とオ○ンコがしたい!」それは淳子が聞いた事のある声だ。
(き、木村さんだわ、捜査一課の木村さんが私の性器を触っている!)頭の中がまっ白になっている。
無理もなかった。
拉致された自分を探す刑事が拉致された婦警の淫裂を触っているのだから。
「いいな、このオ○ンコが!」
「木村、早く終われよ、俺だってオ○ンコを見たいんだよ」また、聞き覚えのある声がした。
(そんな~。捜査一課の係長までもが、私のオッパイと性器を触りたいだなんて!)自然と涙が流れ
ていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/194-f5789b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top